スイスの通貨「フラン」は日本円でいくら?両替方法や為替レートを紹介

スイス旅行に行くとなれば気になるスイス通貨であるフランの両替です。スイスフランは日本円でいくらするのか、両替する時の為替レートや両替所、お得な両替方法など日本円からスイスの通貨であるフランについて為替レートや両替方法などお伝えします。

スイスの通貨「フラン」は日本円でいくら?両替方法や為替レートを紹介のイメージ

目次

  1. 1スイス通貨のフランへ日本円の両替などお伝えします
  2. 2スイス通貨のスイスフラン
  3. 3スイス通貨のフランは日本円と似ている
  4. 4スイス通貨フランと円の為替レート
  5. 5スイス通貨はフランとサンチーム
  6. 6スイス通貨のフランへ日本円を両替するには
  7. 7スイス通貨と日本円の為替レートと手数料
  8. 8スイスの通貨へ現地で円を両替するなら
  9. 9おすすめのスイスフランと円の両替所
  10. 10スイス通貨へ日本で円を両替する理由
  11. 11スイスフラン以外にユーロも使用可能
  12. 12スイス通貨がない場合はカードで大丈夫
  13. 13スイス通貨をタイミングを見て円から両替
  14. 14スイスフランはカードをうまく使う
  15. 15上手に両替をしてスイスを楽しんできましょう

スイス通貨のフランへ日本円の両替などお伝えします

スイス通貨のスイスフランはスイス旅行で必要な通貨です。日本円からの両替時のレートやお得な両替やスイスフランが円なら何円なのか、カードは使えるか、スイスで両替する時のことも気になります。そのスイスの通貨のスイスフランについてお伝えします。

Thumbスイス旅行の観光名所まとめ!ベストシーズンやおすすめコースも紹介!
スイス旅行といえば、アルプスの少女ハイジに出てくるような壮大な自然のイメージでしょうか。スイ...

スイス通貨のスイスフラン

スイスの通貨であるスイスフランは、為替市場では大変人気のある、安心安全の通貨で日本円とともに人気のある通貨です。

色鮮やかで紙幣というよりも、何かアート的なイベントのチケットのような紙幣で、すごく綺麗な紙幣です。

あまり見かける事もないスイスフランなので、ちょっとローカルというか、初めて見ると驚く紙幣ですが、為替市場では安心安全の通貨で、日本円のように変動が少なく安定してるので人気の通貨です。

スイス通貨のフランは日本円と似ている

スイス通貨は、安全性からみても変動の少ない通貨で日本円と似ています。そのため、投資家などからは人気の通貨ですが、変動も少ないため両替時のレートもさほど変動しません。

そのため、もしスイス旅行を計画したり、行くことが決まってから、結構時間があるなら、為替レートを見ておき、タイミングの良い時に日本円から両替しておくのをおすすめします。

スイス通貨フランと円の為替レート

スイス通貨のフランは日本円で1スイスフランが113.50円となります。(2018年11月21日現在)だいたい114円ですので、買い物などするときは115円くらいで、ざっくり計算するとらくです。最近はスイスフランの為替レートも落ち着いているので安くても110円ちょっとですので、高くても120円ならないので平均的に115円で計算すると良いです。

スイスフランは日本円と似ていて安定しているため、為替レートにおいて日本円とスイスフランはそれほど変わりません。両替においてもレートが大きく変わるというのも少ないので、スイスに行くとわかれば、為替レートをチェックし、好きなタイミングで両替しておくのもおすすめです。

銀行で円をスイスフランに両替は高め

両替と言うと日本では、海外と比べ島国というのもあって、空港と大手の銀行くらいしか両替が出来ません。銀行でスイス通貨のフランに両替となると1フランで5円くらいも手数料がかかってしまい、高額になるとどうしても手数料もかなり高くなります。

しかし、インターネット上で取引できる外貨宅配はそれよりも安くできます。さらにネットバンクやFX口座を利用して外貨預金としてチャージまたは預入しておくと、レートは一緒でも手数料は金額で変わりますが数百円で納まる事もありお得です。

スイス通貨はフランとサンチーム

スイスはヨーロッパですが、EU加盟国ではなく、永世中立国でスイス独自の通貨であるスイスフランが使われています。補助通貨としてサンチームが使われていてラッペンとも言いますが、ほぼサンチームと言います。

スイス通貨のフランは、世界でもめったに見ることのないデザインが縦の紙幣で、すごく色鮮やかでカラフル、そしておしゃれな紙幣です。ちょうど今現在、新札が発行されていて2019年までは新札と古い札の両方を使っています。

珍しいデザインですので、スイス旅行の際に記念として日本円に両替せずにいる方も多いようです。

スイスフランは最先端の通貨

スイス通貨であるスイスフランは、世界でもあまり見ない縦型のデザイン紙幣ですが、偽造防止のための最新技術が使われた紙幣で、世界でもトップの紙幣です。

色など、デザインや鮮やかさではユーロも似ているのですが、スイスフランの紙幣は、初めて手にするとつい写真を撮りたくなるようなおしゃれな紙幣です。

スイス通貨のフランへ日本円を両替するには

スイス通貨に日本円を両替するには、スイスだと空港の両替所や銀行やATM、都市にある両替所、そして自動両替機でスイスフランを引き出す方法が一般的な方法になります。

日本円をスイスフランに両替するには、スイスへ行く前に日本で両替しておくのが、一般的というかおすすめの方法で、日本の銀行や空港の両替所ではなく、インターネットを使っての外貨宅配の両替が一般的には一番お得と言われています。

現金書留で届くので、自宅か近くの郵便局の窓口で受け取るのですが、両替時の為替レートや手数料も結構良いので、スイスフランへ日本円を両替するには、一番おすすめです。

円からフランへの両替

スイスフランの現金を手に入れるには外貨宅配が良いと言っても、両替の申込みはインターネットを使ってします。その時の為替レートをしっかり確認し両替すると良いです。

スイスフランは日本円と似ていて、そんなに為替レートが変わるような通貨ではないので、よほどの事がない限り日本の外貨宅配で両替するのがおすすめではあります。

しかし、外貨宅配の両替は10万円以下は送料で400円かかるため、少額で両替する場合、スイスの何処に行くかにもよりますが、ある程度の都市に行くなら、現地の両替所で両替しても日本とそれほど変わらないレートで両替ができます。

スイス通貨と日本円の為替レートと手数料

スイス通貨のフランに日本円を両替する場合、日本であれば、大手の銀行でするか、それか外貨宅配での両替ですが、スイスで両替する場合は街中にある両替所で両替をします。

スイスで両替する場合は事前に為替レートを確認しておき、インターネットで評判の良い両替所で両替するのが一番良いです。しかし、これはスイスの旅行で都市に行った場合です。

訪れた都市で両替所を探し、評判もチェックしたうえで両替時の為替レートのチェックもして、両替するのが良いです。

しっかりと両替所を調べ、為替レートも良ければ大丈夫ですが、基本的に為替レートも一緒で手数料を考えたら日本で両替して行くのが無難です。スイスでも日本でも両替はほぼ一緒ですので、両替は日本でしておくのがおすすめです。

スイスの通貨へ現地で円を両替するなら

基本は日本で両替して行くのが良いですが、スイスで両替するなら、よほどルートが良くないかぎり両替はしなくても良いです。両替をするなら最小限の現金の両替で十分で、クレジットカードとの組み合わせでうまく使うと良いです。

お得な現地通貨の入手方法

最近の両替でお得な方法のひとつにFX口座から現地の通貨を引き出す方法があります。FX口座を使ってデビットカードやチャージ型のカードに現地通貨をチャージしておくというものも現地通貨のフランを手にする方法です。

他にも海外で使えるデビットカードや専用のカードでATMから現金を出すなら、会社によって手数料も違うのでお得な会社を探すしかないですが、なかには口座にある日本円をスイスフランに両替しチャージできるので、スイスフランを両替する時の為替レートで両替し、現地で買い物や現金を引き出し時の手数料が無料のものもあります。

おすすめのスイスフランと円の両替所

スイスに行き、現地で両替する場合、チューリッヒをお訪れるなら、チューリッヒの駅から近めのChange Rousseau Natcomがおすすめです。こちらはレートも良心的で観光客からも評判が良いのでおすすめです。

そして、チューリッヒの中心部近くにあるDaniel jalliet Sarlも評判はよく、通り沿いにあり黒い看板に白文字でChangeと書いてあるのでわかりやすいです。

比較的、他の街もですが少額の両替なら日本の方が良かったりしますが、ある程度まとまった金額であれば都市にある両替所で両替するのが良いです。

数人でスイスに行って、みんなの分の両替をまとめて両替すると良いです。都市によらずに田舎の方に行ったりした場合は、ATMからスイスの現地通貨を引き出す、もしくはカード払いだけで過ごすことになります。

都市に行ったら両替所をチェック

スイスで目的地の途中にある程度の都市や街があれば、マップ上で両替所を検索して、評判を見て両替するのもおすすめです。少額であれば、手数料で高くつきおすすめしませんが、ある程度の金額であれば日本よりもおすすめ出来ることが多いです。

カード払いが出来るお店も大変多いので、無理に現金の両替をしなくても良いですが、観光客が多いエリアでは、スイスでは自動両替機も設置されているので、それを使ってみるのも良いです。

スイス通貨へ日本で円を両替する理由

両替時の為替レートはスイスも日本も変わらないですが、日本で両替をしておいた方が良い理由は、スイス旅行での行き先の問題があるからです。

スイス旅行では、都市を巡るというものもありますが、ほとんどの方は、スイスの山々や風景を楽しむため田舎の方へ行くことが多いです。空港での両替はちょっとレートが悪く、街中の評判の良い両替に行けるなら良いです。

しかし、その両替所へ行く時間があるなら良いですが、行き先の関係では両替所に行く時間が無い事も多々あります。両替をしに数時間のかかったりしたら、それこそ無駄です。

その時にスイスフランを日本で両替しておくと、両替所に行く時間を短縮でき、無駄な時間を省けます。用意出来ていなければクレジットカードやデビットカードなどで銀行のATMで現地通貨のスイスフランを引き出すと良いです。

スイスフラン以外にユーロも使用可能

スイスでは、観光客が多い一部の都市などで、ホテルやレストランなど一部ですが、ユーロが使える店もあります。これはEU加盟国からの観光客も多いという理由からですが、田舎などではもちろんスイス通貨のフランのみ使えます。

両替所もあることはありますが、他の国に比べると意外と両替所が少なく、空港についた時に両替するか、もしくは全てカードだけで済ませるというのもスイスでは結構あることです。

スイス通貨がない場合はカードで大丈夫

スイスでは、カード払いができるお店も大変多く、クレジットカードやデビットカードで支払いを済ませる事ができるお店が日本よりもはるかに多いです。

もし日本で両替出来なかったり、スイスについても時間があまりなく日本円をスイスフラン両替する時間もなかったと言っても、少額でもカードでの支払いができます。

観光客の多い場所は最悪カードのみで大丈夫

スイスは観光客も多く、山々や自然を楽しむ場所が人気です。日本だと観光地と言っても、田舎だとカードが使えなかったり、使えても種類が少ないですが、スイスでは扱っているカードの種類も豊富なので大変便利です。

もちろん銀行のATMもカードの対応種類は多いので、現金を出す事もかんたんに出来ます。日本で、もしくはインターネット経由で、為替レートの良い時に自分の銀行口座の日本円をスイスフランに両替してカードにチャージしておけば、かなりお得です。

そして、海外ではあまり使えるとこが無いと言われるJCBカードも使えますので、日本でJCBカードをメインに使っている方も安心できます。

デビットカードは日本円よりフランでチャージが得

持っているデビットカードの会社にもよりますが、デビットカードだけでなく通常のクレジットカードであっても、支払いの時は現地通貨に両替、そして支払いとなり手数料もかかります。

しかしソニー銀行などのデビットカードだと、手数料が無料で支払いができ、海外であっても同じなのでインターネットでスイスフランに両替しておけば、両替料金だけで済むので、為替レートをチェックしておき、為替レート良いときに両替しチャージしておけば、大変お得です。

日本円だけでも、カード払いの時に自動的にスイスフランに両替して支払いができますが、為替レートというよりも手数料がちょっと増えたりするので、スイスフランに両替してチャージしておけば、良いです。

スイス通貨をタイミングを見て円から両替

スイスに行く事が結構前にわかっていれば準備も楽です。両替も為替レートを見ておき、好きなタイミングで両替をしておけば、仮にその後レートが悪くなったとしても関係ないです。

カードにスイス通貨のフランがチャージされていれば、手数料無料でスイスのATMから引き出せたり、買い物の支払いも手数料無料で支払いが出来るデビットカードもあります。

インターネット上で円からフランに両替し口座に入れる際に手数料がかかってしまいますが、普通に両替し現金でフランをスイスに持っていくよりはお得です。

スイスフランはカードをうまく使う

外貨宅配では10万円以上で送料が無料とはいえ、それほどの現金を持って歩くのも、ちょっと不安なところもあります。なので、カードが使えない場面もあるため、ある程度の金額は現金で持ち、あとはカードで対応するのが良いです。

クレジットカードも良いですが、使いすぎないことや、手数料等お得なことも考えると、両替時のレートと入金の手数料で済み、スマホであれば手続きも出来るネットバンクのデビットカードやFX口座でのプリペイドカードを組合せ使うと便利です。

通常の両替よりお得に両替し、手数料無料でスイス通貨をATMから引き出せたり、支払いもできるので、高額の現金を持ち歩かなくても良いので便利です。

上手に両替をしてスイスを楽しんできましょう

観光客が大変多いスイスですので、短期であればカードだけでも大丈夫ですが、それなりに長時間スイスを旅行していくなら現金はどうしてもあったほうが良いです。カードのお得な部分を上手く使いスイス通貨の両替をしてスイスフランを入手しスイスの旅を良いものにしましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Barista Sho

新着一覧

最近公開されたまとめ