月照寺はあじさいが美しい松江の名所!御朱印・アクセス・駐車場情報まとめ!

島根県松江市の月照寺は浄土宗の寺です。松江藩主松平家墓所として国の史跡に指定されています。大亀伝説というミステリアスな伝説も残っています。約3万本のあじさいが美しい月照寺はお花見スポットとしても有名です。アクセスや近隣の情報もご紹介します。

月照寺はあじさいが美しい松江の名所!御朱印・アクセス・駐車場情報まとめ!のイメージ

目次

  1. 1月照寺とはどんなお寺?
  2. 2月照寺の御朱印情報
  3. 3月照寺はあじさいの名所
  4. 4月照寺のあじさい以外の見どころ
  5. 5月照寺のミステリー大亀伝説
  6. 6月照寺へのアクセスと駐車場情報
  7. 7あじさいが美しい月照寺を訪れよう!

月照寺とはどんなお寺?

歴史ある月照寺も、元々は洞雲寺とよばれる禅寺でした。長い時間その存在を忘れられていましたが、初代藩主である松平直政公が、生母である月照院のご遺体を安置するために浄土宗の月照寺として復興したのが、今の月照寺の始まりといわれています。

茶人として名高い7代目藩主、不昧の廟門(宮殿の門)は松江の名工と呼ばれた小林如泥の自信作といわれて、彫刻のみごとな作品は島根県の有形文化財に指定されています。御朱印もいただけます。

不昧が建てた茶室といわれる大円庵も島根県の有形文化財として指定されていて、茶人であった7代目藩主の茶と月照寺を愛する見事な建築物と、茶をたてる場所に選んだ月照寺の落ち着いた環境とあじさいを始めとする四季折々の園庭植物を歴史を超えた優美な雰囲気を楽しめる月照寺です。

月照寺は松江城の西にある観光名所

山陰のあじさい寺と呼ばれる月照寺は国保松江城の西側に位置します。屋根が羽を広げたような形から別名「千鳥城」ともいわれている松江城です。

1638年から明治4年の廃藩置県で松江県となるまで、松平藩が代々藩主として松江城に住職しました。松江藩主であった松平家の初代藩主から9代藩主までのお墓がある場所です。松江城を訪れる観光客は距離が近い事から月照寺で参拝する方も多いです。

美しい松江城が見える丘の上に、茶人として有名な松平家藩主不昧公の好みをそのままに叶えた茶室「明々庵」があります。現在でも抹茶をいただけます。松江城でも日本三大茶会の一つと言われる「松江城大茶会」は秋の大イベントとして松江城山公園で開催されています。

広い境内には見どころがたくさんある

境内のには、松江城を最後におさめた松平家の歴代藩主のお墓があるほか、美術的にも見事な彫刻の門の他、大亀伝説の石碑、茶人藩主として有名な7代目藩主不昧公の茶室、大円庵があります。

大円庵でいただくお抹茶は参道の途中にある湧き水で淹れられています。この湧き水は松平家藩主不昧公が茶の湯として愛用していたと伝えられています。

現在も湧くこの水は、島根の名水百選にも選ばれています。参道を歩いていると松平家藩主不昧公が愛用した「茶の湯の水」と書かれ、わかるようになっています。

正座が苦手な方でも大丈夫です。縁側に腰掛けて待っていると担当の方がお抹茶と和菓子を運んできてくれます。「松江銘菓みちしば」とお抹茶セットで400円です。「和菓子みちしば」は風流堂という和菓子の老舗の伝統ある人気和菓子です。

Thumb松江城の見どころ!周辺観光のスポット・所要時間・アクセスまで完全ガイド!
島根県の松江城は2015年に城郭としては5番目の国宝になりました。山陰地方にあるため、首都圏...

月照寺の御朱印情報

歴史ある松江市月照寺の神話に関係する言い伝えも人気の秘密になっています。御朱印をいただく方もあじさい寺としての風景だけでなく、神話に関係ある時代の物語の歴史にふれながら参拝する人気のお寺です。駐車場は20台ですので周辺の駐車場アクセス情報もご確認ください。

月照寺で御朱印はもらえる?

御朱印には参拝した日にちと、月照寺のご本尊である阿弥陀如来を筆文字で綺麗に書いていただけます。山号である歓喜山と月照寺の筆文字も書かれ、松平家の家紋である丸に三つ葵がきれいです。札所は出雲国神仏霊場5番です。

御朱印をもらえる場所や時間・料金は?

御朱印は紙の配布です。参拝料を支払う際に御朱印をお願いするといただけます。御朱印は300円です。参拝時間の4月から10月までは8時30分から17時30分まで。11月から3月までは8時30分から17時までの間に申込みしてください。

月照寺はあじさいの名所

月照寺のあじさいは約1万㎡の広さの境内に約3万本のあじさいが咲きます。6月中旬から7月中旬までの初夏が見頃です。山陰のあじさい寺と呼ばれる円照寺には見頃の時期にはたくさんの参拝客と観光客が訪れます。

一本のあじさいの木から青、紫、ピンクと色の変化が同時に咲く木もあります。大きな木となって土の栄養状態が良好ですと見事に咲き誇る多彩なあじさいです。あじさいは代表的な青や紫、ピンクの大輪を見る事が楽しみですが、その他の珍しい品種もあります。

松江市月照寺の珍しいあじさいで「フラウフジョ」という希少な白の縁取りがあるピンクのあじさいが可愛い花を開花させます。ピンクの色は濃いめです。

珍しいあじさいに「ウズアジサイ」があります。花びらの端が内側にウェーブしていますので、全体を見ると渦のようにみえます。見頃の時期には探す楽しみがあります。

あじさいは月照寺のどこに咲いている?

あじさいの開花時期には、入り口にある月照寺の石碑の回りにあじさいが咲いていて、早速迎えてくれます。広い門を抜けて境内に入っていきますが玄関で参拝料を払って本堂へむかいます。

立派な彫刻の唐門を抜けて初めに、初代藩主松平直政公のお墓がありますが門からお墓の間にたくさんの灯篭と見事に咲き誇るあじさいがとてもきれいです。茶人として有名で今も人気の高い7代目藩主不昧公のお墓に向かう石堂の回りも見事なあじさいが咲いています。

歴代松平家藩主のお墓が見えて来ると、そこへ向かう一本道の回りにあじさいが見事な色彩で咲いています。境内に約3万本のあじさいが咲いています。あじさいの見頃の時期には人気の観光スポットです。

月照寺のあじさいの見頃はいつ?

様々な品種と鮮やかな色のあじさいが本堂の南に群生になっています。30種類以上がほぼ同時に開花しますので満開になると感動です。開花時期は6月中旬から7月中旬です。

その年の気温によって開花時期に多少の違いはありますが、7月下旬から8月に入ってしまいますと、あじさいは花びらが枯れて鮮やかな色はなくなってしまいます。見頃情報と車で訪れる予定の方は駐車場アクセス情報もごらんください。

もしも、8月に月照寺に訪れてあじさいを見る時期が遅くなってしまったら、あじさいは残念ですが、夏の花として「のうぜんかずら」や「カサブランカ」がたのしめます。

月照寺のあじさい以外の見どころ

島根県松江市月照寺の歴史の中で松平家の7代目藩主、不昧公が茶人として知られていた事は有名ですが古くから茶人として名高い松平家の藩主不昧公のお茶を愛する心が今でも後世に受け継がれています。

島根県松江市月照寺の幻想的な日本庭園を眺めながら、大円庵でお抹茶をいただけます。月照寺のあじさいを茶室よりながめる雰囲気は静観な雰囲気です。

松江市月照寺では毎年4月に「茶せん供養」が行われています。書院「高真殿」にて松平家藩主不昧公が愛した名水で淹れた抹茶と銘菓をいただけます。藩主不昧公のご命日の4月24日に近い日曜日に行われています。

月照寺のパワースポット『月照寺の大亀』

松平藩6代目藩主宗衍公の高さ3mの「寿蔵碑」を背中に乗せている「大亀の石像」があります。おおきな亀の石像の存在感に圧倒されますが、石碑の土台になっているその姿も奇妙な伝説をより神秘的にしてくれます。

小泉八雲の随筆にも描かれている「月照寺の大亀」の伝説で有名な、大きな亀の石碑がある月照寺です。大亀が背中に乗せている石碑の正式名称は「寿蔵碑じゅぞうひ」といいます。寿という文字がついているので縁起のよい石碑のようですが、いわれがあります。

松平家の6代目藩主宗衍公(むねのぶ公)が亡くなられた悲しみを偲んで、亀の石碑を藩主のお墓の近くに造りました。松平家の7代目藩主不昧公が父親である宗衍公の長寿を長寿を願って造った大亀です。

月照寺のミステリー大亀伝説

松江市月照寺の古くから伝わってきたミステリーです。寿蔵碑の土台となっている大亀は、毎晩松江の町中を徘徊し、町中を暴れ回ったと言われています。

その姿は亀とは思えぬ形相で、町中の人々は恐れやるになると家の中で震えて朝がくるのを待ったとされています。

松江市月照寺の大亀が夜な夜な町中を徘徊する際に「母岩恋し、久多見恋し」と恨みの籠った声で叫んだと言われています。この「母岩、久多見」とは、この大亀の石材の元岩と、産地が出雲市久多見町だったことからきています。

大亀伝説と出雲神話

この久多見石を材料として切り出しや運搬の際に、不思議なほど難儀だったと言われています。なぜなら、この切り出そうとした岩はクタン大神が逗留したという神話のある岩だったからです。
 

クタン大神という出雲の神話に出てくるこの物語に関係のある神石のお怒りを鎮めようと、松平家の7代目藩主不昧公が、信頼のある絵師に延命地蔵尊像を描かせて、残っている岩に線刻し崇めた。

大亀伝説のその後

松江市月照寺の大亀の石像は大杉に囲まれた静寂な雰囲気をもっている場所にあります。大亀伝説を知っていると、頭を必死に上げている大亀の表情が物語をリアルに思い出させてくれます。

松江市月照寺の住職も大亀に説法をし、大亀の怒りは静まったとされています。いまでも人魂の目撃談があります。しかしながら現在では、この大亀の頭をなでると長生きができると言われ、大亀は人気物になりました。

松江藩主の『お墓』が並ぶ

月照寺には境内に初代藩主から9代藩主のお墓が祀られています。それぞれのお墓は保存状態が認められて松江藩主松平家墓所として1996年3月29日に国の指定史跡になりました。初代藩主松平直政公と7代目藩主不昧公の廟門は島根県の有形文化財に指定された貴重な廟門です。

特にあじさいをが見頃の時期には多くの参拝者と観光客が訪れます。駐車場と交通手段のアクセスをおすすめします。

美しい『日本庭園』

お抹茶と銘菓でお茶席体験をする時に、圧倒されるのは日本庭園の美しさです。お茶室から見ると整った和室のふすまが額のようになり、日本庭園の緑と鮮やかな色のあじさい。油絵をみているようです。

天然色の美しさは自分の目を通して、いつまでも記憶に残ると言われていますが、まさにこの風景が強く脳に刻まれる画面だといえます。

松平家藩主不昧公が茶人であった事から、松江は昔から茶処として知られ、京都、金沢と並び茶の湯文化が浸透してきたと言われています。藩主不昧公が茶会でよく使われた茶道具と和菓子は今でも受け継がれています。
 

島根県松江市には受け継がれる伝統的なお茶店、和菓子店、窯元の件数が多く松江市民のとって茶の湯は日常生活で身近な存在です。

月照寺へのアクセスと駐車場情報

拝観時間は4月から10月までは8時30分から17時30分までです。11月から3月までは8時30分から17時までです。

年間を通して、様々な花が楽しめる月照寺の園庭です。あじさいの見頃の時期には山陰のあじさい寺といわれる通り、たくさんの参拝、観光客でにぎわいます。御朱印も人気があります。

拝観料は大人500円、高校生・中学生300円、小学生250円です。駐車場は約20台あります。無料です。大型バススペースもあります。あじさいの見頃と初詣の時期には満車の可能性が高いので周辺の有料駐車場のアクセスが必須です。

住所 島根県松江市外中原町月照寺内179
電話番号 0852-21-6056

電車でのアクセス

松江市月照寺へはJR西日本の松江駅で乗降りするのが近いです。駅構内にみどりの窓口があります。みどりの窓口営業時間は4時50分より21時30分です。時間が決まっていますので、電車でアクセスする方は時間にも気にしながらアクセスしましょう。

バスでのアクセス

JR松江駅より月照寺へは3社のバスが運行しています。レイクラインバスJR松江駅・7番より21分で「月照寺前」で下車しますと、徒歩1分で月照寺に到着します。

JR松江駅より市営バスは北循環線の1番より乗車しますと25分で「月照寺入口」です。徒歩7分で月照寺に到着します。

JR松江駅より一畑バスで御津行き6番より乗車した場合は「月照寺入口」までは15分です。徒歩5分で月照寺に到着します。

車でのアクセス

松江市月照寺にお車で行かれる場合は、JR松江駅前を通る国道9号線より穴道湖の周りを通る県道431号に移ります。松江温泉駅前の城山西通りを北方向に500m進みます。沿道の「月照寺」案内看板を入ってください。

あじさいが見頃の時期と初詣時期は混雑が予想されますので、駐車場のアクセスもおすすめします。

月照寺近くに駐車場はある?

松江市月照寺の駐車場は20台が無料で止められるスペースが用意されています。あじさいが見頃の時期、初詣には駐車場が満車になることが予想されます。

近隣に有料駐車場が多数ありますので、駐車場のアクセスをおすすめします。また初詣時期には無料駐車場として「おもてなし駐車場」が臨時開放されます。市職員、県職員の駐車場が主になります。

Thumb松江市の観光名所15選!人気グルメやおすすめコースを一挙紹介!
島根県松江市は宍道湖や松江城などの観光名所があります。宍道湖では宍道湖七珍というグルメも有名...

あじさいが美しい月照寺を訪れよう!

島根県松江市は古くから縁結びの地としても知られ、水の都と呼ばれるほどの良水を生かし縁結びスイーツセットとして、抹茶と和菓子セット、コーヒーとケーキセットなど若い世代にもアピールしています。

また旅の楽しみである松江市月照寺周辺のグルメのおすすめは、ご当地グルメで人気の高い出雲そばや内閣総理大臣賞を受賞している島根和牛の料理店です。

鮮やかな色のあじさいと歴史ある建造物や古くからのミステリーなど。松江市月照寺で松平家藩主不昧公が愛した神々の神話の国へ行ってみましょう。

あじさいが見頃の時期には松江市内の老舗和菓子店で、あじさいを見立てた綺麗な和菓子が販売されています。抹茶に合う和菓子と松江市月照寺の美しい御朱印をお土産にすると長寿の願いが伝わるといわれます。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Miee2430

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ