神魂神社は島根の日本最古パワースポット!御朱印・アクセス・ご利益紹介!

島根の人々がおすすめする、日本最古のスピリチュアルなパワースポット「神魂神社」。神秘的な雰囲気と心洗われるような静寂さで、密かに人気を集めている神社です。そんな神魂神社のご利益やお守り、御朱印、アクセス方法など、参拝情報をまとめてご紹介します。

神魂神社は島根の日本最古パワースポット!御朱印・アクセス・ご利益紹介!のイメージ

目次

  1. 1島根の「神魂神社」は日本最古のパワースポット!
  2. 2地元島根の人がおすすめする「神魂神社」
  3. 3神魂神社に祀られている御神祭とは
  4. 4神魂神社にまつわる日本神話「国造り物語」
  5. 5神魂神社の国造り物語1:さまざまな神様の誕生
  6. 6神魂神社の国造り物語2:火の神様の誕生による死
  7. 7神魂神社の国造り物語3:二人の神様の離縁
  8. 8神魂神社のご利益!どんな人におすすめ?
  9. 9入手困難と言われている神魂神社のお守り
  10. 10神魂神社を参拝したら御朱印をもらおう!
  11. 11神魂神社にある大きな「穴」の正体とは?
  12. 12神魂神社へのアクセス方法は主に二通り
  13. 13神魂神社へのアクセス方法1:市営バス
  14. 14神魂神社へのアクセス方法2:車
  15. 15島根のパワースポット「神魂神社」に行こう!

島根の「神魂神社」は日本最古のパワースポット!

島根県にある「神魂神社」をご存知でしょうか?神魂神社は、日本最古のスピリチュアルなパワースポットとして知られている、古く神聖な神社です。その神秘的な雰囲気と、心が洗われるような静寂な空気感で人気を集めている神魂神社。御神祭や神話、ご利益にお守り、御朱印、アクセス方法など、神魂神社の参拝情報をまとめてご紹介していきます。

地元島根の人がおすすめする「神魂神社」

島根といえば、まず「出雲大社」をイメージする方が多いのではないかと思います。出雲大社とは、島根県出雲市の大社町杵築東に位置している神社で、大国主大神を御祭神としています。縁結びのご利益があるパワースポットとして、全国的にも有名な観光地です。

島根屈指のパワースポットとして知られている出雲大社ですが、島根のパワースポットは出雲大社だけではありません。出雲大社のように全国的に、そして世界的に有名な神社ではありませんが、地元島根の人々が一押しするスピリチュアルな神社が存在するんです。

その神社とは「神魂神社」。神の魂と書いて「かもす」と読みます。神魂神社は、島根県松江市の大庭町に位置している神社です。神魂神社の拝殿は、現存している大社造りの中で日本最古のもの。とても古く価値のある貴重な拝殿で、国宝にも指定されています。

出雲大社のようにガイドブックに掲載されているわけでもなく、観光地としては決してメジャーとはいうことのできない、神魂神社。しかし、そのスピリチュアルな雰囲気が大変魅力的で、地元島根の人々がおすすめするパワースポットとして密かに知られています。

Thumb島根観光なら出雲大社!周辺の見どころや日帰りプランを詳しく紹介!
島根に行ったら是非行きたいのが「出雲大社」。大変人気の見どころたくさんの観光スポットとして人...

神魂神社に祀られている御神祭とは

神魂神社の御神祭、つまり神魂神社に祀られている神様は「伊弉諾大神イザナミノミコト」という女神と、「伊弉冊大神イザナキノミコト」という男神です。伊弉諾大神イザナミノミコトを主祭神としており、伊弉冊大神イザナキノミコトが合祀となっています。

神魂神社の御神祭については、中世の末期ごろからこのようにされていますが、それ以前の御神祭については明らかになっていないようです。これについてはさまざまな説があるようですが、現在は残されている記録上で分かる範囲内で、より古い説に従っています。

神魂神社にまつわる日本神話「国造り物語」

神魂神社には、主祭神である伊弉諾大神イザナミノミコトと、合祀の伊弉冊大神イザナキノミコトにまつわる日本神話「国造り物語」が言い伝えられています。参拝前に国造り物語の内容を知っておくと、より神魂神社への理解を深めることができます。神魂神社のご利益にも関係がある話なので、以下で簡単に国造り物語について押さえていきましょう。

神魂神社の国造り物語1:さまざまな神様の誕生

ある日「天」と「地」が誕生し、そこからたくさんの神様がこの世に姿を現しました。そこで最後に誕生した神様が「イザナミノミコト」と「イザナキノミコト」という二人の神様でした。そして力ある神様が二人を呼び出し、矛を渡し「国」を造るように命じます。

二人は「天の浮き橋」に立ち、まだなにもない海原に矛を下ろしかき回したところ、矛先から落ちた滴が固まって島となりました。これが有名な「オノゴロ島」です。「自ら凝り固まり誕生した」という意味から、オノゴロ島は「自凝島」という風にも表記されます。

二人は、現在の淡路島である「淡道之穂之狭別島(あはぢのほのさわけのしま)」や、現在の四国である「伊予之二名島(いよのふたなのしま)」などの島を誕生させる「島産み」を行い、それを繰り返し、日本列島を誕生させるという「国産み」を行いました。

島産み、国産みを行なった二人は、今度は次々と神様を産むという「神産み」を行います。ここで生まれた神様は、風の神様、木の神様、野の神様、海の神様、山の神様など、自然にまつわる神様や家宅を表す神様でした。しかし、その後二人に悲劇が訪れます。

神魂神社の国造り物語2:火の神様の誕生による死

次々と神様を産み続けた「イザナミノミコト」と「イザナキノミコト」の二人の神様。自然にまつわる神様を多く生んでいるうちに、火の神様の「カグツチ」が生まれることになります。カグツチは火の神様。出産の際に、イザナミノミコトに大火傷を負わせました。

イザナミノミコトはひどい大火傷を負ってしまいましたが、なんとか一命を取り留めます。しかし、これをきっかけに発熱し、高熱が収まらずに病床に伏してしまいました。イザナキノミコトが看病に努めるものの、イザナミノミコトが回復する気配はありません。

身体が弱り果てていくにも関わらず、神産みのことばかり気にする、イザナミノミコト。その執念から、嘔吐物、便、尿から、鉱山の神様、土の神様、生成の神様などを生み出します。それからしばらくして、イザナミノミコトはあえなく死を迎えてしまいました。

最愛のイザナミノミコトを失ってしまったイザナキノミコトは、ひどく悲しみに暮れました。そして、イザナミノミコトの死のきっかけとなってしまった火の神様、カグツチに十拳剣を向け、殺してしまうのです。しかし、この血からもまた次々と神様が生まれます。

神魂神社の国造り物語3:二人の神様の離縁

息子であるカグツチを殺してしまったイザナキノミコトですが、もちろんイザナミノミコトを失った悲しみがそれで癒えるわけではありません。泉の神様が生まれるほど多くの涙を流しましたが、それでも最愛の人を失ったことを受け入れることはできませんでした。

イザナキノミコトは、もう一度イザナミノミコトに会うため、地下にある死者の国「黄泉の国」へと向かいます。死者が黄泉の国の住人となるための儀式「共食」をする前に連れ戻さなければなりませんでしたが、イザナミノミコトはすでに共食を終えたあとでした。

自分の姿を見てほしくないというイザナミノミコトの言葉に反し、心配する思いから彼女の姿を覗いてしまうイザナキノミコト。そこには、腐敗し変わり果てた彼女の姿がありました。イザナミノミコトは怒り狂い、イザナキノミコトは恐怖でその場を逃げ出します。

イザナキノミコトはなんとか追っ手から逃れ、黄泉の国とこの世の境目を大きな岩で塞いでしまいます。「1日1000人、あなたの国の人を殺す」と脅すイザナミノミコトの言葉に対して、イザナキノミコトは「それならこっちは1日1500人を産む」と答えました。

このときのイザナミノミコトの呪いによって人間には寿命というものが生じ、1日に1000人が死に、1日に1500人が生まれる世になりました。こうしてお互いに愛し合っていたイザナミノミコトとイザナキノミコトは、離縁することになってしまったのです。

神魂神社のご利益!どんな人におすすめ?

神魂神社にまつわる日本神話「国造り物語」についてざっくりと理解できたところで、それに関連するご利益についても見ていきましょう。神魂神社には、縁結、授児、安産、安産、商工繁栄、病魔、邪霊、厄難退除などと、さまざまなご利益があるとされています。

二人が「天の浮き橋」に立ったことから、海運や造船、漁業海上安全、陸上交通安全などのご利益もあるとされています。火の神様の誕生がイザナミノミコトの死のきっかけとなりましたが、鍛冶や製鉄鋼、醸造など、火を使う仕事に関するご利益もあるそうです。

このようにたくさんのご利益がある神魂神社ですが、この神社にまつわる日本神話「国造り物語」の内容から考えると、縁結、授児、安産、商工繁栄などのご利益に特に期待することができるのではないかと思われます。

そのため、神魂神社はご縁をお探しの方、妊活中の方や妊娠中の方、夫婦共々仕事で活躍したい方、離婚後も幸せに暮らしたい方などに特におすすめしたい神社です。

入手困難と言われている神魂神社のお守り

神社を参拝するからには、そのご利益にあやかるべくお守りも購入したいところ。神魂神社でもさまざまなご利益のあるお守りが数多く販売されているのですが、実はこれがとても入手困難な代物なのです。たくさん販売しているのに、なぜ入手困難なのでしょうか?

神魂神社でお守りの販売を行なっているのは「社務所」なのですが、この肝心の社務所が開いていないということがほとんどなのです。そのため、いくらお守りの種類が多くても、参拝者が購入したくても、購入することができないという状況になっているのです。

その上、宮司さんさえも不在ということがほとんど。後述する御朱印もこちらで頂くことになるのですが、このような理由で、お守りも御朱印も入手困難なものとなっているんです。もはや、社務所が開いているだけでも宮司さんに会えるだけでもラッキーなんです。

神魂神社のお守りの初穂料は、一般的な神社のお守りの相場くらいで、だいたい500円からとなっています。さまざまなご利益がある神魂神社のお守りというだけあって、その種類もさまざまです。ご利益やサイズなど、パターンによって初穂料が変わってきます。

神魂神社を参拝したら御朱印をもらおう!

日本の神社や寺院において、参拝者に対して授与される印象および印影のことを「朱印」と呼びます。一般的には敬称である「御朱印」という名前で呼ばれており、近年では日本各地のさまざまな神社や寺院を巡り、御朱印を集める「御朱印集め」が流行しています。

御朱印を頂いた経験がない方も、神魂神社を参拝した記念に、ぜひ御朱印を頂きましょう。御朱印は基本的に、神社や寺院の境内にある社務所または授与所にて授与されています。神魂神社では、拝殿の右手に位置している社務所にて御朱印を頂くことができます。

神社や寺院によってそれぞれの特徴と個性が出る御朱印ですが、神魂神社の御朱印はとてもシンプルなものです。中央に書かれた「神魂神社」の文字の背景に、「神魂大宮」と書かれた印影が。そしてその左側に、当日の日付が記入されるというものとなっています。

神魂神社で御朱印を頂く際に覚えておきたいことの一つに、宮司さんの対応が挙げられます。出雲の人々の気質であるという擁護の声もあるようなのですが、あまりにもぶっきらぼうな対応に、驚く参拝者も少なくないようです。心の準備をしておくといいでしょう。

神魂神社にある大きな「穴」の正体とは?

神魂神社の境内の中央に位置している大木のそばに、なにかとても重々しい雰囲気を放っている神籬(ひもろぎ)があります。神籬とは臨時に神様を迎えるための憑り代となる場所のこと。そして、そんな近付きがたい空気感に包まれた神籬の後ろには、大きな穴が。

境内で強い存在感を放っているこの穴は、戦時中に御神体を戦火から守った防空壕だとか、強烈な神気を持っているパワースポットだとか、いろいろな噂が飛び交っています。しかし、宮司さんによると、残念ながらこの穴は「ただの穴」でしかないのだそうです。

神魂神社へのアクセス方法は主に二通り

それでは最後に、神魂神社へのアクセス方法についてご紹介していきます。神魂神社へのアクセス方法は主に二通りで、市営バスでのアクセスまたは車でのアクセスが主流となっています。以下で、それぞれのアクセス方法について詳しくまとめています。車でのアクセスをお考えの方は、神魂神社周辺の駐車場情報についてもチェックしてみてください。

神魂神社へのアクセス方法1:市営バス

まずは、市営バスを利用した神魂神社へのアクセス方法についてです。神魂神社方面行きの市営バスは、JR松江駅前から出ています。「かんべの里」行き、または「八雲(やくも)」行きに乗車しましょう。いずれの路線も1日に走る本数が少ないので要注意です。

「かんべの里」行きに乗車した場合は「風土記丘入口」停留所で下車し、徒歩10分ほどで神魂神社までアクセスすることができます。また「八雲」行きに乗車した場合には「大庭車庫」バス停留所で下車します。大庭車庫バス停留所からだと神魂神社は目の前です。

神魂神社へのアクセス方法2:車

次に、車を利用した神魂神社へのアクセス方法についてです。神魂神社はJR松江駅から南東に5.7キロメートルほどのところに位置しています。県道21号線と国道432号線を経由してアクセスします。JR松江駅から神魂神社までの所要時間は約18分となっています。

神魂神社には、目の前に広々とした専用駐車場が設けられています。駐車料金は無料で利用することが可能となっています。上記でご紹介した市営バスは本数がかなり少ないため、どうしても動きが限られてしまいます。できれば車でのアクセスをおすすめします。

島根のパワースポット「神魂神社」に行こう!

いかがでしたか?島根県にある日本最古のパワースポット「神魂神社」。そんな神魂神社のご利益やお守り、御朱印、アクセス方法など、参拝情報をご紹介しました。出雲大社とはまた違ったスピリチュアルなパワースポットで、神秘的な雰囲気と静寂さに心が洗われます。島根県を訪れる際にはぜひ、神魂神社を参拝し、そのご利益にあやかりましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
rikorea.jp

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ