京セラドームの座席を徹底解説!おすすめの場所や見え方を要チェック!

この記事では、京セラドームのおすすめの座席を紹介しています。京セラドームは、ライブやコンサートでよく使用されるドーム球場です。今回は、そんな京セラドームのアリーナ席などのおすすめ席、スタンド席からの見え方など、わかりやすく解説しますので、ぜひご覧ください。

京セラドームの座席を徹底解説!おすすめの場所や見え方を要チェック!のイメージ

目次

  1. 1「京セラドーム」の人気席を徹底解説!
  2. 2「京セラドーム」の座席数は55000人!
  3. 3「京セラドーム」の座席は大きく分けて2種類!
  4. 4「京セラドーム」の座席1:アリーナ席
  5. 5「京セラドーム」の座席2:スタンド席
  6. 6「京セラドーム」の見え方を座席ごとに解説!
  7. 7「京セラドーム」の座席からの見え方1:アリーナ席
  8. 8「京セラドーム」の座席からの見え方2:スタンド席
  9. 9「京セラドーム」のおすすめ座席はアリーナ席!
  10. 10「京セラドーム」の基本情報を解説!
  11. 11「京セラドーム」のアクセス方法!
  12. 12「京セラドーム」のアクセス方法1:自家用車
  13. 13「京セラドーム」のアクセス方法2:公共交通機関
  14. 14「京セラドーム」の駐車場情報!
  15. 15「京セラドーム」の座席はアリーナ席が良い!

「京セラドーム」の人気席を徹底解説!

この記事では「京セラドーム」の人気席・おすすめ席を解説しています。京セラドームでは、野球観戦が一般的ですが、ライブやコンサートとしても使用されています。そこで今回は、京セラドームでライブやコンサートが見えやすい人気席をお話しします。これを読めば、京セラドームのどの座席人気なのか、ばっちりわかるはずです。

「京セラドーム」の座席数は55000人!

それでは早速ですが、大阪にある「京セラドーム」の座席について、詳しく解説していきます。この項目で解説する内容は、京セラドームにライブやコンサート目的で行く方だけでなく、野球観戦で行かれる方の役にも立つはずです。

まず、京セラドームの座席数ですが、全部合わせて「55000人」を収容できるだけの座席が用意されています。この55000人という数は、京セラドームでライブが行われるときに入れる人の数です。想像しづらいかもしれませんが、かなりの数の人を収容できます。

ライブやコンサート目的で、京セラドームに行く方にとって、55000人という非常に多い収容台数なのは、大変ありがたいです。収容台数が多ければ、それだけ人気のある席がたくさん用意されているということですので、思いっきりコンサートが楽しめます。

「京セラドーム」の座席は大きく分けて2種類!

先に言っておきますと、こちらの項目は、京セラドームにライブやコンサート目的で行く人向けの内容となっております。ライブやコンサートでのみ設置される座席について、紹介しているからです。

京セラドームで行われるライブ・コンサートなどでは、大きく分けて、2種類の座席が設置されています。「アリーナ席」と「スタンド席」です。

スタンド席は、京セラドームに元々設置されている座席です。アリーナ席が、ライブやコンサートの時のみ設置される、特別な座席なんです。アリーナ席とスタンド席、それぞれの特徴をこの記事で詳しく解説しますので、ぜひ読んでみてください。

「京セラドーム」の座席1:アリーナ席

大阪にある「京セラドーム」で設置される座席、1つ目は「アリーナ席」です。先ほどもお話ししたとおり、アリーナ席は、ライブやコンサートの時のみ設置される座席です。

しかし、京セラドームの観覧席となると、ほとんどが既に設置されているスタンド席です。アリーナ席は、一体どこに設置されるというのでしょうか。その答えは簡単です。京セラドームのアリーナ席は、ドームのグラウンド内に設置されるんです。

もっと詳しく言いますと、京セラドームのアリーナ席は、野球の内野のポジションあたりに設置されます。だから野球観戦時には設置されず、ライブやコンサートの時のみアリーナ席が生まれるわけです。コンサートなどでは、内野は関係ありませんので。

言わずもがなですが、京セラドームのアリーナ席はグラウンド内に設置されるため、スタンド席に比べて座席数は少ないです。圧倒的にスタンド席のほうが多いので、座席の取りやすさの点でいったら、圧倒的にスタンド席のほうが優っているでしょう。

「京セラドーム」の座席2:スタンド席

大阪にある「京セラドーム」で設置される座席、2つ目は「スタンド席」です。スタンド席は、京セラドームに元々設置されてある観戦席です。京セラドームで行われる、野球の観戦時に利用できるのは当然のこと、ライブやコンサートなどでも利用できます。

スタンド席の特徴は、席の場所が一塁側、三塁側、バックネット裏など、アリーナ席に比べて豊富にあるというところです。

一塁側の座席を取るか、三塁側の座席を取るかは、野球観戦によっては、応援するチームでだいたい決まります。しかし、ライブやコンサートなどにおいては、そういうことはあまり関係がありません。見えやすさを第1に重視しているからです。

というわけで、次の項目では、京セラドームの座席の見やすさを、座席の種類ごとに解説していきます。アリーナ席とスタンド席、一体どちらの方がコンサートをより楽しめるのか、気になる方はしっかりチェックしておきましょう。

「京セラドーム」の見え方を座席ごとに解説!

こちらの項目では、大阪にある「京セラドーム」の座席ごとの見え方について紹介しています。座席ごとということですので、アリーナ席とスタンド席の2種類の見え方をわかりやすく解説します。

アリーナ席とスタンド席、どちらの方がライブやコンサートをより楽しめるのか、よりアーティストを近くで見られるのか、それはこの記事を読めばわかります。京セラドームに、ライブやコンサート目的で行く予定の方は、読み進めることをおすすめします。

「京セラドーム」の座席からの見え方1:アリーナ席

大阪にある「京セラドーム」の座席からの見え方、1つ目は「アリーナ席」についてです。アリーナ席からは、コンサートなどで出演したアーティストを、どれくらいの距離感で見ることができるのでしょうか。

上の項目で解説したとおり、アリーナ席はグラウンド内の内野のポジションあたりに設置されています。そして、ライブやコンサートのステージは、外野のセンターポジションあたりが中心地となっております。

なので、アリーナ席はスタンド席に比べて、ステージに近い距離にあると言えます。内野ポジションのアリーナ席から、外野ポジションのステージで歌うアーティストの姿は、鮮明に見えることでしょう。

アリーナ席はスタンド席よりも座席数が少ないのがネックですが、そのぶん、ステージから近い距離にあるのが最大の利点です。

「京セラドーム」の座席からの見え方2:スタンド席

大阪にある「京セラドーム」の座席からの見え方、2つ目は「スタンド席」についてです。上のスタンド席の項目で解説したとおり、スタンド席には一塁側、三塁側、バックネット裏など、さまざまな位置があります。

また、そのほかにも、スタンド席上段、スタンド席下段の2つにも分かれています。名前だけ聞くと、スタンド席下段のほうが、ステージに近くて見やすいと思われるかもしれません。しかし、あながちそういうわけでもないんです。

というのも、スタンド席下段の座席が取れたとしても、その座席が上段寄りの下段であれば、下段のなかでもステージから離れていることに加え、上段に比べて高さがないぶん、上段よりもステージが見えづらい可能性があるんです。

なので、必ずしもスタンド席上段よりも下段のほうが良い、というわけではないんです。京セラドームのライブやコンサートに行く予定の方は、自分の座席をしっかり確認しておきましょう。

「京セラドーム」のおすすめ座席はアリーナ席!

ここまで読んだ方なら分かるかもしれませんが、京セラドームのライブ・コンサートなどの座席は、アリーナ席が1番人気です。アリーナ席が人気な理由は、当然、スタンド席よりもステージに近く、ライブやコンサートを思いっきり満喫できるからです。

また、アリーナ席が人気な理由の1つに、席が少なくて取りにくいというのもあるでしょう。1番見やすくて人気なだけに、座席数が少ないのは残念ですが、こればかりは仕方がありません。

「京セラドーム」の基本情報を解説!

大阪にある「京セラドーム」の人気席・おすすめ席がわかったところで、次の話題にうつります。続きましては、京セラドームの基本情報についてお話しします。

基本情報と言いますと、主に営業時間や休業日などについてです。この記事では、京セラドームのアクセス方法と駐車場の2つの基本情報を、わかりやすく解説します。

京セラドームの人気席・おすすめ席を調べておくことも大事ですが、それより何より、京セラドームまでの行き方などを調べておかないことには始まりません。この項目を読んで、京セラドームにはどうやって行くのがおすすめなのか、知っておきましょう。

「京セラドーム」のアクセス方法!

大阪にある「京セラドーム」の基本情報、1つ目は「アクセス方法」についてです。京セラドームが大阪市の千代崎にあると分かっていても、そこまでのアクセスルートが分かっていなければ、本末転倒です。この項目で、京セラドームまでのルートを覚えましょう。

観光スポットのアクセス方法は、自家用車が一般的です。しかし、京セラドームの場合は、なにも自家用車でなくては行かれないわけではありません。京セラドームのアクセス方法は、自家用車を含めて、合計で2通りの方法でアクセスできます。

京セラドームのアクセス方法は、次の2通りです。「自家用車」でアクセスする方法と、「公共交通機関」でアクセスする方法です。公共交通機関と言うと、電車やバスのことを指します。それではまず、自家用車に乗って行く方法から見ていきましょう。

「京セラドーム」のアクセス方法1:自家用車

大阪にある「京セラドーム」のアクセス方法、1つ目は「自家用車」に乗って行く方法です。おそらくほとんどの方が、自家用車に乗っていく方法で、京セラドームのライブやコンサートを見に行こうと計画しているのではないでしょうか。

自家用車で訪れることのメリットは、電車やバスと違って、周囲の人が気にならないということにあります。電車やバスで行く場合ですと、とうぜん自分以外にも乗車していますので、周囲に気を使わなくてはなりません。

しかし、自家用車で行く場合は、友人や家族など、気のしれた人しか乗車していないので、精神的に楽にアクセスできます。それでは、話を戻して、京セラドームの自家用車でのアクセス方法をお話しします。

京セラドームに自家用車で行く場合は、高速道路を利用するのがおすすめです。まず、京都方面から京セラドームに行く場合ですが、「阪神高速道路」に乗ると良いでしょう。そして、乗りるべきインターチェンジは「九条出口」です。

京セラドームは、九条出口から、クルマでわずか5分の場所にありますので、高速道路を降りたら簡単に到着できます。京都方面から自家用車に乗っていく方は、九条出口を目指して行くのがおすすめです。

お次は、兵庫県から自家用車に乗って、京セラドームに行く方法をお話しします。兵庫県から向かう場合は、こちらも「阪神高速道路」を利用するのがおすすめです。

阪神高速道路に乗り、今度は九条出口で降りるのではなく「波除出口」で降りましょう。波除出口からでも、京セラドームはクルマで約5分ほどでたどり着けますので、こちらもおすすめのアクセス方法と言えます。

「京セラドーム」のアクセス方法2:公共交通機関

大阪にある「京セラドーム」のアクセス方法、2つ目は「公共交通機関」を利用して行く方法です。公共交通機関と言うと、電車やバスなどのことを指します。この項目では、大阪府内から公共交通機関で京セラドームに行く方法をわかりやすく解説します。

まずは、大阪駅から京セラドームに公共交通機関で行く方法からお話しします。大阪駅から行く場合は、バスを利用する必要はなく、電車だけでOKです。大阪駅に乗り「大正駅」で降りるようにしましょう。大正駅で降りれば、そこから徒歩10分で着けます。

続いて、大阪難波駅から京セラドームに公共交通機関で行く方法についてです。大阪難波駅から行く場合も、電車だけ利用すればたどり着けます。大阪難波駅から電車に乗り、降りるべき駅は「ドーム前駅」です。京セラドームは、そこから徒歩5分で着けます。

3つ目は、京橋駅から京セラドームに公共交通機関で行く方法をお話しします。京橋駅から行く場合は、地下鉄鶴見緑地線の電車に乗り「ドーム前千代崎駅」で降りるようにしましょう。京セラドームは、ドーム前千代崎駅から徒歩5分の場所に位置しています。

最後に、本町駅から京セラドームに公共交通機関で行く方法についてです。本町駅から行く場合は、地下鉄中央線の電車に乗って「九条駅」で降りるのがおすすめです。九条駅で降り、そこから15分ほど徒歩で向かえば、目的地の京セラドームに到着です。

「京セラドーム」の駐車場情報!

大阪にある「京セラドーム」の基本情報、2つ目は「駐車場」についてです。京セラドームは、自家用車で訪れる方に向けて、駐車場が運営管理されています。

なので、自家用車に乗って京セラドームにアクセスしようと考えている方は、安心してクルマを走らせられます。この項目では、京セラドームが運営管理している駐車場について、詳しくお話しします。

京セラドームの運営駐車場ですが、乗用車はもちろんのこと、マイクロバスや大型バスも停められます。なので、団体で訪れる方でも安心です。

なお、京セラドームの運営駐車場にクルマを停める際には、駐車料金が発生します。通常だと、乗用車の駐車料金は「1日1000円」なんですが、イベントが行われる日だと料金が変わります。

コンサートが行われる日ですと、乗用車の駐車料金は「1日3000円」となり、その他のイベント時ですと、駐車料金が「1日2000円」になるので注意しましょう。

Thumb京セラドーム・バルコニー席の感想や口コミを調査!本人確認は必要?
京セラドームはバルコニー席というVIP席があります。他の野球場よりも豪華で快適な京セラドーム...
Thumb京セラドームの場所や最寄り駅・アクセス方法を徹底調査!おすすめの行き方は?
京セラドームは、プロ野球の公式戦やコンサート・イベントなどでも使用されている関西最大級のイベ...

「京セラドーム」の座席はアリーナ席が良い!

「京セラドーム」の人気席・おすすめ席、おわかりいただけたでしょうか。京セラドームにライブやコンサートで訪れる場合、スタンド席よりアリーナ席のほうが、ステージに近くて人気です。また、スタンド席でも、コンサートの仕様によっては、近くで見られる可能性があります。京セラドームに行かれる方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

関連記事

Original
この記事のライター
ぐりむくん

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ