「箕面の滝」は大阪のパワースポット!ライトアップの時期や紅葉の見頃はいつ?

大坂では良く知られた箕面の滝は、箕面大滝とも呼ばれ名瀑として多くの人々が訪れる人気観光名所です。大滝だけにパワースポットとしてもよく知られています。さらに地域も力を入れ、期間限定でライトアップされます。ライトアップされた滝は優雅です。そんな箕面の滝の紹介です。

「箕面の滝」は大阪のパワースポット!ライトアップの時期や紅葉の見頃はいつ?のイメージ

目次

  1. 1箕面の滝は大阪府箕面市
  2. 2大阪府箕面市は美しい山が多い!
  3. 3地元で箕面大滝と呼ばれる箕面の滝
  4. 4役小角も修行した箕面の滝
  5. 5箕面の滝に続く箕面滝道
  6. 6箕面滝道のおすすめ人気スポット1:一の橋
  7. 7箕面滝道のおすすめ人気スポット2:瀧安寺
  8. 8箕面滝道のおすすめ人気スポット3:唐人戻り岩
  9. 9箕面滝道のおすすめ人気スポット4:カフェ&バー 橋本亭
  10. 10箕面滝道のおすすめ人気スポット5:箕面川床
  11. 11箕面滝道のおすすめ人気スポット6:森秀次銅像
  12. 12箕面滝道のおすすめ人気スポット7:箕面警察署長の合田百一の記念碑
  13. 13箕面滝道のおすすめ人気スポット8:瀧見橋
  14. 14インスタ映えする箕面の滝
  15. 15幻想的な箕面の滝のライトアップ
  16. 16箕面の滝の紅葉は美しすぎる!
  17. 17箕面の滝の注意ポイント
  18. 18滝はパワースポット
  19. 19箕面の滝周辺のおすすめ観光スポット
  20. 20箕面の滝の人気お土産
  21. 21箕面の滝の周辺でランチやカフェ
  22. 22箕面の滝へのアクセス
  23. 23箕面の滝はパワースポット
  24. 24おすすめのパワースポット箕面の滝に出かけよう!

箕面の滝は大阪府箕面市

大坂の観光名所、箕面の滝(みのおのたき)は、大阪府の北部の北摂豊能地域にある箕面市(みのおし)にあります。大坂では有名な大滝ですが、全国的な知名度は少しだけ低いようです。しかしながら、滝の規模も美しさも全国的に見ても、トップクラスといわれています。大都市、大阪府にある名瀑です。その箕面の滝を詳しく調べてみましょう。

大阪府箕面市は美しい山が多い!

大阪府箕面市(みのおし)は、大阪府北部に位置している都市です。一部は兵庫県と接しています。人口は約136千人、面積は47.9平方キロメートルあります。大阪府の中心部に通勤する人のベッドタウンになっています。箕面市の中部から北部は山間地で、箕面の滝、勝尾寺などの観光名所もあり、箕面ダムもあります。

地元で箕面大滝と呼ばれる箕面の滝

箕面の滝(みのおのたき)は、箕面大滝(みのおおおたき)ともいわれています。大阪府箕面市の明治の森箕面国定公園内にあります。日本の滝百選の一つに選定されている、スケールの大きな見事な滝です。

箕面の滝は、落差が33メートルある大滝です。流れ落ちる滝の姿が、農業で使用する「箕」に似ているところから、箕面の滝と呼ばれるようになったと伝わっています。

役小角も修行した箕面の滝

箕面の滝や周辺の箕面公園では、古くは修験道の道場でした。修験者の祖、役小角(えんのおづの)も修行したと伝わっています。今でも、一部には険しい山岳環境が残っているところもあります。そんな箕面の滝ですが、大阪から30分でアクセスできる手軽さもあり、年間200万人以上の観光客が訪れる箕面でも人気の観光スポットになっています。

箕面の滝に続く箕面滝道

箕面滝道は、箕面駅から箕面の滝までの約2.8キロメートルの道路です。歩いていくと、行きは上り坂になり、約1時間かかります。帰りは、下りですから、約40分位で歩けます。自転車だと、脚力や自転車の性能にもよりますが、往復で30分程度みておけば大丈夫です。箕面滝道の各所におもしろい観光名所があります。

2.8キロメートルの山道の大部分が箕面川沿いにあり、川の流れを眺めながら箕面滝道を歩くことができます。さらに、周辺の山々には広葉樹が多く、紅葉が見事なスポットです。箕面の滝を眺める前から美しい自然が残る山道が楽しめます。ハイキングコースにもなる箕面滝道です。そんな、箕面滝道の観光スポットの紹介です。

箕面滝道のおすすめ人気スポット1:一の橋

「一の橋」は、清流が流れる箕面川に架けられています。箕面駅から降りて箕面の滝に向かうと、最初に渡る橋で、「一の橋」と呼ばれています。自然が残る明治の森箕面国定公園の玄関口になります。ここから紅葉のトンネルや爽やかな杉木立があふれる滝道にはいります。その遊歩道を歩いていくと、箕面の大滝まで続いています。

箕面滝道のおすすめ人気スポット2:瀧安寺

瀧安寺(りゅうあんじ)は、箕面公園にある本山修験宗の寺院です。山号は箕面山(みのおさん)です。宝くじの起源である富籤(とみくじ)発祥の地として知られています。開基は白雉9年(658年)に、役小角が箕面の滝で修業し、弁財天の導きで悟りを開き、報恩感謝のため弁財天の像を作製し滝の側に祭祀したのが、瀧安寺の始まりと伝わっています。

当初は、箕面寺と称していましたが、後に、現在の瀧安寺と改称しています。この寺で修行した高名な宗教家は多く、奈良時代の行基、弘法大師・空海、理源大師、智証大師、浄土宗の開祖・法然、日蓮宗の開祖・日蓮、そして浄土真宗最大の功労者、蓮如が瀧安寺で修業したそうです。現在にも教えが生きる大きな功績がある宗教家が修行しています。

箕面滝道のおすすめ人気スポット3:唐人戻り岩

唐人戻り岩は、中国から来た人が、道がとても細く、余りにも危険が多くて、通れなかったのでここから引き返した、言い伝えがある岩で、そこから唐人戻り岩と呼ばれるようになりました。道路までせり出した巨岩や川床に残る大きな岩を見ても、当時はもっと危険な峡谷であったことがよくわかります。

箕面滝道のおすすめ人気スポット4:カフェ&バー 橋本亭

大正時代か昭和初期の雰囲気を漂わせる建物が、カフェ&バー橋本亭です。箕面公園の風景に見事に溶け込んでいます。1階がカフェとギャラリーで、2階は宴会などで利用できます。木枠が付いた大きなガラス窓の建物を見かけなくなる時代です。3階建ての完全な木造建築も珍しく、建物もじっくり観察しておきましょう。

箕面滝道のおすすめ人気スポット5:箕面川床

川床は、かわどこ、かわゆかともいわれます。箕面川床は、阪急箕面駅から歩いて約10分程度の箕面滝道にあります。箕面公園のモミジや緑に囲まれて、眼下に箕面川のせせらぎを眺めながら料理が楽しめます。和食も洋食も楽しめます。川床で食事する機会はめったになく、とても贅沢な環境で食事が楽しめます。粋な日本人になります。

箕面滝道のおすすめ人気スポット6:森秀次銅像

森秀次は安政2年(1855年)生まれで、国会議員も務めた郷土の偉人です。箕面公園の生みの親です。銅像は箕面滝道沿いにあります。今の銅像は3代目です。初代は昭和5年(1930年)1月に建てられましたが、昭和18年(1943年)に、金属供出されましたが、翌年に石像が再建され、さらに、昭和44年(1969年)に、現在の銅像が建立されています。

箕面滝道のおすすめ人気スポット7:箕面警察署長の合田百一の記念碑

箕面滝道には、慰霊を込めた記念碑があります。昭和26年(1951年)7月11日に発生した集中豪雨で、箕面川の濁流で流された人を救出するために、部下3名と共に救助作業中に殉職した、箕面警察署長の合田百一の記念碑です。命を懸けて職を全うした偉業を称え、昭和62年(1987年)9月に建立されています。

箕面滝道のおすすめ人気スポット8:瀧見橋

箕面の滝のすぐ側にある朱色の橋が、瀧見橋です。瀧見橋からの景色は、抜群のインスタ撮影スポットで、多くの人がインスタ撮影をしています。橋から見る箕面の滝は少しだけ斜め前方になりますが、迫力満点で橋の上にはいつも見物客があふれています。箕面の滝観光では外せないインスタスポットです。

インスタ映えする箕面の滝

箕面の滝や箕面滝道には、インスタ映えするスポットが多数あります。夏の時期にはライトスポットも設置され、ライトアップされた箕面の滝をバックに自撮りもできます。秋のシーズンには、みごとな紅葉が見られ、紅葉を背景に色鮮やかなインスタ画像が撮れ、多くのインスタ画像がアップされています。

阪急箕面駅から舗装された道が、箕面の滝まで続いていますので、登山用の重装備も不要で、おしゃれしたまま箕面の滝に軽装で行けます。それだけにインスタも道中どこでも気軽に撮影できすぐにアップできます。

幻想的な箕面の滝のライトアップ

箕面の滝は毎年夏にライトアップされています。期間は7月15日〜8月31日までの期間、日没から午後10時までライトアップされます。期間中の「夜間ライトアップ」や、一日限りの「キャンドルロード」で、箕面の滝や箕面滝道の幻想的な風景が見られます。夜にライトアップされた箕面の滝の神秘的な美しさは必見です。

ライトアップは天候で中止も

平成30年(2018年)は、台風の影響で箕面の滝に通じる箕面道路の通行が遮断されたために、復旧後の11月1から11月11日の期間に、美しい紅葉の時期に合わせてライトアップされました。このように箕面の滝のライトアップは天候により中止されることもあり、観光前にライトアップが実施か中止か、主催者に確認することをおすすめします。

電話番号 072-723-1885(箕面市交通・観光案内所) 

箕面の滝の紅葉は美しすぎる!

箕面公園の紅葉は、関西随一の紅葉の名所ともいわれています。荘厳な箕面の滝と紅く燃える紅葉の織りなす光景は見事の一言です。箕面公園は南北に長い渓谷で、陽の差し込み具合や、陽の差す時間や木々の種類によって、様々な紅葉の美しさが楽しめます。そこからも、関西No1の紅葉といわれているようです。

箕面の滝と紅葉のコントラストは絶妙!

箕面の滝の周辺には、イロハモミジやヤマモミジなどの木々が多く、秋の紅葉シーズには、アクアカラーの箕面の滝と、鮮やかな紅葉のコントラストが比類なき美しさを醸し出します。箕面滝道沿いにはカフェが点在し、箕面公園の紅葉をめでながら、箕面公園の紅葉を楽しみましょう。箕面大滝の紅葉のベストシーズンは11月中旬~12月上旬です。

箕面の滝の注意ポイント

箕面公園は大阪府営の公園です。箕面公園の利用にあたっては、公園の公平な利用や、適正な管理が行われています。箕面公園を府民だけでなく、他県や外国の方々からもっと利用されるように、きれいな公園であるように、木々や植物の伐採や、ペットボトルなどのごみのポイ捨ても止めましょう。みんなの美しい公園です。

住所 大阪府箕面市箕面公園1-18
電話番号 072-721-3014

滝はパワースポット

パワースポットといわれる場所は全国にあり誰もがパワースポットを何となく理解しているようで、完全には理解できていないように感じられます。博物学者の荒俣宏は「パワースポットは大地の力(気)がみなぎる場所と考えればよい」と述べています。その流れからいけば多数の人が、その場で何となく元気になれ活力が湧いてくる場所と考えられそうです。

滝は信仰の対象でパワースポット

滝はパワースポットといわれ、古来から滝が信仰の対象となっていたり、大きな神社の周辺に滝があったりしています。今でも神道や仏教の修行に滝行があります。それだけ、古来から滝は、地球の力が湧き出る場所=パワースポットだったようです。

滝の水しぶきが大気中の汚れやチリなどを吸着して、マイナスイオンが発生します。大部分の人間はマイナスイオンを快適と感じます。そこからも、滝がパワースポットといわれるようです。

箕面の滝周辺のおすすめ観光スポット

箕面の滝は古くは、修験者の修行の場でした。修行の場は深山幽谷が多く、それだけ、美しい自然が残っている場所が多く、またそのようなパワースポットには宗教施設が置かれていることが一般的です。箕面の滝周辺にも人気の観光スポットが多数あり、そのなかからおすすめの観光名所を紹介します。

箕面の滝周辺のおすすめ観光スポット「勝尾寺」

勝尾寺(かつおうじ)は、高野山真言宗の寺院で、山号は応頂山、開基は開成皇子で、神亀4年(724年)の創建です。西国三十三所の第二十三番札所になっています。お寺の名前からも、「勝運の寺」「勝ちダルマ」の寺としても、信仰されています。

八万坪にもおよぶ境内は壮観です。境内には大きな木々が多く、桜、シャクナゲ、アジサイ、紅葉の名所になっています。勝ち運祈願のパワースポットでもあり、大自然の莫大な御利益が求められ、参拝者が絶えない名刹です。

勝尾寺は紅葉の名所で、秋になり、勝尾寺の山門を抜けると、赤や黄、茶色など寺院全山の紅葉が浮かび上がります。見事な紅葉の見頃は例年11月です。11月の土、日、祝日には日没から19時30分までライトアップが行われます。見事な紅葉と、格式高い勝尾寺の建造物がライトアップされ、幻想的な世界を創りだします。

住所 大阪府箕面市粟生間谷2914-1

箕面の滝周辺のおすすめ観光スポット「箕面公園」

箕面の滝があるのが箕面公園です。箕面公園は箕面の滝と紅葉で広く知られています。面積は83.8ヘクタールあり、高校野球で有名な甲子園球場の約20個分の広さがあります。明治の森箕面国定公園の一角になります。 春の新緑と夏の納涼に、秋の紅葉が特に有名です。

箕面公園は、森林の景観の見事さもあって、昭和61年(1986年)に「森林浴の森100選」に選ばれています。心身共にプラス効果満点の森林浴に最適な森なのです。この点からもパワースポットといえる公園です。

箕面公園は大阪府民の憩いの場

箕面公園がある明治の森箕面国定公園は、もみじまつりが開催されます。期間は11月になります。期間などの問合せ先は、箕面交通・観光案内所(072-723-1885)です。約6000本のイロハモミジなどが紅葉し、ライトアップされます。大坂の中心街にも近く、大阪府民の憩いの森であり、癒しスポットとして人気の公園です。

住所 大阪府箕面市箕面公園1-18
電話番号 072-721-3014

箕面の滝の人気お土産

箕面の滝にもユニークな箕面ならではのお土産がたくさんあります。食い倒れの街、大阪だけに美味しいお土産があります。観光地にはお土産は付き物です。最近は、インターネットで全国の観光地の人気お土産が手に入りますが、新鮮さやその土地の空気や、実際に観光した満足感も味わえるのは、現地でお土産を求めることです。箕面のお土産の紹介です。

箕面の名物はなんといっても「もみじのてんぷら」

箕面名物は何といっても「もみじの天ぷら」です。伝統的に、箕面観光のお土産に最適な逸品です。天ぷらの材料になるもみじは、一行寺楓という種類のモミジです。その紅葉の葉に、最高級の小麦粉、白ごま、砂糖を加えた衣をまぶし、良質の菜種油で揚げたものが「もみじの天ぷら」です。この特別な味は箕面でしか求められません。

もみじの天ぷらは、約1300年前に役小角が開発したと伝わっています。もみじの天ぷらに使われる、一行寺楓の葉を、一枚一枚丁寧に水洗し、アク抜きして、葉脈を取り除き、一年間塩漬けします。その後、塩抜きして、天ぷらにします。あくまで、きれいな形の葉だけを選び、もみじの天ぷらにします。

箕面の滝のお土産は「ゆず」

箕面は、知る人ぞ知る「ゆずの里」です。紅葉に隠れて知名度は今一歩ですが、美味しい柚子として、大阪では圧倒的な人気があります。農林水産省の特産果樹生産出荷実績調査でも、大阪でゆずの産地といえば箕面になっています。それだけ、箕面のゆずは、箕面の名物になっています。

箕面には、お土産にできるゆず味の食べ物が沢山あります。ゆずのど飴、ゆず味噌汁、ゆず味噌、ゆずこしょう、人気の、ゆずるせんべい箱入り、柚子の定番、梅ジャムからゆずドレッシングまであります。この他にも、ゆずを使ったお土産がたくさんあります、現地箕面で確かめましょう。

箕面の「箕面ビール」は大人気

今や、日本全国に地ビールがあります。箕面にも地ビールがあります。箕面のビールは国内外で数々の賞を獲得している、名門ビールです。箕面ビールは、箕面が誇るクラフトビールです。箕面市内の工場で製造されている、正真正銘の箕面の地ビールです。市場に大量に出回っていません、箕面で味わいましょう。

住所 大阪府箕面市牧落3-14-18
電話番号 072-725-7234

「箕面もみじフィナンシェ」

箕面もみじフィナンシェは、広島のもみじ饅頭を連想させるお菓子です。焦がしバターのブールノワゼットとアーモンドプードルが入った、ふんわり・しっとりの洋菓子といえます。プレーン、メープル、苺、抹茶、チョコの5種類があり、程よい甘さの箕面を代表するスーツになっています。

住所 大阪府箕面市桜4-15-40
電話番号 072-737-7088

箕面の滝の周辺でランチやカフェ

箕面の滝へは、約2.8キロメートルの歩道を歩いて行くことになりますので、箕面の滝観光の小休止スポットとして、ランチしたり、コーヒーや紅茶を飲んで休むスポットは必要です。山間地の道をゆっくり歩く、箕面の滝観光では、ランチやコーヒーブレークで、さらに楽しい観光が続けられます。

箕面の滝のランチ「みのお滝茶屋 楓来坊」

みのお滝茶屋楓来坊は、箕面の滝が目の前に眺められるお茶屋で、喫茶も食事もできます。店頭で団子やおでんや鮎の塩焼きも売っています。ソフトクリームもあり、滝観光の疲れを団子や甘いスーツで癒しましょう。お店の2階で食事やビールを飲みながら、箕面公園や箕面の滝の絶景を楽しむこともできます。

住所 大阪府箕面市箕面公園2-74
電話番号 072-724-8944

箕面の滝でコーヒー「山本珈琲館」

山本珈琲館始まり、箕面滝道の途中にある多くの観光客が立ち寄るカフェです。コーヒーは美味しく、自家製のアイスクリームが美味しいと人気になっています。美味しいコーヒーを飲みながら、箕面川の流れや、周辺の緑や紅葉が楽しめる、箕面の滝観光では人気抜群の喫茶店です。

住所 大阪府箕面市箕面公園2-28
電話番号 072-722-3477

箕面の滝へのアクセス

電車で箕面の滝へアクセスする場合は、大阪の阪急電鉄・梅田駅で宝塚線に乗ります。石橋駅で箕面線に乗り換え、箕面駅で下車します。梅田駅では、宝塚線の4番線か5番線になりますが、4番線の急行のほうが早く着きます。

箕面駅から箕面の滝までは、箕面駅を出てすぐに始まる滝道を、北に向かって進んでいきます。箕面駅から7、8分歩いていくと、一の橋に着きます。その橋を渡たり、舗装された道を30分も散策すれば、箕面の滝にたどり着けます。

箕面の滝へは車でもいける

車で箕面の滝へ向かう場合は、京都方面からは、国道171号線を使い、牧落交差点を右折します。神戸方面からは、国道171号線を通り、牧落交差点で左折します。大阪市内からは新御堂筋から国道171号線へ入り、国道171号線をドライブして、牧落交差点を右折します。

箕面の滝は山間部にあり、滝に通じる滝道の観光もおすすめになります。車の場合、箕面駅周辺の駐車場がベストです。箕面駅近くに市営駐車場が2箇所あり、そこに車を駐車して、歩いて箕面の滝へのアクセスをおすすめします。

箕面の滝はパワースポット

箕面の滝は流れ落ちる落差もあり、水量も多く規模の大きい滝で、日本の滝100選に選ばれるのも当然です。また、多くの見物客が訪れる箕面最大の観光スポットといえます。箕面の滝は観光名所であるとともに、大自然の緑を楽しみ、莫大な滝のマイナスイオンも感じられます。観光と健康が同時に堪能できる場所です。

おすすめのパワースポット箕面の滝に出かけよう!

箕面の滝は、大阪市内からも1時間程度でたどり着けます。大きな滝ですが、比較的簡単にアクセスできる名瀑です。古来から滝はパワースポットで、信仰の対象でもあります。滝を訪ねると活力が湧いてくるといわれます。箕面の滝に出かけて大自然の力を授かり、心身共にリフレッシュしましょう。活力みなぎる明日が迎えられそうです。

関連記事

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ