「勝尾寺」は紅葉の名所でも有名な勝運のお寺!期間限定のライトアップも幻想的!

この記事では、大阪の「勝尾寺」の魅力を紹介しています。勝尾寺は、勝運アップのお寺として知られており、勝ちだるまが人気です。また、大阪府の紅葉スポットとしても評判で、シーズン中には多くの方が訪れます。これを読めば、勝尾寺の魅力がばっちりわかります。

「勝尾寺」は紅葉の名所でも有名な勝運のお寺!期間限定のライトアップも幻想的!のイメージ

目次

  1. 1「勝尾寺」の紅葉などの魅力を紹介!
  2. 2「勝尾寺」は勝運アップのお寺として有名!
  3. 3「勝尾寺」と言えば大量のだるま!
  4. 4「勝尾寺」に来たらだるまを買おう!
  5. 5「勝尾寺」のだるまおみくじで勝運チェック!
  6. 6「勝尾寺」は運気アップのお守りも買える!
  7. 7「勝尾寺」は大阪の人気紅葉スポットでもある!
  8. 8「勝尾寺」の紅葉シーズン中のイベント!
  9. 9「勝尾寺」の紅葉ライトアップ情報!
  10. 10「勝尾寺」の基本情報を解説!
  11. 11「勝尾寺」の参拝時間は?
  12. 12「勝尾寺」の休館日は?
  13. 13「勝尾寺」の拝観料は?
  14. 14「勝尾寺」のアクセス方法は?
  15. 15「勝尾寺」のアクセス方法1:自家用車
  16. 16「勝尾寺」のアクセス方法2:電車+バス
  17. 17「勝尾寺」のアクセス方法3:電車+タクシー
  18. 18「勝尾寺」に駐車場はある?
  19. 19「勝尾寺」にはお土産ショップがある!
  20. 20「勝尾寺」の勝ちだるまで勝運を上げよう!

「勝尾寺」の紅葉などの魅力を紹介!

この記事では、勝尾寺の魅力をまとめています。勝尾寺は「勝運アップのお寺」として人気があります。今回は、そんな勝尾寺の勝ちだるまやお守り、紅葉などの魅力を余すことなくお話しします。紅葉散策が好きな方、もしくは勝運アップの勝尾寺に興味がある方におすすめの記事ですので、ぜひご覧ください。

「勝尾寺」は勝運アップのお寺として有名!

冒頭でもお話ししたとおり、大阪にある「勝尾寺」は勝運アップのお寺として知られています。そのため、この勝尾寺で勝運アップしてもらおうと、多くの受験生やスポーツ選手、選挙に出馬される方などが訪れています。

勝尾寺で勝運アップの歴史は、大昔までさかのぼります。かの「足利氏」のような歴代の武将たちも、ここ勝尾寺で、戦の勝運を高めようと訪れたと言われています。

「勝尾寺」と言えば大量のだるま!

そんな「勝尾寺」のトレードマークといえば、だるまです。勝尾寺には、お寺のいたるところにだるまが置かれているんです。だるまは、勝尾寺内の瓦の上に置かれていたり、木に挟まっていたりします。それくらい、いたるところに置かれているんです。

中でも「勝ちだるまの奉納棚」は、他とは比べ物にならないくらい、数多くのだるまが置かれています。置かれているというより、奉納されている、です。願いが叶い、両目が付けられただるまが日々増える勝尾寺。それくらいこのお寺は勝運アップが期待できます。

「勝尾寺」に来たらだるまを買おう!

大量のだるまがある「勝尾寺」では、だるまを購入することもできます。勝尾寺に訪れたら、ぜひともだるまを買っておきましょう。

勝尾寺は、勝運を高めるお寺と知られていて、訪れるだけで勝運がアップします。しかし、別の方法でも勝運を上げる方法があるんです。それこそが、勝尾寺のだるまを購入することです。

「七転び八起き」の精神を持った勝尾寺のだるまを買えば、どんな逆境に立たされても、勝利をつかめるはずです。なので、何らかの分野で成功したい方におすすめなのは当然のこと、商売や病気の予防などで訪れた方にもおすすめです。

「勝尾寺」のだるまおみくじで勝運チェック!

大阪にある「勝尾寺」に訪れたら、ぜひとも引いてみてほしい「おみくじ」があります。その名も「だるまおみくじ」です。だるまで有名な勝尾寺には、だるまの中におみくじが入った、おみくじがあります。

だるまおみくじのだるまの顔は、1つ1つ異なっていて、おみくじにしては非常にユニークです。おみくじを引く際は、あなたの好みに合っただるまおみくじを選ぶと良いでしょう。だるまおみくじのだるまは、買ったあとに持って帰れますので。

なお、だるまおみくじは「1回500円」で引くことができます。1回500円なので、一般的な神社やお寺のおみくじに比べたら料金が高いですが、ユニークなだるまがもらえるぶん、納得できる料金でしょう。

「勝尾寺」は運気アップのお守りも買える!

大阪にある「勝尾寺」では、勝運アップが期待される勝ちだるまが買えます。そして、それと同時に、さまざまな運気が上がるお守りも購入できるんです。

勝尾寺には、金運アップのお守りや商売繁盛のお守り、厄除けのお守りなどが販売されています。また、安産のお守りや子どもの成長を祈ったお守りなどもあります。

これらのお守りは、大体のものが「700円」で購入できますので、勝運アップのお寺として有名な勝尾寺に訪れた際は、ぜひ1度見てみることをおすすめします。

「勝尾寺」は大阪の人気紅葉スポットでもある!

ここまで読んだ方なら、大阪にある「勝尾寺」が勝運アップのお寺として有名なことが理解できたことでしょう。勝尾寺に訪れたら、だるまやお守りの購入は欠かせません。しかし、勝尾寺の魅力は、なにも運気が上がることだけではないんです。

じつは勝尾寺は、大阪府の中でも屈指の紅葉スポットとして人気が高いんです。勝運アップのだるまやお守りを買いに訪れる方だけでなく、秋の季節になると、紅葉を見に訪れる方が大勢います。そんな勝尾寺の紅葉の魅力を、本項目では解説します。

まず、勝尾寺の紅葉の見頃ですが、秋の少し遅めの時期に木々が赤く彩り始めます。勝尾寺の紅葉は、11月の上旬あたりから色つき始めるんです。例年の色つき始めが11月上旬あたりなため、見頃をむかえるのは「11月中旬以降」となります。

11月中旬あたりから紅葉の見頃をむかえ、だいたい「12月上旬」までが見頃です。11月中旬から12月上旬まで、これが勝尾寺の紅葉の見頃となっていますので、紅葉シーズンに勝尾寺に訪れる予定の方は、11月中旬ごろがおすすめです。

「勝尾寺」の紅葉シーズン中のイベント!

大阪屈指の紅葉スポットである「勝尾寺」では、紅葉シーズンになると、あるイベントが行われます。この紅葉シーズンのイベントを目当てに、県外から勝尾寺に訪れる方も少なくありません。いったい、勝尾寺ではどのようなイベントが行われるのでしょう。

紅葉シーズンの勝尾寺で行われるイベント、それは「紅葉ライトアップ」です。勝尾寺は紅葉シーズンになると、木々をライトアップするイベントが毎年行われているんです。ライトアップということで、行われる時間帯は夜です。

紅葉ライトアップでは、昼間みる紅葉とはまるで違う「幻想的な紅葉」が見られます。あたりが静まり返るなか、紅葉の一辺だけがライトアップで光り輝いており、それはもうずっと眺めていたいくらいです。

はっきり言って、紅葉シーズンに勝尾寺に訪れるのであれば、紅葉ライトアップは絶対に見ておきたいところです。昼間に勝尾寺に訪れて、お寺と紅葉のセットを眺め、夜には幻想的な紅葉を。これが、紅葉シーズンの勝尾寺の楽しみ方でしょう。

「勝尾寺」の紅葉ライトアップ情報!

こちらでは、大阪にある「勝尾寺」の紅葉ライトアップの開催時期などを解説します。紅葉ライトアップに興味がある方は、ぜひとも見ていってください。

勝尾寺の紅葉ライトアップは、箕面市の紅葉が見頃をむかえた時期に開催されます。なので、勝尾寺の紅葉ライトアップの開催時期は、例年「11月上旬から30日」までとなっています。11月中に訪れば、見ることがほぼ可能と言えます。

なお、勝尾寺の紅葉ライトアップで気をつけてほしいのが、ライトアップの時間帯です。ライトアップと聞くと、夜遅くまで木々が光り輝いてると思われるかもしれません。しかし、勝尾寺のライトアップの時間帯は、あまり長くないんです。

勝尾寺の紅葉ライトアップは、日没から閉門時間とされる19時30分までとなっております。11月なので、日没は早いですが、19時30分までの間しかライトアップされていませんので、幻想的な紅葉を見るチャンスは少ないです。

「勝尾寺」の基本情報を解説!

大阪にある「勝尾寺」で勝ちだるまやお守りを買うのがおすすめとわかったところで、次の話題に移させていただきます。続きましては、勝尾寺の基本情報について解説していきます。

基本情報というと、その施設の営業時間や休業日などのことを指します。この勝尾寺の記事では、次のような基本情報をわかりやすく解説します。

勝尾寺の参拝時間、休館日、拝観料、アクセス方法、駐車場、これら5つの基本情報を本記事で紹介します。勝尾寺に実際に訪れる前に、これらの基本情報をおさえておけば、予定外の事態におちいることなく、スムーズに勝尾寺を観光できます。

「勝尾寺」の参拝時間は?

大阪の紅葉スポットとして人気な「勝尾寺」の基本情報、1つ目は「参拝時間」についてです。勝尾寺を参拝しに行くとき、どの時間帯に訪れるのがおすすめなのでしょうか。

勝尾寺に行くとき、事前に参拝時間を調べておけば、参拝するつもりの方は当然役立ちますし、そのつもりでない方も、混雑時間が知れてラッキーです。

結論を言いますと、勝尾寺の参拝時間は、平日や休日によって異なっていました。平日の参拝時間は、朝の8時から夕方の17時までとなっています。そして休日の場合は、平日より参拝時間が少し長めに設定されていました。

休日の土曜日の場合は、参拝時間が朝の8時から夕方の17時30分までと判明しました。平日より30分ばかし、参拝時間が長いようです。最後に日曜日・休日の場合は、参拝時間が朝の8時から夜の18時までとのことでした。

やはり参拝客が訪れる方が多い土日祝の休日のほうが、参拝時間は長めに設定されているようです。参拝目的で勝尾寺に訪れるつもりの方は、参拝時間に余裕がある休日の訪れることをおすすめします。

「勝尾寺」の休館日は?

大阪の紅葉スポットとして人気な「勝尾寺」の基本情報、2つ目は「休館日」についてです。勝尾寺は、ひと月のこの日だけはお休みなど、設定されているのでしょうか。

勝尾寺に訪れる前に休館日を調べておくことは、とても大切です。もし勝尾寺に訪れた日が、たまたま休館日だったら、訪れた意味がなくなってしまいます。そういった事態を回避するという意味でも、勝尾寺の休館日を調べておきましょう。

勝尾寺の休館日を調べてみたところ、嬉しい報告があります。勝ちだるまやお守りが買える勝尾寺には、休館日というものが設定されていませんでした。

休館日が設定されていないということは、勝尾寺はいつでも開いていて、自由に入れるということです。休館日がないのであれば、勝尾寺に観光に行く予定が立てやすいというものです。参拝に行かれる方は、参拝時間のみ意識すれば良いでしょう。

「勝尾寺」の拝観料は?

大阪の紅葉スポットとして人気な「勝尾寺」の基本情報、3つ目は「拝観料」についてです。勝尾寺に入る際には、拝観料を支払う必要があります。なので、勝尾寺の入り口に来たら、拝観料を支払う準備をしておきましょう。

勝尾寺の拝観料ですが、大人と子どもによって料金が異なりました。大人に比べて、子どものほうが拝観料は安めに設定されているんです。その肝心の拝観料については、次のテキストをご覧ください。

まず、勝尾寺の大人の拝観料は「400円」でした。そして、子どもの拝観料は「300円」となっていました。勝尾寺でいう子どもとは、小学生と中学生のことを指します。高校生になると、拝観料は大人の料金になりますので、注意しましょう。

ちなみに、勝尾寺の拝観料は「ある時期」になると、料金が無料となります。お正月の期間です。勝尾寺は、お正月の期間中のみ、拝観料が無料になるんです。

もっと詳しくお話ししますと、勝尾寺は「元旦から1月5日まで」のお正月期間中のみ、拝観料が無料となります。なので、勝尾寺に参拝やお守りを買う目的で行かれる方は、お正月期間に行くことをおすすめします。なお、混雑は必至だと考えられます。

「勝尾寺」のアクセス方法は?

大阪の紅葉スポットとして人気な「勝尾寺」の基本情報、4つ目は「アクセス方法」についてです。いくら勝尾寺の参拝時間や拝観料がわかっても、アクセス方法がわかっていなければ意味がありません。本項目で、アクセス方法を把握しましょう。

先に言っておきますと、勝尾寺の主なアクセス方法は3通りあります。全部で3つありますので、あなたに合ったアクセス方法を選択すると良いでしょう。

運気アップのお守りが買える勝尾寺には、次のようなアクセス方法があります。「自家用車」に乗っていく方法と、「電車とバス」を利用して行く方法と、「電車とタクシー」を利用して行く方法です。

この中だと、自家用車で訪れる方が多い印象ですが、電車やバスなどの公共交通機関で訪れる方法にも良いところはあります。それではまず、自家用車で勝尾寺に訪れる方法からお話しします。

「勝尾寺」のアクセス方法1:自家用車

大阪にある「勝尾寺」のアクセス方法、1つ目は「自家用車」に乗っていく方法です。おそらく、勝尾寺に訪れるほとんどの方が、この自家用車に乗ってアクセスするのではないでしょうか。それくらい一般的なアクセス方法と言えます。

なので、この記事を読んでいる方のほとんども、自家用車でのアクセスを計画しているはず。もしあなたがそうであれば、本項目をしっかり読むのをおすすめします。

結論から言ってしまいますと、自家用車で勝尾寺を目指して行くのなら、高速道路を利用するのが1番です。勝尾寺は、高速道路から降りて20~30分ほどでたどり着けるので、下道を使うよりは早く着けるはずです。

自家用車での1つ目のアクセスルートは「名神高速道路」です。名神高速道路に乗ったら、茨木インターチェンジで降りるようにしましょう。茨木インターチェンジで降り、国道171号線を経由すれば、約20分ほどで勝尾寺にたどり着けます。

自家用車での2つ目のアクセスルートは「中国自動車道」です。中国自動車道に乗ったら、池田インターチェンジに降りるのがおすすめです。そして池田インターチェンジで降りましたら、国道423号線を走り、栗生外院の交差点を左折すれば到着です。

「勝尾寺」のアクセス方法2:電車+バス

大阪にある「勝尾寺」のアクセス方法、2つ目は「電車とバス」を利用して行く方法です。電車とバスということで、こちらは公共交通機関でのアクセス方法となります。

電車とバスを利用するなら、乗車賃が発生したり、乗り換える手間が発生します。そう考えると、乗車賃の掛からない自家用車でのアクセス一択に思われるかもしれませんが、公共交通機関には公共交通機関ならではの利点もあります。

公共交通機関ならではの利点とは、自分で運転しなくて良いという点です。自分で運転しなくて良いため、運転が苦手な方にとっては、気楽に目的地にアクセスできます。

また、自分で運転しなくて良いということは、車窓からの景色を楽しめることにも繋がります。風景を見るのが好きな方は、公共交通機関でのアクセスがおすすめです。

電車とバスを利用して、勝尾寺にアクセスする場合、降りるべき駅は「千里中央駅」です。千里中央駅から、勝尾寺ちかくの停車場に停まるバスが出ていますので。

なので、電車とバスでアクセスする方は、まずは千里中央駅まで電車で向かいましょう。そして千里中央駅で降りたら、お次は「余野」行きのバスに乗り換えます。このバスに乗って、20分ほど揺らされたら、目的地近くの「勝尾寺」停車場に到着です。

「勝尾寺」のアクセス方法3:電車+タクシー

大阪にある「勝尾寺」のアクセス方法、3つ目は「電車とタクシー」を利用して行く方法です。勝尾寺へは、バスを利用しなくては行けないわけではなく、タクシーを利用してもアクセスが可能です。タクシーのほうが、さまざまな駅からアクセスできます。

電車とタクシーの2つを利用してアクセスする場合、おすすめの降りる駅は次の4つです。千里中央駅、北千里駅、箕面駅、彩都西駅の4つです。これら4つの駅に行けば、タクシーが出ていますので、勝尾寺にカンタンにたどり着けます。

なお、それぞれのタクシーでの所要時間ですが、彩都西駅が1番早くたどり着けて、千里中央駅が1番時間がかかります。千里中央駅はタクシーで約20分、北千里駅からだと約15分、箕面駅からも約15分、彩都西駅からは約10分で勝尾寺に着けます。

「勝尾寺」に駐車場はある?

大阪の紅葉スポットとして人気な「勝尾寺」の基本情報、5つ目は「駐車場」についてです。駐車場ということで、こちらの項目は、自家用車でアクセスする方向けと言えます。

運気アップのお守りが評判な勝尾寺には、果たして、駐車場が用意されているのでしょうか。また、もし用意されているのなら、何台まで車を駐車できるのでしょうか。

結論から言いますと、勝尾寺には乗用車を停めるための駐車場が用意されています。また、バス専用の駐車場も屋外に用意されていますので、観光バスに乗って訪れる方でも、バスから降りてあまり歩く必要なく、勝尾寺にたどり着けます。

調べてみたところ、勝尾寺の駐車場には、車を最大で「350台」ほど駐車できました。350台も停められるのであれば、繁忙期以外は混雑しなさそうです。お正月などの時期は、駐車場が混雑する可能性がありますので、その際は周辺駐車場を利用しましょう。

なお、勝尾寺の駐車場の料金ですが、車を入庫して「初めの2時間は500円」掛かることが判明しました。2時間まで500円で利用でき、それが過ぎたら「1時間ごとに100円」の料金が加算されていきます。

なので、なるべく出費をおさえて勝尾寺を観光したい方は、2時間以内に観光を終えることをおすすめします。ちなみに、バスの駐車料金は、大型バス・中型バスだと「1回2000円」で、小型バス・マイクロバスだと「1回1000円」で利用が可能です。

「勝尾寺」にはお土産ショップがある!

ここだけの話、大阪にある「勝尾寺」ではお守りが買える一方で、お土産も購入できます。勝尾寺には、お守りが買える場所とは別に、お土産を販売している店舗があり、そちらではお土産にぴったりの商品がたくさんあります。

勝尾寺のお土産ショップには、勝尾寺名物のだるまはもちろんのこと、まんじゅうやお菓子なども販売されています。販売されているだるまにも種類があって、一願だるまや勝ちだるま飴、勝ちだるま置物などがあります。

これらのだるまのお土産は、500円前後で購入できますので、自分用や相手用のお土産にぴったりです。また、ここでしか買えないユニークなお菓子も取り揃えられていますので、1度チェックしてみることをおすすめします。

なお、勝尾寺のお土産ショップでは、お土産が買えるだけでなく、喫茶店としてくつろぐことも可能です。勝尾寺を観光して疲れた方は、お土産ショップに立ち寄って、一時休憩してみてはいかがでしょうか。

Thumb箕面の紅葉の見頃やおすすめの時期はいつ?人気のスポットも紹介!
この記事では、箕面市のおすすめ紅葉スポットを紹介します。箕面市は、大阪府の中でもステキな紅葉...
Thumb「箕面の滝」は大阪のパワースポット!ライトアップの時期や紅葉の見頃はいつ?
大坂では良く知られた箕面の滝は、箕面大滝とも呼ばれ名瀑として多くの人々が訪れる人気観光名所で...

「勝尾寺」の勝ちだるまで勝運を上げよう!

勝尾寺の魅力、おわかりいただけたでしょうか。勝運アップとして有名な勝尾寺には、だるまがたくさん置かれているのが特徴です。お寺では、勝ちだるまやお守りが買えて、勝運アップにつながります。また、勝尾寺は紅葉スポットとしてもおすすめで、秋になると素敵な景色となります。さまざまな魅力のある勝尾寺、ぜひ1度訪れてみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
ぐりむくん

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ