アルメニアの観光名所や治安情報を紹介!必要なビザや使われている言語は?

南コーカサスにあるアルメニアは、新しい観光地として人気が出ています。ビザなしで入国できる国であり、観光名所も多く、おもてなし精神が高いアルメニア人は日本人に優しい民族といわれています。そんなアルメニアの観光を軸に、言語、ビザ、治安などについて調べましょう。

アルメニアの観光名所や治安情報を紹介!必要なビザや使われている言語は?のイメージ

目次

  1. 1アルメニアは南コーカサス
  2. 2アルメニアの観光
  3. 3アルメニアの言語
  4. 4アルメニアの宗教はアルメニア正教会
  5. 5アルメニアの観光スポット1:ハフパット修道院
  6. 6アルメニアの観光スポット2:タテヴ修道院
  7. 7アルメニアの観光スポット3:ノラヴァンク修道院
  8. 8アルメニアの観光スポット4:ギガルド修道院
  9. 9アルメニアの観光スポット5:アンベルド要塞
  10. 10アルメニアの観光スポット6:サモサバンク修道院
  11. 11アルメニアの観光スポット7:ツェツェルナカベルト
  12. 12アルメニアの観光スポット8:ホル・ヴィラップ修道院
  13. 13アルメニアの観光スポット9:サナイン修道院
  14. 14アルメニアの観光スポット10:エレバンブラディー工場
  15. 15アルメニアの観光スポット11:ガーニ神殿 Temple of Garni
  16. 16アルメニアの観光の治安は?
  17. 17観光中気になるアルメニア料理
  18. 18アルメニア観光でビザは?
  19. 19アルメニアの観光 美人が多い国
  20. 20アルメニア観光アクセスは?
  21. 21アルメニアは人気上昇中の観光国!

アルメニアは南コーカサス

アルメニア共和国と聞いて、国の場所や首都など詳しく説明できる日本人はさほど多くないはずです。通常アルメニアとよばれています。南コーカサスにある共和国です。首都はエレバンで、黒海とカスピ海の間にある国です。最近、新しい観光地として人気上昇中です。そんな、アルメニアについて詳しく紹介します。

アルメニアの観光

アルメニアは、東にアゼルバイジャン、西にトルコ、北にジョージア(グルジア)、南側にイランとアゼルバイジャンのナヒチェヴァン自治共和国に接しています。アルメニアは1991年にソビエト連邦から独立した国の一つです。

アルメニアの英語の公式表記は、Republic of Armeniaです。日本語の表記は、正式にはアルメニア共和国、通称のアルメニアが定着しています。アルメニア人は自らをհայ(hay)、ハイ、国家をハヤスタン、またはハイクと呼びます。

アルメニアは世界で初めてキリスト教を国教とした国です。遺跡では、きわめて古いキリスト教関連の施設が数多くあります。多くの美しい教会や遺跡が現存しています。公共交通機関が完備しておらず、車両での移動になります。一般的にアルメニアの人々は、信仰心が篤く、大変礼儀正しく、親愛的で社交的な面も持ち合わせています。

アルメニアの首都はエレバン(Yerevan)です。人口は約300万人、アルメニア系住民が国民の97.9%を占めています。国土の面積はおよそ2万9800平方キロメートルで、日本の九州の約8割ほどの広さです。言語はアルメニア語です。

アルメニアは高地が多く、平地が少ない地形です。国土の約90%が標高1000メートルから3000メートルという山岳地帯にある国です。異論はありますが、国の中央部には世界で最も高地にある大規模な湖として有名なセヴァン湖があります。

アルメニアは、かつては広大で、現在の周辺諸国からイラン、イラクあたりまでありました。その後は、紛争が絶えない地域で、様々な国が旧アルメニアに侵攻し、広汎なアルメニアは消滅し、アルメニア人は世界各地へ離散しました。

ユダヤ人同様、アルメニア人もディアスポラ(民族離散)で、世界各国に移住しています。再びアルメニアが再興すると、離散者やその子孫が多く帰還しています。なによりも、世界で最も早くキリスト教の国家となっただけに、宗教が根強く息づく国です。

アルメニアの言語

アルメニアの言語は、公用語として使われてるのがアルメニア語です。アルメニア語は、コーカサス地方のアルメニアだけで使われている言語です。言語学的にはインド・ヨーロッパ語族に分類されます。言語学者の研究から、アルメニアだけの言語で独立した一語派を形成している言語といわれています。

アルメニアだけの言語

現在のアルメニアで通用する言語は、歴史的な背景からロシア語は通用します。今や世界的な言語となりつつある英語ですが、アルメニアでは通用しにくい言語のようです。日本語は観光地のツアーガイドでも、あまり使用されていない言語のようです。言語の壁があっても、親切なアルメニア人は日本人観光客に親切に対応してくれるそうです。

アルメニアの宗教はアルメニア正教会

アルメニアは、アルメニア使徒教会(Armenian Apostolic Church)、または、アルメニア正教会(Armenian Orthodox Church)とも呼ばれます。アルメニア正教会を信仰する国民が大多数です。世界各地にあるアルメニア人コミュニティでも信仰されている宗派で、非カルケドン派のキリスト教です。キリスト教の歴史が豊かな国です。

アルメニアの観光スポット1:ハフパット修道院

ハフパット修道院(Haghpat Monastery)は、アルメニア・ロリ州のハフパット村にある修道院です。ハフパット修道院は970年前後に、聖二シャンによって建てられたビザンティン様式の修道院です。その後、1105年にセルジューク朝の攻撃によって破壊され、1200年代に再建されました。

アルメニア産の玄武岩が使われ、教会ながら屈強な城塞のような印象も受ける修道院です。それもそのはずで、ハフパット修道院のハフは強いを、パットは壁を意味します。その歴史的価値が評価され、1996年にUNESCOの世界遺産に登録されました。

アルメニアの観光スポット2:タテヴ修道院

アルメニア観光で絶対に外せない観光スポットが、タテヴ修道院(Tatev monastery)です。アルメニア南部の主要都市ゴリスの街から、車で約1時間の場所にあります。アルメニアで最も美しいと景観といわれるほど、崖の上に建つ美しい修道院がそびえています。アルメニア観光の定番スポットです。

現在のタテヴ修道院は、修道院としての機能は果たしていないようです。主に、観光用に開放している教会です。全体的な外観の美しさと、外壁にも細かい綺麗な装飾が施してあります。宗教施設でありながら、最盛期には600人の修道士がいて、科学や哲学なども学んでいたようです。

アルメニアの観光の人気ロープウェイ

修道院には車で直接行けるのですが、多くの観光客は、2015年にギネスに登録された、当時は世界最長だったロープウェイに乗って行くルートが一般的です。ロープウェイの長さは5752メートル、それでも、およそ12分間のロープウェイ乗車です。見どころが満載の観光用のロープウェイです。

アルメニアの観光スポット3:ノラヴァンク修道院

ノラヴァンク修道院(Noravank Monastery)は、アルメニア観光で、観光客が必ず訪れる修道院の一つです。修道院は首都エレバンの南、ヴァヨッツ・ゾール県のアマグ村から5キロメートルの地点にあります。

修道院へ登る道が1980年に造られ、観光客も修道院までの険しい道で上がれるようになりました。険しい道中ですが、形式は抜群です。道中に見渡せる見事な景観も観光になります。

ノラヴァンク修道院の主教会は、1221年から27年の歳月をかけて建設さた「アルメニアの至宝」といわれる教会です。洗礼者ヨハネのアルメニア語「ホヴァネス・ムクルティッチ」から、聖ホヴァネスと名づけられました。

教会内部は一階が廟、二階が聖堂です。ハチュカルと呼ばれる、アルメニア十字を刻んだ記念碑など、貴重なキリスト教関連の遺構が保存されています。特に協会の彫刻をはじめ、彫刻家モミクが造ったハチュカルは素晴らしいもので、修道院観光の目玉です。モミク自身もこの修道院に葬られています。

アルメニアの観光スポット4:ギガルド修道院

ギガルド修道院(Monastery of Geghard)は、アルメニアが、301年に歴史上初めてキリスト教を国教と定めた、その長い歴史を持つ修道院です。初期キリスト教時代に開設されていたと伝えられています。アルメニアは石の国と言われるだけ、ギガルド修道院の院内のいくつかは、岩盤を削って造られた洞窟になっています。

ギガルド修道院の「ギガルド」は槍を意味していて、ギガルド修道院には、キリストの脇腹を突いた聖槍の一部が保管されていたことから、そのように呼ばれていました。

現在の中央聖堂は、1215年から1283年にかけて建設されたものです。天井にはイスラム建築の影響による鍾乳石装飾がおおわれています。アルメニアの歴史や地理上の関係から、イスラム教の影響もあるようです。

ギガルド修道院は2000年に世界遺産に登録されています。「キリスト教・非カルケドン派のアルメニア使徒教会の修道院建築とその周辺地域を対象とする」世界遺産の一部で、ギガルド修道院とアザト川上流域が、世界遺産となっています。歴史観光名所です。 

アルメニアの観光スポット5:アンベルド要塞

アラガツ山の南の裾野、アララト盆地にあるアンベルド要塞(Amberd Fortress)も観光名所です。主要部分は7世紀に建造されました。アルメニアに残る唯一の中世要塞です。

アンベルド要塞は、封建領主の城の特徴があり、居住用の宮殿と軍事用の城の二つの部分からなりたっていました。軍事戦略上、通常の入り口の他に谷からも出入りができるように、幾つかのトンネルが掘られていました。

要塞内にある教会の入口には、1026年に建てられたことを示す碑文が残されていて、1000年近い歴史があります。要塞内には教会、チャペル、浴場、壁、門、貯水槽などがありましたが、モンゴル軍の侵略を受け破壊されました。しかし、一部は修復され、壁、塔、教会、浴場、トンネルの一部や給水システムは、観光できます。

アルメニアの観光スポット6:サモサバンク修道院

サモサバンク修道院(Saghmosavank Monastery)は、アルメニアの穴場観光スポットともいわれます。首都エレバンからおおよそ30キロ北部にあります。まず修道院のロケーションの素晴らしさに驚かされます。大きな峡谷の端の急峻な崖の上に建てられています。広大な自然の景色が一望できます。観光スポットになる教会です。

サモサバンク修道院は1221年にアルメニア建築様式で建造されています。修道院の外壁や内部には素敵な彫刻が施されています。オリジナルのフレスコ画も残っていて、貴重な宗教遺産であることが理解できます。アルメニアロードの美しさの中にある修道院で、夜間、周辺には灯りを灯す施設もなく、修道院の広場から眺める星空は見事です。

アルメニアの観光スポット7:ツェツェルナカベルト

第一次世界大戦当時、アルメニアを含むコーカサス地域はオスマントルコ帝国が支配していました。勇猛果敢なトルコ人は、崩壊へと向かうオスマントルコ帝国を死守すべく、アルメニアの独立を求める知識人を中心に、国外退去や、虐殺が繰り返され、その犠牲者は約150万人にも登るといわれています。

その、負の歴史を忘れないための貴重な遺産です。一般的な日本人なら、アルメニア人が大虐殺された歴史的な事実も知らないはずです。しかし、必見の観光スポットです。

もちろん、トルコは今でもこの経緯を認めてないようですが、このような歴史があり、アルメニアは現在でもトルコとは、友好関係が成立していないようです。

アルメニア観光で見逃せないArmenian Genocide Museum

Armenian Genocide Museumは、アルメニア人虐殺の歴史について膨大な展示があります。あくまで、アルメニア人の立場からの展示ですが、現在までも続いている政治や経済や文化、宗教の問題にまで関係している国際問題なので、ぜひ、観光気分を抑えて見学してみましょう。

記念碑の下には、永遠に燃え続ける炎があり、献花が絶えません。博物館内にはかなり悲惨な展示品もあり、平和のありがたさが理解できます。

アルメニアの観光スポット8:ホル・ヴィラップ修道院

ホル・ヴィラップ修道院(KhorVirap monastery)は、首都エレバンから40キロメートルほどですが、隣国トルコ国境に近い場所にあります。ノアの方舟で有名な美しいアララト山を望む修道院です。歴史は古く4世紀まで遡ります。キリスト教の布教を行っていた聖グレゴリウスが、当時のアルメニア王トゥルダット3世に13年間捕らえられていた場所です。

その後、トゥルダット王はグレゴリウスを解放し、301年にキリスト教はアルメニアの国教として定められました。

ホルヴィラップ修道院は、背後にそびえる、トルコ国内にあるアララト山と小アララト山を背景にした構図が最高です。日本ではほぼ見られない景色です。観光では、必ず写真に収める撮影スポットです。ホルヴィラップ修道院の、ホル(Khor)は深いを意味し、ヴィラップ(Virap)は穴を意味しています。ホルヴィラップ修道院には地下牢があります。

アルメニア観光の再興の自撮りスポットになります。空も山も空気も綺麗なアルメニアは、観光中、どこでも写真スポットがあり、自撮り観光も楽しめます。

アルメニアの観光スポット9:サナイン修道院

サナイン修道院(Monastery of Sanahin)は、10世紀にアルメニア・ロリ地方のサナインに建立されたアルメニア教会の修道院です。聖母マリア教会が隣接しています。一般的に教会といえば白壁が多いのですが、サナイン修道院の壁は黒く、教会の特徴のようです。

サナイン修道院は、セルジューク朝やモンゴル帝国の攻撃で支配下になった時代もありますが、アルメニア教会の中心的役割を担い続けました。2000年に、同時期に建設されたハフパット修道院とあわせて、世界遺産に登録されています。

アルメニアの観光スポット10:エレバンブラディー工場

本来、コニャックはフランスの専売らしく、いくら味が良くてもコニャックと名乗れないようです。そこで、アルメニアコニャックといわれるブランドが確立されたようです。その、美味しいアルメニアコニャックが試飲でき、安く購入できるのが、エレバンブラディー工場(Yerevan Brandy Factory)を観光しましょう。

アルメニアの観光スポット11:ガーニ神殿 Temple of Garni

紀元前3世紀に造られたガルニ神殿(Temple of Garni)は、アルメニアに残る唯一のヘレニズムの建築物です。1年に1度太陽が神殿の中を照らす、天文学の知識も活かされた構造になっているようです。現在の神殿は16世紀の地震で倒壊した神殿を20世紀に修復しています。

神殿の横には、避暑用の夏の宮殿や教会の基礎部分が発掘されています。宮殿には浴場の跡も残っています。神殿周囲は3方に崖があります。アルメニア観光を紹介する印刷物にも登場します。是非、観光しましょう。

アルメニアの観光の治安は?

アルメニア観光で気になるのは治安です。一般的にいえばアルメニアの治安は悪くありません。街を歩いていても特別に危険を感じるような状況には遭わないようです。しかし、海外です、観光客狙いのスリや置き引きの注意は必要です。治安が良いといわれても海外です。常に治安は気にかけておきましょう。

アルメニアには、日本人はビザなしで入国できるので、日本人と分かると、世界的に有効な日本のパスポートが狙われることがあります。パスポートだけは常に携帯し保管に気を付けましょう。

アルメニアの治安についていえば、特に注意が必要なのがアゼルバイジャンとの国境のあたりです。この一帯の治安は良くありません。絶対に近づかないようにしましょう。観光コースに参れないことです。

アルメニアの治安はそれほど悪くはないのですが、潜在的に民族問題や宗教問題がある地域ですから、治安が急激に悪化することもあります。常に治安にはデリケートな配慮が必要です。アルメニアの治安については出発前に最新の治安情報を確認しておきましょう。

観光中 野犬等の動物への注意

外務省から、アルメニアの治安衛生上の注意事項として、「野犬等の動物への注意」が出されています。アルメニアでは野犬が多く見られます。野犬は狂犬病の危険性があります。野犬に噛まれることを避けるために、観光中は絶対に犬に近寄らないことです。万が一かまれた時は、大至急、病院にかかりましょう。

観光中気になるアルメニア料理

日本でアルメニア料理が食べられるお店は、コーカサス三国の料理店を含めても、片手で数えられるほどしかないようです。そんな、アルメニア料理の特徴は、料理は高原の食材をメインに、香料が豊かで、ハーブ類を多く使う料理です。

乾燥地帯でもあり、アルメニア料理にはドライハーブやドライフルーツも大事な食材として使われます。アルメニアの料理は、長く異民族に支配された歴史があり、他の地域の料理の美味しいところは受け継いでいます。

それに、高原に生きる遊牧民の料理文化があり、肉を焼いたり、生乳をヨーグルトやチーズに変えて食べる食文化があります。アルメニア料理には約2600年の歴史があります。

アルメニア観光情報局のおすすめのアルメニア料理が、ラヴァシュ(Lavash)は、2014年にユネスコの世界無形文化遺産に登録された料理で、薄くて長い、伝統的なアルメニアのパンです。トルマ(Tolma)は、塩漬けのブドウの葉で、米や肉などを包んだ煮込み料理です。トマトやピーマン、キャベツなどで包んだものもトルマと呼ばれる料理です。

トピック(Topik)は、ヒヨコ豆、ジャガイモ、ゴマペースト、シナモンなどを混ぜてボールの形にし、中の具材には玉ねぎやゴマペースト、松の実、レーズンなどを入れた料理です。

レンズ豆のサラダ(Lentil salad)は、レンズ豆、トマト、タマネギが入ったサラダで、レモン汁、オリーブオイル、パセリがドレッシングとして使わます。

ハーシ(Khash)は、アルメニアを代表するの伝統料理です。豚や牛の足、耳、モツなどが食材として使われます。アルメニアの冬のお祭り料理の定番です。ブルグル(Bulgur)は、挽き割り小麦を使ったピラフです。アルメニア料理には他にも美味しいメニューがたくさんあります。観光時には毎日楽しみましょう。

アルメニア観光でビザは?

アルメニアは、2017年の9月まで、観光でも日本人はビザが必要でした。しかし、2017年9月6日の入国から日本人はアルメニアにビザ無しで入国でき、滞在出来るようになりました。アルメニアへはビザなし渡航が可能な国です。観光が楽になります。

それまでは、「21日間の滞在が可能なビザ」か「120日間の滞在が可能なビザ」のどちらかが、例え観光目的でも、アルメニア入国時に取得する必要がありました。現在はビザなしで入国が可能です。アルメニアへのアクセスが簡単になり、手軽に観光ができます。

アルメニアにはビザ無しで入国することができます。「1年間のうち180日」までの期間、ビザ無しでアルメニアに滞在することが出来ます。じっくり観光が楽しめます。

アルメニアにビザ無しで入国できるのも、日本人だからです。日本がそれだけ国際的に信頼されてい証拠です。パスポートは大切にしましょう。観光中も肌身離さず携帯しましょう。

アルメニアの観光 美人が多い国

アルメニアは美人が多い国として、しばしば、話題になる国です。ヨーロッパ人の彫りの深い顔と東洋人の穏やかな表情が見事にコラボしたアルメニア人女性の顔は、東洋からも西洋からも美しいと認められる美人です。日本人にとっても、東洋的な美しさも兼ね備えたアルメニア人を美人と感じるようです。観光して確認しましょう。

アルメニア観光アクセスは?

アルメニアへの観光ですが、アルメニアへは日本のどこの空港からも直行便は運航されていません。一般的には、オーストリアのウィーンやフランスのパリや中東のドバイなどを経由して、アルメニアのエレバンにフライトするアクセス方法です。

日本からアルメニア観光のルートは、日本の成田空港からオーストリアのウィーン経由でエレバンへ行く便は、フライト時間だけでもおおよお、15時間以上かかります。

次の日本からアルメニアへの観光ルートは、ドバイ経由で、エレバンへ行く便です。日本の成田空港か関西空港からドバイへフライトして、ドバイからエレバンへ飛びます。フライト時間だけでおおよそ14時間かかります。

もう一つアルメニア観光の飛行ルートは、フランスのパリ経由でエレバンへ行く場合です。日本の成田、羽田、関西空港からパリへ飛んで、パリからエレバンへのフライトになります。飛行時間はおおよそ17時間かかります。

アルメニアは人気上昇中の観光国!

アルメニアは、新しい観光地として人気が増している南コーカサス三国の一国です。言語は英語が通じにくい面はありますが、治安も悪くなく、ビザなしで観光できる国です。歴史もあり、日本では見られない初期のキリスト教施設が多くあり、現地で観光すると思わぬ感動もありそうです。アルメニアに出かけましょう。

関連記事

  • アルメニアの観光名所や治安情報を紹介!必要なビザや使われている言語は?

    yuribayashi

Noimage
この記事のライター
yuribayashi