ベルギーのチョコブランド有名ランキング!お土産におすすめの商品もチェック!

ベルギーといえば、チョコレートがおいしいチョコレート大国です。ベルギーチョコレートはベルギーのお土産には欠かせません。ベルギーの有名チョコレートブランドをランキング形式でご紹介していきます。お土産におすすめの商品も一緒にチェックしていきましょう。

ベルギーのチョコブランド有名ランキング!お土産におすすめの商品もチェック!のイメージ

目次

  1. 1ベルギーの有名チョコブランドをランキングでご紹介!
  2. 2ベルギーの有名チョコブランド第18位:ブリュイエール
  3. 3ベルギーの有名チョコブランド第17位:ベルヴァス
  4. 4ベルギーの有名チョコブランド第16位:ヴァンテンダー
  5. 5ベルギーの有名チョコブランド第15位:パッション・ショコラ
  6. 6ベルギーの有名チョコブランド第14位:マリー
  7. 7ベルギーの有名チョコブランド第13位:ラ・ベルジク・グルマンド
  8. 8ベルギーの有名チョコブランド第12位:コルネ・ポート・ロイヤル
  9. 9ベルギーの有名チョコブランド第11位:ダスカリデス
  10. 10ベルギーの有名チョコブランド第10位:レオニダス
  11. 11ベルギーの有名チョコブランド第9位:デメーストレ
  12. 12ベルギーの有名チョコブランド第8位:ショコラティエ・ブリー
  13. 13ベルギーの有名チョコブランド第7位:ザ・チョコレート・ライン
  14. 14ベルギーの有名チョコブランド第6位:ノイハウス
  15. 15ベルギーの有名チョコブランド第5位:ジャン=フィリップ・ダルシー
  16. 16ベルギーの有名チョコブランド第4位:ゴディバ
  17. 17ベルギーの有名チョコブランド第3位:ガレー
  18. 18ベルギーの有名チョコブランド第2位:ピエール・マルコリーニ
  19. 19ベルギーの有名チョコブランド第1位:ヴィタメール
  20. 20ベルギーのお土産は有名ブランドのチョコに決まり!

ベルギーの有名チョコブランドをランキングでご紹介!

おいしいチョコレートの代名詞ともなっている「ベルギーチョコレート」。チョコレート大国として知られるベルギーでは、街の至るところで有名なチョコレートブランドのショップを目にします。この記事では、その中でも特に人気の高い有名チョコレートブランドをランキング形式でご紹介していきます。お土産におすすめの商品も要チェックです。

ベルギーの有名チョコブランド第18位:ブリュイエール

ベルギーの有名チョコレートブランドランキング第18位は「ブリュイエール(Bruyerre)」です。1909年にベルギーの首都ブリュッセルの郊外、ゴスリーという街で誕生した老舗のチョコレートショップです。

創業から100年以上。ブリュイエールは、ベルギーで最も古いチョコレートブランドのひとつです。現在でも、創業時から受け継がれている伝統のレシピを基に、最高のチョコレートを提供し続けています。

お土産におすすめなブリュイエールの商品は「ヘーゼルナッツ・スプレッド(hazelnut spread)」です。パンやクラッカーと合わせたり、温めたミルクに溶かしてショコラドリンクにしてみたりと、いろいろな楽しみ方ができておすすめです。

ベルギーの有名チョコブランド第17位:ベルヴァス

ベルギーの有名チョコレートブランドランキング第17位は「ベルヴァス(Belvas)」です。1978年にベルギー南部で創業されたオーガニックチョコレートブランドです。

ベルヴァスのチョコレート(トリュフとボンボンショコラ)は100パーセントオーガニックで、フェアトレード認証も受けているといいます。チョコレートのおいしさはもちろんのこと、その社会貢献やエコロジカルな企業としても有名です。

ベルヴァスでお土産を選ぶのであればやっぱり、ベルヴァス自慢の100パーセントオーガニックチョコレートであるトリュフ(truffe)とボンボンショコラ(Bon Bon Chocolat)がおすすめです。

ベルギーの有名チョコブランド第16位:ヴァンテンダー

ベルギーの有名チョコレートブランドランキング第16位は「ヴァンテンダー(Van Dender)」です。1989年にベルギーの首都ブリュッセルにて初代エルマン・ヴァンデンダー(Hermán Van Dender)によって創業されました。

創業者であるエルマン・ヴァンデンダーは1995年に開催された「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー(La Coupe du Monde de la Pâtisserie)」というパティスリー世界大会への優勝に貢献した人物で、2003年にはベルギー王室皇太子のウェディングケーキの製作を担当したことで、さらに注目を集めるようになりました。

チェーン展開するとクオリティーが下がってしまうとの想いから、本店のみの1店舗経営を貫いているヴァンテンダー。ベルギー現地でのみ購入可能なご当地チョコレートです。

お土産におすすめなヴァンテンダーの商品は、ボンボンショコラの詰め合わせである「プラリネ・ショコラ(puraline Chocolat)」です。

ベルギーの有名チョコブランド第15位:パッション・ショコラ

ベルギーの有名チョコレートブランドランキング第15位は「パッション・ショコラ(Passion Chocolat)」です。1998年にベルギーの首都ブリュッセルにて誕生したチョコレートショップです。

ブリュッセルには多くの有名チョコレートショップや老舗チョコレートショップが点在していますが、そんな競合だらけの環境の中で地元ブリュッセルの人々の心を射止めたのが、パッション・ショコラでした。

パッション・ショコラはクオリティーの高い最高のチョコレートだと口コミで広がり、地元の人々の間で「ベルギーで一番」と言われるまでに成長を果たしたのです。

パッション・ショコラのチョコレートは、甘さ控えめで濃厚な味わい。日本人好みのチョコレートです。パッション・ショコラでお土産を選ぶのであれば、ボンボンショコラの詰め合わせがおすすめです。クッキーやパウンドケーキも人気があります。

ベルギーの有名チョコブランド第14位:マリー

ベルギーの有名チョコレートブランドランキング第14位は「マリー(Mary)」です。1919年にベルギーの首都ブリュッセルにて初代マリー・デゥルク(Mary Delluc)によって創業された王室御用達の老舗高級チョコレートショップです。

チョコレートを愛してやまなかったマリー・デゥルクは「完璧で上等なチョコレートを提供する」を目標とし、それがマリーの伝統となり現在まで受け継がれています。

そんなマリーでお土産を選ぶのであれば、パステルカラーを背景にしたローズ柄のボックスがおすすめです。中央に描かれた貴婦人の絵が目印です。上品かつかわいらしいパッケージで、マリーらしさが詰まった商品です。

ベルギーの有名チョコブランド第13位:ラ・ベルジク・グルマンド

ベルギーの有名チョコレートブランドランキング第13位は「ラ・ベルジク・グルマンド(La Belgique Gourmande)」。ベルギーの首都ブリュッセルにて誕生したチョコレートショップです。

ラ・ベルジク・グルマンドは日本未上陸のためか日本人の間での知名度は低いようなのですが、ブリュッセルでは数店舗を展開している地元の人気店です。

ラ・ベルジク・グルマンドでは、チョコレートだけでなく、クッキーをはじめとした焼き菓子なども販売されています。おすすめの商品は、お土産にぴったりなかわいいパッケージに詰められたチョコレート。ベルギーの伝統菓子「キュベルドン(CUBERDONS)」もおすすめです。

ベルギーの有名チョコブランド第12位:コルネ・ポート・ロイヤル

ベルギーの有名チョコレートブランドランキング第12位は「コルネ・ポート・ロイヤル(Corné Port Royal)」です。1935年にベルギーにて初代モーリス・コルネ(Maurice Corné)によって創業されたチョコレートショップです。

コルネ・ポート・ロイヤルのチョコレートに使用されているのは、最高品質のカカオ。創業以来、80年以上も変わることのない伝統のレシピとチョコレート職人のノウハウにより、毎日おいしいチョコレートが作られています。

お土産におすすめなコルネ・ポート・ロイヤルの商品は、シーズン限定商品。ハロウィンやバレンタインになると、遊び心のあるかわいいデザインのチョコレートがたくさん登場します。メルヘンチックな雰囲気もあり、女性へのお土産にすると喜ばれるはずです。

ベルギーの有名チョコブランド第11位:ダスカリデス

ベルギーの有名チョコレートブランドランキング第11位は「ダスカリデス(Daskalidès)」です。1931年にベルギーの都市ゲントにて初代プロドロモス・ダスカリデス(Prodromos Daskalidès)によって創業されました。

元々はベーカリーとして誕生したダスカリデスでしたが、のちにチョコレート業界にてスポットライトを浴びることになります。

ダスカリデスでお土産を選ぶのであれば、欠かすことのできない商品が「トリュフ(truffe)」です。濃厚かつクリーミーな味わいが口いっぱいに広がる一粒。万人ウケするチョコレートなので、お土産にはぴったりです。

ベルギーの有名チョコブランド第10位:レオニダス

ベルギーの有名チョコレートブランドランキング第10位は「レオニダス(Leonidas)」です。1913年にベルギーの首都ブリュッセルにて初代レオニダス・ケステキディス(Leonidas Daskalidès)によって創業された老舗の高級チョコレートショップです。

創業者であるレオニダス・ケステキディスは、ベルギーの都市ゲントで1913年に開催された万国博覧会に出場。そこでパティシエとして金賞を受賞したこともある実力者です。そんな彼の作るチョコレートの味わいは、現代まで大切に受け継がれています。

お土産におすすめなレオニダスの商品は「ジャンドゥージャ(gianduja)」。一粒一粒、高級感のある金色の包装紙に包まれています。とても濃厚な味わいのチョコレートなので、コーヒー好きな人や紅茶好きの人へのお土産におすすめです。

ベルギーの有名チョコブランド第9位:デメーストレ

ベルギーの有名チョコレートブランドランキング第9位は「デメーストレ(demeestere)」。ベルギーの都市ルーヴェン(Leuven)の郊外にあるヘヴェレー(Heverlee)という街にあるチョコレートショップです。

デメーストレは夫婦経営の小さなチョコレートショップですが、ルーヴェンで知らない人はいないというほどの有名人気店です。「ルーヴェンで一番おいしい」と言う人もいれば「ベルギーで一番おいしい」と言う人もいるほど地元ルーヴェンでは大人気。

デメーストレのチョコレートは日本人の舌にもよく合う味わいで、お土産にもおすすめです。約30種類のチョコレートの中からお好みのものを選び、箱詰めしてもらいましょう。

ベルギーの有名チョコブランド第8位:ショコラティエ・ブリー

ベルギーの有名チョコレートブランドランキング第8位は「ショコラティエ・ブリー(Chocolatier BURIE)」。1962年にベルギーの都市アントワープにて、初代ハンズ・ブリー(Hands Burie)によって創業されたチョコレートブランドです。

ショコラティエ・ブリーのチョコレートは、ベルギーのアントワープ本店でしか購入することができないご当地もの。多くのブランドが国内展開や海外進出を進める中、ショコラティエ・ブリーは本店のみで職人による手作りと新鮮さにこだわり続けています。

そんなショコラティエ・ブリーでお土産を選ぶのであれば「チョコレート・ダイヤモンド(Chocolate Diamonds)」というダイヤモンド型のチョコレートがおすすめです。ショコラティエ・ブリーの看板商品なので、お土産にはぴったりです。

ベルギーの有名チョコブランド第7位:ザ・チョコレート・ライン

ベルギーの有名チョコレートブランドランキング第7位は「ザ・チョコレート・ライン(THE CHOCOLATE LINE)」です。ベルギーのブルージュで誕生した、ユーモアとオリジナリティ溢れる個性派のチョコレートブランドです。

ザ・チョコレート・ラインの代表者であるドミニク・ペルソーヌ(Dominique Persoone)は、2010年にフランスの有名週刊誌「エクスプレス(L'EXPRESS)」にて「世界の五大ショコラティエ」にも選ばれている実力派ショコラティエです。

お土産におすすめなザ・チョコレート・ラインの商品は、ブランド名を冠した「ザ・チョコレート・ライン(THE CHOCOLATE LINE)」。ガナッシュ、プラリネ、ホワイトチョコレートなど、自慢のチョコレートをまんべんなく味わうことができておすすめです。

ベルギーの有名チョコブランド第6位:ノイハウス

ベルギーの有名チョコレートブランドランキング第6位は「ノイハウス(Neuhaus)」。1857年にベルギーの首都ブリュッセルにて当時薬剤師であった初代ジャン・ノイハウス(Jean Neuhaus)によって創業された王室御用達の老舗高級パティスリーです。

カラメル状になるまで熱した砂糖とローストしたナッツを混ぜ、すり潰してペースト状にし、それを溶かしたチョコレートに混ぜたものを「プラリネ(puraline)」と言います。プラリネは「ボンボンショコラ(Bon Bon Chocolat)」という呼び方もあります。

日本人の間ではボンボンショコラという名前の方が馴染みがあるかと思いますが、そんなボンボンショコラを生み出したのがまさにここ、ノイハウスなんです。ノイハウスでお土産を選ぶならやっぱりボンボンショコラでしょう。おすすめはコーヒー入りのチョコレートをミルクチョコレートでコーティングした「タンタシオン(Tentation)」です。

ベルギーの有名チョコブランド第5位:ジャン=フィリップ・ダルシー

ベルギーの有名チョコレートブランドランキング第5位は「ジャン=フィリップ・ダルシー(JEAN PHILIPPE DARCIS)」です。1996年にベルギーの首都ブリュッセルにて初代ジャン=フィリップ・ダルシーによって創業されました。

創業者のジャン=フィリップ・ダルシーは、ベルギーの老舗パティスリー「ヴィタメール(WITTAMER)」とフランス・パリの老舗パティスリー「ルノートル(Lenotre)」での修行経験がある実力者で、世界的なコンクールでも数々の賞を受賞しています。

お土産におすすめなジャン=フィリップ・ダルシーの商品は「ガナッシュ(ganache)」です。自然の花の香りや爽やかなフルーツを手作業で練りこんで作られた、手間隙のかかった一粒です。花の香りやフルーツの風味がなめらかな口溶けのガナッシュのほどよいアクセントとなっています。

ベルギーの有名チョコブランド第4位:ゴディバ

ベルギーの有名チョコレートブランドランキング第4位は「ゴディバ(GODIVA)」。高級チョコレートブランドとして世界的に有名なゴディバは、1926年にベルギーの首都ブリュッセルにて初代ピエール・ドラップス(Pierre Draps)によって創業されました。

「ゴディバ」というブランド名は、イングランドの伝説に登場する、慈悲深く勇気のある伯爵夫人「ゴダイヴァ夫人(Lady Godiva)」が由来なのだそうです。ゴディバのロゴマークも、ゴダイヴァ夫人の伝説からとって馬に乗った裸の女性となっています。

アフリカ、南アメリカ、東南アジアなどで生産されるカカオの中でも最高品質のものを選び、厳選された素材で最高の技術を持って作られているゴディバのチョコレート。中でもお土産におすすめな商品は「レジェンデール・トリュフ(Legendale truffe)」と「クッキー&チョコレート アソートメント(Cookie&Chocolate Assortment)」です。

ベルギーの有名チョコブランド第3位:ガレー

ベルギーの有名チョコレートブランドランキング第3位は「ガレー(Galler)」です。1976年にベルギーの首都ブリュッセルにて、初代ジャン・ガレー(Jean Galler)によって創業された、板チョコ製造を主力としているチョコレートショップです。

創業者であるジャン・ガレーは、1930年に祖父が創業した家族経営のパティスリーで働いていたのですが、16歳のときにチョコレート作りに目覚めます。スイスのバーゼルという都市でチョコレート作りを学び、フランス・パリで世界的パティシエと呼ばれるガストン・ルノートル(Gaston Lenotre)の下で修行。そして21歳のときに独立しました。

ジャン・ガレーによるチョコレートへの情熱と完成度の高さに対するこだわりは凄まじく、そのクオリティーの高さからたちまちベルギー中で愛される国民的チョコレートブランドへと成長しました。さらに、1995年には厳しい条件と審査をクリアし王室御用達となるなど、異例のスピード合格まで果たしている実力派チョコレートブランドなのです。

そんなガレーのおすすめ商品といえば、やっぱり「チョコレートバー(chocolate bar)」。コスメのようにもパステルセットのようにも見える、おしゃれでかわいいカラフルなデザインが特徴的な商品です。特に女性へのお土産におすすめです。

ベルギーの有名チョコブランド第2位:ピエール・マルコリーニ

ベルギーの有名チョコレートブランドランキング第2位は「ピエール・マルコリーニ(Pierre Marcolini)」。1994年にベルギーの首都ブリュッセルにて、初代ピエール・マルコリーニによって創業されたパティスリーです。

創業者であるピエール・マルコリーニは、フランス・パリにある1886年創業の超有名な老舗高級パティスリー「フォション・パリ(Fauchon Paris)」での修行経験があり、ショコラティエ(チョコレート職人)、パティシエ(菓子職人)、コンフィズリエ(砂糖菓子職人)、グラシエ(アイスクリーム職人)の全ての資格を持つ鬼才の人物です。

そんなピエール・マルコリーニは、世界最高のカカオを集め、カカオの焙煎からチョコレート作りまでを一貫して行うという強いこだわりがあることでも知られています。

ベルギーのお土産におすすめなピエール・マルコリーニの商品は、さまざまなデザインとテイストを楽しむことのできる「セレクション(selection)」。一粒一粒が少し小さめで、食べやすいサイズ感となっています。

ベルギーの有名チョコブランド第1位:ヴィタメール

ベルギーの有名チョコレートブランドランキング第1位は「ヴィタメール(WITTAMER)」。1910年にベルギーの首都ブリュッセルにて、初代アンリ・ヴィタメール(Henry Wittamer)により創業されました。王室御用達の老舗高級パティスリーとしても知られています。

ヴィタメールの店舗は、ベルギー国内にはブリュッセルにある本店「グラン・サブロン広場(Place du Grand Sablon)」の1店舗のみ。創業者であるアンリ・ヴィタメールの「本当においしいものを一番いい状態で味わってもらいたい」という信念により、国内のチェーン展開は行われませんでした。

そんな中、ヴィタメールの唯一の海外進出先となったのが、なんと日本なのです。日本国内では、関東地区、中部地区、関西地区を中心に20店舗ほどが展開されています。日本の店舗では、ベルギー現地にて実地研修を修了したショコラティエたちが本場ヴィタメールの味わいをそのまま提供してくれています。

チョコレートブラントとして有名なヴィタメールですが、元々はパティスリーであったため、チョコレートだけでなくケーキやマカロン、焼き菓子などの商品も人気があります。

お土産におすすめの商品は、ブランド名を冠した「ヴィタメール(WITTAMER)」というボンボンショコラです。大振りで満足度の高い一粒となっています。

ベルギーのお土産は有名ブランドのチョコに決まり!

いかがでしたか?チョコレート大国のベルギーにある、有名なチョコレートブランドをランキングにまとめてご紹介しました。チョコレートの本場というだけあって、街の至るところにチョコレートショップが立ち並んでいるベルギー。お土産選びで迷ったときは、この記事でご紹介したチョコレートブランドのおすすめ商品をチェックしてみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
rikorea.jp

新着一覧

最近公開されたまとめ