タリスの予約方法や乗り方は?ヨーロッパ観光で便利な高速鉄道をリサーチ!

ヨーロッパの4つの国を結んでいる高速電車タリス は、移動にとても便利な電車です。今回は、タリスの乗り入れている都市、タリスの座席とサービス、予約の仕方、乗り方、そして乗り方の注意点などヨーロッパ観光に便利なタリスをご紹介します。

タリスの予約方法や乗り方は?ヨーロッパ観光で便利な高速鉄道をリサーチ!のイメージ

目次

  1. 1ベルギーのブリュッセルを中心としてヨーロッパを走るタリス
  2. 2タリスの特徴をご紹介!
  3. 3タリスによって結ばれている国はどのくらいある?
  4. 4タリスによって結ばれている国1:フランス
  5. 5タリスによって結ばれている国2:ベルギー
  6. 6タリスによって結ばれている国3:オランダ
  7. 7タリスによって結ばれている国4:ドイツ
  8. 8タリスの季節による運行状況
  9. 9タリスの予約にはオンラインがおすすめ
  10. 10タリスのサービスは繊細!
  11. 11タリスの2等サービスの内容とは?
  12. 12タリスの1等サービスは格が違う!
  13. 13タリスのプレミアムサービスも存在!
  14. 14タリスの乗り方
  15. 15タリスの乗り方の注意点
  16. 16タリスを使ってヨーロッパを回ってみよう!

ベルギーのブリュッセルを中心としてヨーロッパを走るタリス

ベルギーのブリュッセルに本社を構えるタリスは、「紅い列車」と呼ばれ、ワインレッドの車体で"ルージュトレイン"とも呼ばれています。タリスは、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツの各国を結ぶ高速国際列車で、最速時速300kmで各国を結ぶ重要な役割を担っています。

タリスの特徴をご紹介!

タリスは、飛行機にように手間がかからず、日本の新幹線と同じような乗り方であることとタリスの車内のサービスがなどが特徴と言えるでしょう。これらのタリスの特徴の中でも、タリスの最大の特徴は、タリスがヨーロッパの各主要な都市の間を高速で結んでいるということでしょう。

タリスの最大の特徴:各都市間を高速で結ぶことができる

タリスの最大の特徴と言っても過言ではないのは、ヨーロッパの各都市間を高速で結ぶことができることです。タリスは、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツの4つの国を横断する国際列車となっています。

それぞれの国の主要都市同士を繋いでおり、例えば、フランスは華の都・パリ、ベルギーの首都・ブリュッセル、オランダの首都であるアムステルダム、そして、ドイツのケルンを結んでいます。

各都市は最速で、フランス・パリとオランダ・アムステルダムの間は、3時間18分、フランス・パリとベルギーブリュッセルの間は、1時間22分で結んでいます。他の都市の間も高速で結んでおり、タリスはビジネスマンだけでなく旅行者にもなくてはならない存在となっています。

タリスによって結ばれている国はどのくらいある?

タリスによって常に結ばれている国は、フランス・パリ、ベルギー・ブリュッセル、オランダ・アムステルダム、そして、ドイツ・ケルンとなっています。タリスが停車するそれぞれの都市の駅とそれぞれの国のおすすめ観光スポットなどををみていくことにしましょう。

タリスによって結ばれている国1:フランス

フランスの首都であるパリは、タリスの拠点駅となっています。フランスには、タリスの停車駅として、フランス北部のリール、フランスの首都であるパリが拠点駅となっています。それぞれの駅と本社があるベルギー・ブリュッセルとを繋いでおり、毎日たくさんの電車が走っています。

フランスのおすすめ観光地

フランスのおすすめの観光地としては、パリが最も人気があります。中でも、「ルーブル美術館」「エッフェル塔」、凱旋門がある「シャンゼリゼ通り」などたくさんの見どころが満載です。タリスを利用して、ヨーロッパを周遊しているときに行くことができるので、ぜひチェックしてみてください。

Thumbフランスの観光おすすめスポット21選!はずせない定番名所や穴場を厳選!
ヨーロッパで観光をしてみたい国はどこですか、という質問にほとんどの方の答えがフランスではない...

タリスによって結ばれている国2:ベルギー

ベルギーのブリュッセルに、タリスの本社があります。タリスの拠点駅にもなっており、ブリュッセルを発着する電車も数多くあります。ベルギーには、ブリュッセルの他に、東部のリエージュ、北部の港町・アントウェルペンといったベルギー各都市に乗り入れています。

ベルギーのおすすめ観光地

ベルギーのおすすめ観光地として、ブリュッセルには一度訪れることをおすすめします。ブリュッセルには、世界で最も美しい広場とされる「グランプラス」、中世のヨーロッパの趣を感じることができる「ブリュッセル市庁舎」などがあります。1日でも十分回ることができるので、タリスで移動している途中に降りて、観光も良いでしょう。

Thumbベルギーの首都・ブリュッセルを観光しよう!名所やモデルコースを紹介!
ベルギーの首都・ブリュッセルは、「世界で一番美しい広場」と言われるグランプラスを中心に歴史の...

タリスによって結ばれている国3:オランダ

オランダには、西の都市・ロッテルダム、首都・アムステルダム、そしてオランダ最大の空港であるアムステルダム・スキポール空港に乗り入れています。オランダ最大の国際空港に乗り入れているということで、オランダを拠点に移動しやすいと、とても人気があります。

オランダのおすすめ観光地

オランダのおすすめ観光地としては、アムステルダムがおすすめです。というのも、ヴィンセントファンゴッホの作品が収蔵さている「ゴッホ美術館」、オランダ海洋博物館など見どころ満載の街です。また、グルメもたくさんあり、観光も食事も楽しむにはちょうど良い街と言っても過言ではありません。

Thumbオランダの首都『アムステルダム』の観光名所は?治安・お土産・グルメも紹介!
オランダの首都「アムステルダム」は、世界遺産の古くから歴史のある運河もあり、素敵な時間を過ご...

タリスによって結ばれている国4:ドイツ

タリスはドイツにも乗り入れていますが、ドイツの首都・ベルリンではなく、西側のみの乗り入れとなります。タリスが結んでいる都市は、西の都市であるケルンやアーヘン、そして、近年、ドルトムントやデュッセルドルフ空港などにもケルンは、乗り入れを開始しております。

ドイツのおすすめ観光地

タリスで繋がっているドイツの街の中でおすすめの観光地としては、ケルンが挙げられます。ケルンには、世界遺産の一つである「ケルン大聖堂」やルノワール、ゴッホ、モネの作品が収蔵してある「ヴァルラフ・リヒャルツ美術館」などがあります。また、クリスマスマーケットも盛り上がる街なので、冬の時期にも訪れるととても楽しいでしょう。

Thumbケルンの観光名所やおすすめまとめ!お土産や食事スポットもチェック!
ドイツでケルン観光と言えば、大聖堂が有名です。しかし、その他にも見どころいっぱいの観光名所が...

タリスの季節による運行状況

タリスには、季節によって乗り入れている都市がいくつかあります。冬季は、フランスにある冬のリゾート地として有名なブールサンモリスまで乗り入れています。夏季は、同じくフランスのマルセイユまで乗り入れています。

タリスの乗り方は、これらの都市への乗り方も同じです。もし季節運行の時期に当てはまるならば、タリスを利用して、これらの都市に赴いても良いでしょう。

タリスの予約にはオンラインがおすすめ

タリスの予約は、オンラインでの事前に予約ができます。駅の窓口での予約もありますが、確実に予約が取れるという保証がありません。日本から旅行でヨーロッパを訪れてタリスの座席を予約するならば、事前にオンラインでの予約をおすすめします。

タリスの予約の仕方は、オンラインのサイトからの予約となります。日本語にも対応しているサイトもあり、問題なく予約することができるでしょう。続いては、タリスの予約の流れをまとめていきます。

オンラインで予約するときには、まず、利用する区間、乗車する日、人数を入力して検索を行います。日時を選ぶときには、大まかな時間を聞かれるので、事前に決めておくと良いでしょう。

予約するのに検索をすると時間、所要時間、料金、座席のグレードが表示されます。もし、満席の場合は、選択することができないようになっています。もし、時間をずらすときは、先行の列車をクリックすると検索した大まかな時間よりも早い時間、後発列車をクリックすると遅い時間の空席状況を調べることができます。

タリスの座席のグレードを選ぶと名前と住んでいる国を選ぶ画面に進みます。同時に、レイルプロテクションプランなどのプランを追加する画面へ進みます。レイルプロテクションプランは、該当便が運休したときなどの保証となります。

手数料がかかるので、そちらに同意して、予約の決済画面へ進みます。決済方法を決める前に、住所、氏名、メールアドレス、電話番号などの個人情報を入力します。その後、決済の画面へ進みます。事前予約の決済はクレジットカードのみとなります。クレジットカードは、VISA、Master、American Express、JCBを利用することができます。

以上で、タリスのオンラインでの予約の手続きが完了となります。チケットを郵送してもらえるサービスもありますが、別途手数料がかかります。チケットの受け取りを自宅で印刷を選んだ方は、出発前に自宅で用意をしておきましょう。

タリスのサービスは繊細!

タリスの提供しているサービスは、座席のクラスによって異なります。タリスには、1等と2等、そしてプレミアの区分があります。座席の料金は、2等が最も安く、プレミアが最も高くなります。

サービス内容も異なり、プレミアムサービスでは食事と飲み物が提供されますが、1等と2等は食事サービスなどはなく、ビュッフェなどを利用できるという形になっています。続いては、1等、2等、プレミアムのそれぞれのサービスについてみていきましょう。

タリスの2等サービスの内容とは?

まず最初にご紹介するのは、タリスの2等サービスとなります。タリスの2等サービスには、タリスに連結されているバー・ビュッフェ車両を利用できること、座席に備え付けの電源コンセントを利用できること、革製の座席、そして、Wi-Fiサービスとなります。それぞれについてみていきましょう。

タリスの2等サービス1:バー・ビュッフェ車両の利用

タリスには、列車の真ん中の車両に、バー・ビュッフェの車両が連結されており、そちらを利用することができます。2等サービスには、食事が付いていないので、食事が必要な場合は、バー・ビュッフェの利用となります。バー・ビュッフェは、乗車しているときに、利用することができ、スナックなどの軽食も購入できます。

タリスの2等サービス2:電源コンセントの利用

タリスの各座席には、日本の新幹線などと同じく、電源コンセントが装備されています。コンセントの形状は日本のものと違い変換プラグが必要ですが、携帯電話の充電も、パソコンでの作業もできるので、問題ありません。タリスで他の国へ移動しているときにちょっとした作業や携帯電話の充電を利用することができるので、とても助かります。

タリスの2等サービス3:革製の座席

タリスの2等サービスとして、革製の座席も挙げられます。日本の特急電車での導入されているような、革製の座席で、座席前のシートポケットには、バー・ビュッフェの案内などが入っています。座席のリクライニングは利用できませんが、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

タリスの2等サービス4:無料のWi-Fi

最後にご紹介するタリスの2等サービスは、無料のWi-Fiです。無料のWi-Fiは、タリスにて移動している間に、全ての利用者が利用することができるサービスとなります。タリスにて、移動中に次の観光地を調べたり、宿泊場所などを確認するのにとても役に立ちます。

タリスの1等サービスは格が違う!

タリスの1等サービスになると、従来のタリスの2等を利用するときのサービスに加えて、ゆったりしたしたリクライニングシートを利用できるというサービスが加わります。タリスの1等サービスであるゆったりシートについて具体的にみていくことにしましょう。

タリスの1等サービス:リクライニングシート

タリスの2等座席も革製座席と、特急電車らしいですが、リクライニングの座席ではないのです。タリスの1等座席になると、リクライニングシートとなるので、座席を倒したりすることができます。ゆっくりとした移動時間にしたいという人には、1等に座るのがおすすめでしょう。

タリスのプレミアムサービスも存在!

以前のタリスには、1等と2等のみでした。しかし、現在では、更に上のサービスであるプレミアムサービスもあります。プレミアム座席のサービスは、新聞と雑誌サービス、タリスの座席での食事サービス、一部の駅にあるビジネスラウンジを利用できるという3つです。

タリスのプレミアムサービス1:新聞と雑誌サービス

タリスのプレミアムサービスとして、新聞と雑誌のサービスがあります。タリスの車内で新聞や雑誌を無料で読むことができるサービスです。タリスで移動するときに、本を購入したり、新聞を購入したくないという人におすすめで、新聞と雑誌も数種類あり、とても役に立つサービスと言っても良いでしょう。

タリスのプレミアムサービス2:座席での食事サービス

以前のタリスでは、1等サービスの人が食事サービスを受けることができましたが、現在は、プレミアムサービスの人のみ、食事サービスを受けることができます。座席に食事と飲み物がサーブされるので、タリスにて移動しているときにゆっくりと景色を眺めつつ、食事を楽しむことができます。

タリスのプレミアムサービス3:ビジネスラウンジのサービス

タリスの一部の駅には、ビジネスラウンジが設置されており、プレミアム座席の人は、ビジネスラウンジを利用できます。ビジネスラウンジは、パリ、ブリュッセル、ケルン、デュッセルドルフの駅にあります。

タリスのビジネスラウンジは、駅の構内にあるのではなく、近くの建物の中にあります。ビジネスラウンジを出発前に利用できますが、ゆっくりとした時間を楽しみ、タリスの出発時間を忘れてしまわないように注意が必要です。

タリスの乗り方

タリスの乗り方は、事前に購入したチケットを持参するようにしましょう。電子チケットを購入された方は、メールを無くさないようにし、自宅での印刷を選択された方は、必ずチケットを印刷しておきましょう。

タリスの一部の駅には、改札がありません。改札がない駅は、そのまま電車へ向かうことになります。タリスのチケットには、列車番号、車両号、座席番号が記載されています。駅に到着すると、まずは列車番号と出発ホームを確認するようにしましょう。

ご自身が乗車する電車のホームがわかったら、ホームへ移動しましょう。なお、タリスが発着する一部のホームでは、X線の荷物検査装置があり、持ち込み荷物を厳重にチェックしてます。時間にゆとりを持って、ホームへ行くことをおすすめします。

タリスの乗り方の注意点

タリスの乗り方の注意点として、荷物の持ち込みがあります。タリスには、荷物の持ち込みが決まっており、2つのキャリーケースと1つのハンドバッグまでとなっています。飛行機のように、重さの制限はありません。

もう一つタリスの乗り方の注意点として、乗車前日には情報を確認しておくことです。事前にキャンセルが決まった列車があるとき、列車のスケジュール変更はホームページでも案内されます。事前に確認しておくことで、予定を変更することができます。

タリスを使ってヨーロッパを回ってみよう!

タリスはヨーロッパの各国を横断しており、移動の手段としてもとても便利です。乗り方も難しくなく、持ち込みに注意して、運行状況を確認しておけば問題ありません。ヨーロッパの観光地を訪れるならば、タリスを利用して、各都市の観光スポットを巡ってみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
daiking

新着一覧

最近公開されたまとめ