尼崎の観光名所おすすめ9選!子供も喜ぶおもしろスポットや穴場も紹介!

大阪からも神戸からも行きやすい立地にある尼崎。人口密度の高い街としても知られています。工業都市なイメージの強い尼崎ですが観光名所もたくさんあります。子供たちがたのしめる面白いミュージアムも。穴場の名所も含めて今回は尼崎のおすすめ観光名所をご紹介していきます。

尼崎の観光名所おすすめ9選!子供も喜ぶおもしろスポットや穴場も紹介!のイメージ

目次

  1. 1尼崎には面白い観光名所がいっぱい
  2. 2尼崎ってどこにあるの?
  3. 3尼崎は住みやすい街
  4. 4尼崎の観光名所を一挙ご紹介!
  5. 5尼崎の観光名所おすすめ1:尼崎城址公園
  6. 6尼崎の観光名所おすすめ2:田能遺跡
  7. 7尼崎の観光名所おすすめ3:寺町
  8. 8尼崎の観光名所おすすめ4:世界の貯金箱博物館
  9. 9尼崎の観光名所おすすめ5:シャレコーベミュージアム
  10. 10尼崎の観光名所おすすめ6:近松公園
  11. 11尼崎の観光名所おすすめ7:武庫川河川敷緑地
  12. 12尼崎の観光名所おすすめ8:本興寺
  13. 13尼崎の観光名所おすすめ9:魚つり公園
  14. 14尼崎には子供も楽しめる観光名所がいっぱい
  15. 15尼崎の観光名所に遊びに行こう!

尼崎には面白い観光名所がいっぱい

尼崎市兵庫県を代表する都市。45万人もの人が尼崎で生活をしています。工業都市のイメージが強いかもしれませんが尼崎には観光スポットも数多くあります。

その中には子供たちが楽しめるユニークで面白いスポットやちょっと変わったスポット、穴場なところまでいろいろあります。今回はそんな尼崎の観光スポットをご紹介していきます!

尼崎ってどこにあるの?

尼崎市は兵庫県南東部に位置しています。兵庫県伊丹市の南、大阪府吹田市や大阪市の西にあります。神戸からも大阪からもアクセスしやすいため非常に大勢の人たちが生活するベッドタウンでもあります。

そのアクセスのしやすさから兵庫県尼崎市は人口密度が全国有数の高さだそう。賑やかで飲食店や商業施設も多く立ち並ぶ街です。

JR尼崎駅から新快速に乗ったとしてJR大阪駅まではなんと6分で行くことが出来ます。また尼崎にある阪急塚口駅からは通勤特急に乗れば大阪の阪急梅田駅まで9分で出ることが出来ます。兵庫県の阪神尼崎駅から急行に乗れば大阪の阪神梅田駅までもなんと9分で出ることができます。

新幹線や快速などが便利に走っていますのでそれらを使えば大阪市内まで通勤圏内です。それでも大阪に住むよりも家賃が安く済みますのでビジネスマンやOLにも便利で人気の穴場な街ということが出来ます。

また、兵庫県の神戸に出るにも尼崎は便利です。JR尼崎駅から新快速に乗ればJR三ノ宮駅までなんと16分、阪急塚口駅からも通勤特急に乗れば阪急神戸三宮駅まで20分弱で出ることが出来ます。

「阪神なんば線」に乗れば阪神尼崎駅から乗り換えすることなく乗ったままで近鉄奈良駅まで一直線。1時間以内で移動することが出来ます。便利な電車がたくさん走っていて、尼崎は生活しやすい街として人気なのです。

Thumb兵庫の観光おすすめスポット31選!デートや子供連れにも人気の穴場も紹介!
兵庫県は、日本海側から瀬戸内海側に渡って在る県です。そんな兵庫県の代表的な観光スポットと言っ...

尼崎は住みやすい街

JR尼崎駅をはじめ、尼崎にある駅には塚口駅などどんどんと駅前が便利になり新しいショッピングモールが増えています。自転車や徒歩で行くことが出来る範囲内に大きなショッピングモールがあるために遠出をする必要がないのも尼崎の人気の理由の一つです。またイオンやコストコなど大量買いに便利な大手スーパーもあります。

尼崎は飲食店が多いことでも知られています。人口密度が高いことで有名な街ですからそれだけ飲食店の需要も大きくなります。

仕事帰りにふらっと寄ることが出来る居酒屋、おしゃれなイタリアン、記念日にぴったりなフレンチレストラン、ファミリーレストランなど多種多様な飲食店があります。歴史のある街ですから昔ながらの老舗も点在しています。尼崎は住むのにとっても便利な街のようです。

尼崎の観光名所を一挙ご紹介!

住みやすい街、大勢の人が生活する尼崎ですが歴史的にも古い街で観光名所がたくさんあります。子供たちが楽しめる面白い博物館やのんびりと過ごすことが出来る公園などこの街で生活する人たちだけでなく他の街からも観光に訪れることが出来る名所がたくさんあります。

尼崎に数多くある観光名所の中から穴場といわれるスポットや一般的に有名なスポットに至るまで今回は9つのスポットを選んでご紹介していきます。

尼崎の観光名所おすすめ1:尼崎城址公園

尼崎は実は城下町。江戸時代初期に尼崎城は尼崎藩主の戸田氏鉄(うじかね)氏によって築かれました。非常に美しい城だったそうで沖から見るとまるで尼崎城が海に浮かんでいるように美しく見え、その幻想的な姿から「琴浦城」とも呼ばれていたのだそう。尼崎の歴史を知ると尼崎城はこの地の誇りだった時代があることがわかります。

その尼崎城は今はありませんが復元しようという動きがあり、まさに2018年末完成をみました。ミドリ電化(現エディオン)の創業者が私財を寄付することによって尼崎城の天守閣が改めて復元され、この尼崎の地に帰ってきました。

2019年の3月に開城記念式典が行われる予定となっています。尼崎城の一般公開が始まるのはその式典の翌日からとなっています。まさに尼崎を代表する観光スポット、名所の誕生です。

尼崎城の隠れた歴史

尼崎城が築かれたのは今からおよそ400年程前。江戸時代のことです。当時「大阪の西の守り」という役割を担っていた美しく大きな名城でした。築かれたのは1617年(元和3年)のこと。江戸幕府の命を受けて戸田氏鉄(うじかね)により築かれました。

その広さはなんと約300メートル四方。現在でいうところの阪神甲子園球場の3.4倍にもなる広さの敷地に建てられたお城でした。美しく立派な尼崎藩政の中心だった尼崎城ですが明治維新後に廃城となってしまいます。1873年(明治6年)のことです。この年、尼崎城は廃城令を受けることになります。

その廃城令により天守や石垣、櫓(やぐら)など城の美しい要所要所が次々に取り壊されてゆき、完全にこの尼崎の地から姿を消すこととなります。全国に城跡があれば城の一部や石垣などが残っているのが普通ですがこれほど完全に姿を消してしまった、城のすべてを失ってしまった城は珍しいということです。ゆえに「幻の城」ともいわれています。

尼崎の観光名所おすすめ2:田能遺跡

こちらも尼崎の歴史を知ることが出来る貴重な観光名所です。弥生時代の住居跡や柱穴、お墓など様々な異遺物が次々に発見されここが弥生時代に大集落跡であったことがわかり貴重な発見として残されています。

特に弥生時代の木棺墓が発見されたことは非常に珍しく、田能遺跡が初めてだったといわれています。なぜなら木の棺は土などに触れていると腐っていくために長い年月をかけて消えてしまうため残っていることがあまりありません。

これまでも弥生時代に生活していた人が亡くなった場合木の棺に入れて葬られていたであろうということは人骨や木の痕跡などから推測されていましたが実際にここで弥生時代の木の棺が見つかり、しかも人骨が一緒だったことは非常に大きな発見でした。

今まで推測の域であった弥生時代のお墓の様子をはっきりと裏付けるものとして専門家たちの間で大きな注目を浴びました。現在ここではその弥生時代の集落跡に当時の住居の様子が復元されて資料館として様々な当時の発掘品が展示されています。

尼崎の観光名所おすすめ3:寺町

寺町も尼崎が城下町だったことを裏付けている面白い観光名所です。寺町は1617年(元和3年)に先の述べた戸田氏鉄が尼崎城を築いたことにより城下町として誕生した街です。

ここ寺町には城地に当たる寺院が数多く立ち並んでいるのでそれらの寺院を巡ってみるのも面白いスポットかもしれません。江戸時代初期(1635年)に書かれたと思われる城下絵図を調べると当時ここには20もの寺院が軒を連ねていたものと思われますが現在は藩主が交替したり廃寺になったりとしたために寺の数は11か寺となっています。

賑やかな尼崎の街中にありますがここに一歩足を踏み入れると江戸時代の城下町の雰囲気が味わえる面白い穴場な観光名所です。

尼崎の観光名所おすすめ4:世界の貯金箱博物館

次にご紹介するのは子供たちに人気の面白い博物館です。夏休みやゴールデンウイークなどの子供の休みの時期には家族連れのお客さんが多いスポット、「世界の貯金箱博物館」です。

世界の貯金箱博物館に入ってみるととにかくズラリと並べられた貯金箱の多さにびっくり!子供たちも思わず笑いだしてしまいます。この博物館にある貯金箱の数はなんと13,000点にも及ぶそうです。

貯金箱は日本だけでなく世界中から集められています。その数なんと世界62カ国。まずはそんな世界中から集められた面白い貯金箱たちを見て行きましょう。そのあと次のコーナーである「MADE IN 日本」に入っていきます。

そのコーナーへは本物の銀行の奥にある金庫の扉が。なかなか普段銀行の金庫の扉なんて触ることがありませんのでこれもとっても面白い体験です。この博物館は博物館として使用される前は銀行として使われていたそうです。ドラマでしか見たことがなかった銀行の金庫とその金庫の扉をみることが出来るのは子供たちにとっても面白い経験です。

その重たい扉を空けて入ると日本の貯金箱が並んでいるコーナーです。縁起物の貯金箱などが展示されているので見ていきましょう。他では見ることが出来ない面白い博物館。親子で楽しめると人気の穴場なスポットです。

開館日は火曜日から日曜日で午前10時から午後4時までとなっています。月曜日と祝休日はお休みです。祝休日が土、日と重なる場合は開館しています。また年末年始はお休みとなっていますのでお出かけになる前にサイトをご確認ください。最寄駅は阪神電車の尼崎駅です。歩いて5分ほどで行くことが出来ます。博物館の入館料は無料です。

尼崎の観光名所おすすめ5:シャレコーベミュージアム

関西医科大学名誉教授をしておられる、そして脳神経外科医でもあられる河本館長さんが自ら30年もの年月をかけて集めたというコレクション。その数7,000点以上のコレクションの中から選んだものが展示されているという穴場なスポット、「シャレコーベミュージアム」です。

つまり頭蓋骨だけを集めて展示している面白いスポット、博物館ということです。なんと世界初の博物館だとか。発想が面白い。びっくりする建物の入り口にもちろんシャレコーベが歓迎するかのように座っています。

まず1階にある展示室。この展示室のテーマは「生活」。そして階段を登って2階にある展示室。そこのテーマは「文化」となっています。世界中で登場するシャレコーベが並んでいます。祭りや、ハロウィンで登場するようなものです。

そしてさらに階段を登って3階展示室。ここはテーマが「科学」です。人類考古学、頭蓋骨学など学術的にも貴重なシャレコーベが展示されています。それ以外にも遊び心がある面白いシャレコーベがたくさん。こんな珍しい面白い博物館はありません。

尼崎の観光名所おすすめ6:近松公園

江戸時代の初期、浄瑠璃・歌舞伎の作者だった近松門左衛門のお墓がある広済寺の隣にある公園です。回遊式日本庭園風でゆったりとした雰囲気が人気の公園。近松門左衛門のブロンズ像もあります。池やせせらぎもあり木々も綺麗に管理されているので桜や梅林を楽しみに花見に訪れたり、散歩したりすることが出来る穴場なスポットです。尼崎の憩いの場です。

尼崎の観光名所おすすめ7:武庫川河川敷緑地

西宮市と尼崎市との間を流れていてそのまま大阪湾へと続く武庫川で釣りを楽しんだり河川敷でテニスやジョギングをしたり。河川敷が9キロにわたってきれいに整備されているために散策したりピクニックをしたり思い思いに楽しむことが出来るいこいの場です。週末や祝日には家族連れやグループでにぎわうスポットです。

尼崎の観光名所おすすめ8:本興寺

次にご紹介するスポットは本興寺です。本興寺は法華宗本門流の寺院。千葉県の鷲山寺、京都府の本能寺、静岡県の光長寺と合わせて四大本山と呼ばれておりそのうちの1つです。1420年(応永27年)に現在の尼崎城本丸跡に開創されたといわれています。

本興寺は見どころがたくさんあります。貴重な文化財が多くあり、特に室町・桃山時代の建造物の数々、「三光堂」「方丈」「開山堂」、日隆上人自ら開眼した御木像「木造日隆上人坐像」、日蓮上人御所持の「太刀銘恒次(数珠丸恒次)」などの国の重要文化財に指定されている貴重な品々が展示されています。

尼崎の観光名所おすすめ9:魚つり公園

最後にご紹介するのは穴場なスポット、尼崎魚つり公園です。ここ魚つり公園は1982年に作られた公園で、尼崎市と西宮市の境を流れている武庫川の河口に作られました。桟橋スタイルの釣り公園で釣りのために作られた橋で釣りを楽しむことが出来ます。

クロダイやスズキが釣れるといわれています。初心者でも魚を釣る楽しみを味わえると評判で子供や未経験者も大勢訪れています。それ以外にもアイナメやサヨリ、メバルなども釣ることが出来ます。またアジやサバなどもサビキ釣りで狙えます。

ここは尼崎市が管理をしている尼崎市立の公共施設になります。子供たちが釣りを体験学習することが出来る施設ともなっています。家族連れで休みの日の子供たちのために訪れてみましょう。多目的運動広場も併設されているのでそこでも子供たちと楽しい時間を過ごすことが出来ます。

尼崎には子供も楽しめる観光名所がいっぱい

尼崎は工業都市といわれているためにあまり子供たちが面白い経験ができるような遊び場所はないと思われていますがそんなことはありません。国の重要文化財に指定されているような貴重な建物や展示品が見られるところも数多くあります。穴場な面白いスポットもたくさん。尼崎を知れば知るほど尼崎の印象がかわることでしょう。

尼崎の観光名所に遊びに行こう!

尼崎城が公開されればますます尼崎に観光に訪れる人が増えることでしょう。子供たちが釣りの面白い経験をすることが出来る施設や世界中の貯金箱が集まっているなんていう面白い博物館もありました。

シャレコーベが集まっているなんて他では聞いたことがない面白い施設も人気です。穴場なスポットが数多くある尼崎。次の休みにはぜひ尼崎に行ってみましょう!

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Canna

新着一覧

最近公開されたまとめ