石見銀山へのアクセス方法と駐車場ガイド!バス・車・電車はどれが便利?

縁結びで注目を浴びる島根県にある世界遺産が石見銀山です。石見銀山は、自然と歴史を感じることができる島根の観光スポットの一つで、多くの人が訪れています。今回は、島根・石見銀山へのアクセス方法と駐車場ガイドとして、全国各地からのアクセス方法をまとめてご紹介します。

石見銀山へのアクセス方法と駐車場ガイド!バス・車・電車はどれが便利?のイメージ

目次

  1. 1世界遺産にも指定された石見銀山とは?
  2. 2石見銀山へのアクセス方法
  3. 3石見銀山へのアクセス方法1:車
  4. 4石見銀山へのアクセス方法2:電車と路線バス
  5. 5石見銀山へのアクセス方法3:バス
  6. 6エリア別の石見銀山へのアクセス方法
  7. 7松江から石見銀山へのアクセス
  8. 8出雲大社から石見銀山へのアクセス
  9. 9広島から石見銀山へのアクセス方法
  10. 10大阪から石見銀山へのアクセス方法
  11. 11東京から石見銀山へのアクセス方法
  12. 12九州から石見銀山へのアクセス方法
  13. 13石見銀山の駐車場とは?
  14. 14石見銀山の駐車場は予約が必要なのか?
  15. 15世界遺産・石見銀山へ行ってみよう!

世界遺産にも指定された石見銀山とは?

世界遺産にも登録されている島根県大田市にある石見銀山は、戦国時代の後半から江戸時代の初めにかけて世界で産出される銀の内、約3分の1を産出したとも言われる銀山です。今では、閉山していますが、歴史的なスポットとして、当時の歴史を展示、散策できるようになっています。今回は、石見銀山へのアクセスについてご紹介していきましょう。

石見銀山へのアクセス方法

石見銀山へのアクセス方法としては、車を使うアクセス、電車と路線バスを使うアクセス、そして、バスでのアクセスの3つとなります。また、遠方の東京や大阪からのアクセスは、飛行機や寝台列車などもアクセスに含まれます。続いては、石見銀山までの代表的なアクセス3つをご紹介していきましょう。

石見銀山へのアクセス方法1:車

最初にご紹介する石見銀山へのアクセス方法として、車を使ったアクセスがあります。石見銀山へのアクセスとして最も便利なアクセス方法と言っても良いでしょう。では、車でのアクセスについて少し詳しくご紹介します。

車でのアクセスは、出発するエリアによって異なります。というのも、石見銀山は、島根県の中央に位置しており、高速道路も部分開通となっているからです。また、中国山地を抜ける道路もあり、出発するエリアによっては、使うルートで時間が異なります。

石見銀山へのアクセス方法2:電車と路線バス

次にご紹介する石見銀山へのアクセス方法は、電車と路線バスを使ったアクセス方法です。電車と路線バスを使ったアクセス方法としては、電車で石見銀山を通る路線バスが出ている「大田市駅」へ向かいます。

その後、「大田市駅」から路線バスに乗り換えて、石見銀山の最寄りのバス停である「世界遺産センター」まで行きます。「大田市駅」から石見銀山の最寄り駅である「世界遺産センター」までの所要時間は、35分くらいとなります。

石見銀山へのアクセス方法3:バス

次にご紹介するのは、バスで直接石見銀山へアクセスする方法です。バスで直接石見銀山へアクセスするルートとしては、2つあります。一つは、広島駅新幹線口あるいは広島バスセンターから出発している石見銀山号を利用する方法です。

もう一つは、松江駅前を出発して玉造温泉や出雲に立ち寄って、石見銀山へ向かう季節便である「石見銀山らとちゃんバス」を利用する方法となります。それ以外では、観光バスを除いて、石見銀山へバスのみでアクセスする方法はないので注意してください。

エリア別の石見銀山へのアクセス方法

続いては、エリア別の石見銀山へのアクセス方法について見ていきましょう。今回、石見銀山へのアクセス方法としてご紹介するのは、島根県内だと、松江市内からのアクセス、出雲大社からのアクセスとなります。

県外からのアクセスは、島根へ訪れる人が多い、広島からのアクセス、大阪からのアクセス、東京からのアクセス、そして、九州からのアクセスとなります。では、それぞれご紹介していきましょう。

松江から石見銀山へのアクセス

最初にご紹介する島根県松江市から石見銀山へのアクセス方法は、車、電車と路線バス、そして、バスの3つです。3つのアクセス方法の中でも最も人気があるのが、車でのアクセスです。というのも、石見銀山への途中に出雲大社などへ立ち寄る人が多いからです。では、それぞれのアクセス方法について見ていきましょう。

松江から石見銀山へのアクセス1:車

松江から車で石見銀山へのアクセス方法は、山陰道を利用して、出雲インターまで行き、出雲インターから国道9号線を利用して行く方法となります。なお、山陰道は、全線開通しておらず、部分開通となっており、国道9号線がメイン道路となります。

松江から石見銀山への所要時間は、約1時間30分となっています。松江と出雲の間で高速料金が必要で、高速料金は、1,060円となります。途中にはキララ多岐など景色が良い場所があるので、適宜休憩しながら、石見銀山へ向かいましょう。

松江から石見銀山へのアクセス2:電車と路線バス

続いてのアクセス方法は、電車と路線バスでのアクセス方法です。電車と路線バスでのアクセスは、「松江駅」から電車に乗って、「大田市駅」へ向かいます。その後、「大田市駅」にて、「石見銀山センター」を経由するバスへ乗り換えます。

「松江駅」から「石見銀山センター」までの所要時間は、2時間30分ほどを見ておきましょう。「松江駅」から「大田市駅」までは、普通電車あるいは、益田方面へ向かう特急電車に乗ることをおすすめします。

また、「大田市駅」から「石見銀山センター」までの路線バスは、1時間に1本となっており、時間が合わないと「大田市駅」にて待たないといけなくなるので、事前に時間を確認するようにしましょう。

松江から石見銀山へのアクセス3:直通バス

最後にご紹介する松江から石見銀山センターへのアクセスとして、直通バスである「石見銀山らとちゃんバス」があります。直通バスは、「松江駅」を出発して、「玉造温泉」「出雲市駅」を経由して、「石見銀山センター」へ向かいます。

なお、こちらの直通バス「石見銀山らとちゃんバス」は、年間を通して、利用することはできず、季節便となっています。例年、夏頃に運行するのですが、利用するときは、事前に運行スケジュールを確認した上で、利用するようにしましょう。

Thumb島根の有名神社&パワースポットを完全網羅!御朱印巡りにもおすすめ!
島根県には、有名な神社がたくさんあります。全国的にも有名な出雲大社をはじめ、有りがたいパワー...

出雲大社から石見銀山へのアクセス

縁結びの神様として絶大な人気がある出雲大社から石見銀山へのアクセス方法としては、車、電車とバスの2つのアクセス手段となります。どちらも石見銀山へのアクセスとしてよく利用されています。それでは、出雲大社から石見銀山へのアクセスについて見ていくことにしましょう。

出雲大社から石見銀山へのアクセス1:車

出雲大社から石見銀山へのアクセス方法として最初にご紹介するのは、車でのアクセスです。出雲大社から車でのアクセスは、日本海の海沿いの道を通って、国道9号線を利用してのアクセスとなります。

日本海の海沿いを走りながらの石見銀山へのアクセス時間は、約1時間となっています。出雲市へ戻って、国道9号線を利用する人もいらっしゃいますが、遠回りとなるので、海沿いを走って、国道9号線を利用するようにしましょう。

出雲大社から石見銀山へのアクセス2:電車とバス

出雲大社から石見銀山へのアクセスとして、電車とバスを利用したアクセスもあります。まずは、出雲大社から「出雲市駅」までバスを利用します。その後、「出雲市駅」にて乗り換えて、「大田市駅」へ向かいましょう。

「大田市駅」へ到着してからは、「石見銀山センター」まで路線バスを利用します。ただし、1時間に1本とかなり少ないので、電車と路線バスの接続はきちんと事前に確認しておきましょう。

電車とバスを利用しての石見銀山までのアクセス時間は、2時間くらいです。出雲市のゆっくりとした景色を眺めながらアクセスできるので、景色を眺めつつのんびり行きたい人におすすめと言っても良いでしょう。

Thumb出雲大社の参拝作法はこれで完璧!順序・服装・時間を守ってご利益UP!
出雲大社では参拝の方法が、ちょっと違うと言うのは誰もが知るところです。折角、出雲大社へ参拝に...
Thumb出雲大社のお守りは効果てきめん!全種類のご利益や郵送で購入する方法まとめ!
出雲大社は由緒正しい神社として日本神話にも登場するような日本を代表する神社ですが、御利益を受...

広島から石見銀山へのアクセス方法

続いては、広島から石見銀山へのアクセス方法についてです。広島から石見銀山へのアクセス方法としては、車あるいはバスでのアクセスとなります。では、それぞれについて見ていきましょう。

広島から石見銀山への車でのアクセスは、3つのルートがあります。尾道松江道路を利用するルート、浜田道を利用するルート、そして、国道を利用するルートの3つになります。一番多くの人が利用するのは、尾道松江道路あるいは国道ルートとなっています。

尾道松江道路を利用して、石見銀山へ訪れるには、まず出雲インターチェンジまで向かいます。その後、国道9号線を利用して、「石見銀山センター」へ向かうというルートとなります。ただし、こちらのルートは冬におすすめのルートとなります。

一方で、国道を利用して石見銀山へアクセスする方法は、国道261号線あるいは54号線を利用するルートとなります。中国山地を抜けていくので、時間は短いのですが、雪が降るとかなりの積雪となることもあるので、冬は避けておくことをおすすめします。

バスでのアクセスは、広島駅新幹線口か広島バスセンターから『石見銀山号』へ乗車してのアクセスです。所要時間は、2時間40分となります。一日に二本のみとなるので利用するときは、時間を確認して利用しましょう。

大阪から石見銀山へのアクセス方法

大阪から石見銀山へのアクセスは、電車と路線バス、飛行機と電車と路線バス、そして、車というアクセス方法があります。飛行機と電車と路線バスでのアクセスは、出雲空港にてレンタカーを利用する人が多く、あまり利用者が多くありません。そこで、電車と路線バスと車でのアクセスについてご紹介します。

大阪から石見銀山へのアクセス方法1:電車と路線バス

最初にご紹介するのは、大阪から石見銀山へのアクセスは、電車と路線バスを利用したアクセスです。まずは、新幹線で「岡山駅」へ向かい、その後、「岡山駅」にて、「出雲市」行きの電車に乗り換えます。

「出雲市」に到着してからは、「大田市駅」へ向かい、路線バスに乗り換えて、石見銀山へと向かいます。大阪から石見銀山までのアクセス時間は、5時間半くらいかかると思っておきましょう。

大阪から石見銀山へのアクセス方法2:車

次にご紹介する大阪から石見銀山へのアクセス方法は、車を利用したアクセス方法です。車を利用したアクセスは、中国自動車道、米子自動車道を通り、山陰道へ向かうルートとなります。

高速道路を利用するルートを通ると大阪から石見銀山まで約5時間でアクセスすることができます。なお、冬の時期は積雪することもあるので、必ず雪対策をしたタイヤを着用するようにしましょう。

東京から石見銀山へのアクセス方法

次に東京から石見銀山へのアクセス方法です。東京から石見銀山へのアクセス方法としては、飛行機、寝台列車を利用して、出雲まで訪れます。出雲から先は、車、電車とバス、直通バスを利用するというアクセスになります。

最近、東京から石見銀山へのアクセスで人気なのが、寝台列車「サンライズ出雲」を利用して、出雲からレンタカーを借りてアクセスするという方法です。というのも、寝台列車でゆっくり休んで、翌朝出雲へ到着して、そのまま観光に行くことができるからです。

寝台列車「サンライズ出雲」を利用することで、島根の観光名所である出雲大社、石見銀山などを日帰りで巡ることもできます。人気の列車ですが、東京からのアクセスで利用するときは、検討してみても良いでしょう。

九州から石見銀山へのアクセス方法

九州から石見銀山へのアクセスは、新幹線で広島まで訪れてアクセスする方法あるいは車でのアクセスとなります。今回は、島根観光も一緒にできるということで、最も利用者が多い車でのアクセスをご紹介します。

九州から石見銀山への車でのアクセスは、九州自動車道、中国自動車道を通り、浜田自動車道を利用してのアクセスとなります。夏に島根観光も兼ねて石見銀山を訪れるときは、大朝インターから国道を通るルートが天気も良くおすすめです。

一方で、冬に石見銀山へ訪れるときには、浜田自動車道を通り、江津インターまで利用することをおすすめします。というのも、中国山地を超える所の積雪があり、凍結の恐れがあるからです。雪道に慣れてない人は、必ず江津インター経由で行きましょう。

石見銀山の駐車場とは?

石見銀山へ車で訪れたときに気になるのが駐車場です。石見銀山の駐車場は、石見銀山センターにある駐車場となります。石見銀山では、銀山地区の道路が十分な広さでないことと状態を保全するために駐車場を設けていません。

石見銀山センターにある駐車場は、第一駐車場から第三駐車場まであり、合計379台分の駐車スペースがあります。長期休暇やイベント時は混雑することもありますが、十分な広さとなっているので、問題なく駐車場へ駐車できるでしょう。

なお、駐車場から石見銀山まではバスが運行されており、バスの料金は、「大森バス停」までが200円で、「大森代官所跡」までが240円となります。平日は、30分間隔、週末は15分間隔で運行されています。

石見銀山の駐車場は予約が必要なのか?

石見銀山センターにある駐車場は、観光バスで訪れるときは、予約をしておくことをおすすめします。というのも、観光バスが駐車できる台数が5台分と限られているので、駐車場へ駐車できないこともあるからです。

また、長期休暇などは混雑しやすいので、混雑しやすい時期に訪れるときは、必ずホームページから予約をするかFAXにて石見銀山センターへ連絡を入れて、予約をしておくことをおすすめします。

なお、一般の乗用車で石見銀山を訪れるときには、駐車場の予約は必要ありません。そのまま、石見銀山センターにある駐車場へ向かい、パークアンドライドで石見銀山へ向かいましょう。

世界遺産・石見銀山へ行ってみよう!

島根県にある世界遺産・石見銀山は、日本の歴史を感じることができる島根県の観光スポットでもあります。また、全国的に人気を集めている出雲大社を中心にして石見銀山へ訪れる人もたくさんいらっしゃいます。石見銀山へ訪れるときには、事前にアクセス方法や接続などを検討して、訪れるようにしましょう。

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
daiking

人気の記事

人気のあるまとめランキング