「観心寺」は精進料理や紅葉で人気のパワースポット!如意輪観音像も見もの!

大阪の河内長野市にある真言宗のお寺である観心寺をご存知でしょうか?由緒ある観心寺の一角に精進料理カフェ「KU-RI」がオープンして以来、大阪で人気の観光スポットとなっています。精進料理のランチをはじめ、紅葉の美しさも有名な観心寺をご紹介しましょう。

「観心寺」は精進料理や紅葉で人気のパワースポット!如意輪観音像も見もの!のイメージ

目次

  1. 1観心寺は大阪のパワースポット!
  2. 2大阪の観心寺へのアクセス
  3. 3観心寺とは?
  4. 4観心寺の見どころ1:金堂
  5. 5観心寺の見どころ2:霊宝館
  6. 6観心寺の見どころ3:花
  7. 7観心寺の見どころ4:星塚霊場
  8. 8観心寺の見どころ5:北斗の塩
  9. 9観心寺の見どころ6:如意輪観音像
  10. 10観心寺の見どころ7:節分星祭
  11. 11観心寺の巡礼方法
  12. 12観心寺のカフェに行こう!
  13. 13観心寺のカフェの内装
  14. 14観心寺のカフェの人気メニュー
  15. 15観心寺のランチ
  16. 16精進料理を堪能しよう!
  17. 17観心寺で紅葉を楽しもう!
  18. 18観心寺の特別展示もある?
  19. 19観心寺の御朱印をチェック!
  20. 20観心寺で精進料理のランチを堪能しよう!

観心寺は大阪のパワースポット!

大阪にある観心寺は空海が高野山を開く拠点としたお寺として有名ですが、そこの一角に精進料理カフェである「KU-RI」がオープンし話題になっています。精進料理のランチや紅葉の時期には大阪で人気の観光スポットとして多くの方が訪れます。大阪の観心寺のおすすめランチや紅葉情報をご案内しましょう。

大阪の観心寺へのアクセス

大阪の観心寺へのアクセス方法をご紹介しましょう。観心寺は大阪の河内長野市にあります。河内長野までのアクセスはなんばから電車で約30分で到着します。関西空港から河内長野まではリムジンバスで約60分で到着します。

河内長野に到着したら、そこから南海バスに乗り換えて約15分で観心寺駅で下車しましょう。観心寺駅からは徒歩1分です。お車の場合のアクセスは、国道170号線または国道310号線で河内長野市まで行って、そこから東南方向へ約10分で到着します。

南海バスを利用される際におすすめなのはモックルカードです。モックルカードは河内長野市内が1日乗り放題なので大変お得なカードなので是非おすすめです。色々なお店で利用できて特典もあります。バスの車内で購入できますので、是非利用してみてください。

お車の場合の駐車場はバス停の南側の山門前にあり、無料で駐車することができますので、お車で行かれた場合は利用してください。だたし、大晦日とお正月は500円の有料となりますのでご注意ください。

観心寺とは?

大阪にある観心寺はどのようなお寺なのでしょうか?観心寺は701年に修験道の開祖である役小角によって開創されたお寺で、弘法大使である空海が後に高野山のための拠点として整備しました。観心寺の金堂は大阪で一番古い国宝建造物です。

観心寺の金堂には本尊如意観音菩薩がいて、観心寺の見どころの1つとなっています。観心寺は花の寺としても知られていて、季節折々の花々を鑑賞することができます。また、紅葉のシーズンになると見事な紅葉を見ることができて一見の価値ありです。

特に国宝である金堂の紅葉は圧巻なので、是非ご覧下さい。楠木正成という南北朝時代の武将が観心寺で幼少期に学問所として利用されたと言われています。観心寺には多くの文化財がありますので、是非足を運んでみて下さい。

観心寺は関西花の寺二十五霊場の1つとして知られていて、特に梅の花の美しさが有名です。かつては京都から高野山に向かう途中にある中宿としても利用されました。真言宗んお道場としても利用されていたお寺です。

観心寺の見どころ1:金堂

大阪の観心寺の見どころの1つは金堂です。金堂は室町時代初期に建立され、大阪では最も古い国宝の建造物として有名です。金堂には空海が作った本尊如意輪観音菩薩がいて、観心寺の見どころとして人気があります。

本尊如意輪観音菩薩は平安密教美術の最高傑作といわれていますが、普段は非公開となっていて見ることはできません。本尊如意輪観音菩薩を見るためには毎年4月17日と18日に公開されますので、その時に足を運んでみて下さい。

観心寺の近藤は南北朝時代に建立されました。折衷様建築の代表作と言われていて、歴史的な建物として一見の価値ありです。折衷様という建築様式は寺院建築法の良いところばかりを集められた建築方法のことです。

寺院建築には「和様」という鎌倉以前から用いられている地震にも強い建築様式と、「大仏様」という鎌倉時代初期から大形建築に対応できる建築様式と、「禅宗様」という鎌倉時代初期に日本に伝わった建築様式があります。

観心寺はこれらの寺院建築様式の良いところばかりをとって作られ、折衷様を代表する建物として観心寺の見どころとなっています。観心寺の金堂は全体として見ると和様の造りになっていますがよく見ると大仏様や禅宗様の技法も見られます。

金堂の壁は土壁なのですが、正面の窓は連子窓で、周囲は切目縁が見られます。貫という技法は大仏様や禅宗様で採用されています。桟唐戸、中備は禅宗様の扉なのですが、これには大仏様二斗を使用しています。

観心寺の見どころ2:霊宝館

大阪の観心寺の見どころは霊宝館です。霊宝館には仏像がずらりと並べられていてその数の多さに圧倒されてしまいます。天邪鬼をはじめ、重文クラスの仏像が並べられていす姿は、圧巻の素晴らしさです。

観心寺の拝観料は大人300円と小人100円です。4月17日と18日は本尊の如意輪観音菩薩の御開帳日なので、特別拝観料として700円かかりますのでご注意ください。霊宝館は入山料だけで鑑賞することができます。

観心寺の見どころ3:花

大阪の観心寺は花の寺としても知られています。四季折々の美しい花を観賞することができて、「関西花の寺二十五ヶ所」として人気があります。季節ごとの花々を楽しむことができて、桜、紅葉、百日紅、椿などは言葉では表せないくらいの美しさです。

花の中でも特におすすめなのは、梅です。観心寺には300本以上の梅があり、様々な種類の梅を見ることができます。白梅、しだれ梅、紅梅などの梅が咲き乱れています。梅が咲く時期になると、観心寺では梅どらを販売しています。

梅どらは観心寺の名物で、どらやきの中に青梅の甘露煮と白あんが入っています。白あんは千慕里庵という地元の和菓子店で作られたもので、絶品なので、この時期に観心寺を訪れた際には是非お試しください。

観心寺の見どころ4:星塚霊場

大阪の観心寺の見どころは星塚霊場です。星塚霊場では北斗七星が祀られていて、大阪で人気のパワースポットとなっています。北斗七星を祀っているのは日本ではここにしかありません。日本で唯一、北斗七星を巡礼することができる霊場です。

こちらの場所では空海が北斗七星に厄除けを祈願したら天から7つの星が降りてきたと伝えられています。厄年に星塚霊場を巡礼するとその年の厄が払われると言われています。厄年以外の人も巡礼されることをおすすめします。

境内の裏山には金堂の秘仏を囲むように七つの星塚があります。七つの星塚は立体曼茶羅を構成していて、7つを巡ると大体10分くらいかかります。途中には急な坂道も通りますのでご注意ください。

星塚になっている石があります。この石には星の名前の頭文字が漢字で書かれていたり、梵字のようなものが書かれています。如意輪観音像で有名な金堂を取り囲むように星塚があります。このように配置されているのには理由があり、転輪聖王に例えられているからです。

観心寺に星塚がある理由は、空海が観心寺を訪れた際に、境内に北斗七星を勧請しました。この頃は人の手ではどうしようもなかった災難が続き、災難から民衆を救うために空海は北斗七星を勧請したと言われています。

そして空海は如意輪観音像を彫ったと言われています。空海は密教を伝えてきましたが、その密教というのは宇宙との関係が深いです。密教の星祭で祈られるのは、福寿増長と厄災消除で、宇宙の力を借りてその力を地に移したのが星塚と言われています。

観心寺の見どころ5:北斗の塩

観心寺の見どころは社務所で販売されている北斗の塩です。こちらの塩は住職が心を込めてお祓いをした塩で、観心寺を訪れた際には是非購入していただきたい塩です。この塩はお供えや盛り塩としてももちろん、料理にも使用できます。

この塩は沖縄産の塩であり、精進料理で有名なKU-RIのランチでもこちらの塩が使用されています。こちらの塩で作られたお守りや塩昆布も販売されていますので、是非お試しください。

観心寺の見どころ6:如意輪観音像

観心寺の見どころと言えば如意輪観音像です。ご本尊である如意輪観音坐像は観心寺の一番の見どころであり、仏像好きの方は必見です。平安初期に作られた歴史ある如意輪観音像は秘伝のものなので、一年に1回しか拝むことができません。

4月17日と18日の2日間だけ公開される貴重なものなので、如意輪観音像を拝みたい方はこの日を狙って訪れてみることをおすすめします。如意輪観音像はろうそくが灯された薄暗い金堂で見ることができます。座り方が独特で、右膝を立てて、力強さを象徴しています。

その雰囲気の中で如意輪観音像を見ると妖艶さが一層増します。金堂内は写真撮影が禁止されていますので、是非ご自身の目でそのお姿を拝観されることをおすすめします。公開中は法話が何度も行われていますので是非参加しましょう。

観心寺の見どころ7:節分星祭

観心寺の見どころは節分星祭です。節分星祭は観心寺で1000年以上も続いている歴史があるお祭りであり、観光客にも大人気のお祭りです。建掛塔から豆や餅が撒かれ、参拝者はそれを拾います。厄除けの祈祷も行われますので是非参拝してみましょう。

節分星祭は毎年2月3日に行われます。毎年恒例のイベントになっていますので、是非このお祭りの時に訪れることをおすすめします。節分星祭は参拝客が多く、厄年の方が特に参拝に訪れます。

祈祷の方法は本命星という生まれた年の星と、当年星というその年の星をお札に記入するというおもしろい祈祷方法です。

観心寺の巡礼方法

観心寺のおすすめの巡礼方法をご紹介しましょう。まず、金堂を参拝します。金堂の前に石段がありますので、石段の左側から時計周りに星塚を回ります。そして1つずつ合掌して礼拝しましょう。

星塚というのは大木の足元に梵字が刻まれています。最後に金堂の前の石段の右側にいる訶梨帝母天という鎮守神を参拝しましょう。10分くらいあれば参拝することができます。

観心寺のカフェに行こう!

観心寺の山門から200メートルくらいのところに「KU-RI」というカフェがあります。観心寺の一角に2016年秋に建てられたカフェで、庫裏を改装して作られました。築500年ととても歴史を感じさせられる建物で、モダンな雰囲気で人気のカフェです。

店内には北欧の作家さんによるガラス作品が並べられていて、とても素敵な雰囲気です。カジュアルランチをいただくことができて、メディアでも話題のカフェです。とても人気がありますので予約が取りにくいので、行かれる場合には早めに予約をしましょう。

観心寺の子院である槙本院の台所をリノベーションして作られたKU-RIの建物は書院と続いています。国の重要文化財にも指定されている有名な建物なので、ランチで訪れた際には是非ご覧下さい。

こちらのカフェは小学生以下のお子様は入ることができませんので、お子様連れの方はご注意ください。静かでゆっくりとした時間を過ごすことができますので、贅沢な時間を満喫してください。

観心寺のカフェの内装

観心寺のカフェにランチをしに行くと見事な欄間の細工で人気の書院を見学することができますので、是非足を運んでみて下さい。歴史的な建物が素敵なカフェにリノベーションされて、ランチで訪れた方を魅了しています。

KU-RIのキッチンには「へっついさん」という竃があり、昔にタイムスリップしたかのように感じますが、今でも現役で料理に使われています。へっついさんは蒸し料理に使われているので是非注意してご覧下さい。

店内には大黒様もいて、オープンキッチンの店内には北欧の素敵なインテリアが飾られています。和と北欧のデザインがミックスされていて、和洋折衷の絶妙な素敵な雰囲気をかもし出しています。ジャズが流れていてゆっくりとランチを楽しむことができます。

観心寺のカフェの人気メニュー

観心寺のカフェ「KU-RI」で人気があるのは精進料理のランチです。一番人気のランチは「あずきと茶粥と季節の蒸し料理セット」で、KU-RIの特製ランチでこれを求めて多くの方が訪れる人気ランチです。

こちらのランチではあずき茶粥とせいろ蒸し、冬瓜の煮物におなすのだし麹和え、チンジャオロース、おかわかめとトマトの酢の物などがセットになっています。見た目も華やかなランチは1日20食限定なので是非予約をしてから行かれることをおすすめします。

観心寺ではあずき茶粥を節分の日に食べる習慣があります。節分の日に食べると厄除けの効果があると伝えられています。精進料理も普通のお寺の精進料理とは違い、創作精進料理なので、新しい精進料理を楽しむことができます。

高野山の修行場に準じた精進料理は美味しい上にヘルシーなので女性に大変人気があります。あずき茶粥はおかわり自由なので、たっぷりといただきましょう。あずき茶粥は節分の時によく食べられています。地元産の野菜が25種類以上も使われていて体にもいいのでおすすめです。

精進料理なので肉や魚、五辛などは使われておりません。卵は無精卵だけを使用しています。野菜は河内長野や富田林の野菜が使われていてこだわりの素材を使用しています。

料理長は野菜ソムリエの資格や漢方養生指導士の資格があり、精進料理といえど侮れないくらいの美味しさです。女性ならではの気遣いを感じさせてくれる料理は何を食べても絶品です。

精進料理なので、チンジャオロースもお肉ではなく、大豆でできたもどき料理で、知らない人が食べるとお肉と勘違いすることでしょう。精進料理はダイエット中の女性にも人気があり、ヘルシーで美味しいところが魅力です。

デザートもヘルシーで、ミニ梅三笠で豆乳クリームが添えられています。デザートには観心寺の焼き印があり、これを食べると何か御利益があるような感じがするので味わっていただきましょう。

観心寺のランチ

観心寺のランチメニューは1種類だけしかありません。3週間ごとにランチの内容が替わりますのでいつ訪れても違った味を楽しむことができます。特に梅の季節になると観心寺でとれた梅を使用して梅ジュースや梅干しがランチに登場するのでおすすめです。

観心寺のランチは週に3日しかいただくことができません。KU-RIは月曜日、火曜日、水曜日だけしか営業していませんので、ランチを楽しめるのは週に3日だけとなっています。1日に限定20食だけなので、予約をしてから行きましょう。

ランチのお値段は2000円で、アレルギー食の対応もしていますので、アレルギーの方は事前に予約の際に問い合わせてみてください。

観心寺の行事があると臨時休業の場合もありますので、お電話でご連絡して予約をしてから行かれることをおすすめします。ホームページを見ると予約方法がのっていますのでご参考にしてください。ランチの時間は11時から15時までとなっています。

精進料理を堪能しよう!

観心寺のKU-RIというカフェでは精進料理のランチがおすすめで、これを目当てに訪れる方も多いです。精進料理ということで、もどき料理が多いのですが、こちらの精進料理は一口食べると精進料理のイメージをくつがえされる美味しさです。

お寺の精進料理というのは質素で単調な料理をイメージしますが、こちらの精進料理は見た目も華やかで一口食べるとその美味しさに驚かされます。牡蠣フライは本物の牡蠣を食べているように感じたり、鶏の唐揚げももどきなのに本物そっくりです。

こちらの精進料理は若い世代も楽しむことができますので、精進料理を楽しみながら観心寺の歴史や文化に触れてみてはいかがでしょうか?観心寺の参拝がてら、是非精進料理のランチを楽しんで下さい。

Thumb高野山のランチ特集!おすすめの精進料理からカフェまでまとめて紹介!
和歌山県が誇る世界遺産「高野山」は季節問わず多くの方が訪れる観光スポットとなっています。10...

観心寺で紅葉を楽しもう!

観心寺では季節の花々の鑑賞はもちろん、紅葉もおすすめです。秋になると言葉では表せないくらい美しい紅葉を見ることができますので、是非紅葉鑑賞にでかけてみませんか?紅葉の見頃は11月下旬となりますのでこの時期に訪れることをおすすめします。

色とりどりの紅葉が境内を彩り、観心寺の建物と紅葉の絶妙な風景を楽しむことができます。もみじやカエデの紅葉が見事で境内を散歩しながら紅葉の絶景をお楽しみください。

観心寺は関西花の寺二十五箇所の1つとして有名ですが、紅葉も大変素晴らしいので紅葉シーズンに訪れるのもおすすめです。観心寺から徒歩で30分くらい歩くと延命寺があります。延命寺の裏手にある長野公園の紅葉は大変素晴らしいので足をのばしてみましょう。

もみじ山の紅葉は美しくて有名なので、観心寺を訪れた際は是非長野公園のもみじ山の紅葉を観賞してみましょう。境内の紅葉の素晴らしさは言葉を失うほどです。静かな雰囲気の中紅葉観賞できるのも魅力です。

観心寺の特別展示もある?

観心寺では特別展示も開催されています。毎年特別展示が開催されるわけではありませんので、ホームページをチェックしましょう。過去には大随求菩薩画像が特別展示として公開されました。

鎌倉時代に描かれた大随求菩薩画像はなかなか見ることができませんので機会があれば是非ご覧下さい。鎌倉時代の絵図は日本で唯一のものとして観心寺の見どころとなっています。イベントの際には公開される場合もありますので是非チェックしてみてください。

観心寺の御朱印をチェック!

毎年4月17日と18日は秘仏本尊御開扉で国宝である如意輪観世音菩薩を拝観することができます。観心寺にはこの2日間しかもらえない期間限定の御朱印があります。この期間限定の御朱印はここでしか見ることができない御朱印で北斗七星が描かれています。

北斗七星が描かれている御朱印はとても美しく、期間限定ということで、書き置きしている御朱印だけしかありません。期間限定の御朱印を是非手に入れてください。御朱印を集めている方にはたまらないレアな御朱印です。

観心寺で精進料理のランチを堪能しよう!

いかがでしたでしょうか?観心寺には様々な見どころがあり、訪れる人を魅了しています。特に紅葉シーズンはおすすめで、美しい紅葉を眺めながら境内を散策することができるのでおすすめです。観心寺には「KU-RI」というカフェがあり、精進料理のランチが大人気です。是非観心寺を巡礼して精進料理のランチを満喫してみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
maki

新着一覧

最近公開されたまとめ