ポルトガルと日本の時差はどれくらい?サマータイムやフライト時間も調査!

ユーラシア大陸最西端に位置するポルトガルは、日本との時差が9時間ある南ヨーロッパの観光国。例年サマータイムも導入されており、季節によってその時差が異なります。今回は、日本からポルトガルの首都リスボンへ旅行する際のフライト情報や時差情報をまとめます。

ポルトガルと日本の時差はどれくらい?サマータイムやフライト時間も調査!のイメージ

目次

  1. 1ポルトガルと日本の時差やサマータイムをご紹介!
  2. 2ポルトガルってどんな国?
  3. 3日本からポルトガルへのフライト1:スペイン経由
  4. 4日本からポルトガルへのフライト2:オランダ経由
  5. 5ポルトガルと日本の時差情報1:時差は9時間
  6. 6ポルトガルと日本の時差情報2:サマータイムの時差とシーズン
  7. 7ポルトガルと日本の時差情報3:サマータイムのイベント
  8. 8ポルトガルと日本の時差情報4:アゾーレス諸島の時差
  9. 9ポルトガルと日本の時差情報5:旅行のベストシーズン
  10. 10ポルトガルと日本の時差情報6:おすすめの服装
  11. 11ポルトガルと日本の時差情報7:公用語
  12. 12ポルトガルと日本の時差情報8:通貨
  13. 13ポルトガルと日本の時差情報9:食べ物
  14. 14ポルトガルと日本の時差情報10:宗教その他の注意点
  15. 15ポルトガルの時差情報はこれでばっちり!

ポルトガルと日本の時差やサマータイムをご紹介!

ヨーロッパ最西端に位置するポルトガルは、日本から直行便のフライトがありません。そのため、ポルトガルへ旅行するためには、ヨーロッパ各地を経由するフライトで渡航するのが一般的です。

また、南ヨーロッパ各国同様、ポルトガルもサマータイムを導入しており、季節によって日本とポルトガルの時差は異なります。ポルトガル南部の一部地域は、同じ国内でも時差が異なりますので、その点にも注意が必要です。

今回は、ポルトガルの時差情報を中心に、ポルトガルの通貨や言語等の基本情報と旅行に役立つ情報をお届けします!

ポルトガルってどんな国?

日本とポルトガルの時差やサマータイムをご紹介する前に、まずは、ポルトガルがどんな国なのかをざっくりとご紹介致します。

イベリア半島に位置するポルトガルは大航海時代に様々な航路を開拓した海洋国。人口の97%は敬虔なカトリック教徒で、大航海時代にはたくさんの宣教師たちが海を渡り、遠く日本まで布教活動へ出かけていきました。

ポルトガルは、日本の約4分の1ほどの国面積があり、南北に長い国土に、15もの世界遺産を抱える観光大国です。

旅行者が特に多く訪れるのは、首都リスボンの他、北部に位置するポルトガル第2の商業都市ポルト、そして、中部に位置するビーチリゾートは、近年注目の観光スポットの一つで、夏のベストシーズンにはヨーロッパ各地からバカンスに訪れる人で賑わいます。

中部には、バターリャ、トマール、アルコバサの3つの修道院があり、すべて世界遺産に認定されています。ポルトガル全土で、ワインの生産も盛んで、甘口のポートワインは旅行者のお土産としても人気です。

首都リスボンからは、ユーラシア大陸最西端のロカ岬を観光できる他、白ワインの産地としても有名で、モシュカテル・デ・セトゥーバルのような甘口ワインなども楽しめます。

Thumbポルトガルの首都・リスボン観光の楽しみ方!名所・治安・お土産を一挙紹介!
スペインに隣接するポルトガルの首都リスボンは治安も比較的安定していて、世界遺産も多いことから...

日本からポルトガルへのフライト1:スペイン経由

続いては、日本からポルトガルの首都リスボンへ就航しているフライト情報についてお伝えします。日本からポルトガルの首都リスボンへ就航している直行便のフライトはないため、ヨーロッパ各地を経由して渡航するのが一般的です。

2018年12月下旬現在ポルトガルの首都リスボンに成田から就航しているフライトの中で、もっとも旅行時間が短いのは、スペインのイベリア航空を利用して行く便です。

イベリア航空でスペインの首都マドリードを経由してリスボンまで行くフライトで、所要時間は16時間5分ほどかかります。スペインを周遊する場合は、イタリア経由でバルセロナに入るルートなどが人気のようです。

スペインと日本の時差は、ポルトガルより1時間短く8時間となっています。マドリードの乗り継ぎ時間は、1時間30分ぐらいの場合が多く、乗り継ぎ本数も多いので、非常に便利です。

ポルトガル旅行の際は、スペインと合わせて周遊するツアーも人気で、スペインの主要都市3ヶ所とポルトガルのリスボンを含めた6都市から7都市ぐらいを10日間ほどかけて旅行するパターンが多いようです。

国内航空会社が運営するフライトがよい方は、ANAとルフトハンザのコードシェアフライトを利用してください。

日本からポルトガルへのフライト2:オランダ経由

ポルトガル旅行のフライト、続いてご紹介するのはオランダを経由してリスボンまで行く便につついて見てみましょう。

日本の成田空港から、オランダKLM航空のフライトなら、アムステルダムまでの所要時間が12時間5分。そこから、乗り継ぎが約1時間30分ほどで、オランダの格安航空トランサヴィア航空などに乗り継いでリスボンを目指します。

アムステルダムからリスボンまでの所要時間は約3時間です。オランダと日本の時差は8時間です。

この他、ヨーロッパ経由でリスボンまで就航しているフライトとしては、フランスのエールフランスの便があります。所要時間は、トランジットも入れて18時間40分。KLMオランダ航空よりもやや短い時間でアクセス可能です。

この他、ポルトガルのリスボンへ旅行するには、トルコのターキッシュエアなどのフライトが就航しています。イスタンブール経由でリスボンまで行くフライトは、所要時間が18時間40分。

イスタンブールと日本の時差は6時間です。ターキッシュエアラインもANAとのコードシェアフライトになっている便がありますので、国内航空会社を希望の場合は、こちらのご利用がおすすめです。

ポルトガルと日本の時差情報1:時差は9時間

ポルトガルと日本の時差は9時間で、ポルトガルが0時の時、日本は9時になります。日本の方が9時間先に時計が進んでいます。

ポルトガルと日本の時差を計算するには、日本の今の時刻から9引けばポルトガルの現地時間になります。日本からポルトガルへのフライトで到着すると16時間から20時間ほどかかります。

時差を加味すると、お昼到着なら日本は夜ぐらいになりますので、少し眠くなってしまう可能性もあります。20時間かかるフライトだと、ほぼ同日同時刻ぐらいの感覚で生活できます。

現地での旅行日数がそれほど多くない場合は、日本時間のまま生活する方が、日本に帰国した後の生活がきつくないかもしれません。

ポルトガルを含めたヨーロッパへ旅行する際には、日々の起床時間を少しずつ遅らせ、寝る時間も深夜を過ぎてから寝るようにずらしておくと、時差ぼけする割合が比較的少なくなります。

現地に到着してからは、できるだけ朝日を浴びて体内時計をリセットするようにすると、時差ぼけの影響を軽減できて、快適に旅行を楽しむことができるでしょう。

ポルトガルと日本の時差情報2:サマータイムの時差とシーズン

続いては、ポルトガルのサマータイムの実施時期等についてです。ポルトガルのサマータイムは、実施期間が3月の最終日曜日の深夜1:00から、10月の最終日曜日の深夜1:00までとなっています。

サマータイム実施中の日本とポルトガルの時差は、通常の9時間から1時間短くなり8時間となります。ポルトガルは、他のヨーロッパ諸国に比べて、1時間時差があるため、サマータイムの時だけでなく、移動の際には注意が必要です。

サマータイム実施中となる6月から9月は、ヨーロッパのバカンスシーズンと重なり、ホテルやフライトなども、かなり混雑します。乗り継ぎ便に遅れないよう、現地では必ず時計やスマホを現地時間に合わせておきましょう。

サマータイムの導入は、もともと太陽が出ている時間を最大限活用するために、時計の針を1時間早めて、早く起床して生活することを目的に始められ、国連加盟国193ヶ国のうち、全世界の約3分の1に当たる60ヶ国が採用しています。

サマータイムの切り替え期間となる3月下旬と10月下旬にポルトガルへ渡航される方は、お手持ちの時計の時間を必ず現地時間に合わせてください。

フライトの出発時間、現地ツアーの集合時間など、旅行中は時間を確認しなければならない場面がたくさん出てきます。乗り遅れなどがないよう、十分ご注意ください。

ポルトガルと日本の時差情報3:サマータイムのイベント

ポルトガルがサマータイムを実施している期間中には、どんな祝日や休日があるのでしょうか?4月には、22日の聖金曜日、24日の聖日曜日、さらに25日の自由記念日と3つの祝祭日があります。

カレンダーの曜日によっては、4連休になる可能性もありますので、ご注意ください。同じくサマータイム期間中で祝日が多いのは、6月で、10日のポルトガルの日やリスボンの聖アントニオ祭、ポルトの聖ジョアン祭など各地で祝祭日があります。

8月15日は、聖母被昇天祭、10月5日は共和制樹立記念日など、サマータイム期間中だけで、約10日の祝祭日があります。博物館、美術館などが休館日となるところが多くなりますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

ポルトガルと日本の時差情報4:アゾーレス諸島の時差

ポルトガル本土と日本の時差は、通常9時間ですが、南部のアゾーレス諸島は、本土よりさらに1時間遅くなります。通常時の時差は10時間、サマータイム時の時差は9時間となりますので、ご注意ください。

アソーレス諸島は、リスボンなどポルトガル西岸から、さらに西へ1400から1800kmの距離にある、9つの島々からなる火山群島です。

ポルトガルの大航海時代には、船乗りたちの経由地点として発展し、海賊なども度々襲来したため、たくさんの砦が築かれました。3番目に大きなテルセイラ島には、世界遺産に認定された要塞都市アングラ・ド・エロイズモもあります。

ポルトガルと日本の時差情報5:旅行のベストシーズン

ポルトガル旅行のベストシーズンは、一年のうちでもっとも雨が少なくなる6月から9月のシーズン。この時期のポルトガルは、降水量もほとんどなく、からっとしたお天気の下で観光を楽しめます。

フライトの価格が安くなるのは、11月、1月下旬、2月頃で、安く旅行したい方には、この3つの月がおすすめです。休みが取れるようであれば、11月が特におすすめで、ポルトガルワインやグルメを楽しむのに一番よい季節です。

観光地が多く集まるリスボンや北部のポルトは、サマータイムの時期となる3月から10月なら、いつでも旅行しやすいので、おすすめです。5月のゴールデンウィークは、日本からのフライト料金が高くなりますので、ご注意ください。

ポルトガルと日本の時差情報6:おすすめの服装

ポルトガル旅行におすすめの服装を季節毎にご紹介します。ポルトガルは、日本の東京よりも一年を通じて気温がやや低めです。夏でも、朝晩気温がかなり下がることもあります。

夏のポルトガル旅行でも、屋内での冷房対策をかねて羽織れる上着は持っていきましょう。それ以外の季節は、日本の各シーズンプラス1枚ぐらいの感覚だとちょうどよい感じです。

冬のヨーロッパは各地とも気温がグッと下がりますが、イベリア半島に位置するポルトガルはやや暖かく、首都リスボンは真冬の最低平均気温も5度を下回ることはありません。降水量がもっとも多くなるのは11月12月の2ヶ月です。

ポルトガルと日本の時差情報7:公用語

続いては、ポルトガルの言語についてお伝えします。ポルトガルの公用語は、ポルトガル語で離島を含めた全域でポルトガル語を話します。

英語が通じるのは、一部の観光地やホテルなどで、レストランやタクシーなど、基本的にポルトガル語での対応となります。スペイン語とは語彙が似ており、地域によってはスペイン語が通じるエリアもあります。

ちなみに、ポルトガル語でトイレはBanheiroまたは、Casa de banhoです。街中で公衆トイレを見つけるのは難しいので、美術館やレストランなどに入った時に、できるだけトイレは済ませておきましょう。

ポルトガルと日本の時差情報8:通貨

ポルトガルの時差情報、続いては、現地通貨についてです。ポルトガルでは、ヨーロッパの単一通貨ユーロを使用しています。

また、国内では、ほとんどすべての商品にIVAと呼ばれる付加価値税がかかっています。旅行者は、手続きをすれば税金は還付されますので、忘れないように手続きをしてください。

ポルトガルにもチップの習慣がありますが、義務というわけではないので、サービスに満足したときだけ支払えばOKです。タクシーはきりのいい金額に切り上げて支払ってください。

ポルトガルと日本の時差情報9:食べ物

ポルトガルを代表する食材と言えば、バカリャウ(干しタラ)で、コロッケやスープなど様々なポルトガル料理に使用されています。

大航海時代に南米や遠くアジア圏にも到達したポルトガルの船乗りたちは、このバカリャウで命をつないで海を渡ったと言われています。

中国のマカオでは、ポルトガルの宣教師たちが残した遺跡も数多く残されており、食文化も根付いています。スペインとはまた少し違った食文化がありますので、ぜひ、現地でいろいろなグルメに挑戦してみましょう。

ポルトガルと日本の時差情報10:宗教その他の注意点

国民の97%がカトリック教徒というポルトガルでは、世界遺産などの観光名所にも、数多くの宗教施設が含まれています。

教会を観光する際のマナーは、大声で会話したり、フラッシュ撮影をしないこと。また、タンクトップやショーとパンツなど、肌を露出した服装は避けるようにしてください。

特にミサの時間帯は、礼拝の邪魔になりますので、入れる場合でも静かに見学するようにしてください。

ポルトガルの時差情報はこれでばっちり!

ポルトガルと日本の時差やサマータイムなど、旅行に役立つ情報をご紹介致しました。ポルトガルの首都リスボンまでは、スペイン南部のセビーリャからバスでアクセスすることも可能です。

飛行機で行く場合は、日本からヨーロッパ各地まで飛び、そこから乗り継ぎのフライトで2時間から2時間半前後でアクセスできます。

ポルトガル旅行のベストシーズンは6月から9月。サマータイムとも重なっていますので、時計は日本マイナス8時間に合わせて旅行してみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

人気の記事

人気のあるまとめランキング