「魚助食堂」はメガ盛り海鮮丼が大人気の福岡の名店!新鮮お刺身盛り放題!

新鮮な食の宝庫の天神にある「魚助食堂」4種の刺身を好きなだけ盛れるメガ盛りが大人気のお店を紹介します。鮮度は抜群で地魚を中心として「おばんざい」も好きな品を選び放題、しかもリーズナブルと評判の高い「魚助食堂」の人気の秘密を紹介します。

「魚助食堂」はメガ盛り海鮮丼が大人気の福岡の名店!新鮮お刺身盛り放題!のイメージ

目次

  1. 1福岡市天神の魚と「魚助食堂」
  2. 2福岡市天神の海鮮丼と「魚助食堂」
  3. 3福岡市天神の「魚助食堂」の海鮮丼
  4. 4福岡市天神の「魚助食堂」の人気ルール
  5. 5福岡市天神の「魚助食堂」刺身の選び方
  6. 6福岡市天神の「魚助食堂」のおばんざい
  7. 7福岡市天神の「魚助食堂」お店情報
  8. 8福岡市天神の「魚助食堂」の秘密
  9. 9福岡市天神の「魚助食堂」の醬油
  10. 10福岡市天神の「魚助食堂」の合言葉
  11. 11海鮮丼の地域の特徴
  12. 12福岡県福岡市「魚助食堂」ヘルシーが女性に人気
  13. 13福岡県福岡市長浜鮮魚市場と「魚助食堂」
  14. 14鮮魚が豊富な福岡市長浜鮮魚市場
  15. 15福岡市天神の「魚助食堂」へ行こう

福岡市天神の魚と「魚助食堂」

福岡市は昔から漁獲量の多い港があり、海外交流の接点でもあったことから食文化が豊かな地域でもありました。昭和30年に開業した鮮魚市場は全国一の漁港水産高を誇る産地市場です。

玄界灘、日本海や東シナ海の新鮮な魚介類を福岡を始め、福岡空港も近いことから全国に供給しています。そんな恵まれた鮮魚市場を持つ地元の新鮮な魚を堪能できる、地元でも人気の高い海鮮丼のお店「魚助食堂」をご紹介します。

福岡市天神の海鮮丼と「魚助食堂」

福岡で全国的に有名なグルメというと福岡ラーメン、もつ鍋と並んで魚介類の美味しさにも定評があります。福岡市内の人口に対して魚料理店の数は全国一を誇ります。近隣で水揚げされた魚はその日のうちに店頭に並びます。価格も安いので福岡で魚料理店が多い理由になっています。

その鮮度のよい魚介類は種類も豊富で、海流がまじりあう地形から漁場が豊かです。福岡の人々は新鮮な魚に恵まているために美味しい魚に目が肥えていますので、魚を提供する店はとても丁寧に専門的な処理をします。

刺身なのに下処理をするのだろうか。とおもいますが鮮度のいい魚を刺身でたべる場合は、手間のかかる処理があるのです。文化の違いですが関東では、お刺身は熟成させて食べるので下処理は同じではありません。

福岡の人は、コリコリと歯ごたえのある刺身が好きなので手間のかかる処理が必要なのです。魚を扱う人たちの技術レベルの高さには定評があります。海鮮丼の美味しさが全国的に人気がある秘密です。また鮮度がよく価格も安いので刺身が食卓に並ぶ頻度も多いのです。

福岡市天神の「魚助食堂」の海鮮丼

魚助食堂の海鮮丼は、まず大きさを3種類の中から選びます。並み盛り980円、中盛り1280円、大盛り1480円です。

選んだら支払いを先に済ませると、食券の代わりにそれぞれの大きさの木製のボタンを渡してくれます。始めての方は安いという第一印象を持つ方が多いと思います。

カウンターで木製のボタンと引き換えに、選んだ大きさの器に白米を盛ってお盆に乗せて渡してくれます。種類が豊富な鮮魚がカウンターに並んでいますので、自分で好きな刺身を好きな量だけ上に盛り付けていきます。

こぼれ落ちそうな海鮮丼が出来上がります。本日の長浜鮮魚のメニューが店先に表示されています。毎日日替わりで4~6種類の刺身がカウンターに並びます。時間によってメニューが変わります。魚好きな地元でも人気のおすすめ海鮮丼です。

カウンターに並んだ刺身には、それぞれ産地が表示されています。魚助食堂は特別な仕入れルートから直接鮮魚を仕入れるので安い価格で店頭に並びます。海鮮丼が安い価格で提供できる秘密です。

福岡市天神の「魚助食堂」の人気ルール

自分オリジナルの海鮮丼が出来上がる時のルールがあります。好きなだけ盛り付けが出来るのは最初の一回のみです。追加で取りに行くことは出来ません。時間制限があり45分と決まっています。

また食べ残しが厳禁で、ルール違反で残した場合には罰金1000円を支払わなければなりません。時間制限ルールがあるからこそ、待ち時間が少なくたくさんの方が来店できます。お残し厳禁のルールがあるからこそ、その日に水揚げされた鮮度の良い刺身を何時に来店しても選ぶことが出来ます。

博多の人々の鮮度が良い海鮮丼に納得する人気のおすすめメニューには、まだあります。サラダとお味噌汁はお店のスタッフが席まで運んできてくれます。お味噌汁の美味しさにも定評があります。

15時以降の来店は、並盛り、中盛り、大盛りのそれぞれが+100円となります。そこにおばんざいと漬物が付きます。「おばんざい」も食べ残し禁止ルールに入りますので、盛り付けの量は無理のないようにしてください。

福岡市天神の「魚助食堂」刺身の選び方

店内のカウンターにその日にとれた鮮度の良い刺身が並んでいる風景は魅力的です。産地と魚の名前が丁寧に表示してありますが、魚に詳しくない方はなかなか自分好みの刺身が、魚の名前だけではわからない事もあります。

わからない時には遠慮なく目の前のスタッフにお尋ねください。刺身の特徴を丁寧に教えてくれます。カウンターの中で刺身を捌いている魚のプロ達ですので味覚もよく知っています。コミュニケーションもたのしいです。

地元では水揚げが多く価格の安い魚でも、他の地方では貴重で価格の高い魚もあると思います。福岡市しか食べられない貴重な魚と出会う事もあると思います。

福岡市天神の「魚助食堂」のおばんざい

「おばんざい」とは家庭的なおかずの事です。地元の新鮮な野菜や肉を中心としたメニューが日替わりで5~7種類作られています。おすすめの人気メニューが揃います。安い価格でここまでのサービスがあると初めての方は驚くと思います。

この「おばんざい」もカウンターに並んでいますので、自分の好きな量を盛り付けます。気をつけたい事は「おばんざい」も1回限りの盛り付けで、食べ残し禁止のルールは一緒です。

少しずつバラエティー豊かな味を楽しめるところがおすすめです。日替わりで毎日5種類から7種類のメニューが楽しめます。その日のメニューは店頭に書き出されてあります。時間帯によってメニューが変わります。

ある日のメニューをご紹介しますと、若鳥の竜田揚げ、合鴨の燻製とレンコンのピクルス、那須に煮びたし、大根のはちみつレモン、ホウレンソウの胡麻和え、切り干し大根、明太マカロニでした。これだけのクオリティーです。おばんざいだけでも十分に楽しめます。

福岡市天神の「魚助食堂」お店情報

魚助食堂は毎日日替わりの長浜鮮魚がいただけます。時間帯によってもメニューが変わります「おばんざい」も本日の日替りとしてメニューがわかりやすく書かれています。

営業時間は11時から23時までです。15時以降はそれぞれ+100円になります。定休日はPARCO新館の定休日と同じです。

住所 福岡県福岡市中央区天神2-11-1 福岡PARCO新館B2
電話番号 092-235-7435

福岡市天神の「魚助食堂」の秘密

鮮度の良い刺身を盛り付けた海鮮丼、メニューの豊富な「おばんざい」を盛りつけて、サラダ、漬物、みそ汁この5品でオリジナル定食が完成です。この5品定食で、並盛り980円中盛り1280円大盛り1480円です。びっくりするほどの安さです。

鮮度がよく自分の好きな刺身を盛り付けできて、凝ったメニューの「おばんざい」も好きな分量を盛り付けできて定食として980円~こんなに安い価格で提供できるのは、長浜魚市場から特別ルートで毎朝直接仕入れができるからです。

「おばんざい」に使われている素材も地元の新鮮野菜を契約農家さんから直接仕入れています。素材の美味しさを生かして炒める、焼く、煮る、あえるとバラエティー豊かな料理法で飽きる事がないように毎日おすすめメニューをそろえます。

みそ汁、漬物、タレのおかわりは自由です。店内には並み盛り、中盛り、大盛りのおおきさが具体的にわかるように実物大の器が置いてあります。お店の前にも写真入りの大きな看板が目立つように設置されています。美味しさと安さで地元のおすすめ店らしくいつも活気に溢れています。

Thumb福岡天神のランチBEST17!おすすめの人気店ばかりを厳選!
福岡天神にはたくさんのランチスポットがあります。多くの観光スポットがあることから、カップルや...

福岡市天神の「魚助食堂」の醬油

地方によって海鮮丼を食べる時の醬油の味は違いがありますが、福岡のおすすめ醬油は甘い醬油です。コリコリした食感の刺身には特によく合うんです。逆に福岡の方が他地方に行ったときに醬油のしょっぱさに驚いたという話を聞きます。

福岡県は醬油屋さんが一番多いのです。全国で醬油を製造している内の約1割の醬油製造社が福岡県にあります。その為に福岡独特の味と食文化を支えているといわれています。

福岡の一般家庭では、甘めの濃口醬油とさらに甘いさしみ醬油の2種類を使い分けています。魚助食堂で福岡自慢の地元の醬油でも刺身を召し上がってください。

魚助食堂では鮮度の良い刺身によく合うおすすめの醬油をベースに、さらに海鮮丼に合う独自のタレを作っています。魚助食堂はこの独自の3種類のタレも人気が高くおすすめです。

3種類のタレはおかわり自由ですので人気の高い魚助食堂のオリジナル海鮮丼にたっぷりとかけて召し上がってください。地元の常連さんがおすすめするタレはゴマダレです。

福岡市天神の「魚助食堂」の合言葉

長浜の鮮魚卸の直営店という安さと鮮度の自信と、地元で人気のおすすめ店だけあっていつも混雑しています。長浜は福岡で有名な鮮魚市場で知られています。様々な魚の水揚げ量を誇る豊かな漁場から提供される刺身を多くの方に喜んで頂きたいと常に取り組んでいます。

多くの方に食べていただきたいという思いから45分という時間制限と、盛り付け自由だけどお残し禁止というルールを考えたのです。新鮮な鮮魚を安い価格でお腹いっぱい食べていただきたい。これが魚助食堂のモットーです。

Thumb天神パルコでランチがおすすめのお店まとめ!人気のカフェも紹介!
福岡市でショッピングやグルメを楽しむのにおすすめなスポットといえば「天神パルコ」。連日たくさ...

海鮮丼の地域の特徴

海鮮丼とは、どんぶりの上に新鮮な魚介類を合わせて乗せたものとの定義があります。日本人に人気のあるご当地どんぶりは他にどんな物があるのでしょうか。ご当地だけに、地元の新鮮な食材で人気があり、手に入り安い食材なので他の地方よりも安く、おすすめ丼があります。

能登丼と呼ばれているものは、石川県の奥能登地域で提供される、地域食材を使用した丼もの。日本海の幸を使用した海鮮丼を能登丼と呼びます。地元の港で水揚げされた魚介類ですので、地元では安い価格で召しあがれます。
 

エビやカニを中心とした新鮮で豊かな漁場でとれた刺身がのっています。また肉でもブランド牛の能登牛をのせたステーキ丼などが人気です。

勝手丼と呼ばれるのは、北海道釧路市の釧路漁港近くにある釧路和商市場のご当地料理です。和商市場ないの惣菜店でご飯を入れた丼をもらい、鮮魚店などをまわって好きな具材をトッピングしてつくる自分オリジナルの丼です。トッピング範囲が市場全部なんです。

駿河丼は静岡県焼津市、沼津市など駿河湾で取れる豊富な桜海老とシラスの釜揚げやアジのたたきをのせた丼です。

相模湾でもシラスが豊富にとれますので沿岸の観光地などでシラス丼として提供されています。相模湾沿岸ではシラスの釜揚げはもちろんですが、生のしらすも丼にします。シラスは生ですと美味しくたべられる時間が短いので人気のご当地グルメです。

駿河湾では相模湾どうようシラスがとれますので生のシラスを食べますが、駿河湾でしかとれない桜海老の丼も人気です。シラスと同様に桜海老を釜揚げにもしますが、生で桜海老を丼にもします。地元が産地なので地元で食べると価格が安いです。

このようにご当地グルメはその地方の特産品として、食の歴史の中で地元の新鮮な食材を新鮮に安く食べられる特徴を生かし昔から独特な食べ方で愛されてきました。ぞれぞれ、かけがえのない地元の味です。また旬の魚や野菜が食卓に並ぶことによって季節も感じる日本古来からの食文化です。

福岡県福岡市「魚助食堂」ヘルシーが女性に人気

「おばんざい」というと地元の食材を使った家庭料理の事ですが、この「おばんざい」と聞くと京都の伝統料理をおもいだします。京都に限らず西日本では伝統の家庭料理を「おばんざい」と呼ぶ地域もあるそうです。

一般に西日本の「おばんざい」は薄味の味付けで、かつお節、昆布、椎茸の出汁をベースにした和食が多いです。煮物も出汁がよくきいた薄味が特徴ですが、とてもヘルシーというイメージが強く、特に女性に人気があります。

もちろん魚助食堂も地元野菜を豊富に使って、素材の味を生かした「おばんざい」を中心にしています。出汁を程よく使った野菜を引き立てる味付けが海鮮丼の名脇役メニューです。

福岡県福岡市長浜鮮魚市場と「魚助食堂」

福岡県福岡市長浜鮮魚市場は福岡の観光スポットにもなっています。広い敷地と大きな建物の中を見学することもできます。

1955年に開場して以来24時間開放されている一般通路から、展望プラザ、魚っチングプラザは市民の以降の場であり、国内外から見学に訪れる人々に人気のおすすめスポットとなっています。

鮮魚が豊富な福岡市長浜鮮魚市場

福岡市長浜鮮魚市場の特徴は、玄界灘、日本海や東シナ海の豊かな漁場で採れた魚介類が九州や西日本各地から集まっていますので有数の鮮魚市場です。約300種類の魚が集まる鮮魚市場によって「魚の美味しい町福岡」というキャッチフレーズが付いています。

福岡市長浜鮮魚市場では毎月第2土曜日を市民感謝デーとして、市場の一部を開放しています。毎日朝早くから鮮度の良い魚と加工品を並べる約40店舗の卸売り店で一般市民が買い物をする事ができます。普段はプロの業者さんしか入る事が出来ませんが、この日だけは特別です。

普段からにぎわう福岡市長浜鮮魚市場ですが、市民感謝デーの日は特別な賑わいです。朝早くから各店舗の店先では、さまざまなイベントが開催されていて「本マグロの解体ショー」などの前は人混みができています。

福岡市天神の「魚助食堂」へ行こう

このように鮮魚は福岡市民の身近な食であり、身近であるゆえに味覚も優れていて厳しいです。鮮度の良さにごまかしがきかないのです。

舌の超えた福岡市民が絶賛する「魚助食堂」で絶品の海鮮丼、おばんざいをお召しがりください。感動するほどの食感と価格の安さ、また自分オリジナルの海鮮丼を作るパフォーマンスも楽さも味わえます。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Miee2430

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ