カザン(ロシア)観光まとめ!時差や治安情報・おすすめスポットも紹介!

ロシアにある「カザン」という都市を知っていますか?ロシア連邦を構成している共和国の一つ、タタールスタン共和国の首都であるカザンは、魅力的な観光地として知られています。時差や治安、観光スポットにグルメなど、カザンの観光情報をご紹介していきます。

カザン(ロシア)観光まとめ!時差や治安情報・おすすめスポットも紹介!のイメージ

目次

  1. 1ロシアのカザンを満喫しよう!観光情報をご紹介
  2. 2ロシア内に国!?タタールスタン共和国の首都「カザン」
  3. 3ロシアのカザンへの行き方はモスクワを経由
  4. 4カザンへの経由地!日本からモスクワへの行き方
  5. 5モスクワからカザンへの行き方
  6. 6ロシアのカザンと日本の時差はどのくらい?
  7. 7ロシアのカザンは安全?気になる治安について
  8. 8ロシアのカザンで必訪のおすすめ観光スポット!
  9. 9ロシアのカザンの観光スポット1:カザン・クレムリン
  10. 10ロシアのカザンの観光スポット2:シュユンビケ塔
  11. 11ロシアのカザンの観光スポット3:クルシャリフ・モスク
  12. 12ロシアのカザンを訪れるなら必食のグルメ
  13. 13ロシアノのカザンの必食グルメ1:バウルサク
  14. 14ロシアノのカザンの必食グルメ2:チャク・チャーク
  15. 15ロシア内にある魅力的な都市「カザン」を観光しよう!

ロシアのカザンを満喫しよう!観光情報をご紹介

ロシア連邦を構成している共和制国家「タタールスタン共和国」の首都「カザン」。小さな国の小さな首都でありながらも、世界遺産などをはじめとしたさまざまな観光スポットを有しており、魅力的な観光地として知られています。行き方、時差、治安、そして必訪の観光スポットに必食のグルメなど、カザンの観光情報をまとめてご紹介していきます。

ロシア内に国!?タタールスタン共和国の首都「カザン」

ロシアにある「カザン(Kazan)」という都市をご存知でしょうか?日本でいうと岩手県とほぼ同じ約120万人の人口を持ち、ロシアで6番目に人口の多い都市として知られているカザンですが、厳密に言えば、実はカザンはロシアという国の都市ではないんです。

カザンはロシア連邦を構成している「タタールスタン共和国(Tatarstan Respublikası)」という共和制国家の都市であり、また同国の首都としての機能を果たしています。タタールスタン共和国にも大統領が存在し、独自の憲法も存在するのです。

一つの国の中にまた別の国があるなんて不思議な感覚を覚えますが、カザンのようにロシア連邦を構成していながらもロシア連邦から独立していない共和制国家は、ほかに21ヶ国も存在しているんです。そのうちの一つ「チェチェン共和国(Chechenskaja Respublika Rossijskoj Federatsii)」なんかは知っている方も多いことでしょう。

タタールスタン共和国は、大きく分けて二つの民族によって構成されている国です。人口の40パーセントがロシア人で、53パーセントがタタール人という割合になっています。ロシア人の影響によるイスラム教とタタール人によるキリスト教の文化がカザンの街並みにも反映されており、それらがうまく融合し調和した異国情緒溢れる雰囲気が魅力です。

Thumbロシア観光でおすすめの名所23選!世界遺産などの人気スポットを紹介!
2018年にはワールドカップでも盛り上がった、世界中でもっとも広い国土面積を誇るロシアですが...

ロシアのカザンへの行き方はモスクワを経由

それではまず、日本からカザンへの行き方について見ていくことにしましょう。カザンには「カザン国際空港(KazanInternational Airport)」という国際空港があるのですが残念ながら日本からの直行便は就航しておらず、直接アクセスすることはできません。

そのため、まずは日本からロシアの首都であるモスクワへアクセスし、モスクワを経由してカザンへとアクセスするという行き方となります。モスクワからカザンまでの行き方は陸路で、一般的にカザン方面行きの夜行列車を利用してアクセスすることになります。

カザンへの経由地!日本からモスクワへの行き方

モスクワの空の玄関口は「ドモジェドヴォ空港(Domodedovo International Airport)」というロシア最大の国際空港です。ドモジェドヴォ空港には日本からの直行便が就航しており、約10時間のフライトでモスクワへのアクセスが可能となっています。

モスクワのドモジェドヴォ空港までの直行便は、成田国際空港から就航しています。航空会社は、アエロフロート航空または日本航空のいずれかになります。どちらの航空会社のフライトも、1日に1便、午前中の出発となっています。

モスクワからカザンへの行き方

モスクワに到着したら「カザンスキー駅(Moscow Kazanskaya Railway Station)」という、モスクワとカザン方面を結んでいる鉄道駅へと向かいましょう。ここから夜行列車に乗車してカザンまで移動することになります。チケットは窓口にて購入可能です。

モスクワからカザンまでの夜行列車のチケット料金は、開放寝台で往復4500ルーブル、日本円にして約7100円となっています。所要時間は、約12時間から約13時間と長時間移動になりますが、乗り換えの必要なく一本でアクセスすることができるので便利です。

ロシアのカザンと日本の時差はどのくらい?

海外旅行の際に気になることの一つが、時差。次は、ロシアのカザンと日本との時差について見ていくことにしましょう。ロシアのカザンと日本との時差は、マイナス6時間。時差がマイナス6時間ということは、日本の方が6時間進んでいるということになります。

ご存知の通り、ロシアは世界一広い国土を持っている国です。そのため、国内には11個のタイムゾーンが設けられています。つまり、ロシアは11の地域で時差が発生しているということになります。ロシア国内の時差は、最大なんと10時間にもおよぶのだそうです。

ロシアを旅行するとなると、ほとんどの場合、首都であるモスクワや第二の都市であるサンクトペテルブルク(Saint Petersburg)の観光がメインとなるかと思いますが、これらの都市と日本の時差もカザンと日本の時差と同じく、マイナス6時間となっています。

つまり、モスクワやサンクトペテルブルクとカザンは同じタイムゾーンであるため、カザンとの時差はない、ということになります。モスクワやサンクトペテルブルクを拠点にしてカザンへと移動する場合には、特に時差の心配をする必要などはなさそうです。

ロシアのカザンは安全?気になる治安について

海外旅行の不安要素といえば、やはりその国の「治安」でしょう。いくら観光スポットやグルメなどが魅力的であっても、治安がよくないとなれば考えものです。あまりイメージが湧かないかと思いますが、実際のところカザンの治安はどうなのか見ていきましょう。

「ロシアは治安が悪い国」というのは聞いたことがある方も多いのではないかと思います。ただ、外国人観光客をターゲットとしたスリや置き引きなど金銭目的の軽犯罪は確かに頻発していますが、命を狙われるような重犯罪に関してはそうそう起きないようです。

ロシアでは国民の経済格差が大きな社会問題の一つとなっているそうで、こういった背景から金銭目的の軽犯罪が繰り返されているのだそうです。貴重品は肌身離さず、手荷物も目の届く範囲でしっかり管理するなど、最低限の行動で自分の身を守ることができます。

これは、カザンについても同じことがいえます。カザンの治安自体は、ロシアの治安よりも落ち着いているといえるようなのですが、それでも高価なものは身につけない、貴重品をポケットに入れたりしないなど、最低限の行動をとることを忘れてはならないのです。

カザンの街中を歩いていて危険を感じるようなこともまずありません。貴重品管理が疎かになっていたり、ターゲットになりそうな行動をとらなければ問題はありません。ただ、比較的治安が安定しているとはいえ、深夜に一人で出歩くのは控えた方がいいでしょう。

ロシアのカザンで必訪のおすすめ観光スポット!

都市の概要、行き方、時差、治安など、カザンの基本情報を押さえることができたところで、次はいよいよ気になるカザンの観光スポットについて見ていくことにしましょう。

小さな共和制国家の小さな都市であるカザンですが、歴史的にも建築学的にも大変価値のあると評価されている世界遺産が集まっています。イスラム香る世界遺産「カザン・クレムリン(Kazan Kremlin)」をはじめとしたおすすめの観光スポットをまとめました。

ロシアのカザンの観光スポット1:カザン・クレムリン

まず最初にご紹介するカザンのおすすめ観光スポットは「カザン・クレムリン(Kazan Kremlin)」です。カザン・クレムリンは、カザンを代表する大人気観光スポットの一つで、2000年にはユネスコの世界文化遺産に登録されたことでも知られています。

「クレムリン(Kremlin)」とは、中世ロシアの都市の中心となっている城塞のことを指しています。ロシアのクレムリンというとモスクワにある世界遺産のクレムリンが有名ですが、カザン・クレムリンはモスクワのそれよりもさらに巨大なクレムリンなんです。

ヴォルガ・ブルガール人により11世紀の初めに建設されたとされている、カザン・クレムリン。ロシア連邦最古の都市の一つであるカザンの街の、最も古い歴史を持っている場所です。建築的な素晴らしさや白と青の美しいコントラストに注目してみてください。

ロシアのカザンの観光スポット2:シュユンビケ塔

次にご紹介するカザンのおすすめ観光スポットは「シュユンビケ塔(Suyumbike Leaning Tower)」です。シュユンビケ塔は、上記のカザン・クレムリン(Kazan Kremlin)内に位置している斜塔のことを指しています。高さは約58メートルです。

シュユンビケ塔は、世界的に有名なイタリア・ピサ市にあるピサ大聖堂の鐘楼「ピサの斜塔(Pisa Leaning Tower)」と同じく、2メートルほど横に傾いている斜塔になります。この塔に関する残された資料が非常に少なく、謎の建築物とされているのだそう。

かつて、イワン雷帝がカザンを攻略し、カザン・ハン国の美しい娘に求婚して断られたときのこと。イワン雷帝は娘を脅し、無理矢理自分と結婚させようとします。そこで、娘は結婚を承諾する代わりに「7日間で7階建ての塔を建ててほしい」というおかしな要求をし、1日1階ずつ建設は進み、約束通り7日目に塔は完成。そこで結婚式が始まりました。

結婚式の途中で、娘はその場を飛び出し、塔の上まで上ります。そして、そのままそこから身投げをしてしまったのです。娘の名前は「シュユンビケ(Suyumbike)」。シュユンビケ塔はその悲劇の舞台となった場所で、彼女にちなんで名付けられたのだそうです。

ロシアのカザンの観光スポット3:クルシャリフ・モスク

最後にご紹介するカザンのおすすめ観光スポットは「クルシャリフ・モスク(Kul Sharif Mosque)」です。シュユンビケ塔(Suyumbike Leaning Tower)と同様に、カザン・クレムリン(Kazan Kremlin)内に位置しているイスラム教のモスクになります。

クルシャリフ・モスクは、カザンだけでなくタタールスタン共和国の主要なモスクとして知られています。チェチェン共和国の行政中心地であるグロズヌイ(Grozny)でモスクが建設されるまでは、クルシャリフ・モスクがロシア最大規模を誇るモスクでした。

クルシャリフ・モスクは、カザンで最も美しいとされている建築物の一つ。カザンを訪れるからには、クルシャリフ・モスクを見学せずに帰るわけにはいきません。クルシャリフ・モスクの地下に設けられた「イスラム文化博物館」もぜひ立ち寄ってみてください。

ロシアのカザンを訪れるなら必食のグルメ

海外旅行の楽しみは、観光スポット巡りだけではありません。現地のグルメを味わうのも海外旅行の醍醐味の一つでしょう。カザンのグルメといってもピンとこない方がほとんどではないかと思いますが、実はカザンのグルメは日本人の口にとてもよく合うんです。

最後に、カザンを訪れるからには絶対に食べておきたいおすすめグルメをご紹介していきます。数ある中でも特におすすめしたい人気グルメ「バウルサク(бавырсак)」と「チャク・チャーク(чак-чак)」について、それぞれご紹介していきます。

ロシアノのカザンの必食グルメ1:バウルサク

まず最初にご紹介するカザンのおすすめグルメは「バウルサク(бавырсак)」。バウルサクはカザンのパイ料理の一種で、揚げドーナッツのようなものになります。パンのようなシンプルなものからパリパリ食感の甘いものまで、さまざまな種類があります。

小麦粉、バター、牛乳、塩水、イーストを用いて作られる、バウルサク。砂糖や卵などが用いられることもあり、ビスケットやクッキーの一種として考えられることもあるのだそうです。丸あるいは三角に形作られ、油で揚げて作られるという特徴があります。

甘く優しい味わいのバウルサクは日本人の口にもよく合い、おいしいと評判を得ています。カザンのパイ料理はお菓子のようなバウルサクだけではありません。じゃがいもと玉ねぎ、そしてラム肉を詰めたものや、具入りパンや揚げまんじゅうなど、多種多様です。

ロシアノのカザンの必食グルメ2:チャク・チャーク

次にご紹介するカザンのおすすめグルメは「チャク・チャーク(чак-чак)」です。チャク・チャークは、ハチミツを用いて作られる揚げ菓子で、タタール人をはじめ、カザフ人、キルギス人、バシキル人、ウズベク人などの民族を中心に食べられています。

チャク・チャークは、小麦粉、卵、ハチミツと、シンプルな材料だけで作られています。小麦粉と卵を混ぜ合わせて作った生地を棒状にしてカットし、油で揚げたあとにアツアツのハチミツをかけるだけで完成。濃厚な甘さが広がる、カザンの代表的なスイーツです。

ロシア内にある魅力的な都市「カザン」を観光しよう!

いかがでしたか?ロシア連邦を構成している共和制国家の一つ、タタールスタン共和国の首都「カザン」の観光情報をまとめてご紹介しました。行き方、時差、治安など、気になる点は解決できましたでしょうか。見応えのある世界遺産に日本人の口に合うグルメなど、魅力的な観光地であるカザン。機会があれば、ぜひカザン観光をお楽しみください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
rikorea.jp

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ