千歳神社は初詣や厄払いにも人気のパワースポット!どんど焼きも必見!

北海道の千歳市にある「千歳神社」は、初詣や厄払いで人気のある有名なパワースポットです。御祭神やご利益、御朱印にお守り、アクセスや駐車場についてなど、千歳神社の参拝情報をまとめてご紹介していきます。千歳神社の祭事「どんど焼き」も必見です。

千歳神社は初詣や厄払いにも人気のパワースポット!どんど焼きも必見!のイメージ

目次

  1. 1北海道のパワースポット「千歳神社」が大人気!
  2. 2北海道「千歳神社」は開運パワーの強い神社
  3. 3北海道の千歳神社の歴史と成り立ち
  4. 4北海道の千歳神社の御祭神とは?
  5. 5北海道の千歳神社には多くのご利益がある!
  6. 6北海道の千歳神社は例年初詣にも大人気
  7. 7北海道の千歳神社は厄払いにもおすすめ!
  8. 8北海道の千歳神社の「どんど焼き」も必見
  9. 9北海道の千歳神社で御朱印を頂こう
  10. 10北海道の千歳神社のお守りの種類
  11. 11北海道の千歳神社の基本情報
  12. 12北海道の千歳神社のアクセス方法は二通り
  13. 13北海道の千歳神社のアクセス方法1:電車+バス
  14. 14北海道の千歳神社のアクセス方法2:車
  15. 15北海道の千歳神社周辺の駐車場情報
  16. 16初詣や厄払いで北海道の千歳神社を参拝しよう!

北海道のパワースポット「千歳神社」が大人気!

北海道の千歳市に位置している「千歳神社」をご存知でしょうか?千歳神社は北海道の千歳市を代表するパワースポットとして知られており、初詣や厄払いに大人気の神社です。御祭神やご利益、御朱印にお守り、アクセスや駐車場、そして「どんど焼き」という祭事まで、千歳神社の参拝情報をまとめました。千歳神社の参拝をお考えの方は必見です。

Thumb千歳の観光スポット特集!定番の名所やおすすめの穴場などを紹介!
千歳は札幌市内からもアクセスしやすく、たくさんの観光スポットがあるところです。多くの人が知っ...

北海道「千歳神社」は開運パワーの強い神社

「千歳神社」は、北海道千歳市の真町に位置している神社です。旧社格(神社の格を表す目安)は「府県社」「郷社」「村社」の三つに分類されるのですが、千歳神社の旧社格は「郷社」にあたります。府県、市、郡から奉幣を受けていた神社ということになります。

千歳神社は、エネルギーに溢れる神社で、参拝すると開運パワーを得ることができるといわれています。なにかしら物事の決意をしたあとに参拝すると、この地に祀られている神様からの後押しをもらえるとされ、千歳市屈指のパワースポットとして人気を集めます。

千歳神社は千歳川のほとりに位置しており、千歳青葉公園にも隣接しています。このように周囲を豊かな自然に囲まれており、自然のエネルギーを感じることのできる場所でもあります。凛とした雰囲気でありながらも心癒される空間で、地元でも親しまれています。

さまざまなご利益にあやかることができ、さらには厄払いも受けることができるということで、特に初詣には例年多くの参拝客が集まり賑わいます。千歳市を訪れることがあれば、千歳市屈指のパワースポットで、そのご利益にあやかってみてはいかがでしょうか。

北海道の千歳神社の歴史と成り立ち

千歳神社に限ったことではありませんが、神社を参拝する際には事前にその歴史と成り立ちを頭に入れておくと、より充実した参拝となり、より楽しむことができるのでおすすめ。ここでは、千歳神社の歴史と成り立ちについて簡単にご紹介していこうと思います。

千歳神社の歴史は、江戸時代まで遡ります。万治元年(1658年)、現在の千歳神社の末社である「釜加神社」の前身となる「弁天堂」が建立されたことがはじまりでした。そして、享和3年(1803年)に「思古津稲荷大明神」という千歳神社の前身が建立されます。

「思古津稲荷大明神」を建立したのは、箱館奉行(江戸幕府の役職の一つ)の役人、高橋治太夫でした。北海道というとその大部分が明治時代以降に開拓されたというイメージが強いので、千歳神社のルーツが江戸時代、江戸幕府にあるというのは、意外な事実です。

明治8年(1875年)には「郷社」という社格になります。「思古津稲荷大明神」から現在の「千歳神社」という社名に改められたのは、大正6年(1917年)のこと。昭和50年(1975年)に本殿を、平成5年(1993年)に社務所を新築し、現在の姿に至ります。

北海道の千歳神社の御祭神とは?

北海道の大人気パワースポット、千歳神社。気になるのは「ご利益」ですが、ご利益というものはお祀りされている神様に大きく関わってくるもの。神社にはそれぞれ神様がお祀りされているのですが、千歳神社にはどのような神様がお祀りされているのでしょうか?

千歳神社にお祀りされている神様、つまり「御祭神」は「豊宇気比売大神(とようけひめのおおかみ)」と「伊智伎志摩比売大神(いちきしまひめのおおかみ)」という二人の神様になります。以下では、それぞれの神様の特徴についてご紹介していくことにします。

「豊宇気比売大神」は、食物の神様であり穀物の神様であるとされています。「豊売姫命(とようけびめ)」「豊売姫命(とようけびめ)」などという別名で呼ばれたり、記載されることもあります。豊宇気比売大神の神使(神様の使者である動物)は、キツネです。

「伊智伎志摩比売大神」は、水の神様、海の神様、岐芸の神様、財福の神様、勝負の神様、航海の神様であるとされています。「大国主神(おおくにぬしのかみ)」という神様の妻にあたります。「市杵島姫命(いちきしまひめ)」という別名も。神使はヘビです。

北海道の千歳神社には多くのご利益がある!

千歳神社にお祀りされている神様、御祭神について理解することができたところで、気になるご利益について見ていくことにしましょう。力強い開運パワーを得ることができるといわれているパワースポット、千歳神社には、以下のような数多くのご利益があります。

食物や穀物の神様である豊宇気比売大神のご利益は、農業守護。水、海、岐芸、財福、勝負、航海の神様である伊智伎志摩比売大神のご利益は、漁業守護、水難除け、諸芸上達、金運上昇、開運招福、財運向上、商売繁盛、勝利成功、富貴栄達、海上安全になります。

北海道の千歳神社は例年初詣にも大人気

このようにさまざまなご利益にあやかることのできる千歳神社は、例年初詣にも大人気な神社です。毎年初詣期間になると約4万人もの参拝客が詰めかけ、活気のある雰囲気を楽しむことができます。初詣期間中は終日解放されているので、いつでも参拝が可能です。

大晦日には「年越し大祓い」という厄払いと「除夜祭」が行われ、千歳神社で年越しをすることもできます。1月1日には「元旦祭」、1月3日には「元始祭」が行われるのですが、やはり一番人気は「元旦祭」。元旦の初詣は大混雑を覚悟したほうがよさそうです。

北海道の千歳神社は厄払いにもおすすめ!

千歳神社は、厄払いをしてもらうことができるということでも人気を集めている神社です。厄払いとはその名の通り、今後の人生を無事にそして安泰に過ごすため、災いを避けるべく祈願祈祷する行いのことを指しています。厄年にあたる方は、特に要チェック。

厄払いをする時期に特に決まりはありませんが、一般的に厄年、前厄(厄年の前の年)、後厄(厄年の後の年)にあたる人たちが行います。男性は、25歳、42歳、61歳、女性は、19歳、33歳、37歳が厄年にあたります。そしてその前後の年が、前厄、後厄です。

厄年の中でも、特に要注意とされる「大厄」と呼ばれる年があります。男性の場合は42歳の年、女性の場合は33歳の年がそれにあたります。災難や凶事が起こる確率が非常に高いといわれており、警戒が必要です。大厄の年にはぜひ千歳神社で厄払いを行いましょう。

千歳神社での厄払いの受付時間は、8時30分から17時までとなっています。厄払いに関することで気になることがある場合には代表電話番号にダイヤルし、直接千歳神社側に問い合わせてみてください。

北海道の千歳神社の「どんど焼き」も必見

千歳神社では毎年1月15日の10時から15時に「どんど焼き」という行事が行われます。どんど焼きというのは、正月に飾った松飾りや門松などを集め、神社や地域の人々の手で焼く火祭りのことを指しています。直に見るとかなりの迫力がある人気の正月行事です。

どんど焼きに参加することで学業成就のご利益があり、どんど焼きで焼かれた焼き餅を食べることで無病息災を祈願するなど、どんど焼きはとても意味のある行事です。どんど焼きの火や煙にあたることで、その一年を健康に過ごすことができるともいわれています。

北海道の千歳神社で御朱印を頂こう

千歳神社を参拝するのであれば、参拝の記念に御朱印を頂きましょう。近年幅広い世代で流行している「御朱印集め」。実際に経験がなくても一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?御朱印とは、神社で授与してもらえる印章や印影のことを指しています。

千歳神社でも、初穂料を納めることで御朱印を頂くことができます。千歳市を代表する大きな神社であり、パワースポットである千歳神社の御朱印は大人気で、道外からも多くの参拝客がその御朱印を求めて訪れます。これを機に、御朱印集めをはじめてみませんか?

基本的に御朱印は、持参した御朱印帳に記してもらう形になります。御朱印帳と一口に言ってもさまざまですが、大きいサイズであれば、B6サイズ(18センチ×12センチ)、小さいサイズであれば、文庫本サイズ(16センチ×11センチ)くらいのものが一般的。

千歳神社では、オリジナルの御朱印帳が用意されています。全国的に見るとオリジナルの御朱印帳を用意している神社は多いのですが、道内では珍しいのだそう。表紙は本物の木で、北海道の県鳥である「タンチョウ」という鶴の姿が刻まれた、素敵なデザインです。

北海道の千歳神社のお守りの種類

千歳神社は開運招福をはじめ、さまざまなご利益にあやかることのできる千歳市を代表するパワースポットです。せっかくそんなパワースポットに足を運ぶからには、お守りをチェックしないわけにはいきません。御朱印と合わせ、ぜひお守りも持ち帰りましょう。

農業守護、漁業守護、水難除け、諸芸上達、金運上昇、開運招福、財運向上、商売繁盛、勝利成功、富貴栄達、海上安全など、たくさんのご利益のあるパワースポット、千歳神社。ご利益の数から想像がつくように、お守りの種類もその分豊富となっています。

普段身に付けることのできるお守りとしては、交通安全守、健康守、安産守、合格守、病気平癒守、開運守、身代わり守、夢守、勝守、恋守などがあります。これらのお守りの初穂料は、800円から1000円です。キティー守など、キャラクターのお守りも人気です。

千歳神社のお守りはこれだけではありません。神社から下賜されるお守りのうち、最も重要とされている「御神札」や、正月の縁起物ともされる神具「破魔矢」などもお守りも用意されています。御神札の初穂料は3500円、破魔矢の初穂料は2000円となっています。

北海道の千歳神社の基本情報

千歳神社の御祭神やご利益、御朱印にお守りなど、参拝情報が分かったところで、千歳神社の基本情報について押さえていくことにしましょう。初詣を除いた千歳神社の基本的な参拝時間は、8時から17時までとなっています。年中いつでも参拝することが可能です。

千歳神社には、千歳市の保護樹林「鎮守の森」の地下57メートルから湧き出ている「幸井の水」という霊水があります。千歳神社の本殿の手前、社務所脇に設けられているこちらに関しては、参拝時間に関わらず24時間いつでも自由に汲めるようになっています。

北海道の千歳神社のアクセス方法は二通り

それでは続いて、千歳神社へのアクセス方法についてご紹介していきます。千歳神社は、北海道千歳市の真町に位置している神社です。アクセス方法としては、電車やバスを利用した公共交通機関でのアクセス、自家用車やレンタカーなど車を利用したアクセスの二通りの方法を挙げることができます。以下で、それぞれのアクセス方法をまとめました。

北海道の千歳神社のアクセス方法1:電車+バス

それではまず、電車やバスなど公共交通機関を利用した千歳神社へのアクセス方法についてご紹介します。千歳神社の最寄りの電車駅はJR千歳駅、最寄りのバス停留所は「青葉公園」停留所、「図書館前」停留所、「千歳春日保育園前」停留所のいずれかになります。

JR千歳駅から徒歩だと、約22分。駅前の「千歳駅前」停留所から発着している千歳相互観光バスまたは北海道中央バスを利用する場合には、「青葉公園」停留所で下車して徒歩約3分、「図書館前」停留所、「千歳春日保育園前」で下車して徒歩約4分で到着します。

北海道の千歳神社のアクセス方法2:車

次に、自家用車やレンタカーなど車を利用した千歳神社へのアクセス方法についてご紹介します。千歳神社の最寄りの電車駅であるJR千歳駅を拠点とするのであれば、その距離は南西に約2.3キロメートル。公園通りを経由して、約5分でアクセスすることができます。

千歳市の空の玄関口である新千歳空港を拠点とするのであれば、その距離は北西に約6.5キロメートル。国道36号線と公園通りを経由して、約10分でアクセスすることができます。ただ、千歳神社の初詣は大変混み合うので、公共交通機関でのアクセスが無難です。

北海道の千歳神社周辺の駐車場情報

自家用車やレンタカーなど車で千歳神社へのアクセスをお考えの方は、周辺駐車場についても事前にチェックしておきましょう。千歳神社では、国道36号線沿いにある鳥居をくぐった先に、参拝者用の専用駐車場が用意されています。駐車料金はもちろん無料です。

おそらく初詣にはあっという間に満車となってしまうので、千歳神社から徒歩約7分のところに位置している「千歳市スポーツセンター(ダイナックス アリーナ)」や、徒歩約11分のところに位置している「千歳市役所」の駐車場を利用することをおすすめします。

初詣や厄払いで北海道の千歳神社を参拝しよう!

いかがでしたか?御祭神やご利益、御朱印にお守り、アクセスや駐車場、大人気祭事「どんど焼き」まで、北海道の千歳神社の参拝情報をまとめてご紹介しました。エネルギー溢れる千歳神社を参拝すれば、強い開運パワーを得ることができるはず。北海道の千歳市でパワースポットをお探しの方は、ぜひ初詣や厄払いで千歳神社を参拝してみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
rikorea.jp

新着一覧

最近公開されたまとめ