浦添大公園の滑り台や新しい遊具が楽しい!クワガタも捕獲できる?

この記事では、浦添大公園の魅力を紹介しています。浦添大公園は最近新しい遊具が追加されて、滑り台をはじめとした、魅力的な遊具が増えました。今回は、浦添大公園の滑り台などの新しい遊具、夜景スポットとしての是非、営業時間やアクセス方法をわかりやすく解説します。

浦添大公園の滑り台や新しい遊具が楽しい!クワガタも捕獲できる?のイメージ

目次

  1. 1『浦添大公園』の新しい遊具・滑り台を徹底解説!
  2. 2『浦添大公園』は子供に大人気の公園!
  3. 3『浦添大公園』の新しい遊具は33種類もある!
  4. 4『浦添大公園』の人気の新しい遊具1:ローラースライダー
  5. 5『浦添大公園』の人気の新しい遊具2:ゆらゆら吊り橋
  6. 6『浦添大公園』の人気の新しい遊具3:カラフルな滑り台
  7. 7『浦添大公園』の乳幼児エリアにも新しい遊具が!
  8. 8『浦添大公園』の中にはランチのお店がある!
  9. 9『浦添大公園』ではクワガタを捕獲できる?
  10. 10『浦添大公園』は夜景スポットとしても人気!
  11. 11『浦添大公園』の夜景展望台は車いすも上がれる!
  12. 12『浦添大公園』の基本情報を解説!
  13. 13『浦添大公園』の営業時間は?
  14. 14『浦添大公園』の定休日は?
  15. 15『浦添大公園』の利用料金は?
  16. 16『浦添大公園』のアクセス方法は?
  17. 17『浦添大公園』のアクセス方法1:自家用車
  18. 18『浦添大公園』のアクセス方法2:公共交通機関
  19. 19『浦添大公園』に駐車場はある?
  20. 20『浦添大公園』に子供を連れて行ってみよう!

『浦添大公園』の新しい遊具・滑り台を徹底解説!

この記事では、沖縄県にある「浦添大公園」の魅力をまとめています。浦添大公園には、ローラースライダーや滑り台など、遊具が豊富な公園として人気です。また、つい最近には新しい遊具が追加されて、より一層魅力的な公園となりました。今回は、そんな浦添大公園の子供に人気な秘密や、基本的な情報を徹底解説しますので、ぜひご覧ください。

『浦添大公園』は子供に大人気の公園!

冒頭でもお話ししたとおり、沖縄県にある「浦添大公園」は子供に大人気の公園です。全国的に見ましても、浦添大公園ほど子供が訪れたいと思う公園は、なかなかないのではないでしょうか。それくらい浦添大公園には、子供の喜ぶ設備が整っています。

具体的に、浦添大公園には、どのような子供が喜ぶ設備が整っているのでしょうか。結論を言いますと、浦添大公園には、大量の遊具がそろっています。子供が1日かけて遊ぶほどの大量の遊具です。

目の前に大量の遊具がありましたら、子供からすれば夢のような場所にうつるでしょう。朝から夕方まで遊んで、そろそろ帰る時間帯になっても、まだ遊んでいたいと駄々をこねる子供も多いはず。それほど、浦添大公園は遊具の種類が豊富なんです。

『浦添大公園』の新しい遊具は33種類もある!

実は、沖縄県にある「浦添大公園」は、ついこの間新しい遊具が追加されたのです。それも1種類、2種類どころではなく、なんと「33種類」もの遊具が。

新しい遊具が33種類もどどんと追加されたので、以前から子供におすすめの遊び場であった浦添大公園は、更におすすめな遊び場となりました。

次の項目では、浦添大公園の新しい遊具33種類のなかでも、特に子供におすすめな遊具を紹介しています。浦添大公園にどのような遊具が追加されたのか、それを子供に伝えれば、目を輝かせて行きたいと言うはずです。

本記事は、浦添大公園のおすすめの新しい遊具を、合計で3種類まで厳選して紹介しています。「ローラースライダー」「ゆらゆら吊り橋」「カラフルな滑り台」の3種類です。それぞれの遊具の魅力について、各項目で詳しくお話しします。

『浦添大公園』の人気の新しい遊具1:ローラースライダー

沖縄県にある「浦添大公園」の人気の新しい遊具、1つ目は「ローラースライダー」です。新しく追加されたローラースライダーは、新しい遊具のなかで1番の長さを誇る滑り台です。坂道を利用して長距離を滑り落ちますので、爽快感があります。

正直なことを言いますと、浦添大公園には新しく追加されたローラースライダーよりも、距離が長いスライダーがすでにあります。しかし、新しく追加されたこちらのスライダーの方が綺麗ですし、十分早いですので、魅力的な遊具です。

『浦添大公園』の人気の新しい遊具2:ゆらゆら吊り橋

沖縄県にある「浦添大公園」の人気の新しい遊具、2つ目は「ゆらゆら吊り橋」と呼ばれる遊具です。ゆらゆら吊り橋は、遊具と遊具の間をつなぐ吊り橋です。

ゆらゆら吊り橋は、その名前のとおりゆらゆらと揺れますので、子供に合ったスリル感が得られます。スリル感はありますが、吊り橋はネットで頑丈に補強されていますので、安全面は問題ありません。

滑り台やブランコのある公園は多いですが、吊り橋のある公園はなかなかありません。珍しい遊具で子供を遊ばせたいという方は、ここ浦添大公園に子供を連れて行くと良いでしょう。

『浦添大公園』の人気の新しい遊具3:カラフルな滑り台

沖縄県にある「浦添大公園」の人気の新しい遊具、3つ目は「カラフルな滑り台」です。遊具の代名詞といえば、やはり滑り台です。浦添大公園の新しい遊具には、一体型となった、色とりどりの新しい滑り台が設置されています。

通常、滑り台は一列のものがほとんです。しかし、浦添大公園のカラフルな滑り台は、二列などの複数列のものがあります。これなら混み合うことも少ないですし、兄弟そろって仲良く滑るようすをカメラにおさめられます。

『浦添大公園』の乳幼児エリアにも新しい遊具が!

上の項目では、沖縄県にある「浦添大公園」の新しい遊具について紹介しました。浦添大公園には、滑り台を始めとした遊具が新しく33種類追加されて、より一層子供のおすすめの遊び場として栄えるようになりました。

しかし、上記で解説したのは、あくまで4歳から7歳児むけの遊び場です。4歳から7歳児むけの遊び場では33種類の遊具が追加されましたが、それより下の子供むけの遊び場でも、新しい遊具が追加されているのです。

浦添大公園は、1歳から3歳児むけの遊び場にも、新しい遊具が追加されています。1歳から3歳児むけの遊び場には、滑り台などの新しい遊具を、合計で新たに18種類も追加されました。4歳から7歳児むけの遊び場には劣りますが、十分すぎる遊具の種類です。

1歳から3歳児むけの遊び場には、スライダーやパネル系の新しい遊具が追加されました。なお、1歳から3歳児むけの遊び場には、子供の身長並みのゲートが設置されています。これなら大人は簡単にまたがれますし、子供を安心して見守れるので安心です。

『浦添大公園』の中にはランチのお店がある!

ここまでの間で、沖縄県にある「浦添大公園」の滑り台を始めとした、おすすめの新しい遊具を紹介してきました。新しい遊具が追加されて、遊具が充実している浦添大公園ですが、実はこの公園のなかにはランチのお店もあるんです。

一般的な公園には、ランチのお店なんて存在しません。しかし、子供に大人気の浦添大公園は公園自体の規模がとても大きいため、公園のなかにランチのお店があるんです。

こちらでは、浦添大公園のおすすめランチのお店について紹介しています。結論を言いますと、浦添大公園のおすすめランチのお店は、「いしぐふー浦添大公園店」です。

いしぐふー浦添大公園店は、浦添大公園の展望台の一階に位置しているお店です。そんないしぐふー浦添大公園店のおすすめメニューは、いしぐふーそば、本ソーキそば、炙りソーキそばの3品です。このお店は、麺料理を中心としたランチ店なわけです。

いしぐふー浦添大公園店では、お店自慢のアグーだしのスープを使った沖縄そばが食べられるとして、沖縄県内・県外から訪れる方に愛されています。浦添大公園で遊んでいてお腹がすきましたら、ここいしぐふー浦添大公園店でランチを取るのがおすすめです。

なお、いしぐふー浦添大公園店の営業時間は、昼前の11時から夕方の17時までとなっております。お昼どきはもちろんのこと、お昼過ぎでも営業していますので、立ち寄りやすいです。この立ち寄りやすさも、いしぐふー浦添大公園店が人気な理由の1つでしょう。

Thumb沖縄南部のランチ特集!おすすめカフェや人気のバイキングなどを紹介!
歴史ある観光名所がある沖縄南部。そこには素晴らしい景色とともに、美味しい沖縄南部の食べ物をラ...

『浦添大公園』ではクワガタを捕獲できる?

沖縄県の子供むけの観光スポットとして大人気な「浦添大公園」。浦添大公園が子供に人気なのは、滑り台などの豊富な遊具が理由なのですが、遊具以外にも人気な理由がありました。じつは浦添大公園では、「クワガタ」を捕獲できるんです。

浦添大公園は、一般的な公園と違って規模の大きな公園です。そのため、滑り台などの遊具がたくさん設置されていたとしても、公園内には自然が有り余っています。なので、自然が多い場所の木々を探せば、クワガタが捕れるんです。

もし本記事を読んでいる方のなかに、クワガタを捕獲する目的で浦添大公園へ行くつもりの方がいましたら、次の2つの時間帯に訪れるのがおすすめです。おすすめの時間帯とは、夜中と朝方です。この2つの時間帯に訪れば、比較的クワガタを見つけやすいです。

『浦添大公園』は夜景スポットとしても人気!

沖縄県の子供の人気スポットとして知られる「浦添大公園」は、子供だけでなく、大人にも人気があります。それは、新しい遊具が充実しているからだけでなく、浦添大公園には遊具以外にも魅力があるからです。その魅力とは、ずばり「夜景」です。

じつは浦添大公園は、滑り台などの新しい遊具で子供に嬉しいスポットなだけでなく、夜景スポットとしても人気がある場所なんです。そのため、子供たちが帰る日が暮れた時間帯に訪れる方も、一定数います。

浦添大公園は、通常の公園としてだけでなく、夜景スポットとしても施設が整っています。というのも、浦添大公園には展望台が設置されているんです。素敵な夜景が見られる展望台がありますので、浦添大公園に訪れば、ロマンチックな時間が過ごせます。

また、展望台だけでなく、浦添大公園にはフットライトも設置されています。夜景を邪魔しないフットライトは、足元の状態を照らしてくれますので、安全に移動できます。

そのほかにも、浦添大公園にはトイレや自動販売機などもありますので、寒い日などは温かいコーヒーを飲みながら夜景を楽しめておすすめです。

なお、浦添大公園からは、浦添市や宜野湾市の夜景を一望できます。街のネオンライトの灯りが見られますので、落ち着いた時間をこの場所で過ごせます。恋人がいる方は、ぜひ浦添大公園に夜に訪れて、素敵なひと時を過ごすことをおすすめします。

『浦添大公園』の夜景展望台は車いすも上がれる!

先ほどの項目でお話ししたとおり、沖縄県の子供に人気の公園「浦添大公園」は、夜景スポットとしてもおすすめです。浦添大公園には展望台が設置されており、展望台にあがれば、夜の浦添市や宜野湾市のステキな景色を一望できます。

そんな浦添大公園の展望台なんですが、ちょっとした工夫が凝らされています。浦添大公園の展望台は「完全バリアフリー」となっているんです。完全バリアフリーなため、足腰を痛めている方、車いすの方でも展望台にあがれるんです。

車いすの方でも展望台にあがれるのは、非常に親切な設計といえます。自分だけでなく、多くの方が浦添大公園の夜景が楽しめるわけですから、この場所はどんな方にもおすすめできる夜景スポットと言えます。

『浦添大公園』の基本情報を解説!

続きましては、沖縄県にある「浦添大公園」の基本的な情報について解説していきます。せっかくここまで読んで浦添大公園の見どころを知ったのですから、ついでに浦添大公園の基本情報も頭に入れておきましょう。

浦添大公園のような観光スポットの基本情報を事前に知っておけば、いろいろと便利なことが多いです。例えば、営業時間や定休日などの基本情報を訪れる前に知っておけば、いつ訪れるべきか計画が立てやすいです。

この記事では、次のような浦添大公園の基本情報を解説しています。浦添大公園の営業時間、定休日、利用料金、アクセス方法、駐車場の有無など、合計で5つの基本情報です。

これら5つの基本情報を事前に知っておけば、スムーズに浦添大公園にアクセスできますし、子供も思いっきり遊べるはずです。1つずつ詳しくお話ししますので、じっくり読んでみてください。それでは、1つ目の基本情報である営業時間から見ていきましょう。

『浦添大公園』の営業時間は?

沖縄県にある「浦添大公園」の基本的な情報、1つ目は「営業時間」についてです。一般的な公園ですと営業時間などは設定されておらず、終日開放しています。

しかし、浦添大公園は一般的な公園に比べて、非常に規模の大きな公園です。それに公園内に夜景鑑賞が楽しめる展望台があったり、展望台の一階にはランチのお店が営業していたりと設備が充実していますので、営業時間が設定されていてもおかしくありません。

結論を言いますと、浦添大公園には営業時間が設定されていました。浦添大公園は、朝の9時から夜の21時まで開放されています。合計12時間が、浦添大公園の営業時間というわけです。朝から夜おそくまで営業していますので、比較的訪れやすいです。

『浦添大公園』の定休日は?

沖縄県にある「浦添大公園」の基本的な情報、2つ目は「定休日」についてです。一般的な公園ですと、定休日は設定されておらず、いつでも自由に入れます。

しかし、浦添大公園には営業時間が定められていましたので、定休日が設定されていても全然不思議ではありません。果たして、浦添大公園には定休日があるのでしょうか。

調べてみたところ、嬉しいご報告があります。浦添大公園には、定休日が設定されていませんでした。定休日が設定されていませんので、営業時間さえ守れば、浦添大公園には自由に出入りできます。

定休日がないことは、浦添大公園に訪れる計画が立てやすいというメリットもあります。定休日を避けてスケジュールを埋める必要がありませんので、家族や友人とのスケジュールを調整しやすいです。

『浦添大公園』の利用料金は?

沖縄県にある「浦添大公園」の基本的な情報、3つ目は「利用料金」についてです。入園料金といっても良いかもしれません。果たして、浦添大公園に入る際には、料金が発生するのでしょうか。もし発生するのであれば、いくら掛かるのでしょうか。

浦添大公園の利用料金を調べてみた結果、浦添大公園は料金が「無料」で入園できるとのことでした。浦添大公園に入って、遊具で遊ぶのに、料金は一切いらないというわけです。数十種類の遊具がある公園で、無料で遊べるのですから、非常に嬉しいです。

利用料金が無料ですので、誰でも気軽に訪れられます。料金面をまったく気にしなくて良いというのは、出費を抑えたいという方からすればありがたいです。

『浦添大公園』のアクセス方法は?

沖縄県にある「浦添大公園」の基本的な情報、4つ目は「アクセス方法」についてです。いくら浦添大公園が子供に人気の観光スポットで、営業時間や定休日などの基本情報を事前に入手していても、肝心の行き方がわかっていなければ意味がありません。

アクセス方法を下調べせずに行って、途中みちに迷うなんて事態に陥らないという意味でも、浦添大公園のアクセス方法を訪れる前にチェックしておきましょう。

この記事では、浦添大公園へのアクセス方法を合計で2つ紹介しています。「自家用車」に乗って行く方法と、「公共交通機関」を利用して行く方法の2つです。

自家用車と公共交通機関、どちらにも違った魅力があり、自家用車でのアクセスが合っている方がいれば、公共交通機関でのアクセスのほうが合っている方もいます。

それぞれの項目で浦添大公園へのアクセス方法を確認し、どちらが自分に合ったアクセス方法なのか、見定めてみてください。それではまず、1つ目のアクセス方法である自家用車での行き方から見ていきましょう。

『浦添大公園』のアクセス方法1:自家用車

沖縄県にある「浦添大公園」へのアクセス方法、1つ目は「自家用車」に乗って行く方法です。自家用車でのアクセスは、沖縄県外から訪れる方よりも、沖縄県内に在住している方におすすめのアクセス方法と言えます。

自家用車でのアクセスのメリットは、周囲が気にならずに移動できるという点にありますモノレールやバスなどの公共交通機関でのアクセスですと、自分以外の方も乗車していますので、周囲に迷惑をかけないよう気を配らなくてはなりません。

しかし、自家用車は自分や家族、友人くらいしか乗っていませんので、公共交通機関に比べて非常に気楽にアクセスできます。周囲に気を配るのがしんどいという方は、自家用車でアクセスすれば問題ありません。

気になる自家用車でのアクセスルートですが、高速道路を利用するとスムーズにアクセスできます。高速道路に乗って、沖縄自動車道の「西原インターチェンジ」で降りることをおすすめします。浦添大公園は、西原インターチェンジの近くにあるからです。

浦添大公園には、西原インターチェンジで降りたあと、車で約10分ほど運転すればたどり着けます。高速道路を降りたらあっさり到着できますので、沖縄県民の方は自家用車でのアクセスを検討してみてはいかがでしょうか。

『浦添大公園』のアクセス方法2:公共交通機関

沖縄県にある「浦添大公園」へのアクセス方法、2つ目は「公共交通機関」を利用して行く方法です。公共交通機関といいますと、モノレールやバスなどのことを指します。

浦添大公園に公共交通機関でアクセスする場合は、モノレールを利用する必要はありません。浦添大公園へは、バスだけでアクセスが可能です。バスの停車場が、浦添大公園の近くにあるからです。気になるその停車場については、次のテキストをご覧ください。

浦添大公園に行くときに乗るべきバスは、「バス交通55番」です。バス交通55番に乗りましたら、浦添大公園の近くにあるバス停で下車します。そのバス停の名前は「伊祖4丁目バス停」です。

公共交通機関を利用して浦添大公園に行かれる方は、伊祖4丁目バス停で下車することを覚えておきましょう。浦添大公園は、最寄りのバス停から歩いてすぐの場所にありますので、あまり歩くことなく目的地にたどり着けます。

『浦添大公園』に駐車場はある?

沖縄県にある「浦添大公園」の基本的な情報、5つ目は「駐車場の有無」についてです。駐車場ということで、こちらの項目は自家用車で訪れる方に向けた内容となっております。自家用車でのアクセスを検討している方は、必見です。

先に言っておきますと、浦添大公園には専用の駐車場が用意されています。専用の駐車場があることには、特に驚きはしません。駐車場は、一般的な公園にも設置されていますので、訪れる方が多い浦添大公園なら、尚の事です。

さて、専用の駐車場があることがわかった浦添大公園ですが、駐車場の駐車可能台数はどれくらいなのでしょうか。調べてみたところ、浦添大公園の駐車場の駐車可能台数は、かなりの台数となっていました。

浦添大公園の駐車場には、最大で「約200台」まで車を駐車できることが判明しました。200台という台数は、お世辞抜きでものすごい駐車可能台数です。これほどの台数の車を停められるのであれば、駐車場が混雑することはほぼないでしょう。

ちなみに、浦添大公園の駐車場の料金は「無料」とのことです。入園料金に加えて、駐車料金も無料ですので、浦添大公園は誰にでもおすすめの公園です。

Thumb沖縄南部の観光スポットまとめ!カフェやビーチなどおすすめの場所ばかり!
何処までも続く白い砂浜に真っ青な海、沖縄南部には美しい天然ビーチ、トイレやシャワー等の設備が...

『浦添大公園』に子供を連れて行ってみよう!

「浦添大公園」の魅力、おわかりいただけたでしょうか。浦添大公園は新しい遊具が追加されたことで、滑り台などの遊具の種類がより一層ふえました。そのため、いろんな滑り台で子供に伸び伸びと遊ばせたい場所として、人気があります。浦添大公園に子供と一緒に行こうと考えている方、ぜひ本記事でお話しした基本情報を参考にしてください。

関連記事

Original
この記事のライター
ぐりむくん

新着一覧

最近公開されたまとめ