USJのチケットを前売り券と当日券で徹底比較!メリット・デメリットも解説!

大阪USJを訪れる際には必ずチケットが必要になりますが、当日か前売りかどちらかで購入しなければいけません。USJのチケットを購入する場合、当日か前売りかどちらが良いのかをここでは比較していきます。これからUSJを訪れる人の助けになれば幸いです。

USJのチケットを前売り券と当日券で徹底比較!メリット・デメリットも解説!のイメージ

目次

  1. 1大阪USJの当日と前売りチケットのメリットデメリットを比較!
  2. 2大阪USJの前売りチケットの種類1:1デイスタジオパス
  3. 3大阪USJの前売りチケットの種類2:1.5デイスタジオパス
  4. 4大阪USJの前売りチケットの種類3:2デイスタジオパス
  5. 5大阪USJの前売りチケットの種類4:障がい者向け割引スタジオパス
  6. 6大阪USJの前売りチケットの種類5:ユニバーサル年間パス
  7. 7大阪USJの前売りチケットの種類6:トワイライトパス
  8. 8大阪USJの前売りチケットの種類7:バースデーパス
  9. 9大阪USJの前売りチケットを買う方法1:WEBチケットストア
  10. 10大阪USJの前売りチケットを買う方法2:Yahoo!チケット
  11. 11大阪USJの前売りチケットを買う方法3:ローソンチケット
  12. 12大阪USJの前売りチケットを買う方法4:パートナーホテル
  13. 13大阪USJの前売りチケットを買う方法5:パークのチケットブース
  14. 14大阪USJの前売りチケットを買うメリット:ダイレクトインですぐに入場できる
  15. 15大阪USJの前売りチケットを買うデメリット:キャンセルが不可
  16. 16大阪USJの当日チケットのメリット:同伴者が割引になることがある
  17. 17大阪USJの当日チケットのデメリット1:チケットブースに並ばないといけない
  18. 18大阪USJの当日チケットのデメリット2:入場制限に注意
  19. 19大阪USJの前売りチケットがおすすめな人1:行く日が決まっている
  20. 20大阪USJの前売りチケットがおすすめな人2:当日並ぶのが嫌
  21. 21大阪USJの当日チケットがおすすめな人:年パスを持っている人と一緒にいく場合
  22. 22大阪USJの前売りチケットのメリットデメリットを知っておこう!

大阪USJの当日と前売りチケットのメリットデメリットを比較!

大阪USJに行く時に前売りチケットを買う人もいれば、当日買う人もいます。前売りチケットの方がメリットが大きいと感じる人もいるかもしれませんが、実際に比較したらどうなるか考えていきます。USJのチケットの種類を紹介するとともに、前売りと当日のメリットデメリットも紹介します。これからUSJを訪れる人はぜひ参考にしてください。

大阪USJの前売りチケットの種類1:1デイスタジオパス

USJで前売りで発売しているチケットの一部を紹介します。1デイスタジオパスはUSJをオープンからクローズまで1日中楽しめるチケットです。入場日によって料金が異なります。大人料金が税込7400円からで、4歳から11歳までが税込5100円から、65歳以上は税込6700からとなっています。どの料金かは公式ホームページを確認してください。

USJを訪れる人が最も利用するチケットといえるでしょう。日帰りでUSJを楽しみたい人にはおすすめです。1デイスタジオパスに、アトラクションの待ち時間が短縮して利用できる、USJエクスプレスパスがあれば、より無駄なく楽しめるでしょう。

1デイスタジオパスを利用して、1日しっかりとUSJを楽しんでください。利用時間が長ければ長いほど得なチケットです。

ThumbUSJエクスプレスパス4の料金や使い方まとめ!待ち時間は短縮できる?
大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、人気の観光地です。そんな人気の観光地では、USJエ...
ThumbUSJエクスプレスパス7の料金や購入方法まとめ!おすすめの回り方は?
USJエクスプレスパス7は、大阪ユニバーサルスタジオジャパンを効率よく回るためのユニバーサル...

大阪USJの前売りチケットの種類2:1.5デイスタジオパス

1.5デイスタジオパスは、USJを連続した1.5日利用できるチケットです。連続した1.5日を具体的に表現すると、初日の15時以降に入場しクローズまで楽しめ、翌日はオープンからクローズまで楽しめることになります。USJを1日では物足りないけど、丸2日間時間を取れないという人におすすめです。1.5日でもしっかり楽しめるチケットです。

1.5デイスタジオパスの料金も入場日によって異なります。大人料金10900円からで、4歳から11歳までの小人は7400円からとなっています。なお、シニアは大人料金と同じとなっています。2日目は1日目と同じチケットで入場なので紛失に気をつけてください。

1.5デイスタジオパスは、初日は15時から入場できるため、午前中だけ仕事をしてからでも利用できるチケットです。無駄なくUSJを楽しみましょう。

大阪USJの前売りチケットの種類3:2デイスタジオパス

2デイスタジオパスは、連続した2日間利用できるチケットです。USJをまるっと2日間楽しみたい人におすすめです。2日間ともオープンからクローズまで楽しめます。USJを徹底的に楽しめるため、とても人気があります。USJを2日間楽しめるならば、気に入ったアトラクションを何度も利用できます。パレードも複数回楽しめます。

2デイスタジオパスの料金も入場日によって異なります。大人料金は税込13400円からで、4歳から11歳の小人は税込9000円からとなっています。1デイスタジオパスを2回分購入するよりも安い料金で利用するため、2日間利用する人には必須のチケットです。

USJを2日間徹底的に楽しめるチケットなので、連休を中心に人気があります。両方とも平日に利用できれば、最高にUSJを楽しめるでしょう。

大阪USJの前売りチケットの種類4:障がい者向け割引スタジオパス

障がい者向け割引スタジオパスは、USJが指定する障がい者手帳を持っている人が利用できるチケットです。利用できる期間は1デイスタジオパスと同じです。障がい者でもUSJを気軽に楽しめるように設けられたチケットです。障がい者でも楽しめるアトラクションばかりなので、健常者と変わりなくUSJを楽しめるでしょう。

障がい者向け割引スタジオパスの料金も入場日によって異なります。大人料金が税込3950円からで、4歳から11歳までの小人が税込2700円からです。障がい者手帳を持っている人1人につき、同伴者1名が障がい者向け割引スタジオパス料金で入場可です。

障がい者だからといって、USJが楽しめないということはありません。障がい者でもしっかりと楽しめるのがUSJの良さといえるでしょう。

大阪USJの前売りチケットの種類5:ユニバーサル年間パス

USJを年間に何回も利用する人におすすめなのが年間パス(通称年パス)です。年間パスには3種類あります。ユニバーサル年間パスライト、ユニバーサル年間パスは除外日がありますが、1年間USJを利用できます。年間パスを購入した時から1年間有効です。ちなみに有効期間開始日は、たとえ除外日であっても利用することができます。

ユニバーサル年間パスVIPは除外日なしで利用できます。USJのヘビーユーザーには年間パスVIPがおすすめです。年間パスライトの料金は、大人税込19800円、小人税込13500円、年間パスの料金は大人税込25800円、小人税込17500円です。

年間パスVIPの料金は、大人税込36800円、小人税込25200円です。年間パスには限定の特典がついているので、お得感たっぷりです。

ThumbUSJの年間パスの値段や特典まとめ!安くお得に割引で購入する方法は?
大阪のUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)の年パスには色々なタイプがあります。USJの年パ...

大阪USJの前売りチケットの種類6:トワイライトパス

トワイライトパスは午後3時から入場できるチケットです。USJを1日中は無理だけど、午後からでも楽しみたい人におすすめです。トワイライトパスは1年中発売されているわけでなく、春夏秋冬の期間限定で発売されます。午後3時からでも楽しめるかどうか不安と思っている人もいるかもしれませんが、しっかりと楽しめるという声が多いです。

夜はアトラクションがだんだん空いてくるため、狙い目となります。1デイスタジオパスなどで入場した人は、朝から楽しんでいる人が多いので、夜までに帰る人も少なくありません。さらに、パレードも楽しめるため、しっかりとUSJを満喫できるでしょう。

トワイライトパスは、1デイスタジオパスよりも1500円くらい安い料金で入場できるのでお得です。トワイライトパスが発売される時は狙い目です。

大阪USJの前売りチケットの種類7:バースデーパス

USJで当日しか購入できないチケットとして、バースデーパスがあります。バースデーパスはClubユニバーサル会員の人が限定で購入できるチケットです。Clubユニバーサル会員は登録無料です。Clubユニバーサル会員になると、バースデーパスを購入できる他に、USJの最新情報をいち早くもらうことができます。USJファンにはおすすめです。

バースデー1デイパスとバースデー2デイパスがあります。誕生月とその翌月が通常の1デイパスと2デイパスよりも安い料金で入場できます。バースデーパス自体は前売りで購入できますが、よりお得な特典は当日しか受けられません。後ほど説明します。

誕生月とその翌月にお得に入場できる、バースデーパスを利用するために、Clubユニバーサル会員になっておきましょう。すぐにでも会員になることができます。

大阪USJの前売りチケットを買う方法1:WEBチケットストア

USJの前売りチケットを買う方法を紹介します。インターネット上でUSJの前売りチケットを買うならば、WEBチケットストアがおすすめです。WEBチケットストアは、USJの公式ホームページから利用できます。WEBチケットストアのメリットは、USJで利用できるすべての前売りチケットを購入できる点です。しかも、購入が簡単です。

どんなチケットがあるのかわからない場合でも、詳しい説明が書かれているので、誰でもわかるようになっています。WEBチケットストアで購入したら、ダイレクトインか宅配、パークでの引き換えが選べます。好きな方法を選びましょう。

ダイレクトインとは、スマホなどにチケットのQRコードが表示され、当日はそのQRコードを見せるだけで入場できることです。非常に便利なシステムです。

大阪USJの前売りチケットを買う方法2:Yahoo!チケット

Yahoo!チケットでは、1デイスタジオパス・2デイスタジオパス・1.5デイスタジオパス・トワイライトパスの購入ができます。これらのチケットを前もって購入するならば便利です。Yahoo!チケットはYahoo!のIDを持っていれば、簡単に利用できるのでおすすめです。WEBチケットストアと似たような流れで購入できます。

初めてUSJのチケットをYahoo!チケットで購入する場合は、購入までの流れがわかりやすく説明されています。流れの通りに進めれば良いので簡単です。Yahoo!チケットで購入してもダイレクトインに対応しており、Yahoo!のサービスの充実さがわかります。

Yahoo!のIDを持っている人で、該当するチケットを購入するならば、Yahoo!チケットを利用しましょう。手軽に利用できるのが良いです。

大阪USJの前売りチケットを買う方法3:ローソンチケット

ローソンチケットでは、1デイスタジオパス・2デイスタジオパス・1.5デイスタジオパス・トワイライトパス・年間パス各種の購入ができます。年間パスまで購入できるのは、非常に便利といえるでしょう。普段からローソンを利用している人ならば、ローソンのWEBサイトで申し込んでおき、店頭のLoppiで購入を完了しましょう。

ローソンチケットでは、入場の前日まで購入できます。在庫に限りがあるため、売り切れてしまう可能性があることを頭に入れておきましょう。ローソンのWEBサイトで申し込んでも、Loppiで購入手続きを忘れてしまうと、申し込みがキャンセルになります。

WEBチケットストアやYahoo!チケットと異なり、2段階の手続きが必要なことを覚えておきましょう。ローソンが近くにあるならばおすすめです。

ThumbUSJのチケットをローソンで買う方法まとめ!当日購入はできる?
大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のチケットを、お近くのローソンで手軽に購入し...

大阪USJの前売りチケットを買う方法4:パートナーホテル

USJのパートナーホテルでも前売りチケットの購入ができます。パートナーホテルでの購入はホテルに宿泊の人が対象となります。1デイスタジオパス・2デイスタジオパス・1.5デイスタジオパス・トワイライトパス・障がい者向け割引チケットの購入ができます。USJのパートナーに宿泊して、まだチケットを持っていない人におすすめです。

USJのパートナーホテルは、USJのすぐそばにあるため、ホテルからすぐに行けるのが大きなメリットです。前日にホテルに宿泊して、翌日朝からUSJで遊ぶというプランを立てても良いでしょう。その際にパートナーホテルでのチケット購入が役に立つはずです。

パートナーホテルでもチケットの購入ができることを知っておくと、焦って前売りチケットを買わなくても良いので、非常に便利です。

大阪USJの前売りチケットを買う方法5:パークのチケットブース

当然パークのチケットブースでも前売りチケットの購入ができます。パークのチケットブースでは、USJで利用できるすべてのチケットの購入ができます。USJのすぐ近くに住んでいる人ならば便利です。あとは、USJで遊び終わった後に、もう1日遊びたくなったのでチケットを買っておくというケースもあります。翌日並んで買うよりも早いです。

USJで遊び終わった後というのは、テンションが上がっており、またすぐに中で遊びたいという気持ちが強いでしょう。何回も入場したいので、すぐにチケットブースで年間パスを購入するケースもあります。こういったことが可能なのが、チケットブースです。

USJをわざわざ訪れて、前売りチケットを購入する人もいます。チケットブースで買うことによって、USJへのワクワク感が強まります。

大阪USJの前売りチケットを買うメリット:ダイレクトインですぐに入場できる

USJの前売りチケットを買うメリットは、ダイレクトインができることです。ダイレクトインはスマホなどにQRコードを表示させておき、それをパークの入口に読みこませるだけで入場できます。当日券を求めるために、チケットブースに並ばなくても良く、非常にテンポよく入場できます。ちょっとした優越感を味わえるでしょう。

USJのチケットブースには、混雑日だと長蛇の列ができ、チケットを買うだけで1時間以上待たなければいけない場合もあります。その列を横に見ながら入場できるのは大きいです。デジタル化の素晴らしさを改めて実感できるでしょう。

前売りチケット最大のメリットであるダイレクトインを利用して、無駄なくUSJを楽しみましょう。1つ目のアトラクションの待ち時間も少なくて済みます。

大阪USJの前売りチケットを買うデメリット:キャンセルが不可

前売りチケットのデメリットは、キャンセルが一切できないことです。前売りチケットを購入した後で、その日に予定が入ってしまい、行けなくなってしまっても払い戻しはされません。そのかわり、日付変更をすることはできます。ただし、日付変更するためには手数料がかかってしまいます。日付変更ができる期間は決まっています。

日付変更できる期間を過ぎてしまうと、日付の変更はできなくなってしまいます。行けなくなってしまったチケットを他の人に転売することは禁止されています。前売りチケットを購入するのであれば、キャンセルできないことを頭に入れておきましょう。

キャンセルの危険性があるのであれば、当日チケットブースで購入することをおすすめします。前売りチケットはキャンセルしないことが絶対条件になります。

大阪USJの当日チケットのメリット:同伴者が割引になることがある

当日チケットのメリットは、年パスを持っている人と同伴の人5名までが400円割引で入場できることです。年パスを持っている人が一緒にいるだけで、一緒に行く人はお得なサービスが受けられます。ただし、前売りチケットではこの特典を受けることはできません。年パスを持っている人はUSJから良い待遇を受けられることがよくわかります。

また年パス所持者が誕生月にUSJを訪れた場合、なんと同伴者5名まで税込1200円引きで入場できます。なお、年パス所持者が誕生月だとわかる公的書類が必要になります。年パスを持っている人は、誕生月には必ずUSJを訪れることをおすすめします。

USJから良い待遇を受けている年パス所持者と一緒に行くことで、同伴者まで特典が受けられるのは、USJの良い試みです。

大阪USJの当日チケットのデメリット1:チケットブースに並ばないといけない

当日にチケットを購入する場合の最大のデメリットは、チケットブースに並ばないといけないところです。平日で人がそれほどいない日であれば、それほど並ばなくても購入できるでしょうが、土日祝の混雑日であれば、チケットを購入するまでにかなりの待ち時間を覚悟しなくてはいけません。それだけで疲れてしまうという人もいます。

当日しかチケットを購入できないケースならば仕方ありませんが、前もってUSJに行くことが決まっていたならば、前売りチケットを購入した方が得です。混雑日のチケットブースの列を見ただけで、帰ってしまう人もいるくらいです。

当日チケットを購入する場合は、待ち時間をしっかりと考慮したスケジュールにしておく必要があります。そうしないと、スケジュールが狂うばかりです。

大阪USJの当日チケットのデメリット2:入場制限に注意

当日チケットを購入する場合、チケットを購入するまでの待ち時間に気をつけないといけないと紹介しました。あまりに混雑している場合は、入場制限がかかってしまう可能性があります。入場制限がかかってしまうと、USJの中に入ることすらできません。オープンしてから数時間経過してから訪れた場合、中に入れない可能性があります。

当日チケットを購入する場合は、できればオープン前からチケットブースに並ぶことをおすすめします。これは入場制限を回避するためです。混雑が予想される日にUSJを訪れるならば、気をつけましょう。せっかくUSJを訪れたのに入れないのは悲しいです。

当日チケットを購入する場合は、チケットを購入するまでの待ち時間を考慮し、入場制限がかかることも考慮してオープン前に並ぶことをおすすめします。

大阪USJの前売りチケットがおすすめな人1:行く日が決まっている

USJの前売りチケットをおすすめしたい人について紹介します。まずは、USJを訪れる日が決まっている人です。前売りチケットはキャンセルできないというリスクはありますが、絶対に行くと決めた場合は前売りチケットを購入した方が楽です。体調不良などのアクシデントが起こらないように、最大限の体調管理をしましょう。

前売りチケットを持っていて、ダイレクトインができるのは、最大の魅力です。前売りチケットは行く日の前日まで購入できます。その時点で体調が悪い場合は、延期するなどの対応が取れます。WEBチケットストアであれば、売り切れがないので安心です。

1ヶ月前に購入しても、前日に購入しても問題ないので、行くことがあらかじめ決まっているならば、前売りチケットを購入しておきましょう。

大阪USJの前売りチケットがおすすめな人2:当日並ぶのが嫌

当日チケットブースに並ぶのが嫌な人は、間違いなく前売りチケットの購入をおすすめします。当日のチケットを購入するまでの列を見ただけでうんざりしてしまう人も少なくないでしょう。当日チケットのために並んでいる人には、前もってUSJに行く日が決まっていた人もいたはずです。前売りチケットは列を軽減するためにも役立ちます。

当日チケットを購入するために並び、中に入ってアトラクションに並びということを繰り返していると、何をしに来たのかわからなくなってしまいます。せめて、チケットブースに並ぶ時間を軽減できれば、気分が違ってくるはずです。

前売りチケットを購入しておいて、有意義にUSJを楽しみましょう。前売りチケットを購入することは、他の人にも役立つことです。

大阪USJの当日チケットがおすすめな人:年パスを持っている人と一緒にいく場合

当日チケットがおすすめな人は、年パスを所持している人と一緒に行く場合です。周りにUSJの年パスを所持している人がもしいるのであれば、一緒に行くことをお願いすると良いでしょう。年パス所持者にとっても、一緒に連れて行くことで特典を受けてもらえるならば、うれしい気持ちになれるはずです。

前売りチケットでは受けることができない特典なのがうれしいです。もしUSJの年パスを所持する機会があれば、同伴者に喜んでもらいましょう。そうやって喜んでもらうことによって、USJを訪れる人がさらに増えるはずです。

USJの年パスを持つ人が増えることによって、当日チケットブースに並ぶ人が減るので、より多くの人に持っってもらえれば最高でしょう。

大阪USJの前売りチケットのメリットデメリットを知っておこう!

大阪USJの前売りと当日チケットのメリットデメリットを紹介しました。それぞれのメリットデメリットをしっかりと把握したうえで、USJのチケットを購入してもらえれば幸いです。チケットをスムーズに手にできれば、よりUSJが楽しめるはずです。自分たちのスタイルに合わせて、チケットの種類を決め、満足いくまでUSJを満喫しましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ