小樽の「鱗友朝市」の海鮮丼は新鮮!おすすめの食堂も紹介!

小樽に旅して、まず行って見たいのは朝市です。小樽には数か所の朝市をやっている市場があります。これから紹介するのは鱗友朝市です。鱗友朝市にはおいしい新鮮な海鮮がたくさん売られていて、朝食を食べられる食堂もあります。すべて調べてみます。

小樽の「鱗友朝市」の海鮮丼は新鮮!おすすめの食堂も紹介!のイメージ

目次

  1. 1運河の街小樽のおすすめ『鱗友朝市』
  2. 2運河の街小樽のおすすめポイントは市場!
  3. 3小樽は何と言っても朝市
  4. 4小樽の朝市で1番早い鱗友朝市とは
  5. 5小樽の鱗友朝市はどんな市場?
  6. 6小樽鱗友朝市のみどころ
  7. 7鱗友朝市の楽しみ方
  8. 8小樽鱗友朝市での朝食
  9. 9小樽でおすすめの他の市場
  10. 10小樽で是非食べておきたい海鮮丼
  11. 11運河の街小樽のおすすめスポット
  12. 12小樽鱗友朝市に行ってみましょう

運河の街小樽のおすすめ『鱗友朝市』

26865306 2104143276474404 4198459733046198272 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
r_2ya2ya

小樽は、電車だと札幌から30分くらいで着きます。車でも一時間弱で来られる観光地です。特に鱗友朝市は運河がある港町の中で、早朝から営業しています。小樽駅からバスですぐです。目の前の漁港で獲れたての新鮮な魚介類で、溢れています。そして、その魚介をその場で調理してくれる食堂もあります。紹介いたします。

運河の街小樽のおすすめポイントは市場!

26227827 144942129631362 2784555936562282496 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
hello.claris

小樽には他にも、市内にある漁港で水揚げされた、新鮮な海産物を取り扱う市場が約8ヶ所あります。市場も市内いろいろな場所にあり、JR小樽駅のすぐそばの市場もあれば、港のすぐそばの市場もあります。それぞれの市場の規模は、あまり大きくないし、一番遠い市場でも車で10分くらいの距離なので、いつかの市場に行くことができます。

小樽は何と言っても朝市

11116697 990717164279976 912540292 n
miyanaga_akira

市場での1番の楽しみ方は朝市です。対面販売なので、早朝から話を聞くことが出来ます。もちろん、魚介類についてのいろいろなことも教えてもらえますが、調理方法や、目利きの方法も教えてもらえます。そして、新鮮な魚介類をリーズナブルな価格で、買えるだけでなく、地元の惣菜や、海産物などのお土産も買えます。

小樽の朝市で1番早い鱗友朝市とは

26223423 197389934171347 7239839737358319616 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
otaru.nonnon

その朝市の中で、特におすすめしたいのが、『鱗友朝市』です。『鱗友市場』は様々な市場ある小樽の中で、1番良いロケーションにあります。小樽市内を運河沿いに西へあるいていると、小樽北運河が終わるところのすぐ近くに市場があります。運河の先はすぐに港で、石造りの倉庫が並び、カモメが飛んでいるのが見えます。

小樽の鱗友朝市はどんな市場?

14540483 1726303920968428 8598296481008451584 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
kazu0992

朝市と言えば、生産者が露店で品物を並べていたり、築地場外のように一軒一軒のお店が並んでいたりするイメージを連想しますが、『鱗友朝市』は、運河沿いの大きな一つの建物の中に約10軒のお店が入っています。新鮮な魚介類を売っている店舗を中心に惣菜や日用雑貨を売る店舗など様々な商品がリーズナブルな価格で手に入ります。

小樽鱗友朝市のみどころ

18299957 446505409028331 6652300073965191168 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
toko_tarou

鱗友朝市の品ぞろえ、特に、うに、かに、をはじめとする新鮮な魚介類豊富で、毎日の食事の買いものに来る地元のお客さんが多い市場です。地元の業者さんはもちろんのこと、他の都市から買い付けに来る業者さんもたくさんいます。早朝から営業していることと、お店の人が親切なことがねらい目です。

日本海を臨む鱗友朝市情報

26066999 1290374867729113 2819221180249014272 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
botan2929nabe029

アクセスは、自家用車で行く場合は、駐車場があるので札樽自動車道・小樽ICから約15分です。徒歩の場合は、JR小樽駅から北海道中央バス手宮行き、または高島行きに乗り10分、手宮バスターミナル下車で徒歩3分です営業時間は AM4:00~AM14:00、日曜祝祭日は休業です。 

日本海を望む鱗友朝市お得情報

11116697 990717164279976 912540292 n
miyanaga_akira

『鱗友朝市』では、スタンプカードを発行しています。各店で品物を買ったり、食事をしたりすると、500円ごとにスタンプ1個押してもらえます。50個で500円分の御買い物お食事ができます。月曜日は、ポイント2倍デーです。その他、水曜日は【果物・野菜の日】金曜日は【魚の日】です。

鱗友朝市の楽しみ方

15623623 110025222828283 7514171002339721216 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
ono_fumiko

『鱗友朝市』の楽しみは何と言っても活気ある朝市です。「小樽に来たなあ!」と言う旅情緒満載です。詳細に書きましたが、市場朝市は、AM4:00~です。一日のはじめを朝市で買い物をして、旅を続けるのもおつです。『鱗友朝市』には、活魚を扱う店舗が多く近海の新鮮な魚やかにが入っている生簀が並んでいます。

活魚だけではない鱗友朝市の楽しみ方

19624692 321812858242430 7682919103463424 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
mash___photo

『鱗友朝市』のおすすめは何と言っても、新鮮な魚介類ですがそれだけではありません。干物も店舗ごとに新鮮な魚を干して手作りしています。特にホッケやイカの一夜干しは絶品です。脂がのったホッケを焼く時の香りがたまりません。干物は、地方発送も受け付けていて、おいしくて後から何回も注文する人もいるほどです。

鱗友朝市のとっておきの楽しみ方

それと、何よりも嬉しいのは、市場で売っている新鮮な魚介類を買って持ち込むとその場で、刺身、焼き魚、煮魚にしてもらい食べさせてもらえる食堂があります。新鮮な魚介がいっぱいあっても料理方法がわからないし、旅の途中なので買っていけないという人に良報です。どれが良いのかわからない人には、お店の人がおすすめを教えてくれます。

小樽鱗友朝市での朝食

『鱗友市場』の市場の入り口の反対側に食堂【のんのん】の入り口があり、れんがかかっています。2017年9月までは、隣に【味さき】もありましたが、今は閉店しています。【のんのん】一軒で、鱗友朝市の朝食は堪能できます。食堂の中は、もう一つ市場から入れる入り口もあります。

鱗友市場の食堂『のんのん』のおすすめは

25006315 139138556806554 5253013391219359744 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
karinchein

のんのんは、10席ちょっとのこじんまりしたお店です。おすすめは、海鮮丼をはじめとする新鮮な魚介を使った料理です。もちろん、市場から直に入って来るので、どのメニューも最高ですが、市場で是非これを食べてみたいと思った食材を持ち込んで、自分流の海鮮丼を堪能することもできます。持ち込み料は200円~600円です。

海鮮丼以外の食堂『のんのん』のメニュー

23596320 1360485717411230 567505844275511296 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
mixmaster_morris

『鱗友朝市』の食堂『のんのん』の持ち込み料は、定食についてくる、ご飯と、汁物、小鉢などの料金と、海産物の加工料です。丼物や、定食ではお刺身系が多く食べられているようですが、焼き魚、煮魚、フライなども、食材が新鮮なのでおすすめです。餃子や、カレーと言ったごく一般の食堂にあるようなメニューもあります。

小樽でおすすめの他の市場

25009828 151208778846025 7277929186671460352 n
lifeisajourney333

早めに、鱗友朝市を出発すると、まだまだ、いろいろなところを観光できます。歴史がある小樽の街なので、観光名所もたくさんありますが、ほかの市場だってまだまだ行けます。市場めぐりをして、いろいろと市場ごとの特色を楽しむのもおもしろいでしょう。主な市場を3ヶ所紹介します。

小樽駅から歩ける『三角市場 』

26277267 2081109442165462 3330740425014116352 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
1127.6

『三角市場』の特徴はその名の通り土地も建物も三角形をしています。JR小樽駅から、徒歩2分の場所にあります。50年以上の歴史があり、とてもレトロな雰囲気が漂っています。市場の中は、全長200m幅2mのゆるやかな坂になった通路の両側に16軒の買いものが出来る店舗と6軒の食堂が並んでいます。AM6:00~PM5:00まで営業しています。 

地域密着型市場『南樽市場』

10881911 1512940212329089 686952139 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
ktmoko

地元の人に一番親しまれている「なんたる市場」です。ここの市場は、魚屋さんは、もちろんですが、生活に必要な、八百屋、肉屋、惣菜店、日用雑貨店、花屋などが、約30店舗並んでいます。中でも、観光客には魚屋が地元で水揚げされた新鮮な魚を手作りしている干物がお土産に良いと人気です。 

小樽で一番大きい『小樽中央市場』

10661175 940299489319625 1533571083 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
cidersoulw

日本で1番古い現存している住宅付市場です。生活をしていらっしゃる方がいるのです。現在の鉄筋コンクリート3階建てになったのは昭和30年代で、そのころは、北海道内に行商に行く人たちでにぎわっていました。現在は、魚屋はもちろん生活必需品の店舗だけでなく、理美容院も含め、30数店舗が建ち並んでいます。

小樽で是非食べておきたい海鮮丼

10860035 916708745061528 1748389235 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
esther_xinti

せっかく小樽に来たんですから、いろいろな店舗で、もうこれ以上海鮮丼は食べられないというくらいいろいろな味の海鮮丼を食べまくってみませんか。三角市場の中の『北のどんぶり屋 滝波食堂』『味処たけだ』や、澤崎水産が営む『海鮮食堂』一貫から食べられる『すし耕』鮨処よしの直営店「海鮮や よし丼」は押さえておきたいです。

Thumb小樽の市場おすすめまとめ!食堂の海鮮丼は安いし美味しい!
小樽は市場に囲まれた街です。昔から小樽の人たちを支えてきた庶民の台所である小樽の市場の魅力は...

運河の街小樽のおすすめスポット

26264159 144470222868651 8460107437268008960 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
japonismo

小樽で海鮮丼の食べ歩きの合間に有名な観光スポットを歩いてみましょう。北の商都として栄えた小樽です、明治以降の有名な建造物がたくさん残っています。観光客に一番人気なのは、小樽運河象の倉庫街です。ここでは、レトロでロマンチックな街に来たことを実感できる「小樽オルゴール堂」と「北一硝子」を紹介します。

明治45年に作られた『小樽オルゴール堂』

26184764 317505205405246 3475229232295051264 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
karry7mina

メルヘン交差点にある「小樽オルゴール堂」の本館は明治45(1912)年に建てられました。小樽市の歴史的建造物として指定されている赤煉瓦造りです。入り口の蒸気時計が15分おきに白煙をあげながら汽笛を鳴らします。世界最大級のオルゴール専門店で、2万5千点以上のオルゴールが飾ってあります。オルゴールの手作り体験もできます。

小樽硝子の聖地『北一ホール』

1169236 1627818847458305 1133407983 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
urarie83

硝子製造販売会社の老舗『北一硝子』では、ガラス製品の販売の他、硝子の製造工程が見学できるコースがあったり、「花園店」では硝子のグラスに彫刻する体験もできたりします。特に「三号館」の北一ホールは明治時代の木造石張倉庫を再利用した、館内は、北一硝子を使った167本の石油ランプのみで店内を照らしています。

Thumb小樽オルゴール堂で手作り体験しよう!お土産や思い出作りにおすすめ!
小樽オルゴール堂は、アンティークのオルゴールから外国人観光客に人気のオルゴールまで取り扱う日...
Thumb小樽運河クルーズはライトアップがキレイ!冬の夜が幻想的でおすすめ?
小樽には、観光スポットとして大人気の小樽運河があります。小樽運河クルーズは、一年を通して観光...

小樽鱗友朝市に行ってみましょう

10616553 664770610297695 224221005 n
kazbey

旅に行くとめいっぱいいろいろなところに行って見たいです。この鱗友朝市は朝4:00~営業しているので、一日がとても長く使えます。小樽に行ったら、まず、鱗友朝市に行き、お店の人と会話を楽しみながら、新鮮な魚介を仕入れて、「のんのん」で好きな海鮮丼を調理してもらってから、市内観光に行くのが最高です。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
institute-goqu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ