「グラン・プラス」はベルギーの世界遺産!観光の見どころや行き方は?

グラン・プラスは世界で最も美しいとされる広場のひとつで、世界遺産にもなっているベルギーでも特に人気の観光地です。ベルギーの首都のブリュッセルにあるグラン・プラスの行き方や、おすすめの観光の時期、口コミでも人気の観光ポイントなどお伝えします。

「グラン・プラス」はベルギーの世界遺産!観光の見どころや行き方は?のイメージ

目次

  1. 1ベルギーの世界遺産グラン・プラス
  2. 2ベルギーのグラン・プラスについて
  3. 3ベルギーのグラン・プラスの建物
  4. 4ベルギーのグラン・プラスおすすめの建物1:ブリュッセル市庁舎
  5. 5ベルギーのグラン・プラスおすすめの建物2:王の家
  6. 6ベルギーのグラン・プラスのおすすめ建物3:ビール博物館
  7. 7ベルギーのグラン・プラスのおすすめ建物4:各ギルドハウス
  8. 8ベルギーの世界遺産グラン・プラスおすすめ口コミスポット
  9. 9ベルギーのグラン・プラスは世界遺産の大広場
  10. 10ベルギーのグラン・プラスで行われる人気のイベント
  11. 11ベルギーグラン・プラスのフラワーカーペット
  12. 12ベルギーグラン・プラス冬のクリスマスマーケット
  13. 13ベルギーグラン・プラスの他にもあるおすすめイベント
  14. 14ベルギーグラン・プラスへの行き方
  15. 15グラン・プラスで贅沢な時を過ごそう!

ベルギーの世界遺産グラン・プラス

ベルギーの首都であるブリュッセルにあるグラン・プラスはベルギーでも人気の観光地であり、ブリュッセルの人たちにも大切にされている場所であり、様々なイベントもあって地元の人たちはもちろん、観光客からも人気の場所です。そのグラン・プラスのおすすめの時期やイベント、行き方や口コミでも評判のスポットなどお伝えします。

Thumbベルギーの首都・ブリュッセルを観光しよう!名所やモデルコースを紹介!
ベルギーの首都・ブリュッセルは、「世界で一番美しい広場」と言われるグランプラスを中心に歴史の...

ベルギーのグラン・プラスについて

グラン・プラスはベルギーの首都であるブリュッセルにあり、地元の人たちはもちろん、観光客からも人気の観光地です。石畳の大変美しい大広場のグラン・プラスは、歴史ある石造りの建物で囲まれ、ベルギーで一番の観光ポイントで世界遺産でもあります。

一年を通して、この世界遺産であるグラン・プラスでは色々なイベントも開催されていて、観光で訪れた人たちからの口コミでも評判がよく、いつもたくさんの人たちがこのグラン・プラスで過ごしてます。

周りには歴史のある建物が並び、観光のポイントとしても知られているところばかりです。そしてグラン・プラスのある広場では毎年たくさんのイベントがあり、多くの人々が参加したりします。

グラン・プラスの歴史

グラン・プラスはその美しさもあり世界遺産にもなりましたが、綺麗な街並みと、広場からは、あまり想像できないですが、あまり綺麗な華やかなままずっとあったわけではありません。

もともとはグラン・プラスのまわりは全ての建物が木造であり、大同盟戦争でフランス軍の砲撃や放火で破壊されたり、火災にあったため建て直す際にどの建物も石で建て直し、今の姿になりました。市庁舎だけは石で作られていたため、砲撃も放火にも無事でした。

そして、グラン・プラスを囲うように位置する建物のの数々はこの地にあったギルドハウスと言われ、今ではおしゃれなレストランだったりカフェなどが営業し、地元の人たちはもちろん、海外からの観光客からもおすすめと人気のあるお店が多いです。

ベルギーのグラン・プラスの建物

世界遺産であるグラン・プラスの周りにある建物は すべて石で作られ、しかも3階建てや4階、5階建てと大きく、そして壁だったり、屋根の上などに像やマークと言うか紋章があり、一軒一軒違ううえに、すごく綺麗で建物自体が美しいため見入ってしまうほどです。

グラン・プラスの周りの建物は、ベルギーの首都ブリュッセルにおいて一番人気があり、一番古い建物で、シンボルと言っていいほどの存在であるブリュッセル市庁舎をはじめ、その周りには多くのギルドハウスが立ち並んでいます。

グラン・プラスの周りは、ブリュッセルでも観光客からの口コミでもおすすめされる建物や、その中にある施設などベルギーの首都であるブリュッセルに行ったなら行くべき場所としておすすめされるスポットが多いです。

グラン・プラスの周りの建物のおすすめ

グラン・プラスの周りは、つい写真を撮っておきたくなるほど美しい装飾がされた、魅力的な建物が多いのですが、その中でも特に観光客からも人気で、口コミの中でもグラン・プラスに行くなら行っておくべきと言われる建物があります。

その中で、特に人気なのはブリュッセルと言えばというくらい有名な建物であるブリュッセル市庁舎です。そして、ベルギーといえばベルギービールです。そのビールのギルドだった建物を利用したビール博物館、さらに市庁舎ともう一つある大きな美しい建物である王の家があります。

ベルギーのグラン・プラスおすすめの建物1:ブリュッセル市庁舎

グラン・プラスといえば、真っ先に思い浮かぶ建物であり、ブリュッセルと言えば市庁舎は忘れてはならない建物です。白く美しく、遠くからでも見える高さ高さ96mもある市庁舎の塔は1402年から1455年までかかってようやく完成しました。

ちょっと面白いのが、通常であれば同時に造られる建物ですが、この市庁舎は塔と右側と左側では実は違うところがあります。それは、まずは同じ時期に作っていないというのが一番の理由です。

市庁舎は見た目だけでなく、中も大変贅沢な作りです。市庁舎の中には観光案内所があり、市庁舎見学ツアーのチケットを購入すると、内部の観察もできます。

ツアーに参加するなら

予約なしでツアーに参加でき、水曜日と日曜日にガイドツアーはあります。水曜日は午後2時からのツアーだけですが、日曜日は午前11時、午後3時、午後4時からとあります。

ガイドツアーの料金は大人は1人6ユーロで6才から12才までのお子さんとシニアは4ユーロです。5才以下は無料となってます。大体ツアーにかかる時間は45分くらいです。

受付があるホールから、大変優雅で贅沢な作りですが、絵画や彫刻などが、たくさんあって見ごたえがあり、おすすめです。

フラワーカーペットを楽しもう!

2年ごとにおこなわれるフラワーカーペットというのは、ベルギーでも特別なイベントで毎年、ベルギーに関係してるテーマが決められ、そのテーマにそってグラン・プラスが美しい花で埋め尽くされ、文字通りグラン・プラスに花の絨毯を敷いたように作品が出来上がります。

この時に、市庁舎の2階にあるバルコニーが有料で開放され、花の絨毯を一番いい場所である市庁舎から見れます。

ベルギーのグラン・プラスおすすめの建物2:王の家

グラン・プラスで市庁舎と同じように大きく素晴らしい建物でグラン・プラスを挟んで市庁舎の向かえにある建物です。現在は市立博物館になっている建物です。

木造の建物だったときはパン市場だったあそうで、オランダの言葉でパンの家と初めは呼ばれてたそうです。その後、石造りに建て直されると、後のスペイン王であるブラバント公の行政庁がこの建物に置かれると、人々はパンの家から公の家と呼び名を変えました。

そしてブラバント公がスペイン王になると、地元の人々は王の家と呼ぶようになり、今現在も王の家と呼んでいます。

ベルギーのグラン・プラスのおすすめ建物3:ビール博物館

ビール博物館は1600年代のビールの構造業をしていたギルドの建物です。黄金の木の紋章がある建物でグラン・プラスの北に建物があります。

ビールを作る際に使用する道具をみたり、スクリーンがあるので、そこで映像を観ることもできます。地下の奥にはベルギービールを飲むことができたりするので、ビール業のギルドの建物でベルギービールを飲んでみるのもおすすめです。

博物館と言っていますが、日本の工場見学のような大きな施設ではないです。個人の工場のような感じで見ると良いです。

ベルギーのグラン・プラスのおすすめ建物4:各ギルドハウス

グラン・プラスの周りは普通に歩けばあっという間に一回りできてしまいますが、建物をよく見るとわかりますが、それぞれの建物には特徴的な飾りがあったり、像や紋章があります。

今はないですが、ここの建物はそれぞれがギルドの建物で、それぞれにその業種や、どんな建物なのかわかるように、像や紋章で建物を装飾しています。

紋章の一例

建物にある紋章や像の意味ですが、市庁舎の塔の上にある像はこの街の守護天使とされている、竜も倒すミシェルの像があり、ビール醸造者の建物には黄金の木があります。星の紋章は、一番古いギルドの建物です。セルクラースの像があります。ブラバント公の家にはなんと歴代のブラバント公の像が飾られています。

調べるとどんな意味でどんな建物なのかというのがわかります。他にも白鳥や天使、仕立て屋を意味する鳩や他に孔雀だったり、像もたくさんあります。

ただたんに、ぶらっと歩くよりも細かな部分ではありますが、こういった意味を知っているだけでも建物を見たときに意味がわかりますし、見たい紋章や像を探すというのも楽しみのひとつです。

ベルギーの世界遺産グラン・プラスおすすめ口コミスポット

ベルギーの世界遺産であるグラン・プラスへ行くのなら合わせて是非訪れるのをおすすめするスポットで、口コミでも人気があり訪れる方の多いスポットです。観光客はもちろんですが、地元の方にも親しまれ人気のあるスポットですので、グラン・プラスへいくなら合わせて訪れると良いです。

ジュリアン坊や

ジュリアン坊やの愛称があり、ブリュッセルでもすごく親しまれている17世紀に作られたブロンズ像の小便小僧です。いつ行っても観光客に囲まれています。

この小便小僧にはたくさんの服が贈られてるそうです。その贈られてきた衣装は合わせて760点もあるそうで、王の家と呼ばれる建物にある市立博物館に行くと見ることができます。

ヨーロッパ最古であるショッピングアーケード

こちらは、ネオ・イタリア様式であるガラス張りの天井が見どころで、その美しさは必見です。有名なショコラのお店やカフェもあったり、高級ブティックも入っているところで、プリンス、クイーン、そしてキングとギャラリーが3つのエリアにあり、お店もたくさんあるので、おすすめです。

ベルギーのグラン・プラスは世界遺産の大広場

ベルギーの世界遺産のグラン・プラスはシエーナにあるカンポ広場と、ヴィネツィアにあるサン・マルコ広場とともに、世界でも最も美しいと称される広場でジャン・コクトーやヴィクトール・ユゴーが称賛したことでも知られています。

グラン・プラスの広さは幅が約70mほどで長さが約110mの広場で、芝生などではなく石畳の広場です。ベルギーでも一番と言っていいほど観光客も訪れ、人気のあるこのグラン・プラスは、グラン・プラスに来たらおすすめの建物や、この時期ならこれがおすすめと言われ、観光客の口コミでも人気の高いイベントなどグラン・プラスは様々な魅力をもっています。

グラン・プラスは人気のイベントがたくさんある

グラン・プラスは、世界遺産で、ただ美しいだけの広場ではありません。ベルギーを訪れる観光客からも人気のイベントが時期によって色々あり、周辺に建つギルドハウスや口コミでもおすすめされる観光ポイントなどと共に大変人気のある広場です。

そして人気のイベントには地元だけでなく、ベルギー各地の人々や海外からの観光客も大勢やってくるほど人気のものもあります。

どのイベントも、世界でももっとも美しいと称されるほどの広場で行われるイベントは大変贅沢で、優雅であり、一度訪れると再び来たいと思うものばかりです。

ベルギーのグラン・プラスで行われる人気のイベント

世界遺産であるグラン・プラスで行われるイベントは時期によっては色々あり、その中でも地元の人々やベルギー各地の人たち、観光客からも人気で口コミで知り、その時期になると毎年グラン・プラスに来るという方もいたりします。

特に人気のイベントは2年に一度、たった4日間しか行われないフラワーカーペット。そしてベルギーにおいては最も大きいと言われるクリスマスマーケットは特に人気のイベントです。

ベルギーグラン・プラスのフラワーカーペット

偶数年の夏の時期にたった4日間のみ行われる大変人気のあるイベントです。2018年のテーマはメキシコで鮮やかな赤が映える美しい花の絨毯がグラン・プラスに現れました。前回の2016年は日本がテーマで花鳥風月を表すデザインであり、テーマが日本というのもあって大変注目されました。

開催時期は8月中旬で長さ77m幅24mの大きな花の絨毯ができます。この時期にブリュッセルへ行く方にはおすすめのイベントで日本がテーマのときは日本人観光客も多く口コミで、このイベントを知ったという方も多いようです。

ベルギーグラン・プラス冬のクリスマスマーケット

12月のヨーロッパと言えば時期的にもクリスマスマーケットは期待してしまいます。ブリュッセルでは街のあちこちでお店が出店され200店舗以上のお店がこのクリスマスマーケットを盛り上げます。

グラン・プラスを中心に開かれるこのイベントでは、ビスマルクト広場が人気で、口コミでもここの人気はすごいです。

アンティークである古い観覧車や年代物のメリーゴーランドなどクリスマスの時期に暖かな灯りのなかでみるそれらは大変美しく、この時期にグラン・プラスへ行くなら見るべきおすすめのポイントです。

2018年の開催時期は11月30日から翌年の2019年1月6日までで、お昼の12時から始まり夜は10時までやっています。12月24日だけ午後6時で終わるので注意してください。

クリスマスマーケットの各会場への行き方

クリスマスマーケットだけでなく他のイベントなどでも会場がたくさんある場合、そこへの行き方は不安になってしまいます。

クリスマスマーケットはブリュッセルでもすごく大きなイベントですので、会場もたくさんあり、せっかくだし全部の会場へ行きたいと言っても行き方がわからないと困ってしまいます。

それぞれの会場への行き方やおすすめの行き方などは、市庁舎の地下にある観光案内所に行くと行き方を教えてくれますし、案内所でマップもあるので、行き方や会場の場所など、色々な情報が手に入ります。

ベルギーグラン・プラスの他にもあるおすすめイベント

他にも5月の最終週末にある特設ステージもできグラン・プラスは特におすすめで、夜11時までジャズを聴きながら過ごすブリュッセル・ジャズ・ウィークエンド。2019年は5月24日,25日と開催されます。

その他にも7月の第一火曜、木曜に行われるオメガングと呼ばれる伝統行事や、月、木以外いつもやっている朝の花市も、大変おすすめです。花市は時期問わずやっていますので、日常のグラン・プラスの風景を楽しむことができおすすめです。

毎年9月の第一週末にあるビール好きには必見のベルギービールウィークエンドもおすすめです。この時期は世界中からビール好きが訪れ、ベルギービールを楽しみます。

ベルギーグラン・プラスへの行き方

グラン・プラスへの行き方は大変簡単です。一番近い駅はブリュッセル中央駅です。駅の出口はどの出口からも行けます。歩いて5分くらいでつきます。一番近く楽と言われる行き方でもギャラリーオルタという出口から向かう行き方が一番近いそうです。

多少離れていても、グラン・プラスの場所は一番高い市庁舎の塔が見えるため目印になるので、街歩きしながら塔を目指せばグラン・プラスへ行けます。

グラン・プラス周辺のおすすめスポットも行き方は非常に簡単で、ご紹介した場所はほとんどグラン・プラスに面した建物や場所ですので行き方がわからずともグラン・プラスに着いたら、そこから見える範囲の場所にあります。

市庁舎地下で情報を得よう

他のブリュッセルの観光スポットなど、グラン・プラスやそれ以外の行き方や情報などは、市庁舎の地下にある観光案内所に行くと良いです。案内所への行き方は市庁舎を正面に見て右に「i」と書かれていてそこにVisit Brusselsとあるのでそこに行くと良いです。

グラン・プラスで贅沢な時を過ごそう!

ベルギーの石畳の美しい広場グラン・プラスは歴史ある建物に囲まれ、見どころももちろんありますが、ギルドハウスの各一階にはレストランやカフェが営業していて、そこでのんびりと時を過ごすというのもおすすめです。世界遺産でジャズを聴いたり、食事やコーヒーなど贅沢な時間をすごしにグラン・プラスへ行ってきましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
Barista Sho

新着一覧

最近公開されたまとめ