美保神社の御朱印・ご利益・アクセスは?出雲大社と両参りで効果UP!

島根県にあある美保神社は松江にあります。商売繁盛のご利益で知られれるえびす様が祀られる美保神社は、出雲大社とセットで参拝するすると、そのご利益はアップするとも言われています。その島根の美保神社へのアクセスや駐車場の場所、人気の御朱印やお守りなどもご紹介します。

美保神社の御朱印・ご利益・アクセスは?出雲大社と両参りで効果UP!のイメージ

目次

  1. 1島根県にある美保神社についてご紹介
  2. 2島根県の美保神社とは
  3. 3美保神社の見どころ
  4. 4美保神社のご利益・御祭神について
  5. 5美保神社の御朱印帖を買って御朱印を頂こう!
  6. 6美保神社のお守りと鯛絵馬
  7. 7美保神社へのアクセスと駐車場や詳細情報
  8. 8出雲大社と美保神社の両参りがおすすめ!
  9. 9島根県の美保神社でご利益やお守りを頂こう

島根県にある美保神社についてご紹介

島根県にある美保神社はえびす様を御祭神にした由緒ある神社で、最近ではパワースポットとしても知られていますが、商売繁盛や縁結びのご利益があると人気で、とくに出雲大社の参拝のあとに、美保神社も参拝に行くとご利益が得あると有名です。その島根にある美保神社について、アクセスや、駐車場、見どころなどもご紹介します。

島根県の美保神社とは

美保神社は島根県の松江にある神社で、御祭神は商売繁盛で知られる、事代主神こと、えびす様です。そして、農業の神さまである三穂律姫命が祀られています。日本でもここだけと言われる神社造りの本殿や、壁が一切なく開放的な本殿では、珍しい巫女さんの舞を1日2回見る事が出来ます。

同じ島根にある出雲大社とセットで参拝すると、そのご利益がさらに強力になるとも言われていて、出雲大社へ参拝後はこちらの美保神社へ参拝に来る方も、最近は大変多くなってるようで、御朱印や御朱印帳、お守りも人気のある美保神社です。

美保神社はえびす神社の総本宮

美保神社の御祭神であるえびす様は、日本にある事代主神系であるえびす様を祀る三千以上の神社の総本社です。えびす様を祀る神社は日本でも多いですが、えびす様には事代主神系と蛭子神系と2種類あり、美保神社は事代主神が御祭神です。

美保神社は、その歴史もすごく古く、いつから美保神社がここにあったのかは、はっきりとしたものが無いため不明なのですが、出雲国風土記に美保神社のことが書かれていいるうえに、敷地内から発掘されたものをみて、日本最古の部類にはいる神社と言われています。

Thumb島根の有名神社&パワースポットを完全網羅!御朱印巡りにもおすすめ!
島根県には、有名な神社がたくさんあります。全国的にも有名な出雲大社をはじめ、有りがたいパワー...

美保神社の見どころ

島根県にある美保神社は、古くからあるため、本殿や巫女さんの舞など境内には、あちこち見どころといわれるものが多くあります。とくに、おかげの井戸や、青石畳通りに敷かれている石との景色や、そこから見える海の景色も、なんとも言えない懐かしくも感じる景色を見ることが出来ます。

朝夕の巫女さんの舞

美保神社の拝殿は、他の神社とは違っていて壁がなく、仲が丸見えになっています。そしてその場所では1日2回、朝と夕方に巫女さんの舞があり、見ることが出来ます。ご祈祷などがあった場合も、この拝殿で行われるので、巫女さんの舞は見れますが、朝と夕方は美保神社の決まった儀式で見ることが出来ます。

朝の舞は朝御饌祭と呼ばれ、午前8時30分から、夕方の夕御饌祭は午後3時30分から行われ、これは神さまへのお供え物をするときの奉納の儀式で、この時間に美保神社に行くと、この巫女舞と呼ばれる舞を見ることが出来ます。

鳥居前の青色石畳が美しい!

島根にある美保神社には、石畳が敷かれています。この石畳は、ちょっと珍しく、普段も若干青みがあってみえるのですが、雨が降った時や、その後などにみると、青く見える石で、雨上がりで太陽の光が当たると、一層その青さも綺麗に見え、たいへん美しい景色を見ることができます。

この青石は、美保神社がある美保関の海で採られた石を使っているそうで、漁業や海運と海に関係する神である事代主神らしく感じます。もともと港町で沢山の船が訪れた街でもありその時の雰囲気が今ものこる青石畳通りは、すごく懐かしい雰囲気で、美保神社に訪れた時は、ちょっと歩いてみるのをおすすめします。

廻船御用水と書かれた「おかげの井戸」が不思議な形

美保神社の境内にある、8角系の井戸、おかげの井戸と書かれているので、美保神社に行くとすぐにわかります。無料の休憩所があり、その前にあるこのおかげの井戸は、有形文化時にも指定されているもので、実際にまだ使うこともでき、ポンプが設置されているので、それを利用すると水を汲むこともできます。

この井戸が出来た理由は、この地域が干ばつが長い間続き、それまで、ちこちにあった井戸が次々と干上がってしまったため、宮司さんが雨乞いをしたそうです。その時に美保大明神が、この場所を掘るようにとお告げがあり、そのおっしゃった場所を掘ると水が湧いてきたということが伝わっています。

干ばつで大変だった地元の人達は、その水のありがたいことに、おかげの井戸と呼ぶようになって、今もその名で呼んでいます。

太鼓や笛など楽器も多くある

島根の美保神社の御祭神であるえびす様は、商売繁盛の神さまの他に漁業や海運といった海に関係することにもご利益のある神様です。そしてその他に鳴り物の神さまとしても知られていて、太鼓や笛、いろいろな楽器を奉納されるため、色々な楽器があります。

えびす様のイメージ的にも、賑やかなな場所が似合うイメージがありますが、置いてある楽器も新しいものもありますが、年代物や神聖なものも多くあるので、賑やかな雰囲気があります。参拝のときは、あまり見れないような楽器も見ることが出来るため、ちょっと足を停めて奉納された楽器を見るのもおすすめです。

Thumb松江市の観光名所15選!人気グルメやおすすめコースを一挙紹介!
島根県松江市は宍道湖や松江城などの観光名所があります。宍道湖では宍道湖七珍というグルメも有名...

美保神社のご利益・御祭神について

島根にある美保神社は、出雲大社に負けないほどのご利益があることでも知られています。商売繁盛と漁業、そして海運の神であるえびす様、五穀豊穣をはじめ、夫婦和合、子孫繁栄や安産などのご利益がある三穂律姫命が祀られています。

パワースポットとしても人気があり、そのご利益も大変有名なところで、ツアーもあって沢山の参拝者が訪れています。

美保神社のありがたいご利益

えびす様と三穂律姫命が御祭神の美保神社のご利益はですが、えびす様は商売繁盛の他に漁業など海に関係し、三穂律姫命は農業や子孫繁栄、夫婦和合などと色々なご利益があり、美保神社を参拝してから仕事運が良くなった方や、家族の仲が良くなったなど、数多くの方が、そのご利益をいただいています。

さらに、そのご利益を強力にするのに出雲大社との参拝をするのが望ましいと、最近言われるようになり、どちらか一方だけの場合は方参りと言われ、両方行くことで、美保神社のご利益もアップすると言われています。

そして、そのご利益の表れる速さも、出雲大社同様に、他の神社とは別格の速さで、そのご利益があり、お礼参りに訪れる方も、すごく多いです。

美保神社の御祭神:三穂津姫命 (みほつひめのみこと)

美保神社というとえびす様が有名ですが、えびす様ともう1柱、三穂律姫命も祀られています。えびす様と呼ばれる事代主神は出雲大社の大国主大神の息子であり、そして三穂律姫命は、大国主大神が国譲りの後に結婚した最後の妻と伝えられています。

その関係もあって、出雲大社と美保神社の両方を参拝するとご利益がアップと言われています。三穂律姫命は稲穂を手に持ち現れ、その時に食べ物として人々に配ったと言われる神さまで、農業の神さまとして知られ、同時に縁結びにもご利益があると知られています。

そして三穂律姫命の名前は美保の姫という意味を持っているそうで、そのため、この地が美保関と言われ、美保神社と呼ばれるようになったそうです。

国譲りの神話

国譲りの神話というと島根を代表する出雲の稲佐の浜に伝わる大国主大神の神話として知られていますが、国譲りの話があり、大国主大神は、その答えをどうするか、その答えを、えびす様こと、事代主神へ任せるのですが、事代主神はすぐに、この国を天照大神の子供へ渡しますと即決し、天の逆手を打ったのです。

この事代主神の逆手を打ったと記されてるのは日本の史書で初めてで、拍手の起源とされ、1本締めなどがこれにあたります。そして事代主神のこの決断力は、ご利益のひとつにあり、参拝すると決断力がでると言われています。

そして、この神話の続きで、事代主神が決断したあと、不服に感じた弟の建御名方神が天照大神の使いの建御雷神に力勝負をし負けてしまうのですが、これが日本の国技である相撲の起源とされています。

えびす様は鶏が嫌い

えびす様のイメージというと、座っているイメージがあり、立っている姿をイメージする方は少ないはずです。えびす様は、三嶋溝杭姫命のがいる東出雲に毎晩通っていて、朝、鶏が鳴くころに美保神社に戻っていたそうです。ある日、その鶏が時間を間違え鳴いてしまい、慌てて帰る際に船を漕ぐオールを落とし、足で漕ぎながら海を渡りました。

その時に、サメに足を噛まれたそうで、それからえびす様は足を隠すように座っているそうで、美保神社に戻った時に本当の時間を知り、それ以来に鶏が嫌いになり、地元では鶏を飼うのはもちろん、鶏肉や鶏卵を食べることもご法度になったそうです。ご利益をいただくため、参拝に行くときは鶏肉や卵料理は食べずに行ったほうが無難かも知れないです。

美保神社の御朱印帖を買って御朱印を頂こう!

島根にある美保神社の御朱印は、大変シンプルな御朱印ですが、美保神社の御朱印は是非、御朱印帳を購入し、それに御朱印をいただくことをおすすめします。

美保神社の御朱印帳はすごく品のある綺麗な御朱印帳で、白金色に金色の刺繍でえびす様のタイと三穂律姫命の稲穂が描かれているもので、すごく綺麗な御朱印帳で、人気のある御朱印帳です。

御朱印帳は持っているので、御朱印だけと思っていても、御朱印帳を見て、即決で購入すると言う方も多く、えびず様は決断力も早い言われ、意外とそのご利益が出ているのかも知れません。

美保神社の御朱印帖は金の黒汁で記されている

島根の美保神社の御朱印は、シンプルに左に奉納と書かれ、真ん中に美保神社、左に参拝した日付が書かれています。他に霊場のご朱印があります。更に美保神社には特別な御朱印もあり、その御朱印をいただくために参拝に訪れる方も多くいます。

美保神社では毎月7日にえびす祭りというのをやっていて、その時だけの限定ですが、絵馬と御朱印は特別なバージョンが用意されています。

7日限定で、この日に行くと金色の墨汁を使った御朱印があり、この日に参拝に行き、御朱印をいただくと、この金色で書かれた御朱印がいただけます。

しかし、御朱印帳に直接書いていただくものではなく、金色の墨汁で書かれた御朱印は、それ専用の御朱印用紙に書かれたものをいただけます。

美保神社のお守りと鯛絵馬

御朱印意外にも、美保神社ではお守りや絵馬も可愛い物が多く、デザインやそのスタイルも人気で、特徴的な絵馬は、描かれている絵も可愛いですが、絵馬にかけるスタイルも特徴的で人気があります。

そして、美保神社では福種銭と言う、すごく有名なお守りがあります。このお守りは、ずっと持ち続けるのではなくすぐに使わないとダメなお守りですが、なかなか使えないお守りでもあります。

美保神社の福の種

美保神社のお守りというか有名なものに福種銭というものがあり、これは拝殿の横におかれているのですが、新品のキラキラ光っている10円硬化が一枚入っているもので、この10円玉は福の種と呼ばれ、美保神社でしっかりとご祈祷されたものになっています。

ご祈祷もされたものですから、財布の中にずっと入れておき、お守りとして持っていたい気持ちになるのですが、この10円はすぐにつかわないといけません。使うことで、すごく大きな実りとなり、自分のもとへ戻ってくると言われ、お守りとして、つい持っていたくなるのですが、使わないとご利益がありません。

美保神社のお守りは毎月7日えびす祭りに30体限定!

美保神社では毎月7日はえびす祭が行われています。その時に毎月7日のえびす祭限定で、なんと24金の鯛守と呼ばれるお守りが30個限定で登場します。

通常の金色のお守りというわけでなく、24金で作られたお守りは、あるだけで特別なご利益がありそうですが、7日のえびす祭に行くと、この24金のお守りを購入することができます。

鯛絵馬は釣り竿で本殿横にある絵馬掛けに吊るす

美保神社では、その特徴的な絵馬も可愛いと人気があり、多くの参拝者が絵馬に願いを書き、絵馬掛けにかけます。美保神社の絵馬はえびす様にちなんで釣り竿をつかってかける絵馬で、その絵馬に描かれた絵もえびす様のタイが三穂律姫命の稲穂を加え飛び跳ねているデザインになっています。

その絵馬の絵も可愛いのですが、かける場所やかけかたも他にはない特徴的なもので、釣り竿を使い、かかっている絵馬をみると、つい自分もとなるようで、お土産や記念としても、この絵馬を購入する方もいるようです。

美保神社へのアクセスと駐車場や詳細情報

美保神社へ参拝に行く場合は、基本的には車でのアクセスか、最寄り駅のJR松江駅まで行き、そこからアクセスする方法になります。比較的JR松江駅から、バスを乗り継いでアクセスする方が多いようです。結構出雲大社とセットで参拝に行く方も多いので、交通機関でのアクセスが便利ではあります。

美保神社へのアクセス

美保神社へのアクセスですが、一般的には交通機関をつかうと便利です。JR松江駅からまずは一畑バスにのって美保関バスターミナルまで向かいます。そして美保関バスターミナルから、美保関コミュニティバスというのがありますので、それに乗れば美保神社へアクセスできます。美保神社入口もしくは美保関までいって降ります。

バスでアクセスする時の所要時間ですが、JR松江駅からバスターミナルまでが約45分くらいかかり、バスターミナルから、美保神社までは大体30分くらいかかります。美保神社に行く時は、移動時間もそうですが、バスの待ち時間もあったりしますので、時間に余裕を持っていくと良いです。

そして、平日よりも土日や祝日になると、バスの便数が減りますので、週末や祝日に行く場合は注意してください。

美保神社の駐車場

美保神社へ車でアクセスする方は、美保神社には専用の駐車場がありません。そのため他の駐車場を利用しないといけないんですが、近いのはバス停の美保関と美保関文化交流館にある駐車場になります。

しかし、灯台近くの駐車場を使った場合、その駐車場から美保神社まではああるくとだいたい30分くらいはかかりますので、歩くのが苦にならないなら良いですが、大抵は文化交流館のところにある駐車場を使う方が多いです。

それか、松江の駐車場に停めて、バスで美保神社へアクセスするというのも良いです。車のほうが移動も早く時間にロスが無いことが多いですが、毎月7日は多くの方が参拝に来ますので、もしその日に行くのであれば駐車場の事も考え早めに行くと良いです。

美保神社の詳細情報

島根県にある美保神社は、地元の方だけでなく観光や、ツアーで参拝に来られる方が多く、初詣や、えびす祭の時は、結構沢山の方が参拝に訪れます。参拝の出来る時間は、24時間いつでも大丈夫で、休みはもちろん、拝観陵といったものもかかりません

参拝にかかる所要時間は、ゆっくり境内を見て回ったとしても1時間ちょっとで済みますので、だいたい1時間前後、さっと参拝を済ませるなら30分くらいあれば大丈夫です。

現在、美保神社は平成の大造営になっており、本殿など修復したりしていて、その社を観ることが出来ないですが、参拝はできますし、朝夕の巫女さんの舞なども観る音が出来ます。そして美保神社の住所は、島根県松江市美保関町美保関608です。車でアクセスする方はナビに登録しておくと良いです。

出雲大社と美保神社の両参りがおすすめ!

同じ島根にある出雲大社と、松江にある美保神社は、昔からではなく、特に最近はそう言われるようおになったようですが、出雲大社だけだったり、美保神社だけだと方参りと言われ、一般的には出雲大社に参拝後、この美保神社に参拝にくるそうです。

そのため、出雲大社に午前中に参拝し、その後、午後にこちらあの美保神社に参拝に来る方もいるようで、ツアーもあるようですが、出雲大社と美保神社ともに、その後利益をいただくためには、しっかり境内の参拝などもしておいたほうが良いので、個人で行くのが自由も効くのでおすすめです。

出雲大社とは

出雲大社は誰もが知る縁結びの神さまが祀られる神社です。御祭神は美保神社の事代主髪の父、大国主大神で、その昔は、その父、須佐之男命が祀られていました。

出雲大社は、日本全国にいる八百万の神が集まり、会議をする場所としても知られていて、八百万の神に参拝するお社もあります。そして他の神社とは違う参拝作法があることでも知られ、毎日多くの方が参拝に訪れる、日本一と言って良い由緒正しき神社です。

両参りをすると願いがかないやすくなりなる!

この出雲大社と美保神社は、片方だけ参拝するのではなく両方を参拝することで、両参りとなるため良いと言われ、そのご利益がアップすることでも知られています。この両参りするのが良いと言われるのは美保神社の御祭神と出雲大社の御祭神の関係もあります。

出雲大社の御祭神は大国主大神ですが、その最初の息子が美保神社の御祭神であり、えびす様こと事代主神で、国譲りの神話では大国主大神がその決断を息子の事代主神に委ねたというのは知られた話です。

そして、その大国主大神の最後の妻とされるのが、美保神社のもう1柱の御祭神、三穂律姫命であり、親子でり、夫婦という家族ということで、両方を参拝したほうが良いとされているのではないかと言われています。

出雲大社へのアクセス・詳細情報

出雲大社へのアクセスですが、駐車場は出雲大社のすぐ側にありますが、早い時間に行かなければ、すぐに埋まってしまって、駐車出来なくなります。そのため車で行く場合は事前に周辺の駐車場をチェックしていくと良いです。

出雲大社は参拝者も多いため、周辺には結構駐車場があるので、すぐに見つかると思いますが、駐車場の料金は意外とバラバラで統一されていないので、参拝に行くときは早めに行って駐車場に車を停めると良いです。

JR出雲市駅からはバスが1番簡単にアクセスできる方法で一畑バスにのり正門前バス停で下車すれば良いです。出雲大社の入口である2番目の鳥居のすぐ前に降りることが出来ます。

出雲大社の参拝時間

参拝できる時間は3月から10月までは午前6時から午後8時までですが、それ以外の11月から2月の間は午前6時半から午後8時となっています。だいたいの参拝にかかる所要時間は2時間くらいを見ているとよいですが、ゆっくり色々みていくならもう少し必要ですし、混雑してる時ももう少し時間はかかりますので時間に余裕を持っていくと良いです。

島根県の美保神社でご利益やお守りを頂こう

島根の美保神社の、そのご利益は出雲大社同様にすごいと評判です。出雲大社とセットで参拝し、両参りすることで、出雲大社と美保神社の両方のご利益を強力にすることができます。方参りで済まさず両参りして、美保神社のえびす様と三穂律姫命の、そのご利益をしっかりといただきましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
Barista Sho

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ