浜寺公園プールの楽しみ方ガイド!入場料金を割引する方法も紹介!

大阪の堺市にある「浜寺公園プール」は、スライダーが大変評判の人気のプールです。誰もが思い切り夏を楽しめると多くの人が訪れて混雑します。「浜寺公園プール」について、アクセスや料金などをはじめ、さまざまな情報をピックアップしました。

浜寺公園プールの楽しみ方ガイド!入場料金を割引する方法も紹介!のイメージ

目次

  1. 1大阪・浜寺公園プールに行ってみよう!
  2. 2大阪・浜寺公園プールとは?
  3. 3大阪・浜寺公園プールに電車で行く
  4. 4大阪・浜寺公園プールに車で行く
  5. 5大阪・浜寺公園プールの駐車場
  6. 6大阪・浜寺公園プールの営業時間
  7. 7大阪・浜寺公園プールの料金
  8. 8大阪・浜寺公園プールの割引料金情報1.スライダー
  9. 9大阪・浜寺公園プールの割引料金情報2.団体料金
  10. 10大阪・浜寺公園プールの割引料金情報3.節電無料券付回数券
  11. 11大阪・浜寺公園プールの割引料金情報4.障がい者手帳
  12. 12大阪・浜寺公園プールの割引料金情報5.ホテル
  13. 13大阪・浜寺公園プールのおすすめプール1.スライダー
  14. 14大阪・浜寺公園プールのおすすめプール2.変形大プール
  15. 15大阪・浜寺公園プールのおすすめプール3.変形小プール
  16. 16大阪・浜寺公園プールのおすすめプール4.50・25メートルプール
  17. 17大阪・浜寺公園プールの混雑状況
  18. 18大阪・浜寺公園プールの売店など
  19. 19大阪・浜寺公園プールとあわせて訪れよう1.仁徳天皇陵古墳
  20. 20大阪・浜寺公園プールとあわせて訪れよう2.ハーベストの丘
  21. 21大阪・浜寺公園プールとあわせて訪れよう3.堺市役所21階展望ロビー
  22. 22大阪・浜寺公園プールで思い切り楽しもう!

大阪・浜寺公園プールに行ってみよう!

「浜寺公園プール」は、大阪で大変人気のスライダーがあるプールです。夏限定で開かれるプールですが、多くの人で混雑し、賑わうおすすめのプールです。「浜寺公園プール」について、料金や割引情報・アクセス情報などの観光情報とあわせて紹介します。夏の思い出を「浜寺公園プール」で是非作ってみましょう。

大阪・浜寺公園プールとは?

「浜寺公園プール」は、大阪府堺市西区にある広大な敷地の都市公園である「浜寺公園」の中にあるプールです。

「浜寺公園」は明治6年(1873年)に開園した日本最古の公園であると言われています。名松100選にも選ばれている松林が大変素晴らしいと評判です。桜の開花時期にはお花見スポットとしても大変賑わい、多くの人で混雑します。また園内にあるばら庭園は約300種・約6500株のバラがあり、雰囲気抜群であるとカップルデートにもぴったりです。

子どもが伸び伸び遊べるアスレチック遊具が整っていて、乗り物に乗れる交通遊園も大変人気で、週末などには多くの子どもで混雑します。

「浜寺公園」の敷地の中にあるのが「浜寺公園プール」であり、夏期間のみの営業となっています。小さな子どもからカップルデートまで誰もがたっぷりしっかり楽しめる人気のプールが6つあり、盛りの時期には多くの人で混雑します。

「浜寺公園プール」の中でも全長100メートルのスライダーが大変人気で、行列ができることもあります。譲り合いの心で、皆で楽しく夏を満喫しましょう。

大阪・浜寺公園プールに電車で行く

「浜寺公園プール」に電車などの公共交通機関を利用してアクセスする場合は、南海本線の「浜寺公園駅」を降りるとアクセスすることができます。

阪堺電軌阪堺線を利用する場合は、「浜寺駅前駅」で降りて約1分歩くとアクセスすることができます。また、JR羽衣線の「東羽衣駅」で降りて北西方向へ約450メートル歩いてもアクセスすることができます。

どの駅からも電車から降りて駅から出るとすぐに公園に行くことができるので、電車でのアクセスも大変おすすめです。公園の中は大変広いので、どの場所に行きたいのか、事前に決めておくことで利用する電車や駅をチョイスすることができます。

大阪・浜寺公園プールに車で行く

「浜寺公園プール」に車を利用してアクセスする場合は、阪神高速4号湾岸線の「出島インターチェンジ」または「浜寺インターチェンジ」で降りるとアクセスすることができます。

「浜寺公園」は広大な敷地のある公園であり、園内でしっかりたっぷり身体を使うことができるので、小さな子連れや年配の人が一緒のグループの場合は特に車でのアクセスをおすすめします。

「浜寺公園プール」に行く時には、着替えや浮き輪、テントなどのさまざまな道具を運ぶ必要があるので、特に車でアクセスすると便利でしょう。交通状況などを事前に入手しておき、時間を有効活用することが大切です。

大阪・浜寺公園プールの駐車場

「浜寺公園」には、約500台分の利用者専用駐車場があります。通年開場しているのは第2駐車場から第5駐車場まで4か所あり、第1駐車場は3月上旬から11月末までの土・日・祝日とプールが解放されている時期のみの臨時駐車場となっています。

利用料金は、1時間までが420円、1時間から2時間までが520円、2時間から3時間までが620円、3時間から4時間までが720円、4時間から5時間までが830円、5時間から6時間までが930円、6時間以上は24時間までが1030円となっています。最大料金があり、大変利用しやすい駐車場です。

「浜寺公園」の駐車場は広い敷地の中のあちこちに分かれていて、「浜寺公園プール」を利用する場合に一番近いおすすめの人気の駐車場は、「浜寺公園」の一番南側に位置する「第1駐車場」です。多くの人がここの駐車場を目指して来るので、早い時間に混雑し、満車となってしまうこともあります。

二番目に近いおすすめの人気の駐車場は「第2駐車場」です。プールの開放期間には特に多くの人が訪れ、どこの駐車場も混雑します。プールからできるだけ近い駐車場を利用したい場合は、午前中のなるべく早い時間にアクセスすることをおすすめします。

また、浜寺公園の周辺のコインパーキングなどの情報も事前に調べておくと、時間をスムーズに使え、プールでたっぷり楽しむことができるのでおすすめです。

大阪・浜寺公園プールの営業時間

「浜寺公園プール」は、夏期間限定の開園となってます。例年7月の中旬頃から8月の下旬頃にかけての子どもの夏休み期間に営業されます。

営業時間は、9時30分から18時までとなっています。入場は17時まで、遊泳は17時30分までとなっているので、時間にゆとりを持って行動することが大切です。時間はきっちり守りましょう。

例年毎週日曜日と祝日・お盆期間中は9時開場となります。また7月の初めにプレオープンが行われたり、50メートルプールは貸切の期間があったりするので、事前に調べておくと良いです。スライダーはプールの遊泳時間中はいつでも利用することができます。

「浜寺公園プール」の営業日程や営業時間などは年によって変動することがあります。夏の始まりを感じたら、「浜寺公園プール」の営業日程や営業時間をチェックしておくと夏の思い出をしっかりたっぷりつくることができます。少し勇気がいるスライダーなどで、子どもの成長も感じることができるでしょう。

大阪・浜寺公園プールの料金

「浜寺公園」は、無料で誰もがいつでも自由に出入りすることができる公園です。マナーやルールを守って利用しましょう。

「浜寺公園プール」は、有料施設となっています。高校生以上の大人料金が930円、中学生料金が510円、4歳から小学生までの小人料金が310円となっています。3歳以下は入場無料です。ただし、幼児の入場は成人の大人一人につき2人までです。

大変人気のジャイアントスライダーは別料金が必要で、1回100円となっています。また、更衣室にあるロッカーは1回100円となっていて、返却がないので注意が必要です。

大阪・浜寺公園プールの割引料金情報1.スライダー

「浜寺公園プール」で一番人気のスライダーは入場料金と別料金が必要なので、子どもが気に入って何回も滑りたいと言っても足踏みしてしまい、困ったという人もいるでしょう。

そのような時におすすめなのが「スライダーの回数券」です。この回数券は、6枚つづりになっていて、500円で購入でき、1回お得にスライダーを楽しむことができます。

最初からスライダーを利用できる回数を決めておくことで、子どもも心の整理ができ、思い切り存分にスライダーを楽しむことができるでしょう。

大阪・浜寺公園プールの割引料金情報2.団体料金

「浜寺公園プール」には団体料金の設定があり、30名以上の場合は、大人料金が650円、中学生料金が360円、小人料金が220円と割引料金になります。

複数家族で行く場合や、グループ旅行などの場合で該当する場合は利用するとお得に入場できるのでおすすめです。

大阪・浜寺公園プールの割引料金情報3.節電無料券付回数券

「浜寺公園プール」に夏期間中何度も通いたいという時には、「節電無料券付回数券」を利用するとお得に入場できるのでおすすめです。

「節電無料券付回数券」は、通常の入場券が6枚と、例年7月の下旬から8月初旬ころの指定された期間の平日のみ利用することができる券が1枚ついた回数券です。

「節電無料券付回数券」は、合計で7回プールに入場することができます。通常料金より2回多く入場することができ、お得となります。

料金は、大人料金が4650円、中学生料金が2550円、小人料金が1550円となっています。何度もプールに行きたい場合は、この回数券を利用することをおすすめします。

「節電無料券付回数券」の販売期間は、例年6月中旬頃から7月中旬頃までと決められていて、夏休みの始まり頃には販売終了となってしまうので、夏休みの予定は計画的に立てると良いです。販売場所は、プールの営業期間はプールの発券所で、それ以前の期間は公園管理事務所で販売しています。

大阪・浜寺公園プールの割引料金情報4.障がい者手帳

「浜寺公園プール」に割引料金で入場できる方法の一つに、障がい者手帳を持っている人の割引があります。

障がい者手帳を入場受付で提示すると、本人と介護者1名が無料となります。障がい者手帳を忘れずに持って出かけましょう。

大阪・浜寺公園プールの割引料金情報5.ホテル

「浜寺公園」の周辺にあるホテルに宿泊する場合は、「浜寺公園プール」の割引券や無料券がついていたりするプランがあることもあるので、旅行計画を立てる時にはしっかりとチェックしておくことをおすすめします。

大阪・浜寺公園プールのおすすめプール1.スライダー

「浜寺公園プール」の一番人気は、一番目立つ長さ約100メートルのジャイアントスライダーです。青と黄色の2レーンあり、好きなほうで滑り降りることができます。

ジャイアントスライダーはぐるぐると回りながら滑り降り、スリルたっぷりであると子どもからも大人からも人気があり、混雑して行列となることもあります。順番は守り、譲り合いの心をもって皆で楽しむことを忘れないようにしましょう。午後は混雑することが多いので、空いている時間に何度も滑りたい時には午前中に行くと良いです。

ジャイアントスライダーは、急流コースとのんびりコースに分かれていて、のんびりコースから始めて、自信を持ったら急流コースへと進んでいくと良いでしょう。わくわくどきどきできるスライダーであると大変話題となっています。また、年々子どもの成長を感じられると、大人からも評判です。着水部分の水深は約1.0メートルです。

ジャイアントスライダーは1回100円で、無料ではありませんが、小学生以上であれば身長制限などもなく、係員もいるので、誰もが安心して滑ることができます。幼児などの小さな子ども場合は、保護者と一緒であれば滑ることができます。

大阪・浜寺公園プールのおすすめプール2.変形大プール

「浜寺公園プール」の変形大プールは、「浜寺公園プール」の中で一番大きなプールです。ぐにゃぐにゃとした形になっていて、大きく分けて2つのエリアに分かれています。

変形大プールの手前のエリアは、水深0.4メートルから0.8メートルほどで、幼児が安心して遊べるエリアとなっています。

変形大プールの奥のエリアは、水深1.0メートルから1.2メートルほどで、大人もしっかりたっぷり楽しめることができるエリアとなっています。わいわいと大人数で楽しむグループの人も多いです。

奥のエリアには、イルカがあちこちに水を噴射している塔があり、水の勢いが時折変わったりと大変面白いと、子どもにも人気です。

手前のエリアと奥のエリアの境には柵があり、誤って入り込んでしまうことがないので、安心して小さな子どもを遊ばせることができます。浮き輪やビーチボールなどのアイテムを持ち込んで遊ぶこともできる人気のプールなので、多くの人で混雑するプールでもあります。

大阪・浜寺公園プールのおすすめプール3.変形小プール

「浜寺公園プールの」変形小プールは、水深0.4メートルから0.7メートルほどの浅いプールとなっています。

変形小プールは保護者以外は、小学生までしか利用することができないので、小さな子どもが思い切り遊ぶことができるプールです。保護者も安心して見守りをすることができます。

変形小プールには、少し大きめの3レーンあるクジラの滑り台と、少し小さめの1レーンのイルカの滑り台があり、子ども達に大人気で、混雑して行列となることもあります。

変形小プールの滑り台は保護者が一緒に滑ってあげることができないので、幼児などの小さな子どもが滑る場合は、着水するところで待ち受けてあげると良いでしょう。見た目以上にスリルがあるので、滑ることができたら心から褒めてあげることをおすすめします。

大阪・浜寺公園プールのおすすめプール4.50・25メートルプール

「浜寺公園プール」には、50メートルプールが1面と、25メートルプールが3面あります。しっかりたっぷり泳ぎたい時には大変おすすめのプールです。

週末やお盆の期間中には、泳ぎ方を習得したい子ども達と保護者で混雑することもあります。周りを気にせず思い切り泳法を活用して泳ぐことができるプールとなっています。

これらのプールは、平日などは貸切利用となっていることもあり、一般の人たちは泳ぐことができないこともあるので、注意書きなどをしっかり見ることが大切です。

大阪・浜寺公園プールの混雑状況

「浜寺公園プール」は、大きな敷地があり、プールの中が混雑して動けないほど、となることはほとんどありません。それでも週末やお盆期間中などは多くの人で込み合うこともあります。午前中の早い時間帯や閉場間際などが比較的人が少ないのでおすすめです。

特に子ども連れでプールに行く場合に、大切なのが休憩場所を確保することです。日陰の場所などは早い時間に混雑してしまうので、ゆったりと行きたい場合には、テントやパラソルなどの日よけをできるアイテムを持って行くことをおすすめします。熱中症対策をしっかりして、プールを楽しむことが大切です。

また、「浜寺公園プール」では、浮き輪やビーチボールなどの遊びのアイテムも持ち込むことができます。プールサイドで遊びのアイテムの購入もできるので、是非利用してみると良いです。空気入れも完備しているので安心です。

大阪・浜寺公園プールの売店など

「浜寺公園プール」には、テイクアウト方式の売店と食堂があります。うどんやカレーライス、おにぎりなどの子どもにも人気で誰もが食べやすい昼食から、かき氷やフライドポテトなど、プールの休憩の合間にぴったりの小腹を満たせるものまで品揃えが豊富です。

自動販売機も完備で、飲み物を購入することもらくらくです。人気商品は売り切れとなることもあるので、基本的には初めの飲み物は持って行くようにして、足りない場合の2本目、3本目を自動販売機で、と考えておくと良いでしょう。

「浜寺公園プール」には、お弁当などを持って行くこともできます。昼食時ともなると、売店や食堂は混雑して、列に並ばないと購入できない・入店できないということもあります。少しでもプールで遊べる時間を増やしたい場合やお金を節約したい場合などは自分達で事前にコンビニなどで必要なものを購入して持参することをおすすめします。

大阪・浜寺公園プールとあわせて訪れよう1.仁徳天皇陵古墳

「仁徳天皇陵古墳」は、大阪府堺市堺区にある古墳です。全長約486メートルあり、日本で最大級の前方後円墳の一つとして人気の観光スポットです。

五世紀の中頃に作られたと考えられていて、第16代天皇の仁徳天皇の陵墓とされています。周囲を巡る周遊路が整備されていて、しっかりたっぷり歴史を感じることができます。

「仁徳天皇陵古墳」に電車などで行くには、JR阪和線「百舌鳥駅」で下車すると行くことができます。車で行くには、阪神高速堺線の「堺出口」で出ると約10分で行くことができます。専用駐車場が105台分あり、2時間まで200円、そこから1時間ごとに100円、5時間以上の場合は、600円となっています。

いつでも自由に見学することができます。マナーを守って楽しく散策しましょう。周遊路一周は約1時間となっているので、時間を多めに取っておくことをおすすめします。

Thumb大阪は古墳めぐりも楽しい!観光の楽しみ方や見どころを徹底ガイド!
大阪と言えば、たくさんの観光スポットがあります。そんな中でも、歴史や古い物が大好きと言う方に...
Thumb大阪の穴場観光スポットまとめ!地元民がおすすめするマイナーな場所も紹介!
地元民がおすすめする大阪の穴場観光スポットを特集します。大阪は日本だけでなく世界的にも人気の...

大阪・浜寺公園プールとあわせて訪れよう2.ハーベストの丘

「ハーベストの丘」は、大阪府堺市南区にある体験農業型農園です。見て・触れて・体験して・遊んで、と園内で一日しっかり楽しむことができると評判の観光スポットです。

動物に触れ合うことができたり、ゴーカートなどの乗り物に乗れたり、アスレチックをしたりとさまざまな楽しみ方があります。レストランもあるので、それぞれのスタイルに合わせた過ごし方ができるので、子ども連れにもカップルにもおすすめです。花畑では四季折々の素敵な写真を撮ることができます。

「ハーベストの丘」に電車などで行くには、泉北高速鉄道の「泉ヶ丘駅」からバスに乗りかえて約15分の「ハーベストの丘バス停」で降りると行くことができます。車で行くには、阪和自動車道の「堺出口」で降りると約15分で行くことができます。

開園時間は、9時30分から18時までで、11月は17時まで、12月・1月・2月は10時から17時までと季節によって変わるので注意が必要です。入園料金は、3月から11月までが大人が900円、学生が600円、子どもが500円、幼児が無料です。12月から2月までが大人が500円、学生が400円、子どもが300円、幼児が無料です。

Thumb堺市の観光スポット特集!人気の名所からおすすめの穴場まで一挙紹介!
大阪の堺市にはたくさんの観光スポットがあり、大阪の中でも人気急上昇中のおすすめエリアです。堺...

大阪・浜寺公園プールとあわせて訪れよう3.堺市役所21階展望ロビー

「堺市役所21階展望ロビー」は、大阪府堺市堺区にある市役所の最上階にある展望台です。21階の最上階は360度見まわせる回廊式ロビーとなっていて、景色をたっぷり味わえます。

六甲山や生駒山、大阪城からすぐ下には迫力満点の仁徳天皇陵古墳の全貌が見え、堺市の魅力を知りたい時にはここへ行くことをおすすめします。夜景も大変素晴らしく、ロマンチックなので、雰囲気を大切にしたいカップルデートなどにもぴったりです。

「堺市役所21階展望ロビー」に電車などで行くには南海高野線の「堺東駅」で下車すると徒歩約3分で行くことができます。車で行くには阪和自動車道の「堺出口」で降りると約5分で行くことができます。市役所の地下に約67台分の駐車場があり、8時30分から21時まで、料金が30分200円、土日祝日のみ最大料金500円で利用することができます。

営業時間は9時から21時までで土日祝日も営業しています。料金は無料で誰もがいつでも素晴らしい景色を堪能できます。ボランティアガイドの人が案内や説明もしてくれ、ここでしか聞けない話なども楽しめます。節度をもってそれぞれの時間を過ごしましょう。

大阪・浜寺公園プールで思い切り楽しもう!

「浜寺公園プール」は、スライダーもあり、小さな子どもが安心して遊べるプールもある誰もが楽しい時間を過ごせる人気の場所です。ファミリーで、グループでなどそれぞれの夏を堪能しましょう。混雑した時などは思いやりの心をもって行動することが大切です。皆で楽しい時を満喫しに「浜寺公園プール」に行くことをおすすめします。

関連記事

Original
この記事のライター
mia-a

新着一覧

最近公開されたまとめ