大阪・金剛寺は国重要文化財!国宝指定の金堂三尊像など見どころを紹介!

大阪の河内長野市にある金剛寺は国宝や重要文化財の仏像がある観光におすすめのスポットです。金剛寺は歴史上、重要な政務の場所だった時代もありました。所蔵されている国宝や重要文化財について、アクセスやお土産なども調べてみました。金剛寺へ行く参考にしてください。

大阪・金剛寺は国重要文化財!国宝指定の金堂三尊像など見どころを紹介!のイメージ

目次

  1. 1大阪の金剛寺のご紹介
  2. 2大阪の金剛寺とはどんなところ?
  3. 3大阪の金剛寺へアクセス
  4. 4大阪の金剛寺の駐車場
  5. 5大阪の金剛寺の拝観時間と拝観料
  6. 6大阪の金剛寺のおすすめの見所1:金堂・多宝塔
  7. 7大阪の金剛寺のおすすめの見所2:天野殿
  8. 8大阪の金剛寺のおすすめの見所3:千年杉
  9. 9大阪の金剛寺のおすすめの見所4:桜の名所
  10. 10大阪の金剛寺国宝1:三尊像
  11. 11大阪の金剛寺国宝2:国宝の延喜式
  12. 12大阪の金剛寺国宝3:日月山水図
  13. 13大阪の金剛寺の重要文化財1:木造大日如来坐像
  14. 14大阪の金剛寺の重要文化財2:楠木氏文書
  15. 15大阪の金剛寺の重要文化財3:金堂
  16. 16金剛寺の年間イベントをご紹介!
  17. 17大阪の金剛寺の近くでランチ
  18. 18大阪の金剛寺観光のお土産1:田中ぶどう園
  19. 19大阪の金剛寺観光のお土産2:むささびパン工房の洋ナシのタルト
  20. 20大阪の金剛寺観光のお土産3:豆の蔵元
  21. 21大阪の金剛寺観光のお土産4:天野酒のあま酒サイダー
  22. 22大阪の金剛寺観光のお土産5:ツルザワのフルーツサンド
  23. 23大阪の金剛寺観光のお土産6:千慕里庵の栗みかさ
  24. 24大阪の金剛寺観光のお土産7:ベイクハウスキギ
  25. 25大阪の金剛寺へ行ってみよう!

大阪の金剛寺のご紹介

大阪、河内長野にある金剛寺は、正式には「天王山 金剛寺」と言い、国宝や重要文化財など貴重な文化財がたくさんある、おすすめの観光地です。ふらりと立ち寄るのも楽しいですが、歴史的背景を知って訪れるといっそう理解が深まります。金剛寺について色々調べてみました。ぜひ旅のプランとして金剛寺を訪れるときの参考にしてください。

大阪の金剛寺とはどんなところ?

天野山 金剛寺は、真言宗御室派の大本山です。真言宗御室派は古義真言宗の一つです。分かりやすく言うと密教のお寺です。

古義真言宗は、大日如来(だいにちにょらい)という真言密教の教主を本尊としていて、本地身説法(ほんじしんせっぽう)という「真言宗の最高仏である大日如来が、自ら説法をする」という教義をとっている一派です。

真言宗御室派の総本山は京都市にある仁和寺(にんなじ)です。仁和寺は888年(仁和4年)に宇多天皇が建立しました。金剛寺の本尊は大日如来で、2017年(平成29年)に国宝に指定されています。

金剛寺の宗祖(しゅうそ: この宗派を興した人)は、弘法大使空海(こうぼうだいしくうかい)です。金剛寺が所蔵する「弘法大師空海の図」は1969年(昭和44年)に重要文化財に指定されています。

今回紹介している金剛寺は大阪府河内長野市にあります。山号をつけて「天野山金剛寺」と呼ばれることもあります。実は「金剛寺」という寺は他に京都市東山区にもあり、そちらは「大黒山 金剛寺 庚申堂」とか「八坂庚申堂」と呼ばれます。

Thumb新大阪から京都は新幹線とJR新快速どちらがお得?料金や時間も調査!
新大阪から京都に遊びに行くときに、多く利用されるのが新幹線やJR線などの電車です。大阪と京都...

大阪の金剛寺へアクセス

金剛寺へ電車で行く場合、南海電鉄の南海高野線、近鉄長野線、いずれも「河内長野駅」が最寄り駅となります。例えば「新大阪駅」からなら、「新大阪駅」から地下鉄御堂筋線で「なんば駅」(約15分)へ行き、そこで「南海電鉄の南海高野線」に乗り換えて約30分(急行)で「河内長野駅」に到着します。

例えば関西空港から電車で金剛寺へ行く場合、南海電鉄空港線・南海線に乗って「天下茶屋駅」まで行き(空港急行で約45分)、そこで南海電鉄高野線に乗り換えて約23分(急行)で「河内長野駅」に到着します。

関西国際空港から河内長野駅までリムジンバスが運行されています。関西空港からリムジンバスを利用した場合、約1時間7分で河内長野駅前に到着します。

「河内長野駅」からバスで金剛寺へ行く場合、駅前の「4番のりば」から南海バスに乗って「天王山」で下車します。乗車時間は約23分。バスの行く先としては「光明池駅」「槇尾中学校前」「サイクルセンター」「天野山」が該当します。なお7番のりばから発車の「サイクルセンター」行きバスは天野山を経由しないので注意が必要です。

「河内長野駅」駅前からタクシーを利用して天野山 金剛寺へ行く場合、乗車時間は約20分です。観光のスケジュールにあわせて利用しましょう。

車で金剛寺へ行く場合、大阪市内から阪神高速14号松原線を「三宅出入口」まで走り、国道309号線に入り「新家」まで走り、国道170号線に入って「金剛寺」に到着です。

車で金剛寺へ行く場合、名古屋方面からは、名神高速道路「吹田JCT」→近畿自動車道「松原JCT」→阪和自動車道「美原JCT」→南阪奈道「羽曳野IC」→国道170号線で金剛寺へ到着となります。

関西空港から車で金剛寺へ行く場合、スカイケートブリッジR「りんくうICT」→関西空港自動車道「泉佐野JCT」→阪奈自動車道「貝塚IC」→国道170号線で金剛寺へ到着というルートになります。あくまでも一例で、カーナビによっては別のルートが表示される場合もあります。

住所 大阪府河内長野市天野996
電話番号 0721-52-2046

大阪の金剛寺の駐車場

金剛寺の駐車場は二ケ所あります。南大門の近くに20台の駐車場があり、総門・野外広場横に60台の駐車場があります。駐車料金は普通車・一日で500円となり、営業時間は7~18時、年中無休です。支払いにクレジットカードは使えないので注意が必要です。その一方で領収書は発行されます。

大阪の金剛寺の拝観時間と拝観料

金剛寺の拝観時間は午前9時~午後4時30分になっています。拝観料は伽藍が大人200円、小学生100円、本坊が大人400円、小学生200円です。大人のみしか発行されていないのですが、伽藍本坊共通券500円がありますので、両方を観てみたいと考えている方は、共通券を利用するのがお得でおすすめです。

大阪の金剛寺のおすすめの見所1:金堂・多宝塔

金剛寺の金堂は重要文化財で近年解体修理が行われました。2018年3月に落慶法要がとり行われ、建物の各所に見られる彩色も現在ではとても鮮やかです。創建当時のように美しい細部をぜひじっくりとご覧ください。

金堂の正面にあるのが多宝塔です。こちらも外せません。創建は平安時代末期とされ現存の多宝塔として日本最古という価値ある塔です。江戸時代の初め頃に大規模な改修が行われて、現在の姿になりました。金堂のなかには国宝の三尊像が安置されています。

金剛寺の境内を観光するときに、地図があれば便利です。そう思った方のために受付で案内用のボードを借りることができます。河内長野市立天野小学校の6年生たちが作成したマップが用意されています。QRコードがついたとても便利なものになっています。

大阪の金剛寺のおすすめの見所2:天野殿

天野殿はもとは食堂として使われた建物でした。しかし後醍醐天皇の後、南北朝時代に南朝の後村上天皇はここで1354年から1359年までの五年にわたって政務を執りました。つまり金剛寺は南朝の中心地として利用されていたときがあったのです。

摩尼院は後村上天皇が暮らした建物です。また、観月堂は後村上天皇が月を眺めたと言われている建物です。南朝時代に都から遠く離れて、ここで暮らし、月を観ながら何を想っていたのでしょうか。

後村上天皇が金剛寺で暮らしていたとき、北朝方の上皇も同じ境内で暮らしていました。1354年に北朝方の光厳上皇、光明上皇、崇光上皇、直仁親王が金剛寺で幽閉されていました。

境内には北朝の天皇の光厳上皇のお墓もあります。光厳上皇のお墓は京都にもあって、金剛寺のお墓のなかに埋葬されたのは髪の毛(遺髪)だけなのだそうです。

金剛寺には国宝や重要文化財を目当てに訪れる観光客が多いのですが、こういった南朝と北朝にかかわりがあった事実を感じられる場所があります。歴史的な事実を知った上で金剛寺を訪れるとまた別の角度から楽しめますし観光の思い出も増えるでしょう。

大阪の金剛寺のおすすめの見所3:千年杉

薬師堂の裏に千年杉があります。力強い生命力が感じられるパワースポットとして人気のおすすめスポットです。千年杉は「大阪みどりの百選」にも選定されています。豊かな自然のなかで霊妙な空気を吸ってリフレッシュしてみましょう。

本坊には自然があふれる庭園もあり、四季折々の草花を楽しむことができます。静かにゆったりと流れる時間のなかで自分と向き合ってみることもできます。

大阪の金剛寺のおすすめの見所4:桜の名所

金剛寺には、たくさんの桜の木があります。毎年春の桜の季節になると、可憐で美しい桜の花々が境内で見られます。特に楼門を入って直ぐ左にある、しだれ桜は見事な枝ぶりに桜が咲き乱れて迫力があります。

参道に沿って流れる小川をおおうように咲く桜も、風情が感じられて美しい景観を楽しめるスポットになっています。例年では、毎年3月末頃から、しだれ桜から咲き始めてソメイヨシノへと、順次開花していくのでこの季節に金剛寺を訪れるのもおすすめです。

喧騒の都会を離れて静かな境内で、美しく咲き誇る桜をゆったりと鑑賞することができます。

大阪の金剛寺国宝1:三尊像

金剛寺が所有する国宝文化財として、本尊の木造大日如来坐像(もくぞうだいにちにょらいざぞう)、その左側の木造降三世明王坐像(もくぞうごうさんぜみょうおうざぞう)、右側に位置する木造不動明王坐像(もくぞうふとどうみょうおうざぞう)があります。

密教の形式に従った尊勝曼荼羅(そんしょうまんだら)をあらわしたもので、三体とも鎌倉時代に作られました。平成大修理の大規模調査のときに仏像の胎内から墨書が発見されて木造不動明王坐像は、仏師、行快の作で1234年(天福2年)に完成したことや、三つの仏像が完成するまで約五十年かかっていたことが分かりました。

大阪の金剛寺国宝2:国宝の延喜式

延喜式(えんぎしき)巻十四も国宝に指定されています。延喜式とは平安時代に作成された法律について書いてある書物です。原本は905~927年(延喜5年~延長5年)にかけて作成されましたが全て失われました。

金剛寺にある延喜式は1127年(大治2年)に写本されたものです。延喜式写本としては最古のもので非常に貴重な内容であるため国宝に指定されました。

大阪の金剛寺国宝3:日月山水図

日月山水図(じつげつさんすいず)は六曲一双の屏風で、四季折々の風景が美しく描かれています。作者不明ですが様式から桃山時代に制作されたと言われています。灌頂(かんじょう)という密教の儀式の際に用いられた仏具の一つではないかと推定されています。

灌頂とは、菩薩が仏になるときに頭に諸仏からの水を浴びせられて、仏の位に達したことが証明されるという意味です。密教では頭に水を灌いで、正統な継承者になったことを示す儀式とされます。

大阪の金剛寺の重要文化財1:木造大日如来坐像

木造大日如来坐像は多宝塔に安置してあり、重要文化財に指定されています。鎌倉時代の新様式による作風と言われ、1172年(承安2年)から1192年(建久2年)頃に制作されたと言われています。

木造大日如来坐像の光座は造立当初のものとされます。また台座の蓮の花をあらわした部分は創建当初のものと言われています。

大阪の金剛寺の重要文化財2:楠木氏文書

楠木氏文書(くすのきしもんじょ)は、南北朝時代に楠木正成が金剛寺に送った直筆の書状など14通です。この書状には、幕府を倒す計画が失敗に終わり後醍醐天皇が隠岐へ島流しにされた時期に、鎌倉幕府の軍勢が金剛寺に攻め込んだという噂を楠木正成が聞いて、金剛寺の総力をあげて防戦が行われるように願うと書かれています。

大阪の金剛寺の重要文化財3:金堂

金剛寺の金堂の建造物は重要文化財に指定されています。1320年(元応2年)鎌倉後期に建築されたとされ、1900年(明治33年)国の重要文化財に指定されました。

奥河内の名刹、金剛寺の金堂は入母屋造(いりもやづくり)の建物です。重要文化財である金堂の大修理が終わり2018年に落慶法要が行われましたが、これが三回目の大修理でした。一回目は1605年に豊臣秀頼が、二回目は1700年に岸和田藩主の岡部美濃守長泰が行いました。

金剛寺の年間イベントをご紹介!

金剛寺では毎月20日に16時から御影堂で「お逮夜法要」が、また21日には10時から御影堂で「御影供法要行」が行われます。

1月3日に「修正会」が開かれて百穀豊穣や天下泰平の祈願が行われます。2月3日は節分法要。4月17、18日は宝物特別公開日で金剛寺が所蔵する国宝4点と重要文化財37点のうちから選ばれた宝物が一般公開されます。

5月5日は国宝、日月山水図屏風が特別公開されます。8月16日は施餓鬼法要が15時から行われます。12月31日は除夜の鐘つきが行われ、午後11時45分から先着108名限定で「干支しゃもじ」が授与されて、参拝客にはしょうが湯の接待が行われます。イベント日時は変更もありますので詳細は金剛寺公式サイトで確認しましょう。

大阪の金剛寺の近くでランチ

天野亭(あまのてい)は河内長野にある居酒屋さんです。大きなかやぶき屋根の古民家が店舗になっています。蕎麦、うどん、懐石料理などがいただけるお店ですが、どれを食べても外れがないという人気のお店でランチにおすすめです。

金剛寺から距離にして約420メートル、徒歩で約6分の場所にあります。観光の一時にいかがでしょうか。予約しての来店がおすすめです。

住所 大阪府河内長野市天野町-90722
電話番号 0721-55-1685

幸楽苑河内長野店

幸楽苑河内長野店は金剛寺から約2.7キロのところにあるリーズナブルな価格で美味しいラーメンがいただける人気のお店です。特に黒醤油ラーメンが美味しいとのこと、価格が手ごろなので子連れでも安心して楽しめるお店です。

木曜日に来店したら優待券をもらえたという情報があります。野菜ちゃんぽんも、なかなか美味しいとのことで人気メニューです。

住所 大阪府河内長野市上原町470-1
電話番号 0721-56-8831

くら寿司・原町店

くら寿司・原町店は金剛寺から約4.5キロのところにある美味しい回転寿司のお店です。新鮮なネタが味わえて、一人でも家族でも入りやすいお店として人気です。

新鮮な紋甲イカを使ったにぎりや、焼きサバのにぎり、エビとアボカドのにぎりなどが人気です。金剛寺観光の合間にぜひご来店を。

住所 大阪府河内長野市原町1-3-11
電話番号 0721-50-2508

餃子の王将河内長野駅前店

餃子の王将河内長野駅前店は羽根つき餃子のパリパリの食感とジューシーな肉汁が美味しい、おすすめのお店です。金剛寺から約4.7キロのところにあります。ランチにいかがでしょうか。

天津飯は上にのっている卵もフワフワと絶品で価格もリーズナブルなのでおすすめです。野菜も食感が楽しめる味になっています。家族でも楽しめるお店です。

住所 大阪府河内長野市本町29-26
電話番号 0721-55-7343

大阪の金剛寺観光のお土産1:田中ぶどう園

田中ぶどう園は河内長野のおすすめのぶどう園です。毎年8月はじめごろからブドウがなくなるまで、田中ぶどう園の直売所で新鮮なブドウが販売されます。金剛寺から約500メートル、歩いて7分ぐらいの所にありますので時季が合えば金剛寺の帰りに立ち寄るのもおすすめです。

田中ぶどう園の園内で、巨峰など人気のブドウのほか、数多くの品種が栽培されています。収穫期間中は地方への発送も受け付けています。

ブドウ販売の期間中は直売所が9:30~11:30と14:00~18:00に開いているとのことです。ブドウ狩りは行っていないのですが、新鮮なブドウをお土産にして喜ばれたといった感想が聞かれました。詳細はぶどう園までお問合せを。金剛寺観光のプランとともにぜひ来園をおすすめします。

住所 大阪府河内長野市天野町613
電話番号 0721-52-3559

大阪の金剛寺観光のお土産2:むささびパン工房の洋ナシのタルト

河内長野市は大阪府の南東に位置します。市の面積は大阪府では三番目に広く、その七割は山が占めるという自然豊かな環境です。奈良、和歌山とも県境になり美味しい農産物がたくさんある町です。

河内長野を訪れたお土産として、梨のタルトはいかがでしょうか。河内長野市の特産物をたくさん販売していて、情報も発信しているのが「道の駅、奥河内くろまろの郷」です。

地元、中谷農園の洋ナシを使って丁寧に作られたタルトはテレビでも紹介された人気の逸品です。奥河内くろまろの郷ビジターセンターの「むささびパン工房」で販売されています。

住所 大阪府河内長野市高向1218番地1
電話番号 0721-56-9606

大阪の金剛寺観光のお土産3:豆の蔵元

豆の蔵元は、河内長野市に本店を構える美味しい豆のお店です。50種類以上の豆が個袋に入っていますので観光土産にもおすすめです。詰め合わせもできます。

豆の蔵元には黒ごま豆、たこ焼き豆、おとなの豆菓子、紫四季部、一番太鼓、わさびソフトなど、ユニークな味、ここでしか味わえない楽しい味が揃っています。ぜひ観光の一時に美味しい豆菓子を味わってみてください。

住所 大阪府河内長野市小塩町76-6
電話番号 0800-222-4100

大阪の金剛寺観光のお土産4:天野酒のあま酒サイダー

天野酒は河内長野市を代表する蔵元で、多くのファンから愛されているおすすめのお店です。1718年創業の老舗ですが斬新な新商品も発売しています。なかでも「あま酒サイダー」はノンアルコールなのでお子様へのお土産にも最適です。甘さ控えめで大人にも大人気商品です。

ご当地サイダーとして人気の天野酒のあま酒サイダーのほかにも、美味しい新酒や、琥珀色をした僧房酒など個性的な商品も沢山そろっています。ユニークなサイダーを河内長野市の観光のお土産におすすめです。

住所 大阪府河内長野市長野町12-18
電話番号 0721-55-1101

大阪の金剛寺観光のお土産5:ツルザワのフルーツサンド

全国のフルーツサンドのファンのなかでは既によく知られているのが、河内長野市の「ツルザワ」のフルーツサンドです。フルーツの美味しさを熟知した果物店が作り出した逸品サンドです。観光の合間のランチにいかがでしょうか。

サンドされているフルーツがかなり大きめですが、クリームとフルーツは抜群のコンビになっています。メディアにもよく登場して話題性もあり、見た目も鮮やかで可愛い、お土産にしても喜ばれること間違いなしです。フルーツギフト&デザートカフェのツルザワへぜひ。

住所 大阪府河内長野市本町24-1ノバティながの1階
電話番号 0721-52-3140

大阪の金剛寺観光のお土産6:千慕里庵の栗みかさ

千慕里庵(ちぼりあん)は河内長野市で人気の和菓子屋さんです。おすすめのお菓子は「栗みかさ」。大きな栗が中に入っていて、子供も大人も好きになる親しみやすいお菓子です。観光の途中のおやつにも最適です。

千慕里庵のユニークな店長とユニークなお菓子はどれも美味しいと好評です。生クリームそのものが美味しいといった感想もあり、丁寧に作られたお菓子はお土産にもぴったりです。

住所 大阪府河内長野市昭栄町1-29
電話番号 06-6661-4189

大阪の金剛寺観光のお土産7:ベイクハウスキギ

ベイクハウス キギ(BAKE HOUSE・「KIGI」)は、河内長野市内にあるオーガニック系の人気のパン屋さんです。週4日しか営業していませんが、こちらのクリームパンはチョコレート味とカスタード味と二種類あって大人気のおすすめの逸品です。

ベイクハウス キギには選び抜かれた材料や、国産小麦を100%から作られた美味しいパンが並んでいます。店長さんのパンへの深いこだわりが感じられる人気のパン屋さんです。観光の途中で小腹を満たしたいときやお土産にもどうぞ。

住所 大阪府河内長野市楠ケ丘26-7
電話番号 0721-68-8858

大阪の金剛寺へ行ってみよう!

金剛寺は魅力満載のお寺です。貴重な国宝や重要文化財が所蔵されていますが、それだけでなく歴史上の人物の活動の舞台にもなってきた重要なスポットです。見逃せない美しい国宝の仏像や重要文化財とともに、悠久の歴史なかで数奇な運命をたどった人々のゆかりの地としても外せない場所です。ぜひ金剛寺を訪れてみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
Hitomi Kato

新着一覧

最近公開されたまとめ