生駒『レインボーラムネ』は幻の味?応募当選でゲットする入手困難な菓子!

生駒にはイコマ製菓と言うお菓子会社でレインボーラムネと言う幻のラムネを抽選で販売しています。お菓子なのになんと抽選で当たった人にしかレインボーラムネが買えないと言うシステムを設けています。一体生駒のレインボーラムネの倍率はどれくらいなんでしょうか。

生駒『レインボーラムネ』は幻の味?応募当選でゲットする入手困難な菓子!のイメージ

目次

  1. 1生駒のレインボーラムネが話題に!
  2. 2生駒のレインボーラムネとは?
  3. 3生駒のレインボーラムネは昭和のお菓子
  4. 4生駒のレインボーラムネの抽選に応募するには?
  5. 5生駒のレインボーラムネの当選確率は?
  6. 6生駒のレインボーラムネは当たりやすくなっていく?
  7. 7生駒のレインボーラムネミニとは?
  8. 8生駒のレインボーラムネの応募期間は?
  9. 9生駒のレインボーラムネの当選結果が知りたい!
  10. 10生駒のレインボーラムネの値段は?
  11. 11生駒のレインボーラムネは抽選以外でも買える?
  12. 12生駒のレインボーラムネは他の場所でも手に入る?
  13. 13生駒のレインボーラムネはプレゼントにも最適!
  14. 14生駒のレインボーラムネはふるさと納税で手に入る?
  15. 15生駒のレインボーラムネを応募しよう!

生駒のレインボーラムネが話題に!

生駒には抽選でしか購入することができないと言われている幻のお菓子レインボーラムネという商品があります。こちらの商品は生駒にある「イコマ製菓本舗」というお菓子屋さんが作っている昭和の懐かしいラムネです。飲むラムネではなく食べるラムネとしてボールのような形をしたかわいいラムネなのです。応募や値段も見ていきます。

生駒のレインボーラムネとは?

生駒のイコマ製菓の手がけるレインボーラムネが話題になっています。幻のラムネとして話題になっているレインボーラムネですが、見た目や味なども気になるところです。カラフルなコロコロとした丸いラムネで、可愛らしい昔ながらのラムネです。一体どうしてこれが話題になっているのでしょうか。

生駒のレインボーラムネは手に入れるのが難しく、決まった日に行われる当選によってしか購入することができないようになっています。幻のラムネと言われており、ハガキで抽選に応募します。入手するのは困難で話題です。

レインボーラムネの販売は、申込用紙に名前を電話番号や支払い方法などを記載して応募します。一人一通までしか応募することができないので、毎回一回しか抽選に参加することができないのも難しいところです。

生駒のレインボーラムネは昭和のお菓子

昭和の懐かしいお菓子を購入することができる駄菓子屋さんなどが最近なくなってきています。小さい街中の店舗で駄菓子屋さんがなくなってきているので、スーパーやコンビニなどで駄菓子を購入することができたりするケースが増えてきました。しかし購入することができるのは有名な駄菓子だけです。

昭和の時代に作られていた懐かしい下町のお菓子のようなものはなかなか購入することができません。昔の味をそのままにして作っているものもなかなか見当たりません。しかしレインボーラムネは懐かしい昭和風のお菓子を残しています。

サッカーボールのような形で4種類のカラフルなラムネ。昭和の懐かしいシンプルなラムネは、まさに昭和のお菓子です。見た目も可愛く男の子でも女の子でも楽しむことができるお菓子で、ノスタルジックな雰囲気を楽しむことができるお菓子なのです。

生駒のレインボーラムネの抽選に応募するには?

生駒のレインボーラムネに応募するには一体どうすればいいのでしょうか。応募方法は抽選に参加しなければいけないので普通の官製はがきに名前と住所と電話番号と、レインボーラムネの必要個数と、受け取り方法を記載して応募するしか方法がありません。アナログな方法でしか抽選することができないので幻と言われているのかもしれません。

生駒のレインボーラムネは申し込みできる人数が一人一通までになっており、決まった日時時間に一回しか応募することができないので、当選に外れてしまったら次の機会を待つしかないのです。なかなか難しい生駒のレインボーラムネの抽選です。

生駒のレインボーラムネの抽選期間はネットで公開されたりしていますので、公式ホームページでいつレインボーラムネの抽選が行われるのか分かるようになっています。レインボーラムネの抽選が始まったら是非とも早く応募するといいでしょう。

生駒のレインボーラムネの当選確率は?

生駒のレインボーラムネの抽選の当選確率は一体どれくらいなのでしょうか。応募してもなかなか当たらないという人もいるでしょう。当選確率が気になるところです。レインボーラムネの抽選販売は1年間に2回しかありませんので、その期間内に当たらない限りレインボーラムネを食べることができないのです。

レインボーラムネの抽選の数は、なんと10万通以上も応募があるようで、倍率は凄まじいほどです。当選確率は非常に高いので、1年に2回の応募をしてもどちらも当たらない可能性もあります。レインボーラムネの当選は難しいのです。

倍率にすると30倍ほどもあるとも呼ばれています。レインボーラムネが最もピークだった2014年あたりは40倍近くの当選確率にもなっていたと言います。応募してなかなか当たらないのは倍率が高いからのようです。

生駒のレインボーラムネは当たりやすくなっていく?

生駒のレインボーラムネを当てるにはどうすればいいのでしょうか。一番当選確率を上げる方法は毎年応募することです。2014年が倍率が高く応募総数も多かったので、年々応募総数は下がったり少しだけ上がったりと繰り返しています。毎年応募すれば当たる確率が上がってくることは間違いありません。

また企業側で生駒のレインボーラムネが当たらない人にも買えるように一度購入した人をチェックしてくれているかもしれません。生駒のレインボーラムネが毎年応募してみて当選確率を上げていくという方法が一番いいのではないでしょうか。

ちなみにレインボーラムネミニという商品も発売され、本家のレインボーラムネがあたらなかった場合、こちらを買って我慢するという方法もいいのではないでしょうか。レインボーラムネミニとは一体どんな商品なのでしょうか。

生駒のレインボーラムネミニとは?

生駒のレインボーラムネは幻のラムネと言われていますが、当選確率が低いので、なかなか当てることができません。しかしレインボーラムネミニという商品が「UHA味覚糖」から発売されましたので、こちらの商品を買って試してみるのもいいでしょう。スーパーやコンビニなどで気軽に購入することができるレインボーラムネです。

こちらの商品はイコマ製菓本舗と共同で開発して作られたもので、ミニサイズでパッケージに入っています。UHA味覚糖の商品のようにグミのような袋に入っています。小さくてコロコロとしているので子供でも食べやすいサイズになっています。

こちらもカラフルないろんな色のラムネが入っており、小粒で食べやすく、優しい懐かしい食感のレインボーラムネです。昭和の時代を思い出させるような懐かしいレインボーラムネを購入することができるのでこちらの商品もおすすめです。

生駒のレインボーラムネの応募期間は?

では幻のラムネと呼ばれている生駒のレインボーラムネの応募期間は一体いつなのでしょうか。応募期間は毎年3月の下旬と9月の下旬になっています。1年間にこの2回しかチャンスがありませんので、生駒の幻のレインボーラムネを購入するには、この2回のチャンスを逃してはいけません。確実に当選させるには2回とも応募するのが一番です。

お菓子でこれだけの応募があるなら、普通に発売しても良さそうなところですが、やはり今でもまだまだ抽選でないと購入することができないようになっています。応募期間も短くて一週間ぐらいしか猶予がありませんので注意です。

応募を受け付けている期間は2週間ほどしかありません。さらにインターネットでも応募することができないので注意が必要です。送り先や必要事項などはインターネットに記載されていますので応募期間にチェックしてみると良いでしょう。

生駒のレインボーラムネの当選結果が知りたい!

せっかく応募しても抽選に通らない可能性が高いので、気長に何回もレインボーラムネに応募してみるしかありません。これだけ当たらないと逆に抽選で当たるのが楽しみになるので、子供と一緒に毎年2回のチャンスに応募するイベントを行っても良いのではないでしょうか。なかなか当たらない方が楽しくなりそうです。

当選結果ですがこちらは当選した人だけにハガキが届くようになっています。当たった人にしかハガキが送られてきませんので、当選内容が記載されたハガキが届いたら記載されている振込用紙などで振込をしてお金を支払います。

レインボーラムネの当選発表の期間はインターネットやSNSで盛り上がっていますのでネットをチェックしてみるのも良いのではないでしょうか。当たらなくても毎回毎回気長に応募してみるのがおすすめです。

生駒のレインボーラムネの値段は?

生駒のレインボーラムネの値段は一体いくらぐらいなのでしょうか。生駒のレインボーラムネはお店によって違うようです。期間限定で販売されていたり、店舗で整理券が配られて販売されていたりするので、値段はイベントによって微妙に変わったりするようです。レインボーラムネの値段は750gで500円ほどで販売されています。

つまり100gあたりは100円以下で販売されているようです。値段が安いのかいまいち分かりませんが、値段は消費税の増加と伴って少しずつ変わってきているようです。場所はお店によっては250gで500円で販売されていたりもします。

大きな袋で販売されている場合はもう少し高い値段になったりするようです。オークションで転売する人がいるとさらに値段がつり上がって、オークションで販売されていることもあります。しかし値段はだいたい1000円以内では買えるでしょう。

生駒のレインボーラムネは抽選以外でも買える?

生駒のレインボーラムネは実は抽選以外でも買う方法がいくつかあります。あまり知られていない方法ですが、「旬の駅ならやま」ではあの幻のレインボーラムネを買うことができると話題になっています。旬の駅ならやまは道の駅ですが、平日限定で一人購入制限がかかりますが、25袋ほど販売されたりすることがあります。

朝に整理券が配られて整理券を手に入れることができたらレインボーラムネを手に入れることができます。しかし1日の販売数が少ないので、非常に購入するのが難しいです。また販売されているレインボーラムネの量も70gほどで少ないです。

また他にも「むさし屋」と言うお店でレインボーラムネを購入することもできます。石切神社の近くにある観光地の駄菓子屋さんですが、なんとレインボーラムネを購入することができます。しかしこちらのレインボーラムネはイコマ製菓本舗の製造でないです。

本家のレインボーラムネではありませんが見た目が似たような感じで、お店の名物お土産として販売されています。大阪に行く場合はこちらでレインボーラムネを購入してみてもいいのではないでしょうか。

生駒のレインボーラムネは他の場所でも手に入る?

生駒のレインボーラムネは実は他の場所でも購入することができる場合があります。かつてはふるさと納税のお礼として与えられたり、似たような商品を他の所で買ったりすることができるようになっています。しかしやはり本家のレインボーラムネを購入したいものです。人気のレインボーラムネは一体どこで購入すればいいのでしょうか。

奈良の生駒にある「菓子いちばん」と言うお店でもドキドキレインボーラムネが発売されることがあります。1kg近い大増量で発売されたりしませんので、かなりお得にレインボーラムネを買うことができたりします。

しかしいつ発売されるのかそうした情報がなかなか手に入りにくいので、近くに住んでいる人がお店に行って見てみるしかありません。それくらいくまのレインボーラムネは珍しい商品で、本家の製品を買うのはやはり難しいのです。

生駒のレインボーラムネはプレゼントにも最適!

生駒のレインボーラムネは小さな工場で作られていますが、何か抽選する時にプレゼント向けに包装してくれるサービスも行われています。プレゼントにしてレインボーラムネをあげたらきっと喜ばれること間違いありません。子供から女性まで可愛らしいレインボーラムネのプレゼントをもらったら喜ぶに違いないでしょう。

生駒のレインボーラムネは可愛らしいデザインの包装をしてプレゼントにしてくれます。プレゼントにしてもらうには有料のサービスになりますが、可愛らしい箱に入れてくれますのでしっかりしたプレゼントとして使えます。

子供のプレゼントやお土産などに買ってあげるには最適です。奈良県に旅行に行ったり仕事で訪れた時にたまたまレインボーラムネを見つけたら買って帰ってあげるのもいいのではないでしょうか。UHA味覚糖の商品を買っても喜ばれそうです。

生駒のレインボーラムネはふるさと納税で手に入る?

かつてふるさと納税をするとその記念品としてレインボーラムネがもらえるようになりました。1万円以上のふるさと納税をした人にレインボーラムネが記念品として贈呈されることになり、生駒のあの幻のレインボーラムネがふるさと納税で簡単に手に入ると話題になりました。しかもかなりの大増量で一気にゲットできます。

もし生駒のレインボーラムネを確実に手に入れたいなら、1万円から5万円のコースがあるふるさと納税を利用してレインボーラムネを手に入るのも良いのではないでしょうか。レインボーラムネを知っている人と一緒に購入しても良さそうです。

1万円からふるさと納税が簡単にできますので、学生さんでもお小遣いでレインボーラムネを手に入れることができます。抽選で応募する楽しみもありますが、なかなか当たらないので、気長に待つのが嫌だという人はこういう方法もあります。

生駒のレインボーラムネを応募しよう!

いかがでしたか?生駒にはレインボーラムネと呼ばれている応募総数が多くて当選確率が少ない幻のお菓子がありました。値段はお店によって違いますが、比較的安い値段で購入することができる幻のラムネです。昭和の懐かしいお菓子のラムネを、今でも製造しているイコマ製菓のレインボーラムネを是非とも応募してみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
tabito

新着一覧

最近公開されたまとめ