琵琶湖博物館のアクセス・料金・駐車場まとめ!リニューアル後の見どころも!

この記事では、琵琶湖博物館の見どころと基本情報をまとめています。琵琶湖博物館は、琵琶湖のすべてがわかる博物館です。今回は、そんな琵琶湖博物館の見どころ、アクセス方法、駐車場の有無、料金設定などを丁寧に解説します。琵琶湖博物館に行く方は、読んで損はしません。

琵琶湖博物館のアクセス・料金・駐車場まとめ!リニューアル後の見どころも!のイメージ

目次

  1. 1琵琶湖博物館の魅力を徹底紹介!
  2. 2琵琶湖博物館で琵琶湖について学ぼう
  3. 3琵琶湖博物館へのアクセス
  4. 4 琵琶湖博物館の料金
  5. 5琵琶湖博物館の見どころ
  6. 6琵琶湖博物館おすすめランチ
  7. 7琵琶湖博物館に行ってみよう!

琵琶湖博物館の魅力を徹底紹介!

この記事では、滋賀県の「琵琶湖博物館」の見どころや基本情報をまとめています。琵琶湖博物館は、その名前のとおり琵琶湖のことがわかる博物館です。今回は、そんな琵琶湖博物館の見どころを始め、アクセス方法、駐車場の有無、料金設定などを徹底解説します。琵琶湖博物館に行く予定がある方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

琵琶湖博物館で琵琶湖について学ぼう

まずは、滋賀県にある「琵琶湖博物館」がどんな施設なのかお話しします。基本情報や見どころを解説したいところですが、まずは、琵琶湖博物館についてです。

琵琶湖博物館は、滋賀県草津市にある県立の博物館です。湖をテーマにした博物館で、同じテーマの博物館のなかでは、最大規模にあたるようです。

琵琶湖博物館が設立された理由ですが、琵琶湖に対する理解を深めてほしいからとのことでした。湖とヒトのよりよい共存関係を築くには、まず琵琶湖がどのような湖なのか知ることからというわけです。

琵琶湖博物館は大人も子供も楽しめる人気観光スポット

そんな琵琶湖博物館は、滋賀県の観光スポットとして人気があります。湖の博物館と聞くと、正直地味なイメージが強くて、大人はともかく、子どもはあまり楽しめないのではないかと思われるかもしれません。

しかし、琵琶湖博物館は、子どもでも楽しめるような見どころが充実しているんです。湖の博物館でも、子どもがワクワクするような見どころが揃っていますので、大人と子どもの両方が楽しめる観光スポットなのです。

琵琶湖博物館は2016年にリニューアルオープン!

そんな琵琶湖博物館は、1996年の10月に開館したのですが、2016年にグレードアップしました。琵琶湖博物館は、2016年に新たにリニューアルオープンしたのです。

2016年にリニューアルオープンしたことにより、より一層見どころが増えた琵琶湖博物館。リニューアルのおかげで、博物館に来館する方の数もふえたことでしょう。

琵琶湖博物館へのアクセス

続きましては、リニューアルされた滋賀県「琵琶湖博物館」のアクセス方法について解説していきます。琵琶湖博物館に行く予定の方は、アクセス方法を知っておいて損はありません。こちらの項目で、琵琶湖博物館にはどうやっていけるのか知りましょう。

アクセス方法というと、自動車で行く方法が一般的です。しかし、琵琶湖博物館には、自動車以外でもアクセスすることができます。

琵琶湖博物館には、合計で2通りのアクセス方法がありました。「公共交通機関」を利用して行く方法と、「自動車」に乗って行く方法です。

公共交通機関には、自動車でのアクセスにはないメリットがあります。なので、自動車でのアクセスを検討中の方も、ぜひ公共交通機関でのアクセス方法をご覧になってください。

ちなみに、自動車でアクセスする方に向けて、駐車場の情報も紹介しています。それではまず、公共交通機関での具体的なアクセス方法から見ていきましょう。

公共交通機関でのアクセス

リニューアルされた滋賀県「琵琶湖博物館」へのアクセス方法、1つ目は「公共交通機関」を利用して行く方法です。

公共交通機関といいますと、電車やバスなどのことを指します。果たして、琵琶湖博物館に公共交通機関で行くときは、どれを利用すれば良いのでしょう。

結論を言いますと、琵琶湖博物館に公共交通機関でアクセスする場合は、電車とバスの両方を利用する必要がありました。最初に電車にのって、お次にバスに乗り換えます。

まずは、電車でのアクセスルートからお話しします。琵琶湖博物館に公共交通機関で行く場合、電車に乗ってJR琵琶湖線の「草津駅」を目指します。琵琶湖博物館いきのバスが出ている駅が、草津駅だからです。

なので、電車で草津駅に着きましたら、バスに乗り換えましょう。琵琶湖博物館いきのバスは、草津駅の西口にある2番バス乗り場から出ています。「びわこ博物館行き」のバスです。琵琶湖博物館に行きたい方は、こちらのバスに乗り込みましょう。

びわこ博物館行きのバスに乗りましたら、約25分ほどで停車場に着きます。琵琶湖博物館は停車場のすぐ近くにありますので、ほとんど歩く必要なく、目的地にたどり着けます。

自動車でのアクセス

リニューアルされた滋賀県「琵琶湖博物館」へのアクセス方法、2つ目は「自動車」に乗って行く方法です。おそらくほとんどの方が、自動車に乗ってのアクセスを計画中なのではないでしょうか。それくらい一般的なアクセス方法です。

自動車で琵琶湖博物館にアクセスする場合は、高速道路を利用することをおすすめします。高速道路を利用すれば、一般道よりもスムーズにアクセスできるからです。

琵琶湖博物館のすぐ近くにあるインターチェンジは、次の3つです。栗東インターチェンジ、瀬田西インターチェンジ、草津田インターチェンジです。琵琶湖博物館に自動車で行かれる方は、このどれかのインターチェンジで降りるようにしましょう。

琵琶湖博物館に駐車場はある?

自動車で滋賀県の「琵琶湖博物館」にアクセスする方に向けて、博物館ちかくの駐車場についても解説しておきます。先に言っておきますと、琵琶湖博物館には駐車場が設置されています。なので、駐車場を心配する必要なく、自動車でアクセスできます。

琵琶湖博物館には、たくさんの自動車が停められるように広々とした駐車場が用意されていました。琵琶湖博物館の駐車場の駐車可能台数は、全部合わせて「420台」とわかりました。自動車だけで420台も駐車できるとは、相当に広い駐車場です。

自動車は420台駐車できることに加えて、琵琶湖博物館の駐車場には観光バスを「40台」まで駐車できます。琵琶湖博物館は、観光バスでアクセスする方にも配慮しているわけです。駐車場で混雑することは、ほとんどないでしょう。

気になる琵琶湖博物館の駐車場の料金ですが、普通車は1回につき「550円」が、自動二輪や原付などのバイクは1回につき「200円」の料金が発生します。

550円と聞くと、少し高いイメージを持つかもしれませんが、ご安心ください。ここだけの話、琵琶湖博物館を利用する方は、総合案内所に行けば駐車場無料サービス券がもらえるんです。琵琶湖博物館目的な方は、特別に駐車できるわけです。

琵琶湖博物館の料金

こちらでは、リニューアルされた滋賀県「琵琶湖博物館」の料金設定を解説しています。当然のことながら、琵琶湖博物館に入館する際には料金が掛かります。

なので、琵琶湖博物館に行く予定の方は、入館する際にいくら料金がかかるのか、事前に知っておくことをおすすめします。琵琶湖博物館には、1年のうちにたくさん訪れる方に向けて「年間パスポート」も発行できますので、そちらの料金もチェックです。

琵琶湖博物館の料金はいくら?

果たして、リニューアルされた滋賀県「琵琶湖博物館」の入館料金はいくらなのでしょうか。調べてみたところ、学生と大人によって入館料金は異なるようでした。

まず、琵琶湖博物館の大人の入館料金ですが、1回750円と記載されていました。続いて高校生と大学生の入館料金は、1回400円と判明しました。大人に比べて、350円ほど安く設定されているようです。

最後に小学生と中学生の入館料金は、嬉しいことに無料となっていました。やはり幼くなっていくほうが、入館料金は安めになっていくようです。琵琶湖博物館は、特に学生に琵琶湖のことを知ってもらいたい事が見て取れます。

年間パスポートはある?

琵琶湖博物館は、1年のうちに複数回訪れる方に向けて、年間パスポートを発行することができます。年間パスポートもまた、入館料金と同じように学生と大人によって料金設定がことなりました。

まず、琵琶湖博物館の大人の年間パスポートは「1500円」と書かれていました。一方で、高校生・大学生の年間パスポートの料金は「800円」とのことです。年間パスポートの発行料は、入館料金の2回分に設定されているようです。

小学生・中学生の入館料金は無料ですので、年間パスポートを発行する必要はありません。なので、小学生と中学生の年間パスポートの料金設定はありませんでした。

琵琶湖博物館の料金は割引できる?

琵琶湖博物館の入館料金ですが、割引する方法があります。団体で来館すれば良いんです。琵琶湖博物館は、一定人数以上で訪れると入館料金が割引されます。

琵琶湖博物館の入館料金の割引が受けられる人数は、20人以上です。20人以上の団体で訪れば割引料金で入館できますので、なるべくお得に入館したい方は観光バスなどで訪れると良いかもしれません。

なお、20人以上で訪れたときの割引料金は、次のように設定されていました。20人以上で訪れた場合、大人は750円から600円に割引されて、高校生と大学生は400円から320円まで割引されるとのことです。

琵琶湖博物館の見どころ

リニューアルされた滋賀県「琵琶湖博物館」の見どころについてもチェックしましょう。せっかく琵琶湖博物館に訪れるのでしたら、事前に見どころを下調べしておき、見どころを重点的に観光すれば、質のいい観光となるはずです。

この記事では、琵琶湖博物館の見どころを合計で3つ紹介しています。バイカルアザラシに会えること、ふれあいコーナーでの体験、水中トンネルを歩くことの3つです。

どの見どころも非常に魅力的ですので、ぜひ3つともチェックしてみてください。それではまず、1つ目の見どころからご覧ください。

関西初!バイカルアザラシに会える

リニューアルされた滋賀県「琵琶湖博物館」の見どころ、1つ目は、バイカルアザラシに会えることです。琵琶湖博物館では、まん丸としたアザラシの『バイカルアザラシ』を見られます。

琵琶湖博物館に行く方のなかには、このバイカルアザラシを見る目的の方は多いのではないでしょうか。クリクリとした目とまん丸フォルムがキュートなバイカルアザラシは、見ているだけでとても癒されます。

バイカルアザラシは、琵琶湖博物館のアイドルといっても過言ではありません。琵琶湖博物館に訪れましたら、ぜひバイカルアザラシを見てみてください。

実際に触って楽しめるふれあいコーナー

リニューアルされた滋賀県「琵琶湖博物館」の見どころ、2つ目は、ここでしかできない「ふれあいコーナー」での体験です。琵琶湖博物館では、生き物を見るだけでなく、実際に生き物に触れることができます。

具体例をあげますと、琵琶湖博物館では、実際にザリガニを手で掴む体験ができるとのことでした。いまの時代、ザリガニを触ったことのある子どもは少ないかもしれません。そのような子どもに、ザリガニに触れる体験は新鮮でしょう。

まるで水族館のような水中トンネル

リニューアルされた滋賀県「琵琶湖博物館」の見どころ、3つ目は、水中トンネルを歩くことです。琵琶湖博物館には、大型のトンネル状の水槽があります。

通路を囲むかたちでトンネル状の水槽がありますので、いろんな角度から水槽の中をスイスイ泳ぐ魚が見られます。

もちろんトンネル状の水槽を泳いでいるのは、琵琶湖に生息している魚たちです。なので、水中トンネルを歩きながら、琵琶湖に生息する魚が知れるわけです。

琵琶湖博物館おすすめランチ

最後に、リニューアルされた滋賀県「琵琶湖博物館」のランチのお店を紹介します。琵琶湖博物館には『にほのうみ』というレストランが営業しています。

こちらでは、にほのうみでランチをとるときに、ぜひ食べておきたい逸品を紹介します。ここで紹介するのは、次の3品です。

琵琶湖カレー、にほのうみ和膳、湖の幸の天丼の3品です。それぞれのメニューの詳細については、各項目でわかりやすくお話しします。

滋賀県の高校とコラボして作った『琵琶湖カレー』

リニューアルされた滋賀県「琵琶湖博物館」のおすすめランチ、1品目は「琵琶湖カレー」です。琵琶湖カレーは、滋賀県の高校とコラボして作られたメニューです。

琵琶湖カレーの特徴は、なんといってもライスの形にあります。琵琶湖カレーは、ライスの形が琵琶湖となっており、琵琶湖のレストランらしいメニューとなっています。

近江牛コロッケを味わえる『にほのうみ和膳』

リニューアルされた滋賀県「琵琶湖博物館」のおすすめランチ、2品目は「にほのうみ和膳」です。にほのうみ和膳では、近江牛のコロッケや子鮎の南蛮漬などの和食がいただけます。

にほのうみ和膳の注目料理は、やはり近江牛のコロッケです。日本三大和牛と称される近江牛を、にほのうみ和膳を注文すれば気軽に食べられますので、おいしい和膳がいただきたい方はぜひ注文してみてください。

琵琶湖の固有種を使った『湖の幸の天丼』

リニューアルされた滋賀県「琵琶湖博物館」のおすすめランチ、3品目は「湖の幸の天丼」です。湖の幸の天丼には、びわ湖の固有種であるビワマスと、外来種であるブラックバスが使われています。

一般的な天丼とは少し違ったスタンスの料理ですので、琵琶湖博物館の記念として食べてみてください。ちなみに、丼もののメニューに200円をプラスすれば、セットで付いてくる味噌汁を小うどんに変更できます。

Thumb琵琶湖周辺のランチおすすめ17選!人気ホテルバイキングやおしゃれカフェも!
琵琶湖周辺のおすすめ人気ランチをご紹介します。琵琶湖周辺は滋賀県でも人気の観光スポットです。...
Thumb琵琶湖サイクリングの楽しみ方!初心者コースやレンタルショップなど一挙紹介!
今回は琵琶湖のサイクリングな楽しみ方を見ていきます。琵琶湖はサイクリングで一周することができ...

琵琶湖博物館に行ってみよう!

滋賀県の「琵琶湖博物館」の見どころ、おわかりいただけたでしょうか。リニューアルされた琵琶湖博物館は、水中トンネルを始めとした見どころが充実しています。これを読んで、琵琶湖博物館に興味がわいた方は、本記事の基本情報を参考にしてください。アクセス方法や駐車場などの基本情報は、事前に知っておいて損はありませんので。

関連記事

Original
この記事のライター
ぐりむくん

新着一覧

最近公開されたまとめ