オーストリアの時差は?日本からのフライト時間やサマータイムなど紹介!

オーストリアの時差というタイトルですが、オーストリアと言う国を皆様御存知ですか?聞いたことがあっても何処にあるかわからないとか、何が有名とかがわからない国です。今回はオーストリアの時差やフライト時間にサマータイム、時差ボケなどを紹介していきましょう。

オーストリアの時差は?日本からのフライト時間やサマータイムなど紹介!のイメージ

目次

  1. 1オーストリアと日本の時差を把握しよう!
  2. 2時差とは?
  3. 3日本と時差があるオーストリアとは?
  4. 4日本人がオーストリアに行く場合のビザは必要?
  5. 5日本と時差があるオーストリアへのおすすめの行き方!
  6. 6日本からオーストリアのフライト時間は?
  7. 7オーストリアと日本の時差は
  8. 8時差計算方法
  9. 9オーストリアと日本のサマータイム時の時差は
  10. 10オーストリアに行ったら時差ボケはあるの?
  11. 11時差を気にせずオーストリアに行ってみましょう!

オーストリアと日本の時差を把握しよう!

オーストリアと日本の時差とそれに関わる時差ボケやサマータイムなどを調査したいと思います。オーストリアと言われても一瞬思ってしまうのがオーストラリアの方ですが、オーストリアはヨーロッパの中でも歴史があり音楽や芸術でも有名の国です。オーストリアと日本の時差などを徹底調査して紹介致しましょう。

時差とは?

時差とは、何であるのでしょう?そもそも時間があるから時差が生まれるのですが、時間はどうやって決められたのでしょう?難しい問題です。時計がない時代から時間があり、昔は太陽がでたり沈んだりしていたのをみて、起きたり寝たりしていたのがやがて太陽の光で日時計が作られたのですが、最初に作ったのは古代エジプト人と言われています。

最初に、1日を12時間2組に分けたのが古代エジプト人で、紀元前約2000年に長い年月をかけ編み出されたのが六十進法で、60に時間単位がされたのです。日本では、江戸時代に日の出と日の入りの間を6等分して時刻を表したり、干支の組み合わせで表しました。

日本の時間の最初は、中国から伝えられたと言われます。そして日時計から水時計になり、今の西洋式機械時計が日本に伝わったのが1551年になります。

そもそもフランシスコザビエルが来た時に時間がめちゃくちゃだったはずですが、日本の時間に合わせたのだと思われます。では、時差はなぜ起こったのでしょう。それは鉄道などが発展していき産業革命が起こり、国や地域で不具合が生じてきたので、1883年に世界の国の取り決めにより、標準時というものが決められました。

標準時は、世界の基準となる時刻で、イギリスのグリニッジ天文台を通る経度を0度としての子午線を基準に決めました。

地球の360度を24時間で割ると15度ということになり、15度おきに国によって時間を定めていきました。

ということは、15度おきに時差が生じるということになります。日本は、国が長いので本当は時間が違います。日本では、国中で同じ時間にしていますが近畿地方と中国地方あたりの区切りで1時間の時差が生じるのです。ロシアやアメリカなどは、国土が大きいので地域によって時差が違います。時差とは15度おきに時間が違ってくることです。

日本と時差があるオーストリアとは?

オーストリアとは、ヨーロッパの国の一つで連邦共和制国家です。首都は、オーケストラや音楽で有名なウィーンになります。オーストリアとオーストラリアがよくごっちゃになることがありますか、全然地域も言葉も歴史も違う国です。日本国内でも大使館が同じ港区にあるため間違える人が多いいといわれています。

港区元麻布にあるのが、オーストリア大使館で港区三田にあるのがオーストラリア大使館となっているのでややっこしいですので間違わないように覚えておきましょう。皆さん間違わないように覚えるのがオースト鳥アとオースト虎リアと頭に入れておくそうです。

オーストリアは、ヨーロッパのEUに加盟していますので使用通貨はユーロになりますので旅行に行くのにオーストラリアドルではなくユーロとおぼえておきましょう。

日本人がオーストリアに行く場合のビザは必要?

日本人がオーストリアに観光目的で行く場合は、ビザ無しでの短期滞在でオーストリアに入国した場合は90日以内はビザなしで滞在できて、90日以内に必ず出国しなければならないです。ユーロ圏内は、シェンゲン協定で結ばれていてオーストリアに最初に入れば、ドイツなどを回っても国内旅行扱いなのでパスポートのビザなどのチェックは無しです。

しかし、90日後は180日の間を空けて入国しなければ、再び90日間の滞在の許可をシェンゲン協定で結ばれているオーストリア以外の違う国に行っても滞在許可がおりないのです。

ヨーロッパは90日間滞在したら180日間は、ビザを取らない限りいけないと思ってください。仕事で商談などをしに行く人はビザを取る必要が本当はありますが、短期間などで取らない人が多いのですが見つかると大変ですのでビザの取得をおすすめします。

日本と時差があるオーストリアへのおすすめの行き方!

日本と時差があるオーストリアへのおすすめの行き方は、日本から直行便があれば直行便のフライトをおすすめいたします。日本からヨーロッパに直行便がフライトしている国は限られていますがオーストリアのウィーンにフライトしている航空会社は2社フライトしていて、オーストリア航空と全日空があります。

オーストリア航空は、成田からウィーンに毎日フライトしていて、全日空は羽田からウィーンに毎日フライトしています。その他には、ヨーロッパや中東の主要空港で乗り継いで行くことも選択肢の一つです。

また、直行便でフライトできるオーストリア近くの国から鉄道やレンタカー、長距離バスなどでオーストリアにアクセスするのも一つの手です。お金と時間との調節により色々と行き方があり、時間があればおすすめはLCCの格安航空を乗り継ぐと安くいけます。

日本からオーストリアのフライト時間は?

日本からオーストリアのフライト時間は、先程の全日空の直行便を例にすると行きは約12時間で帰りは11時間になります。行きと帰り時間差は、色々ありますが追い風と向かい風とかの影響で1時間違ってきてどこの国に行くにしても違いがでてきます。乗り継ぎの場合のおすすめは、日本からドイツのフランクフルトで乗り継いでウィーンです。

これだと関西国際空港や中部国際空港、成田空港と羽田空港からフランクフルトまで直行便が出ていますので約11時間40分でフランクフルトに着き乗り換え等の時間がありますが、フランクフルトからウィーンが約1時間25分です。

約14時間くらいのフライトになり、中部から沖縄まで中部や関西を使えますので日本国内移動を考えれはこちらの方がおすすめです。

オーストリアと日本の時差は

オーストリアと日本の時差は、全日空の直行便で説明しますと1時55分発のフライトで6時にウィーンに着きます。単純計算だと4時間5分ということになり、飛行時間が約12時間なので12時間マイナス4時間というと8時間になり、時差は8時間です。

時差計算方法

一番いいのは、スマートフォンやコンピュータの時計を見れば国際時計があるのでどこの国が何時なのか?がすぐわかります。計算方法としては、イギリスよりオーストリアのウィーンが15度ずれていますので、時間帯はUTC+1になり、イギリスを0度にした協定世界UTCからすると1時間進んだ時間帯で、日本はUTC+9なので8時間マイナスです。

フィジー共和国がUTC+12で日本より3時間早い時間です。アメリカの首都ワシントンは、UTC-5なので日本より14時間遅い時間です。最初述べたようにUTCを調べるならスマートフォンの時計が早いです。

オーストリアと日本のサマータイム時の時差は

オーストリアと日本のサマータイム時の時差は、結論から言いますと1時間マイナスして7時間になります。日本でも2020年のオリンピック時にサマータイムにいて時計の針を1時間進めて午後12時が午前11時ななるようにするというサマータイムという夏時間を作ろうとしていました。

本来サマータイムは、日の出時刻が早まる時期3月~11月の太陽の出ている時間帯を有効活用することを目的にしていています。サマータイムは、ヨーロッパやアメリカを中心に導入されています。

アメリカではサマータイムでなく通常デイライトセービングといいDSTと略称で表します。時間の切り替え時期が混乱すると言われますのでサマータイムでなく、会社や学校が1時間、時間を早めることをおすすめします。

オーストリアに行ったら時差ボケはあるの?

オーストリアに行ったら時差ボケはあるの?ですが、時差ボケは気を付けなければ長いフライトの場合どこの国でも起こりうる話です。先程のフライト時間に戻りますが時差が8時間あるのとフライト時間が実際は12時間ですが数字上は4時間で着くことになり、1時55分に日本をでても6時に着いてしまうというおかしな現象だ時差ボケの原因です。

この場合は、自分の寝ていられる時間に合わせて6時間寝れるなら日本時間の時計で7時寝なればオーストリアの5時に起きる計算になり、起きたら朝というように時差ボケの対策になります。

時差ボケ対策は、フライトの時間によって相手国の着く時間が違い、夜着く場合は着いてから寝れるようにフライトでは、寝ないか早めに寝て起きて対処しましょう。色々なことを計算することが時差ボケ対策の一歩でしょう。

時差を気にせずオーストリアに行ってみましょう!

今回は、オーストリアの時差を中心に紹介してきましたが、サマータイムを導入しているのが欧米に多く時間を正常にするときの方が、時差ボケになってしまうのではないかとつくづく日本が導入しないで良かったと思わされます。最近は、海外も身近になって安く早く行けるようになってきましたのでオーストリアに時差を気にせず行ってみましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
Udont

新着一覧

最近公開されたまとめ