奈良の有名な滝ランキングBEST7!パワースポットの観光名所もあり!

平城京の都がおかれた古都奈良。万葉集にも歌われた美しい自然があることで知られる人気の観光スポットです。そんな奈良にはパワースポットとして知られる有名な滝がいっぱい。今回は、紅葉狩りにもおすすめの奈良の有名な滝をランキング形式でご紹介します。

奈良の有名な滝ランキングBEST7!パワースポットの観光名所もあり!のイメージ

目次

  1. 1奈良の有名な滝ランキング!紅葉の名所もご紹介!
  2. 2奈良の有名な滝ランキング第7位:和佐羅滝
  3. 3奈良・和佐羅滝周辺の滝とアクセス等
  4. 4奈良の有名な滝ランキング第6位:かくれ滝
  5. 5奈良・かくれ滝周辺の滝とアクセス等
  6. 6奈良の有名な滝ランキング第5位:不動七重の滝
  7. 7奈良・不動七重の滝周辺の滝とアクセス等
  8. 8奈良の有名な滝ランキング第4位:中の滝
  9. 9奈良・中の滝周辺の滝とアクセス等
  10. 10奈良の有名な滝ランキング第3位:笹の滝
  11. 11奈良・笹の滝周辺の滝とアクセス等
  12. 12奈良の有名な滝ランキング第2位:不動の滝
  13. 13奈良・不動の滝周辺の滝とアクセス等
  14. 14奈良の有名な滝ランキング第1位:みたらい渓谷の滝
  15. 15奈良・みたらい渓谷周辺の滝とアクセス等
  16. 16パワースポットにもなっている奈良の有名な滝へ行こう!

奈良の有名な滝ランキング!紅葉の名所もご紹介!

大和・飛鳥の時代から、日本の古都として栄えた奈良は、山々に囲まれた神秘的な土地です。そんな奈良には、パワースポットとして密かに訪れる人も多い知られざる名瀑がいく筋も流れています。

紅葉の名所としても有名な「みたらい渓谷」をはじめ、轟音を立てて流れ落ちる「不動の滝」など、秋の行楽シーズンには観光客がこぞって訪れる人気スポットもあります。

今回は、奈良で話題のパワースポットとなっているかくれ滝や、紅葉狩りが有名な観光名所まで、奈良で行きたい美しい滝をランキング形式でご紹介致します!

奈良の有名な滝ランキング第7位:和佐羅滝

奈良の有名な滝ランキング、最初にご紹介するのはパワースポットとして人気の「和佐羅滝」。奈良県吉野郡東吉野村大又にある落差約35mの滝です。

大又川の支流に位置するこちらの滝は、三段に分かれて流れ落ちる滝で、秋には紅葉も楽しめる観光スポットです。美しい清流が流れる川沿いにトレッキングルートがあり、駐車場から滝までは30分ほど歩きます。

途中、岩の上に木製の橋が渡っている個所などがあり、多少滑りやすいので、足元は歩きやすいスニーカーかトレッキングシューズなどがよいでしょう。観光客はそれほど多くないので、紅葉を独り占めできすおすすめスポットです。

奈良・和佐羅滝周辺の滝とアクセス等

ランキング第7位の和佐羅滝の周辺には、桜の名所として知られる「天空庭園」があります。高見の里から少し車で行くと、和佐羅滝も含めた4つの滝がある東吉野村に出ます。

和佐羅滝の周辺には、他にも谷山滝、七滝八壺、魚止滝があり、谷山滝は登山口が異なります。谷山滝は落差10mほどの小さな滝ですので、興味のない方は、和佐羅滝と魚止滝、それとその間にある七滝八壺を見にいくとよいでしょう。

七滝八壺は、そのユニークな名称の通り、7段に分かれて約50mの高さを流れ落ちる迫力ある段瀑です。秋の紅葉シーズンが特におすすめです!

Thumb奈良の観光スポット大集合!名所を含むモデルコースや子供も楽しい施設は?
奈良には数多くの観光スポットが存在している人気の地域として、国内外を問わず人気を集めています...

奈良の有名な滝ランキング第6位:かくれ滝

奈良の有名な滝ランキング第6位は「かくれ滝」。奈良県吉野郡上北山村河合にこちらの滝も密かなパワースポットとして人気のある滝です。

落差100mを誇るかくれ滝は、奈良県と三重県の県境にあるごきみ谷から流れ落ちる滝で、沢沿いから山道を5分ほど入ったところに位置しています。国道425号線からは、その姿が見えないのでまさに「かくれ滝」!

知名度がそこまで高くない滝ですので、辺りはひっそりとしており、マイナスイオンがたっぷり含まれた空気を胸いっぱいに吸い込みながら、静かに滝を愛でることができます。駐車場はありませんので、路上駐車してください。

奈良・かくれ滝周辺の滝とアクセス等

国道425号線沿いには他にもいくつかの滝がありますが、特に奈良県側で知られざる名瀑となっているのが「ナル谷大滝」。備後橋から備後林道を約約6.8km進んだ左手にあります。

落差100mの巨大な滝は、少しアクセスが難しく、観光で訪れる方はそれほど多くありません。滝下へ降りるところには、ロープがかけられており、それを伝って降りることになります。滝の正式名称は高谷滝です。

断崖絶壁の岩肌を流れ落ちる高谷滝は、雨上がりは水量も多く、降りるところにも水しぶきが飛んできます。特に滑りやすいので、足元に注意してください。紅葉の季節は、滝の両側にカエデなどが色づきます。

奈良の有名な滝ランキング第5位:不動七重の滝

奈良の有名な滝ランキング第5位は不動七重の滝。奈良県吉野郡下北山村に位置するこちらの滝は、水量が豊富な前鬼川から流れ落ちる豪快な滝です。落差それぞれ40mと70mある段瀑が、飛沫を散らしながらほとばしります。

パワースポットとしても人気ですが、秋には紅葉の名所として観光客にも人気があり、周囲はトレッキングを楽しむ人で賑わいます。春の新緑の季節もおすすめです。

奈良の滝の中でも、「日本の滝百選」に選ばれている場所は少なく、不動七重の滝は、その数少ない名勝の一つです。眼前に滝が広がる遊歩道も整備されていますので、爽やかな空気を味わいながら山道を散策してみましょう。

奈良・不動七重の滝周辺の滝とアクセス等

奈良の名勝「不動七重の滝」の周辺には、七重の滝の上流を流れ落ちる「銚子滝」があります。落差70mの「銚子滝」は、車道から遠望でも観光できますが、川の左岸に続く山道をたどっていくと、滝のたもとまで行くことができます。

紅葉スポットとしても人気の不動七重の滝と銚子滝へは、公共交通機関でアクセスするなら近鉄吉野線大和上市駅から「湯盛温泉杉の湯」までバスで40分。その後徒歩1時間40分ほどあるきます。

車でアクセスする場合は、大和上市駅から「湯盛温泉杉の湯」までが約20分。そこから不動七重の滝までは、45分ほどとなっています。バスは本数も少ないので、車でのアクセスがおすすめ。駐車場はありませんので路肩にとめてください。

奈良の有名な滝ランキング第4位:中の滝

奈良の有名な滝ランキング第4位は、奈良県吉野郡上北山村小橡に位置する「中の滝」。日本の滝100選にも選ばれた奈良を代表する名瀑で、その落差は驚きの245m!パワースポットとして、知る人ぞ知る名所です。

本格的な登山や沢登の装備がなければアクセスできないので、観光地としてはそれほど知名度はありませんが、大台ケ原からシオカラ谷へ降り、滝見尾根へ繋がるコースが、滝壺の近くまで行けるルートになっていました。

現在は通行止めとなっているため、下までアクセスすることはできません。滝見尾根からは、大迫力の滝を遠望することができます。

滝見尾根から見えるもう一つの有名な滝は、奈良の「西の滝」。こちらも高さ150mある非常に大きな滝で、岩肌を斜めに切るように流れ落ちています。

二つの名瀑が並んだ奈良県吉野郡上北山村地方は、秋は、ナナカマドやカエデなどの照葉樹林が一斉に色づき、山々の紅葉が美しいスポットとしても知られています。

西の滝も、滝のたもとまで2時間ほどの登山でアクセスできますが、登山道は整備されておらず、廃道を通ってアクセスすることになります。ある程度登山技術のある方でなければ登れませんので、初心者にはおすすめしません。

奈良・中の滝周辺の滝とアクセス等

奈良県吉野郡上北山村小橡にある中の滝の周辺には、東ノ川水系に所属するシオカラ谷の近くにある「東の滝」があります。先にご紹介した西の滝、中の滝に比べるとやや規模は小さく、落差30mほどの小さめの滝です。

東の滝は、それほど有名な滝ではありませんが、廃道をたどって30分ほどのハイキングで滝壺まで行くことができます。吊り橋からも近いので、他の2つの滝に比べるとややアクセスはしやすいのがポイントです。

廃道には、少し危険個所もありますので、歩くときには注意が必要です。レベルとしては軽登山レベルですので、それほど大変ではありません。

奈良の有名な滝ランキング第3位:笹の滝

奈良の有名な滝ランキング、第3位にランクインしたのは奈良県吉野郡十津川村内原にある「笹の滝」。幕末の志士が歌にも詠んだ美しいこの滝は、白い岩肌を流れ落ちる渓流滝です。

日本の滝100選にも選ばれた名所ですので、秋の紅葉シーズンや5月のゴールデンウィークなどは、新緑を求めて多くの観光客が訪れます。パワースポットとしても人気のある滝です。

笹の滝は落差約30mほどで、滝壺までは、遊歩道も整備されており、軽いトレッキングでアクセスすることが可能です。水量も多いので、滝のサイズはそれほどありませんが、迫力満点。滝の下流から見上げると見事な渓流瀑の絶景を楽しめます。

奈良・笹の滝周辺の滝とアクセス等

奈良県吉野郡十津川村周辺には、たくさんの知られざる名瀑がありますので、いくつかご紹介してみたいと思います。

奈良県吉野郡十津川村には、旭川ダムがあり、その上流には、二重滝・布引の滝・出合滝の3つの滝群があります。中でも美しいのが、二重滝で、落差は20mほどと大きくありませんが、橋の上からエメラルドグリーンの美しい水をたたえた姿が見えます。

布引の滝は、かなりの遠望となり、水量も少なく糸が引くように流れ落ちる様子を見ることができます。春の新緑、秋の紅葉の季節など、四季折々の自然が美しいパワースポットです。

奈良の有名な滝ランキング第2位:不動の滝

奈良の有名な滝ランキング、惜しくも第2位に敗れたのは「不動の滝」。奈良県宇陀郡御杖村大字神未にあるこちらの滝は、高さ21m、別名御杖不動滝とも呼ばれています。

登山スポットとして観光客に人気の「三峰山」の中腹に位置している滝で、不動滝ルートと呼ばれる登山道からアクセスすが可能です。「やまとの水31選」にも選ばれた奈良を代表する名瀑の一つで、パワースポットとしても知られています。

三峰山は、日本三百名山の一つで、不動滝はこの山の山岳信仰の一部である不動明王を祀った祠もあるパワースポットなのです。

高さ21m、幅10mとそれほど大きな滝ではありませんが、初夏の新緑、秋の紅葉、そして冬は霧氷が見られることで有名で、真冬には、完全に凍った「氷瀑」の名所として人気があります。

初夏には、山道でヤマツツジを見ることもでき、奈良の豊かな自然を体験できる数少ない名瀑の一つです。また、滝の横にある不動明王の祠は、願い事を叶えてくださることで有名で、地元の人の熱い信仰を得ている神様です。

不動の滝下流には、小滝も続いており、夏場は水遊びを楽しむのにもおすすめのスポットです。滝の位置は、不動滝ルート登山口から歩いて約10分ほどの距離で、遊歩道もよく整備されていますので、歩きやすいスニーカーなどで大丈夫です。

奈良・不動の滝周辺の滝とアクセス等

奈良の御杖不動の滝周辺には、他に滝やパワースポットはありません。アクセスは、近鉄名張駅からバスで75分 、その後、三重交通敷津バス停で乗り継ぎ、御杖ふれあいバス神末上村バス停にて下車してください。

神末上村バス停から不動の滝までは、徒歩30分ほどです。近鉄榛原駅からは、バスで65分 。掛西口バス停で乗り換えて、御杖ふれあいバス神末上村バス停にて下車。以下同様です。

車でアクセスする場合は、名阪国道の上野インターチェンジから車で75分。駐車場からは、徒歩10分です。この他、針インターチェンジからなら、車で65分です。

奈良の有名な滝ランキング第1位:みたらい渓谷の滝

奈良の有名な滝ランキング、堂々の第1位に輝いたのは、紅葉の名所として知られる「みたらい渓谷」。いくつもの滝と岩々の間を流れる清らかな清流は、エメラルドグリーンに輝く神秘的なパワースポット。

川底まで透けて見えるほど透明度の高い淵の両側にには、遊歩道も整備されており、夏は渓谷でキャンプを楽しむ家族連れで賑わいます。秋の紅葉は言うまでもなく絶景ですが、冬は雪化粧した山水画のような美しさを見せてくれる素晴らしい滝です。

新緑が目にまぶしい春も含めて四季折々の自然が楽しめる「みたらい渓谷」は、関西でもっとも美しい滝のある観光地として人気があります。

みたらい渓谷は、日本屈指のパワースポット「天河大弁財天社」からも程近いエリアにあり、昔から修験者たちの修行の場として親しまれてきました。

切り立った崖やゴツゴツとして岩が転がる様子は、まさに深山幽谷の絶景で、訪れる人の心を癒してくれます。渓谷内には、名所として知られる「弁天淵」の他にも「光の滝」や「みたらいの滝」など観光の見どころも満載。

特に紅葉が美しいのは、天の川が流れている南側の渓谷で、川沿いには遊歩道から渓谷を一望できる展望台へと登っていくことも可能です。

ミツマタに分かれた渓谷には、つり橋を含めた6つの橋がかかっており、紅葉に色づく山々の景色をゆったりと楽しむことができます。

全長7.4kmのハイキングコースは、大人の足で2時間ほどかかります。滝と川の流れが美しい「みたらい渓谷」の紅葉の見頃は、例年11月上旬から11月中旬頃です。期間中は紅葉祭りも開催されます。

周辺には洞川温泉もありますので、観光が終わった後は、散策で冷えた体を温める温泉でのんびり過ごすのもよさそうです。

奈良・みたらい渓谷周辺の滝とアクセス等

最後に、紅葉が美しい観光スポット「みたらい渓谷」へのアクセス方法をご紹介致します。公共交通機関をご利用の場合は、近鉄下市口駅から洞川温泉行きまたは、中庵住行きバスにご乗車ください。最寄りバス停は「天川川合」です。

天川川合のバス停までの所要時間は1時間5分。さらにここから45分ほど歩くと到着です。アクセスの際は、近鉄電車と奈良交通のバスさらに洞川温泉の入浴割引券がついた「洞川温泉・みたらい渓谷散策きっぷ」がおすすめです。

御手洗渓谷遊歩道まで徒歩20分の距離に、天川村町役場の無料駐車場がありますので、車でのアクセスの場合は、こちらに駐車することも可能です。この他、渓谷の周辺には徒歩2分ほどの距離に有料駐車場も3ヶ所ほどあります。

パワースポットにもなっている奈良の有名な滝へ行こう!

パワースポットとして知る人ぞ知る「和佐羅滝」から、紅葉の名所として有名な「みたらい渓谷」まで、奈良で行きたい絶景の滝を7つランキング形式でご紹介致しました。

古来より、私たち日本人は滝を愛でる風習がありました。奈良には、万葉の時代から人々の巡礼の地となってきた不動の滝のようなパワースポットもたくさんあります。

今回ご紹介したスポットを参考に、マイナスイオンをたっぷり浴びながら、奈良で滝めぐりをお楽しみください。

関連記事

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

新着一覧

最近公開されたまとめ