ウィーンのお土産おすすめ21選!人気雑貨やばらまき用お菓子など紹介!

ウィーンのお土産おすすめ21選を調査してみましょう。お土産は、日本人のサガで旅行をしたら、どうしても買わないといけないと思うのです。会社関係や友達にあげるばらまき用、親しい人や家族にあげるお土産を選べるようにウィーンのお土産を紹介していきましょう。

ウィーンのお土産おすすめ21選!人気雑貨やばらまき用お菓子など紹介!のイメージ

目次

  1. 1ウィーンのお土産おすすめ21選を紹介!
  2. 2ウィーンのお土産おすすめ1:ザッハトルテ
  3. 3ウィーンのお土産おすすめ2:スワロフスキー
  4. 4ウィーンのお土産おすすめ3:音楽モチーフ雑貨
  5. 5ウィーンのお土産おすすめ4:アウガルテン
  6. 6ウィーンのお土産おすすめ5:モーツァルトクーゲル
  7. 7ウィーンのお土産おすすめ6:バートイシュルの塩
  8. 8ウィーンのお土産おすすめ7:シュタウトのジャム
  9. 9ウィーンのお土産おすすめ8:マンナー
  10. 10ウィーンのお土産おすすめ9:ローデンプランクル
  11. 11ウィーンのお土産おすすめ10:ハース&ハース
  12. 12ウィーンのお土産おすすめ11:スミレの砂糖漬け
  13. 13ウィーンのお土産おすすめ12:デメル
  14. 14ウィーンのお土産おすすめ13:パンプキンシードオイル
  15. 15ウィーンのお土産おすすめ14:ピクルス
  16. 16ウィーンのお土産おすすめ15:ハニービネガードリンク
  17. 17ウィーンのお土産おすすめ16:プチポワン
  18. 18ウィーンのお土産おすすめ17:馬乳コスメ
  19. 19ウィーンのお土産おすすめ18:オーストリアチョコチップス
  20. 20ウィーンのお土産おすすめ19:クリムトの雑貨
  21. 21ウィーンのお土産おすすめ20:ハインドル
  22. 22ウィーンのお土産おすすめ21:栗とチョコクリームリキュール
  23. 23ウィーンにお土産を買いに行こう!

ウィーンのお土産おすすめ21選を紹介!

オーストリアのウィーンは、音楽の都と呼ばれていて観光や仕事で旅行に行く人や音楽の留学や仕事をしてる日本人を含む外国人が多く訪れています。日本人なら旅行に行ったらお土産を考えてしまい、ばらまき用のお菓子や雑貨などや思い出用にお土産を買うはずですので、オーストリアのおすすめのお土産を21選紹介していきましょう。

ウィーンのお土産おすすめ1:ザッハトルテ

ウィーンのお土産おすすめ1は、オーストリアの代表的人気お菓子「ザッハトルテ」です。オーストリアのホテルザッハーと洋菓子店のデメルで提供されているチョコレートケーキのお菓子です。1832年にフランツザッハー氏が考案したチョコレートケーキで門外不出のレシピしたが、3代目のときにホテルが財政難に陥ってしまいました。

そのときにレシピと引き換えに、洋菓子店のデメルに金銭の援助を受けたのでデルメでも販売されていますが、他の店で出されているザッハトルテはザッハトルテのチョコレートケーキではないです。

ホテルザッハーと洋菓子店のデメルでも、多少の作り方の差がありますのでお土産にするおすすめは、濃厚なチョコレートで他では味わえない味はホテルザッハーで購入しましょう。

オーストリアで唯一のオリジナルを名乗ることを許されたホテル内のカフェザッハーでは本物のザッハトルテをその場で味わうことができます。併設のショップでは、2周間の日持ちがするホールケーキが販売していて、お土産用に持ち帰ることができます。カフェの営業時間は、8時から24時ですので行ってみましょう。

ウィーンのお土産おすすめ2:スワロフスキー

ウィーンのお土産おすすめ2は、1895年にオーストリアで創業した「スワロフスキー」です。独自のクリスタルガラス製法と加工方法によるクリスタルガラスのカッティング技術や製造技術を生かしています。最近では、ジュエリーやアクセサリーなどに日本のジュエリー製造メーカーやアクセサリー作家による作品に使用されています。

観光ルートにもなっているウィーンの中心のケルントナー通りには、ウィーンで最も規模の大きい規模のスワロスキーの専門店もあり、アクセサリー以外にキーホルダーやボールペンに置物などの雑貨が販売されています。

あまり知られていませんが、石にはスワロスキーの刻印がレーザーで1つ1つはいっています。免税手続きでき、日本より安く購入できるので掘り出し物や限定モノもを探してお土産にしましょう。価格は、20ユーロから500ユーロくらいで購入できおすすめです。

ウィーンのお土産おすすめ3:音楽モチーフ雑貨

ウィーンのお土産おすすめ3は、音楽の都のウィーンに来たら買いたい「音楽モチーフ雑貨」です。音楽の都ウィーンでは、モーツァルトやシューベルトなどの作曲家やウィーンフィルハーモニー管弦楽団が有名でモーツァルトやシューベルトなど肖像画が入っている雑貨やウィーンフィルハーモニー管弦楽団の関係グッズなどが販売されています。

ウィーンには、ウィーン国立歌劇場にあるArcadiaや1区のモーツァルトハウスなど音楽関係の場所があり、音楽関係の雑貨が販売されていていろいろな場所で手に入れることができます。

マグカップやボールペン、皿などありとあらゆる雑貨がありますがおすすめでは、モーツァルトの服を着たテディベアが人気ですので購入しましょう。

ウィーンのお土産おすすめ4:アウガルテン

ウィーンのお土産おすすめ4は、1718年に創設したウィーンだ最初の磁器工房「アウガルテン」です。ヨーロッパでは、ドイツのマイセンに続く2番目に古い磁器工房で、1744年に皇室直属の磁器工房になったためハプスブルク家の盾型の紋章を商標として使用するようになって、現在もこの紋章が入っているのが人気のアウガルテンです。

現在も世界中で高い評価を受けているアウガルテンの磁器は大量生産しないで職人の手作業で丁寧に作られています。是非、オーストリアに行ったときは、購入しましょう。

ウィーンのお土産おすすめ5:モーツァルトクーゲル

ウィーンのお土産おすすめ5は、スーパーで買えるばらまき用のお菓子に人気の「モーツァルトクーゲル」です。チョコレートのお菓子で、球形のチョコレートの中にヌガーとピスタチオ味のマジパンというアーモンド、砂糖をミキサーで混ぜた物が入っていて美味しく、パッケージにはモーツァルトの肖像画が入っています。

お土産屋さんなどのウィーンの街のアチラコチラで色々なモーツァルトクーゲルが販売されていますが、一番安くばらまき用に購入するのならスーパーのお菓子売り場で一番安いやつがおすすめです。

ウィーンのお土産おすすめ6:バートイシュルの塩

ウィーンのお土産おすすめ6は、ザルツカンマーグート地方では古代から採掘されている岩塩「バートイシュルの塩」です。1563年に開かれたアルプスの岩塩鉱で採取されている塩で、単に岩塩だけの物や七つの薬草の入った塩にニンニクパウダーの入った物まであり、料理に合わせて使えます。スーパーで購入でき、ばらまき用にもなります。

ウィーンのお土産おすすめ7:シュタウトのジャム

ウィーンのお土産おすすめ7は、ウィーンの老舗ジャムメーカーの「シュタウトのジャム」です。ジャムの瓶の蓋に、ウィーンの名所や芸術作品が描かれているシリーズなどもあり、お土産に人気でおすすめです。味は、洋ナシやイチジク、ショウガ、ローズヒップ、クロイチゴにアンズなどがあり、日本ではあまり売られてないジャムがあります。

オーストリア人は、アンズが好物の人が多くいてアンズジャムが人気ですが、一番はアンズの蒸留酒入りのマーマレードがおすすめです。スーパーや空港にお土産屋さんなどで購入できるお土産です。

ウィーンのお土産おすすめ8:マンナー

ウィーンのお土産おすすめ8は、1890年から続く老舗のお菓子メーカー「マンナー」です。1890年から128年以上続く老舗のお菓子メーカーマンナーが製造販売しているウィーン発祥のウエハースのお菓子です。創業当時から今も人気なのが、ネアポリターナーというヘーゼルナッツ入りチョコレートのウエハースです。

当時は、チョコレートが高級だったので庶民にもチョコレートを食べてもらいたいということから発祥したお菓子です。種類はいろいろとありますが、値段が1ユーロから買えてばらまき用にもなり、スーパーマーケットや空港でも購入できます。

おすすめは、ウィーンに直営店が5店舗あり直営店には手に入りづらい、限定品や文房具やぬいぐるみ、ベビー用品にスポーツ用品などオリジナル商品も手に入ります。

ウィーンのお土産おすすめ9:ローデンプランクル

ウィーンのお土産おすすめ9は、オーストリア民族衣装専門店「ローデンプランクル」です。王宮ミヒャエル門のそばにある店舗には、オーストリア人用だけでなく、観光客用の品々多く揃えてあり人気でおすすめです。ウールを圧縮して作っているローデンという生地コートやジャケットに使った物が人気ですが、女性には民族衣装がおしゃれでおすすめです。

ウィーンのお土産おすすめ10:ハース&ハース

ウィーンのお土産おすすめ10は、ウィーン発の紅茶の名門ブランド「ハース&ハース」です。1974年創業のハース&ハースの本店は、シュテファン大聖堂の裏側にあり、元々16世紀にドイツ騎士修道会の修道院のところだったところで建物に歴史があり、店内には、頼めば香りを嗅げる茶葉が入ったたくさんの缶が壁一面あります。

フレーバーティーやフルーツティーにフレーバーコーヒーなどが販売されていて、イギリスやフランスから来た観光客には、フルーツティが人気があります。今はまだ日本に馴染みがないのでお土産にするチャンスです。

Thumbオーストリアの時差は?日本からのフライト時間やサマータイムなど紹介!
オーストリアの時差というタイトルですが、オーストリアと言う国を皆様御存知ですか?聞いたことが...

ウィーンのお土産おすすめ11:スミレの砂糖漬け

ウィーンのお土産おすすめ11は、オーストリアを代表する皇后エリザベートのお気に入り「スミレの砂糖漬け」です。スミレの花をそのまま使った綺麗な青色の砂糖菓子で、パッケージには愛称シシィで知られているエリザベートが描かれています。そのまま食べる事もできるし、ホットミルクに入れたり、白ワインなどに浮かべて香を楽しみます。

ウィーン観光名所のシュテファン大寺院近くにある王室御用達のお菓子屋ゲルストナーが有名ですが、洋菓子店のデメルでも販売されています。話題作りにお土産におすすめで人気です。

ウィーンのお土産おすすめ12:デメル

ウィーンのお土産おすすめ12は、ウィーン王宮御用達お菓子店「デメル」です。ウィーンで知らない人がいないほどの有名なお菓子店で、おすすめ1と11にもでてきてるくらいお菓子には関わりの大きいお店です。「デメルを訪れずしてウィーンを語るなかれ」と言われるほどなので紹介しましょう。

1786年に創業して、創業者がなくなった1799年に王室御用達の菓子店になりました。シンボルマークはハンガリー帝国帝室、王室御用達であった証の双頭の鷲が使われてます。おすすめは、可愛い舌をだした猫が目印のチョコレートがばらまき用に人気です。

ウィーンのお土産おすすめ13:パンプキンシードオイル

ウィーンのお土産おすすめ13は、カボチャの種からとれる「パンプキンシードオイル」です。よくかぼちゃの種を食べる国がありますが、カボチャの種からとれるオイルはあまり知られていないと思います。オーストリア発祥で特産品の一つになっているカボチャの種のオイルは、ビタミンEがオリーブオイルより数倍多く含まれています。

実際のパンプキンシードオイルの色は、黒っぽい緑色となっていて美容効果の効力だけでなく、尿トラブルや前立腺にも良い効果があると言われています。サラダなどにかけて食べるのですが、アイスクリームにかけるのが美味しいと言われています。

人気のパンプキンシードオイルは、加熱に向いてないのでヨーグルトにかけたり飲んだりして摂取するのが良いです。日本であまり見かけないオーストリア産のパンプキンシードオイルは、オーストラリアでの購入先はスーパーマーケットが種類がありおすすめです。

ウィーンのお土産おすすめ14:ピクルス

ウィーンのお土産おすすめ14は、見た目が美しいカラフルで種類豊富な「ピクルス」です。ピクルスといば、ハンバーガーに入っているキュウリをピクルスと思っている人が多いと思いますが、ピクルスは、欧米の漬物ですので、いろいろな種類の野菜が酢漬けにされたり、自然醗酵させて冬場の貴重なビタミン源にするために作ります。

ピクルスの種類は、キュウリは当たり前ですが、日本ではあまり見ない変わり種で、パプリカやアスパラ、ウリにミニコーンなどあり種類豊富でばらまき用に安く買えます。

ウィーンのお土産おすすめ15:ハニービネガードリンク

ウィーンのお土産おすすめ15は、オーストリアの特産品を組み合わせた「ハニービネガードリンク」です。オーストリア特産のリンゴ酢と濃厚なハチミツを絶妙な割合で組み合わせ飲むお酢です。エリザーベートの肖像画がラベルに入っているしシシィハニービネガードリンクがおすすめで人気です。

シシィハニービネガードリンクは、アルコール類を炭酸水や水で割って飲んだり、サラダにドレッシングとしてかけたりすると美味しく使えます。スーパーマーケットなどで購入できます。

ウィーンのお土産おすすめ16:プチポワン

ウィーンのお土産おすすめ16は、18世紀のウィーンで編み出された刺繍「プチポワン」です。拡大鏡を使用して手刺繍をしていく手法で、日本でも一時期流行っていました。アクセサリーや雑貨などになっていてお土産用として安い物もあり、お土産屋さんなどで購入できるお土産で人気です。

ウィーンのお土産おすすめ17:馬乳コスメ

ウィーンのお土産おすすめ17は、馬乳を使用した自然派化粧品「馬乳コスメ」です。特殊なタンパク質や不飽和脂肪酸などが、人間の母乳と似た組織構成した成分で、優れた保湿効果と炎症鎮静効果があるといわれています。マリウスというメーカーなどが馬乳コスメを販売していてドラックストアなどで購入でき人気です。

ウィーンのお土産おすすめ18:オーストリアチョコチップス

ウィーンのお土産おすすめ18は、ばらまき用のお菓子におすすめの「オーストリアチョコチップス」です。モーツァルトの銅像画がパッケージになっていて、ポテトチップスではなくライスパフにライスクリスプをかけチョコレートでコーティングした日本人に合い食感がおもしろいお菓子ですのでばらまき用にスーパーマーケットで購入いましょう。

ウィーンのお土産おすすめ19:クリムトの雑貨

ウィーンのお土産おすすめ19は、、世紀末ウィーンを代表する帝政オーストリアの画家の「クリムトの雑貨」です。30年前くらいに日本でもクリムトの作品が流行って、特に「接吻」という作品のポスターなどを飾っているお店などがありました。マグカップやバックなどいろいろな雑貨があり、ばらまき用としてポストカードがおすすめです。

ウィーンのお土産おすすめ20:ハインドル

ウィーンのお土産おすすめ20は、ばらまき用のお菓子の「ハインドル」です。チョコレートで有名なオーストリアのチョコレートお菓子会社のハインドルで、たくさんのチョコレートお菓子を販売しています。紹介したモーツァルトクーゲルやチョコレートキャンディのショコファウリーなどたくさんあります。

おすすめは、コーヒーヌガークリームをミルクチョコレートでコーティングしたダンケシェーンというお菓子で。ドイツ語で「ありがとう」という名前で、親しい人のお土産におすすめです。

ウィーンのお土産おすすめ21:栗とチョコクリームリキュール

ウィーンのお土産おすすめ21は、この組み合わせは珍しい「栗とチョコクリームリキュール」です。チョコクリームリキュールは、世界中で愛されるのですがそこに栗が混ぜられていて珍しいリキュールです。人気の80mlのミニボトルがあり2.45ユーロで買えますが、お酒のなのでばらまき用にならず3本までお土産になります。

ウィーンにお土産を買いに行こう!

オーストリアといえば、チョコレートの会社がたくさんありスイスと2分するくらいチョコレートで有名な国でウィーンには、チョコレートを販売する会社がたくさんありチョコレートのお土産がおすすめになってしまいますがそれ以外にも欲しくなるお土産を紹介してきました。欲しいものがありましたら、ウィーンに買いに行きましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
Udont

新着一覧

最近公開されたまとめ