ニフレルの混雑状況や口コミを徹底調査!夏休みやGWは避けるべき?

大阪にある人気の施設ニフレルは、週末や長期休暇を中心にとても混雑していると口コミでも評判の施設です。今回は、大阪の人気施設の一つであるニフレルの混雑する時期やタイミング、長期休暇の混雑状況からニフレルの普段の混雑状況や口コミを徹底調査しました。

ニフレルの混雑状況や口コミを徹底調査!夏休みやGWは避けるべき?のイメージ

目次

  1. 1大阪にある人気の施設・ニフレル
  2. 2ニフレルの見どころとは?
  3. 3ニフレルの混雑状況
  4. 4ニフレルが混雑しやすい時間帯
  5. 5週末のニフレルの混雑とは?
  6. 6連休中のニフレルの混雑とは?
  7. 7GWのニフレルの混雑とは?
  8. 8夏休みのニフレルの混雑とは?
  9. 9冬休みのニフレルの混雑とは?
  10. 10春休みのニフレルの混雑とは?
  11. 11ニフレルで遭遇する混雑とは?
  12. 12ニフレルでの駐車場の混雑を回避するには?
  13. 13ニフレルのチケット売り場での混雑を回避するには?
  14. 14混雑しているニフレルへの子供を連れて行けるの?
  15. 15混雑を考慮して人気の施設ニフレル楽しもう!

大阪にある人気の施設・ニフレル

大阪・吹田市にある人気施設のエキスポシティの一画にあるニフレルは、感性に触れることができるをコンセプトにしています。感性に触れることができるをコンセプトにして、「いろ」「わざ」「すがた」「ワンダーモーメンツ」「みずべ」「うごき」「つながり」という7つのテーマを基に構成された大阪の人気の施設となっています。

ニフレルの見どころとは?

大阪の人気施設であるニフレルの見どころは、それぞれのテーマを基にしたゾーンで「水族館、動物園、美術館のジャンルを超えた、生きたミュージアム」をキャッチコピーにちなんだ展示を行っているところです。

ニフレルで展示さている水槽では360度から見れるようになっていて、普段は見られない角度からも動物を見ることができます。続いては、リピーターがおすすめするニフレルのゾーンをご紹介します。

リピーターおすすめのニフレルの「うごきに触れる」ゾーン

ニフレルの年間パスポートを使ったり、何度も訪れるリピーターがおすすめするニフレルのゾーンは、「うごきに触れる」ゾーンです。「うごきに触れる」ゾーンは、ニフレル内にそのまま飼育されている鳥やカピバラなどの動きをそのまま見ることができます。

「うごきに触れる」ゾーンを歩いていると隣を動物が走り去って行ったりなどなかなか見ることができない光景を目にするでしょう。そんな非日常の体験が、人のワクワクさせて、また訪れたいと思ってもらえるように工夫されているのです。

ニフレルの混雑状況

大阪の人気施設であるニフレルはたくさんの人が訪れて、週末や長期休暇を中心に、ニフレルの館内は、とても混雑しています。ニフレルを訪れるのに、一番のおすすめのタイミングは、平日と言っても過言ではありません。

しかしながら、平日にニフレルを訪れるのは、難しい方もいらっしゃるでしょう。というのも、子供が学校に行っている、仕事を休むことができないなどさまざまな理由があるからです。

たくさんの人が気になるのは、ニフレルのいつが混雑するのか?ニフレルの混雑はどのくらいなのか?、混雑する時間帯は?などの疑問があるでしょう。そ子で、ニフレルが混雑する時間帯や混雑するタイミングを具体的に見ていきましょう。

ニフレルが混雑しやすい時間帯

ニフレルが混雑しやすい時間帯についてです。ニフレルが混雑しやすいのは、11時から16時と言われています。ニフレルの営業時間は、朝10時から夜8時までとなっており、日中が混雑しやすい時間帯となっています。

また、ニフレルには、地元・大阪の小学生や修学旅行生など団体で訪れることもあります。団体で訪れるときは、午前中にニフレルへ訪れることが多くなります。時間帯としては、朝10時から昼過ぎまでとなります。

団体で訪れる地元・大阪の小学生や大阪を訪れた修学旅行生などは、授業の一環や遠足で訪れるため、平日に訪れることが多くなっています。特に春と秋は、団体で訪れることが多く、平日でも混雑するかもしれないと思っておくことをおすすめします。

週末のニフレルの混雑とは?

休みとなる週末に、家族みんなでニフレルへ訪れることを計画している人もいらっしゃるかもしれません。週末のニフレルは、混雑することを覚悟しておくことをおすすめします。特に、日曜日は、ニフレルはとても混雑するでしょう。

ニフレルがあるエキスポシティ自体が、週末にはとても混雑します。特に日曜日はとても混雑して、朝のオープンから夕方4時ごろまでは、館内、チケット売り場共に、とても混雑するでしょう。

また、車で来館したときには、帰りの駐車場も混雑します。ニフレルがあるエキスポシティの駐車場から出庫するのにも、また出庫した後の周辺道路も混雑すると言われています。訪れるときには、混雑すると覚悟して訪れましょう。

連休中のニフレルの混雑とは?

春や秋にある週末と祝日を含めた連休中にもニフレルは混雑します。特に連休の中日は、週末よりも、ニフレルのチケット売り場、館内への入場、エキスポシティの駐車場への入庫と出庫の両方で混雑します。

混雑する時間帯も、朝のオープンから夕方4時ごろまでと比較的長い時間で混雑します。また、ニフレルの館内だけでなく、エキスポシティ全体で混雑するので、食事を食べたり、カフェで休憩したりするときにも混雑するので、多めに時間を取る必要があります。

連休の中日になるので、意図的に、夕方4時以降に訪問して快適に館内を見て回ることができたという口コミも数多くあります。ニフレルへ連休の中日に訪れることを検討している人は、時間帯をずらす工夫を行ってみることをおすすめします。

GWのニフレルの混雑とは?

GW(ゴールデンウィーク)のニフレルは、とても混雑することで有名です。GWには、ニフレルへたくさんの人が訪れて、チケットを購入するのにも時間がかかったなどといった口コミも数多くあり、GW期間中にとても混雑している状況が想像できます。

GWのニフレルの混雑は、酷くなります。また、GW中の混雑する時間帯の11時から16時までは、ニフレルの館内をゆっくり見回ることができる状況ではないという口コミもあるので、GWにニフレルへ訪れるときは、事前にチケットを購入するなどが必要です。

また、GWは混雑がピークの時間帯をずらしていくと空いているとも言われています。エキスポシティの駐車場の混雑も少しは緩和されるので、GWは、時間帯をずらして訪問するのもおすすめです。

夏休みのニフレルの混雑とは?

GWと同じく夏休みのニフレルも、とても混雑します。夏休みには、ニフレルへ夏休み中の子供達がたくさん訪れるため、子供でニフレル館内が溢れかえると言われています。夏休み期間中にニフレルを訪れる人は、工夫が必要となるでしょう。

夏休みのニフレルの混雑しやすい時間帯は、夏休み期間の平日だと、午前中、夏休み期間の週末だと、朝から夕方にかけて混雑しやすいと言われています。一方で、夏休み期間でも時間をずらすことで混雑を少しは回避できるという口コミもあります。

夏休みのお盆期間はたくさんの人が訪れて混雑が予想されます。営業時間も朝8時半からとなります。意図的に早い時間帯に訪れて、館内が混雑し始める前に見てしまうことで、混雑を回避できたという口コミもあります。

夏休みのお盆期間は、ニフレルへ早い時間帯に訪れて、少しでも混雑する状況を避けて、館内を見て回るということも選択肢として入れることをおすすめします。

冬休みのニフレルの混雑とは?

冬休みのニフレルもGWや夏休みと同じくとても混雑することで有名です。冬休みは、冬休み期間中の子供を中心にたくさんの人が訪れるので、館内はとても混雑した状況になると言われています。

冬休みの混雑する時間帯は、他の長期休暇と同じく、午前から夕方にかけてです。特に、クリスマス時期の混雑状況は酷く、入館待ちになることもあると言われています。クリスマスのような大型イベントのときには、訪れるタイミングの確認をおすすめします。

また、年末年始は、ニフレルの営業時間が少し変化します。通常は、朝10時から夜8時までとなっていますが、開館を早めたり、閉館を早めたりするので、事前に営業時間を確認しておくことをおすすめします。

春休みのニフレルの混雑とは?

春休みのニフレルの混雑状況も、夏休みや冬休みと変わらず館内は混雑しています。春休みのニフレルは、夏休みや冬休みである営業時間の変更などはありません。春休みに入ったたくさんの子供達が訪れて、館内は大盛況となります。

春休み期間中は、平日は混雑、土日を含む週末は大混雑になると言われています。時間帯も他の長期休暇と同じく、平日が午前中を中心に、週末は朝から夕方にかけて混雑するという口コミがいくつかあります。

週末を中心に混雑が予想されるので、春休みは、平日もしくは週末だと時間帯をずらして訪れることをおすすめします。また、事前にオンラインでチケットを購入しておくことでチケット売り場の混雑に巻き込まれずに済むでしょう。

ニフレルで遭遇する混雑とは?

大阪の人気アミューズメントパークであるエキスポシティにあるニフレルには週末や長期休暇を中心にたくさんの人が訪れて、館内はとても混雑します。続いては、ニフレルで遭遇するであろう混雑についてチケット窓口、駐車場、館内・レストランでの場面別にご紹介していきます。

ニフレルで遭遇する混雑1:駐車場

最初にご紹介するニフレルで遭遇する混雑は、駐車場です。ニフレル単体での駐車場はなく、ニフレルがあるエキスポシティの駐車場を利用することになります。エキスポシティの駐車場は、4000台以上の車を停めることができます。

しかし、4000台以上の車を駐車できるスペースがあったとしても、とても混雑するのが、エキスポシティの駐車場です。早朝は比較的にすぐに見つけられるでしょうが、昼前からはとても混雑するので、スペースを見つけるのが大変という口コミもあります。

ニフレルで遭遇する混雑2:チケット窓口

続いて、ご紹介するニフレルで遭遇する混雑は、チケット窓口です。チケット窓口には、ニフレルへの入場券を求め、週末を中心に、朝から並ばれる方もたくさんいらっしゃいます。

また、ニフレルのチケット窓口は、多いときには、1時間近く並んだという口コミもあるほどで、長期休暇の週末を中心に混雑します。

ニフレルで遭遇する混雑3:館内・レストラン

ニフレルに入場した後にもニフレル館内とレストランで混雑に遭遇するでしょう。ニフレルの館内は、7つのゾーンに分かれていますが、混雑しているどこもたくさんとなり、展示を見るのも一苦労です。

また、ニフレルにあるレストラン、エキスポシティにあるレストランはお昼近くになるととても混雑します。混雑しやすく、利用するのに時間がかかるので事前に予定を決めて時間をずらすなどの工夫が必要となります。

ニフレルでの駐車場の混雑を回避するには?

混雑に遭遇することを想定して、どのようにしてニフレルでの混雑を回避するのかをご紹介していきます。まず最初は、ニフレルでの駐車場の混雑を回避する方法についてです。ニフレルの駐車場での混雑を回避するには、周辺の駐車場を利用する、事前に予約できる駐車場を利用するというのが最も良い選択肢となります。

ニフレルでの駐車場の混雑を回避する方法1:周辺の駐車場を利用

ニフレルがあるエキスポシティまで歩いて行ける駐車場として、コインパーキングのタイムズや三井のリパークといった駐車場があります。これらの駐車場を利用すると、エキスポシティから帰るときの車の混雑に巻き込まれにくいと口コミでも評判なので、利用することも検討してみてもよいでしょう。

ニフレルでの駐車場の混雑を回避する方法2:駐車場の予約

ニフレルの近くには、オンラインで事前に予約できる駐車場もあります。予約できる駐車場は、料金も安いところがあり、エキスポシティの駐車場よりもお得に停められると評判です。また、コインパーキングと同じく、エキスポシティからの出庫の混雑を回避できると言われており、予定が決まっている人は、検討してみましょう。

ニフレルのチケット売り場での混雑を回避するには?

ニフレルのチケット窓口での混雑を回避する方法としては、オンラインでチケットを購入することです。ニフレルのWEBサイトからチケットを購入することができます。週末や長期休暇には、たくさんの人が訪れるので、窓口にたくさんの人が並ぶ状況が生まれます。

ニフレルのWEBサイトから申し込めるチケットは、30日間いつでも使えるチケットと日時指定のチケットがあります。料金は窓口で購入するチケットと変わりませんが、窓口に並ぶ必要がなくなるので、事前に購入するのもおすすめです。

また、ニフレルの入場チケットは、コンビニエンスストアでも購入できます。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートで購入でき、平日は、窓口での交換が必要となりますが。週末はそのまま改札へ行くことができます。

ニフレルには、EXPOCITYのエンターテインメント施設とニフレル入場チケットがセットになったお得なチケットも販売しています。セブンイレブンにて購入することができ、週末はチケットを引き換えることなく、そのまま改札へ行くことができるので、とても便利なチケットとなります。

混雑しているニフレルへの子供を連れて行けるの?

混雑しているニフレルへまだ歩くことができない子供を連れていきたい人もいらっしゃるでしょう。歩くことができない子供連れで、ニフレルへ行くのも躊躇われるかもしれません。しかし、ニフレルは館内でベビーカーを利用することができるので、大丈夫です。

また、混雑が予想されるときは、臨時のベビーカー置き場が設定されることもありますが、必ず利用できるとは限りません。歩けない子供を連れて行く時には、抱っこひもを持って行くなどの工夫が必要となります。

混雑を考慮して人気の施設ニフレル楽しもう!

大阪の人気施設・ニフレルは、週末や長期休暇となるとたくさんの人が訪れて混雑が予想されます。ただし、混雑する時間帯やタイミングは想定できます。また、事前に混雑の状況を想定して、対応すると比較的スムーズに利用できるでしょう。ぜひ、ニフレルを訪れた人の口コミなどを考慮して、予定を立て、そして、ニフレルを楽しんでください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
daiking

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ