三島『うなよし』で絶品うなぎ丼!メニューや営業時間をまとめて紹介!

三島の「うなよし」といえば静岡県でも老舗のうなぎの名店です。また三島は静岡でも浜松に次ぐ有名なうなぎの産地です。こちらではそんな三島で人気の「うなよし」のおすすめメニューや営業時間、駐車場に関する情報や予約に関してなどをまとめてご紹介していきます。

三島『うなよし』で絶品うなぎ丼!メニューや営業時間をまとめて紹介!のイメージ

目次

  1. 1三島「うなよし」の情報総まとめ
  2. 2三島のうなぎとは?
  3. 3三島「うなよし」のこだわり1:「三島の水」
  4. 4三島「うなよし」のこだわり2:「うなぎのたれ」
  5. 5三島「うなよし」のこだわり3:「職人の技」
  6. 6三島「うなよし」の人気メニュー
  7. 7三島「うなよし」の営業時間
  8. 8三島「うなよし」の駐車場
  9. 9三島「うなよし」の予約に関して
  10. 10三島で「うなよし」のうなぎを食べよう

三島「うなよし」の情報総まとめ

20479355 354664884964016 1872804108415533056 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
onolicious58

うなぎの名産地といえば静岡県の浜松ですが、実は静岡の三島にもうなぎの名店が多く存在します。例えばこの「うなよし」は静岡県の三島にある行列のできる有名なうなぎのお店です。こちらではそんなうなよしの人気のメニューや営業時間、駐車場の情報や予約はできるのかどうかなど、うなよしに関するさまざまな情報をご紹介していきます。

三島のうなぎとは?

26070835 207350336481129 3051964998457753600 n
japanaosaka

三島のうなよしは昭和24年創業の老舗のうなぎ屋さんです。うなぎと言えば浜松が有名ですが、三島のうなぎはグルメの間では浜松をしのぐともいわれています。また日本でうなぎが食べられるようになったのは江戸時代後期で、それ以前は三島市内の川には多くのうなぎが住んでいました。そのため三島市内にはその頃に創業した老舗が多くあります。

三島「うなよし」のこだわり1:「三島の水」

22638761 148580432420081 5072722780236021760 n
ukuedakentaro

よく関西風のうなぎは腹開きで蒸さずに焼く「地焼き」という調理法をとり、関東風のうなぎは背開きで蒸して焼きます。捌き方に関しては関西は商人の町だから「腹を割り」、関東は武士の町だから切腹をイメージする腹開きを嫌い「背開き」だといわれていますが、捌いてから後の焼き方については、関西と関東のウナギが住む水の違いにあります。

関西は山と海が近く、うなぎが住む水は比較的澄んでいるのでうなぎ独特の泥臭さがありませんが、関東は関東平野が広く、うなぎが住む場所は水が濁っているの泥臭さが強いからだという説があります。そこでうなよしではうなぎをさばく前にうなぎの泥臭さを抜くために「活き締め」という作業を行うのがこだわりの一つとなっています。

10254104 1621144481477364 1122946542 n
kenkendapan

うなよしではうなぎを捌く前に富士山の伏流水にうなぎを数日泳がせ生臭さや泥臭さを取り除くという作業をします。三島で湧き出す水は富士山の溶岩の間をろ過されながら流れ出てきた上質のナチュラルミネラルウォーターです。その水に泳がせたうなぎはうまみを残しつつ、余分な脂と臭みが抜けて絶品の素材になります。

三島「うなよし」のこだわり2:「うなぎのたれ」

15624917 395968700739869 2868733533172531200 n
yun._.bon.voyage

臭みがなく、身が引き締まったうなぎは白焼きでも美味しいのですが、やはりウナギの濃厚な味をと食欲をそそる香りを引き出すのに重要な要素はうなぎのタレです。うなよしのうなぎのタレは醤油とみりんをベースに作られたタレですが、そのたれにうなぎのかば焼きから出たうまみが絶妙なバランスを与えています。

14063493 1777240595854678 1004335825 n
sechisechi03

うなよしではこのうなぎのたれを長年つぎ足して使用しています。長い月日をかけてじっくりと熟成されたたれは一朝一夕では作れないうなよしだけのオリジナルの味です。甘めの濃いたれは旨味の強い三島のうなぎにもぴったりですが、同じくおいしい三島のお水で炊きあげられたご飯にも良く合います。

三島「うなよし」のこだわり3:「職人の技」

絶品うなぎを作るためには上質な素材はもちろん、熟練した職人の技術が必要不可欠です。うなぎ職人が行う重要な技術は大きく分けて3つほどあります。1つ目は「捌き」です。ぬるぬるとして捌きにくいうなぎを切れ味のするどい刃物で一気に捌きます。うなぎをさばく際には素早さだけでなく、余計な血糊などを付けづに捌くことも重要です。

26279311 407349616385852 4164368855335960576 n
oiso_kuniyoshi

そして2つ目には「串打ち」です。関東風のうなぎは厚さ1センチメートル以下の身を縫うようにして竹串を打っていきます。その際身がなるべく平らになるように打たなくてはならず、この作業は繊細さとともに、非常に力のいる作業で、うなぎ職人は手に串を打った時にできる「串だこ」があるそうです。

26155282 122449488473404 402823964784590848 n
kaz.yanai

そして3つ目は「焼き」の作業です。うなぎ職人はうなぎを焼く際に何度も何度もひっくり返しながら焼いていきますが、関東地方では焼きの作業に入る前に一度蒸されていますので、ウナギの身や崩れやすく、焼き台の上で何度もひっくり返したり、移動させたりするのは技術が必要です。そして焦がさずに皮目と身の両面にしっかり火を通す技術はまさに職人技です。

三島「うなよし」の人気メニュー

うなぎ丼

30589831 2002239783375464 5931772005291393024 n
muu17rink

一番人気のメニューはもちろんこちらの「うなぎ丼」です。漆塗りの器に盛られた白いご飯には、職人の技により外は香ばしく中はふわふわに焼かれたうなぎのかば焼きが乗っています。伝統のかば焼きのタレはウナギをカラメル色に染め、その香りは食欲をそそります。一口くちに入れれば香ばしい香りのあとにほどけるように溶けるうなぎは絶品です。

14350468 1091526324257943 1274394305 n
akihirokoyahata

うなぎ丼のメニューには3種類ほどがあります。1つは「並うなぎ丼」でうなぎを1匹分使用しており、税込みで3500円です。少し大盛りを食べたいという方は「上うなぎ丼」がおすすめです。「上うなぎ丼」はウナギを1.5匹分使用しており、税込みで5150円です。お椀からこぼれそうなほどのかば焼きは見た目も楽しませてくれます。

そして3つ目が「特上うなぎ丼」です。これは2匹分のウナギを使用しており、お椀に盛ったご飯の上にかば焼きを1匹分のせ、さらにその上にご飯をのせ、もう1匹分のウナギを乗せるというボリューム満点のうなぎ丼で、お値段は税込みで7000円です。いずれもうなぎの脂と濃いめの甘口だれの風味をさっぱりとさせてくれる肝吸いと香の物がセットでついてきます。

うなぎ白焼むし

うなよしの代表的なメニューは「うなぎ丼」ですが、三島の水で磨かれたウナギの身をたれなしでいただくこちらの「うなぎ白焼きむし」も是非お試しいただきたい一品です。ふっくらと蒸しあげられたうなぎをお醤油とわさびでさっぱりといただけば新しいうなぎの魅力を発見できます。こちらは税込みで3300円です。

きも佃煮

その他のおすすめのメニューはこちらの「きも佃煮」です。こちらのメニューはとても人気があり品切れになってしまうこともあるのですが、新鮮なうなぎの肝をうなよし秘伝のたれで炊き上げたこちらのきも佃煮は絶品です。お持ち帰り用もありますので、ご家庭用やお土産用にもおすすめです。お酒にも良く合います。

三島「うなよし」の営業時間

17932679 478785265815847 8610525025994276864 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
jasachi23

うなよしの営業時間は午前11時からです。ただし、営業時間にはすでに店内は満席でお店の外には20人ほどの行列ができていることが常ですので、営業時間より前にお店に並ばなくては第一陣で食事をすることはできません。また営業時間は11時からとなっていますが、お店の準備が整えば10時45分くらいからお店を開けてくれることもあります。

また営業時間は午前の11時から始まりますが、閉店の時間はその日によって変わります。つまり、その日のうなぎがなくなってしまえば営業時間は終了となります。どうしてもこちらの名店の味を味わいたいという方は早めに行かれることをおすすめします。大体毎日夕方には売り切れてしまします。

三島「うなよし」の駐車場

21436305 505487113176885 2185745995516608512 n
tittopuente

うなよしの店舗の横には大型の駐車場が完備されています。こちらの駐車場は大型バスの駐車もできる広い駐車場で、うなよしが旅程に組まれているツアーもあるのだそうです。とても広い駐車場はありますが、大型および特殊車両でお店に行く場合は事前にお店に連絡して駐車場の場所を確保する必要があります。

26266328 183180838935102 3168183819895308288 n
konansdiary323

また駐車場の利用にはもう一つお店からこのようなお願いがされています。それはペットを車で連れてきている場合に駐車場でペットを車外にださないでほしいということです。旅行やレジャーをペットと一緒に楽しみたいという方も多いと思いますが、うなよしに行くときはご注意ください。

三島「うなよし」の予約に関して

26275471 1177649549033658 2334112604215050240 n
henness.ee

気になる予約に関してですが、美味しいうなぎの名産地である三島の名店であるうなよしでは予約を受け付けていません。そのため全てのお客様は予約なしでお店に足を運ぶことになりますまた、うなよしでは予約に関してだけでなく、来店の際に注意しなくてはならないことがいくつかあります。

うなよしでは予約ができないだけでなく、支払いは現金のみで、クレジットカードは使用できません。また、人気店のため、終日相席をお願いされることもありますし、ベビーカーやトランクなどの大きな荷物も持ち込みできません。少し注意点が多いですが、できるだけ多くの人に絶品のうな丼を食べてもらえるようにお店の人の苦渋の選択なのです。

三島で「うなよし」のうなぎを食べよう

14369017 1139058479513092 1253420007 n
yumiko3n

いかがでしたでしょうか?老舗の伝統と職人の技術により外は香ばしく中はジューシーに焼き上げられたうなぎに長年つぎ足された秘伝のタレ、おいしいお水で炊きあげられたご飯、うなよしには最高のうな丼を作るための最高の素材がそろっています。ぜひ三島の「うなよし」で絶品のうなぎを食べに行きましょう。

Thumb三島の名物グルメランキング!ランチも夜もおすすめの一品に舌鼓!
三島市は、市内のあちこちに湧き水も多いことから美味しいお水を利用したご当地グルメもあります。...

関連記事

Original
この記事のライター
akkey

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ