サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場の口コミは?夏は川遊びが人気!

サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場は1年を通して利用できる奈良のキャンプ場で、バンガローサイト、コテージサイト、テントサイトがあります。設備も整っていて家族やグループで利用ができ、サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場の口コミや川遊びの事などを紹介します

サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場の口コミは?夏は川遊びが人気!のイメージ

目次

  1. 1サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場の口コミを見る前に
  2. 2サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場1:どこにあるの
  3. 3サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場2:シーズンはいつ
  4. 4サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場3:テントサイト
  5. 5サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場4:バンガローサイト
  6. 6サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場5:コテージサイト
  7. 7サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場6:川遊び(みつえ青少年旅行村)
  8. 8サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場7:いい口コミ
  9. 9サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場8:良くない口コミ
  10. 10サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場9:アスレチック
  11. 11サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場10:近くのお亀の湯
  12. 12サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場11:キャンセルについて
  13. 13サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場12:アクセス
  14. 14サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場13:基本情報
  15. 15サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場へ行こう

サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場の口コミを見る前に

サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場は、自然豊かな山々に囲まれた山中にあります。

本格的なキャンプ場で入浴設備も整っていることから人気で、大阪、奈良、三重、名古屋などからも訪れる人が後を絶たないキャンプ場です。サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場の口コミや川遊びなどについて紹介します。

サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場1:どこにあるの

サンビレッジ曽爾奥香落(そにおくこうち)オートキャンプ場がある場所は、奈良県宇陀郡曽爾村にあります。住所を言ってもピンと来る方は少ないでしょう。

地図を見ると、最寄り駅は近鉄大阪線の宇陀と名張で伊賀からもアクセスできそうに見えます。奈良県と三重県の県境に近く、ほぼ山の中にあります。

サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場2:シーズンはいつ

シーズンは通年ですので、1年を通してサンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場を利用できます。近くには国立曽爾青少年自然の家や道の駅伊勢本街道御杖(みつえ)、ふるさと元気村、みつえ青少年旅行村などがあります。

それぞれの季節で変わる山の姿を観ることができます。春は山桜、夏は青々とした若葉、秋は紅葉、冬は雪化粧をした山の姿が見れて堪能できます。

サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場3:テントサイト

奈良のサンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場のテントサイトは大きく3つのサイトに別れて、運営されています。サイトA、サイトB、サイトCでそれぞれにテントを張って設営できるようになっています。

サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場が斜面にあるので、テントサイトには高低差が生まれています。

Aサイトと管理棟は同じ高さで、Bサイトはそれよりも約10メートルほど低く、さらにCサイトは5、6メートルほど下にあります。

Aサイト

Aサイトは道路に面しているのが特徴です。大きさは駐車場も含めて約10メートル×10メートルでそれよりも大きい区画があるなど、比較的ゆったりと区画割りがされています。一区画にテントが2張りは設置できるくらいの大きさです。

Bサイト

Bサイトのテント場は横長が特徴で道路には面していません。大きさは7、8メートル×10メートルぐらいで、それよりも小さくなることはありません。

道路に面していないため、雰囲気はとても良く、楽しめるのですが、トイレと炊事棟が5、6メートル下のCサイトまで行くのが面倒なのが欠点ではあります。

Cサイト

ペット連れのキャンパーでも利用できるのが、Cサイトの特徴です。大きさはAサイトと同じような感じです。ペット連れでない方の利用もでき、隣りには全天候型のテニスコートがあるので、楽しめるようになっています。

サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場4:バンガローサイト

バンガローサイトは全4棟あり、その内3棟のバンガローはドアを開ければ、何もない空間が広がっているばかりで、2段ベッドが2個置いてあるのみで、エアコン付きです。

バンガロー3棟は6畳一部屋で、テラスにデッキが付いており、4名が宿泊できます。バンガロー残り1棟は10畳の大きさで、テラスはなくバンガローには8名が宿泊できます。

バンガローは夏場は使えそうですが、寒くなってくると使いにくいかも知れません。冬場のバンガローの使用は、好みもあるとは言え、訓練以外では厳しいものがあります。

サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場5:コテージサイト

コテージサイトには、2タイプ揃っていて、トイレとお風呂が別のタイプとトイレとお風呂が一緒のタイプがあり、使い勝手も違って来ます。コテージは全9棟あります。多人数用と小人数用があって、宿泊する人数によってコテージを選べます。

トイレがお風呂と同じタイプに宿泊した方は、お風呂はお亀の湯に行ったりしているようです。シャワールームも完備されていますし、キャンプ場にもお風呂があるので、困ったというようなことはないみたいです。

コテージAタイプ

コテージAタイプは4棟あって、2階立て、1階はキッチンとリビング、バストイレで、2階で就寝できます。この内コテージ3棟には駐車スペースがありますが、残りコテージ一棟には駐車場はありません。

コテージAタイプは全棟、ベッド2台、冷暖房、食器類、調理用具、冷蔵庫など完備していて、テラスでバーベキューが出来ます。2家族でも利用できるほどです。

コテージBタイプ

コテージ内は1階は対面キッチンとリビングルーム、2階はベッドルームに2人、3人は布団で眠ることが出来ます。5名定数。

コテージBタイプは、全5棟あって、内2棟は2階立て。2階はフローリング仕上げで、就寝が出来るようになっています。1階はキッチンとバストイレスペースです。

コテージBタイプの内3棟は、1階立てで5名まで宿泊出来、一家族向きです。2棟のコテージは2戸一建てで、2戸とも利用の場合は定数10名まで宿泊できます。

また、コテージのベランダではバーベキューも出来、楽しめす。14型のテレビも備え付けられていて、ゲームが出来ます。暖房はエアコンが1階と2階に設置してあり、追加で温風機もレンタルできるようになっています。

川遊びは曽爾村役場前の橋のたもとぐらいが丁度、川遊びにピッタリで楽しめます。帰りに通る、みつえ青少年旅行村で川遊びが出来ます。

サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場6:川遊び(みつえ青少年旅行村)

この辺りの川では鮎の解禁期間に、多くの人が釣りをしていて、川遊びも出来ないくらいなので、気を付けましょう。

みつえ青少年旅行村には、子供が喜ぶ川遊びの極意のような遊具があって人気です。川の真ん中に人工的に滑り台が造ってあり、遊べるようになっています。

川の中にある滑り台を降りれば、川遊びも出来て、また階段を登って川を滑って降りて来ます。川遊びは尽きません。繰り返し繰り返し川を滑り下りたり、登ってと繰り返し川遊びを思う存分楽しみます。

川遊びは無料です。人気のボブスレーだけは有料で、10歳未満は保護者と一緒に滑り、二人で400円が必要です。車も川沿いに停めても大丈夫。

火を使うバーベキューをする場合は有料ですが、そうでないなら川遊びは無料で遊べるのでおすすめです。

住所 奈良県宇陀郡御杖村神末1790番地
電話番号 0745-95-6126

サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場7:いい口コミ

口コミの多くは、完璧に整備された場内に、人気の秘密があると利用してみて分かったというものが多く、やはり管理者が常時駐在しているからこその結果と言えそうです。

大阪方面からのアクセスでは、2時間余りで到着できるのも人気の理由で、都会との近さに感動している口コミもありました。

奈良のサンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場の側には、温泉施設があり、遊び疲れたら夜は温泉に浸かれるのも魅力と口コミにも上がっています。

ほぼ、何もない山の中で、自然と触れ合えるのも人気で、更に入浴、水洗トイレ、洗濯乾燥などの設備が整っているのが嬉しいとの口コミ。特に女の子はキャンプと聞いただけで嫌がる子もいますが、嫌がる所が清潔なので、不満が出る所がないと言った口コミも。

家族連れで安心して、アウトドアが楽しめる点が評価が高いといった口コミもあります。テントを固定させる金具のペグの刺さり方がスムーズで、雨でも水はけが良さそうと言った、かなりキャンプ慣れした方の口コミもあります。

山合いは以外と雨が降りやすく、天候は崩れやすいもの。水はけがいいのはキャンプ場としては重要なことです。

近くにはススキで有名で曽爾高原があり、次はススキが風にそよぐ秋に又、訪れたいとした口コミが多く、一度きりではなく、再訪したいと口コミに挙げている方が多いのも、サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場の特徴です。

奈良の曽爾奥香落オートキャンプ場の自然環境が素晴らしいといった口コミもあります。サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場の近くにある、兜岳(かぶと)と鎧岳(よろい)の雄大な姿に癒されたといった口コミも。

山の姿が兜のような三角形の形をした兜岳と、山の形は三角でありながら岩肌のゴツゴツとした岩石が出ている鎧岳は、どのようにして出来たのか興味の湧くところです。

サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場は不思議なくらい、虻や蚊が少ないと言った口コミが多く上がっていました。生ごみなども管理されているので、虫が発生しにくい状況なのでしょう。虫の苦手な方には朗報です。

サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場8:良くない口コミ

奈良のサンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場は手付かずの大自然とは違うけれど、高規格のキャンプ場であることは確かで、キャンプ慣れした者にしては、物足りなさが残るのも事実と言った口コミもありましたが、良くない口コミではなさそうな口コミです。

テニスコートの利用料が、子供の遊びにしては高め設定なのではないかと言った口コミも上がっていました。ちなみに、1時間の利用料は1500円で、加えてラケットのレンタル料金(データが古いのですが600円)も含めると2000円は越えそうです。

屋外での会話の声が周りに響くので、管理者から注意をして欲しいといった口コミもありました。静寂の山あい、遮る物がないなか、より人の声が反響するのかも知れません。利用者はお互いに気を付けたい点ではあります。

サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場9:アスレチック

アスレチックが備わっています。雨さえ降らなければ、5種類のアスレチックがあり、年齢も幼稚園児から小学生の子供まで遊べます。

結構揺れる丸太渡り、幼稚園児でもできそうな一本橋、ネット登り、小学生なら出来そうな木の階段、丸太登りなどです。

利用者の口コミには、アスレチックの数が思いのほか少ないといった不満の声も聞こえています。基本がキャンプ場ですから、アスレチックがメインではないので、致し方ないといったところでしょう。

サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場10:近くのお亀の湯

サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場の管理棟でお亀の湯の割引入場券を売っています。営業時間は4月1日から11月末日までは、11:00から21:00で、最終受付は20:00です。

12月1日から3月31日までは、11:00から20:30までで、最終受付は19:30です。休日は毎水曜日で、祝日の場合は翌日が休業日となります。

泉質は炭酸水素塩温泉。神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、間接のこわばり、打ち身、捻挫、慢性消化器症状、痔疾、冷え性、病後回復、慢性皮膚疾患、疲労回復など、多岐にわたって効果効能があります。

パノラマ露天風呂からは、兜岳と鎧岳の姿が真近に望めて、大自然に浸れ、人気の訳が分かります。石の湯と木の湯があって男女交代で使っています。

露天風呂に浸かりながら眺める兜岳と鎧岳の姿は圧巻です。サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場に来たら、人気のお亀の湯へ。入場料金は大人500円、小人300円です。

住所 奈良県宇陀郡曽爾村太良路830
電話番号 0745-98-2615

サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場11:キャンセルについて

奈良のサンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場の予約日より、一週間前のキャンセルは無料ですが、一週間前から前々日までは50パーセント、前日及び当日のキャンセルは全額のキャンセル料金が発生します。

キャンセルは、極力避けたいものです。キャンセル料を支払えば済む問題でもなく、計画を立てる段階からよく考えてプラニングしましょう。

サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場12:アクセス

大阪からのアクセスは、松原から西名阪道路を通り、天理から名阪道路を通って、針インターチェンジで降り、国道369号線を通って、榛原市を経由して、国道165号線を通り、近鉄大阪線の高架を潜り、国道369号線を直進。

榛原市に入った所でスーパーオークワが最後の買い出しが出来る店となるので、忘れ物を買い足して置きましょう。

橋の手前にある交差点を直進して、県道に入ります。曽爾村への看板に従って30分あまり行き、屏風岩への看板を2ヵ所過ぎた頃に、サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場左折の看板があります。

名古屋方面からのアクセスも、針インターチェンジで降りるルートが走り易い。伊賀インターチェンジからのアクセスの方が近いのですが、道幅の狭い386号線を通ることになるため、走りにくくおすすめ出来ません。

Thumb奈良・曽爾高原(そにこうげん)観光ですすきや温泉満喫!アクセスは?
この記事では、曽爾高原の観光の見どころを紹介しています。曽爾高原は、黄金のすすきが見られると...

サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場13:基本情報

奈良のサンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場は通年営業で、休日は不定期となっています。キャンプ場・体験・複合施設です。全サイトは28区画あり、AC電源が利用できます。

テントサイトのインは、13:00で、アウトは12:00です。コテージとバンガローサイトのインは、13:00から17:00で、アウトは10:00となっています。

場内施設はランドリー、乾燥機、水洗トイレ、温水シャワー、風呂、炊事棟、管理棟、サニタリー棟、自動販売機、夜間照明、売店、テニスコート、子供用遊具、バーベキュー場などがあります。

管理体制は、8:00から18:30まで定時常駐していて、サイトは芝生が整備され、各施設・風呂・トイレなどは清潔に管理されています。

料金は、オートキャンプサイトは4200円からで5人までテント一張り、AC電源使用料600円、追加一人500円。バンガローサイトは8500円から9500円、コテージサイトは13000円・15000円となっています。

但し、コテージはGW、7・8月、年末年始、休日前は2000円割増し、追加大人一人1000円、子供500円となっています。

予約受付は、利用日の3ヵ月前の1日から受付開始です。受付時間は10:00から17:00。予約は電話のみの対応です。

住所 奈良県宇陀郡曽爾村今井911-1
電話番号 0745-94-2619

サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場へ行こう

奈良のサンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場は、管理が行き届いているため、衛生的で虫も以外なほど少ないのも人気の一つです。山の中でしか味わえない体験を通して、自然に親しみ、バンガローなどでの宿泊や川遊びも楽しめ、家族で気の合ったグループでサンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場へ行きましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
マッシュ

新着一覧

最近公開されたまとめ