山梨のシャトレーゼ白州工場で詰め放題&食べ放題!工場見学が人気の理由を調査!

山梨にあるシャトレーゼ白州工場の工場見学はアイスを無料で食べ放題できます。話題のシャトレーゼ白州の工場見学のアイスやお土産、ランチ、詰め放題についても調べてみました。アイスが大好きな方、山梨を旅するならぜひシャトレーゼ白州工場を楽しんでください。

山梨のシャトレーゼ白州工場で詰め放題&食べ放題!工場見学が人気の理由を調査!のイメージ

目次

  1. 1シャトレーゼ白州工場に行きたい!
  2. 2山梨のシャトレーゼ白州工場見学1:場所
  3. 3山梨のシャトレーゼ白州工場見学2:ゲートで
  4. 4山梨のシャトレーゼ白州工場見学3:展示
  5. 5山梨のシャトレーゼ白州工場見学4:製餡
  6. 6山梨のシャトレーゼ白州工場見学5:アイスの試食タイム
  7. 7山梨のシャトレーゼ白州工場見学6:試食の時間
  8. 8山梨のシャトレーゼ白州工場見学7:試食アイスの食べ方のコツ
  9. 9山梨のシャトレーゼ白州工場見学8:試食アイスの種類
  10. 10山梨のシャトレーゼ白州工場見学9:試食で人気のアイス
  11. 11山梨のシャトレーゼ白州工場見学10:予約の方法
  12. 12山梨のシャトレーゼ白州工場見学11:予約できる期間
  13. 13山梨のシャトレーゼ白州工場見学12:予約ウエブサイト
  14. 14山梨のシャトレーゼ白州工場見学13:混雑する時期
  15. 15山梨のシャトレーゼ白州工場見学14:お土産コーナー
  16. 16山梨のシャトレーゼ白州工場見学15:知っておきたいこと
  17. 17山梨のシャトレーゼ白州工場見学16:アクセス
  18. 18山梨のシャトレーゼ白州工場見学17:詰め放題
  19. 19シャトレーゼ白州工場見学とおすすめのランチ1:サントリー 白州蒸留所
  20. 20シャトレーゼ白州工場見学とおすすめのランチ2:サラダボウルキッチン
  21. 21シャトレーゼ白州工場見学とおすすめのランチ3:フランク
  22. 22シャトレーゼ白州工場見学とおすすめのランチ4:パン工房ゼルコバ
  23. 23シャトレーゼ白州工場見学へ行こう!

シャトレーゼ白州工場に行きたい!

山梨のシャトレーゼ白州(はくしゅう)工場は無料で工場見学ができます。また、アイスクリーム食べ放題の時間もあります。2018年7月から工場見学は予約制になりました。工場見学のながれや、予約の方法、お土産、人気のアイスなど順を追って紹介していきます。ぜひ、山梨のシャトレーゼ白州工場へ行くときの参考にしてください。

山梨のシャトレーゼ白州工場見学1:場所

シャトレーゼ白州工場は山梨の南アルプスに囲まれた豊かな大自然が残る地域です。森の中に赤い屋根で白壁の建物があるのですが、これがシャトレーゼ白州工場です。

シャトレーゼ白州工場で、大自然がはぐくんだ白州名水を使用して丁寧に作られたアイスクリームなど、こだわりのお菓子の製造工程を見学できます。

人気のアイスクリームの試食の時間もあります。そして無料でシャトレーゼ白州工場見学ができます。

住所 山梨県北杜市白州町白須大原8383-1
電話番号 0551-35-4611

山梨のシャトレーゼ白州工場見学2:ゲートで

まず、シャトレーゼ白州工場の入口のゲートのところで、工場見学について注意点などが書いてあるカードを渡されます。

このカードは帰るときに返却することになります。カードには工場見学の見どころ、所要時間なども書かれていますので全部に目を通すようにしましょう。

駐車場から森林のなかを歩いていきます。およそ2~3分のところに「シャトレーゼ白州工場」の工場見学受付の場所があります。

入り口で

シャトレーゼ白州工場では工場見学の入り口で靴を脱いでください。そしてスリッパに履きかえて、自分の靴は備え付けられているビニール袋に入れてから、自分で持ち歩くことになります。

スリッパに履き替えたら、「名水トンネル」と呼ばれる青く光るトンネルの通路を歩いて工場内へと入っていきます。

山梨のシャトレーゼ白州工場見学3:展示

シャトレーゼ白州工場見学では、シャトレーゼの歴史や白州名水についての説明などが詳しくパネルに書かれて展示されています。子供連れでも分かりやすく楽しめるように工夫されています。学校の夏休みの自由研究などにも向いています。

「白州名水のおいしさの秘密」などと書かれたパネルには、ひらがなでフリガナもついているので、子供でも理解しやすくなっています。

山梨のシャトレーゼ白州工場見学4:製餡

パネルの説明のほかに、ガラス越しですが、実際にアイスの製造や白州名水を使いながら餡子が作られているところなども見学できます。

実際に小豆が大きな鍋を使って煮込まれているところなどもガラス越しに見えます。シャトレーゼ白州工場は、自然の恵みである美味しい水を活かしながら、お菓子に使う餡子の製造をしています。

ガラス張りになっているアイス製造の工場設備は撮影禁止です。ここでの写真は撮れません。

工場内で

工場の外には美味しい水や、美味しいアイスのもとが貯蔵されているのでしょうか、大きなタンクがたくさん並んでいます。

工場内では実際にここで働らかれているスタッフの方ともすれ違ったりしますが、みなさん「こんにちは」などと挨拶をしてくださいます。

工場内は、いい香りがただよっていて、そんななかでパネル展示を見ることができます。パネルの展示を抜けるとアイスの試食コーナーになります。

山梨のシャトレーゼ白州工場見学5:アイスの試食タイム

アイスを試食するコーナーは、天井がガラス越しになっていて、明るい光が差し込んでくるスペースになっています。

中央に試食できるアイスが入ったケースが何台も置かれています。ケースのなかにはいろいろな種類のアイスが入っています。

ほとんどの工場見学の方が楽しみにしているアイスの試食タイムは、工場見学の最後になります。アイスを試食するコーナーにはテーブルやベンチもあります。

混雑している場合は別ですが、見学者が多くなければ座ってアイスを食べることができます。ガラス張りになっているアイス製造作業場を見ながら、アイスを試食することもできます。

名水コーナー

シャトレーゼ白州工場ではアイスの試食コーナーに、白州工場で製品に使われている美味しい名水「白州名水(はくしゅうめいすい)」飲み放題コーナーもあります。まろやかな名水の味が口のなかでひろがっていきます。

シャトレーゼ白州工場見学のアイスの試食で食べられるアイスは、普通のシャトレーゼ店舗で販売されているのと同じ大きさのアイスです。試食だから小さく作られているわけではありません。

試食できるアイスの種類はだいたい5~6種類ほどだそうです。数や種類はタイミングや季節によって変わります。タイミングがよければ、まだ市場に広まっていない新作アイスが食べられることがあります。

山梨のシャトレーゼ白州工場見学6:試食の時間

アイスの食べ放題は、時間制限はありません。シャトレーゼ白州のウェブサイトを見てみると工場見学の所要時間は約60分といった情報が見られます。

工場見学にかかるおおよその時間の目安が60分という意味なのだそうです。つまり工場見学の入場から退場までが約60分ということです。

工場の方によりますと、工場見学に来た殆どの方は、アイスを2本から3本ぐらい食べて、多くても7本ぐらいということです。アイスはそんなに大量には食べられないのですが、みなさん無料ということで工場見学に満足して帰るとのことです。

なお、試食コーナーのアイスをお土産に持ち帰ることはできません。工場見学のお土産は、試食コーナーとは別に設定されているお土産コーナーで手に入れましょう。

山梨のシャトレーゼ白州工場見学7:試食アイスの食べ方のコツ

シャトレーゼ白州の工場見学で、アイスの試食コーナーに行ったら、まず試食できるアイス全体を下見する感じで見渡してみましょう。何を食べたいのか自分で確認してみましょう。

アイスは持ち帰りはできません。B級品ではなくて実店舗で販売されている商品と同じものです。後悔しないように、どれとどれを食べるかを決めてから食べ始めましょう。

山梨のシャトレーゼ白州工場見学8:試食アイスの種類

季節によって試食できるアイスは変化しますが、だいたいのところカップに入ったアイス、コーンアイス、フルーツ系アイス、たい焼きアイスなどの変わり種アイス、シューアイスなどがラインナップのようです。

これに加えて、運がよければ、まだ世に出ていない新作のアイスも試食できる場合があります。

アイス台に価格も表示されています。高いものを食べてみるというのもコツの一つかもしれません。結構ボリューム感があるものもありますので、お気に入りを選んで食べてみましょう。

山梨のシャトレーゼ白州工場見学9:試食で人気のアイス

工場の方によりますと、一般的に人気なのはコーンアイスなのだとか。「北海道バターソフト」は北海道産フレッシュクリームを材料に濃厚な味わいが楽しめるバターアイスクリームです。

「八ヶ岳牛乳王国ジャージー牛乳バー」は契約農家からの新鮮な牛乳を使用した、美味しいミルク味のアイスです。最低限の加熱殺菌となっていてフレッシュ感が楽しめる美味しいアイスで、無添加なのもうれしい逸品です。

「十勝あずき 豆のきわみバー」はほっくりとした小豆をそのまま餡子にした美味しいアイスバーです。ほかにもイチゴミルク味に小豆が入っているアイスバーなどもあります。

人気のたい焼きアイスなど

変わりアイスとして「たい焼きアイス」も人気です。「豆のきわみ しっぽまであん」はたい焼きの形をしたモナカのなかに、頭からしっぽの先まで小豆とアイスが入っています。

「こんがり板チョコモナカ苺」は、苺アイスに苺ソースがかかったものをフリーズドライ苺入りチョコでくるんだものが、四角いモナカのなかに入っています。甘酸っぱいイチゴソースが楽しめる人気のモナカです。

人気のシャーベットなど

「ぶどうだまシャーベット」は紫色の球体のカップのなかにブドウ味のシャーベットが入っています。とにかくカップが可愛くて子供たちに大人気だとのことです。子供が食べるのにちょうどよいサイズとあって、笑顔で一生懸命シャーベットをすくって食べているちびっ子が多いのだそうです。

ソーダ味のかき氷シャーベットも人気の逸品です。夏にピッタリの味で、白州の名水を使って美味しさが濃縮されています。シャーベットを最後に食べるとさっぱりとした後味ですっきりした気持ちになれておすすめです。

山梨のシャトレーゼ白州工場見学10:予約の方法

シャトレーゼ白州工場見学は2018年から予約制になりました。それ以前は予約不要でしたが、人気が高くて混雑することも多くて予約制になりました。

シャトレーゼ白州工場見学の定員ははっきりと確認はできなかったのですが、工場の方によると一日の定員は約1000人とのことで、かなりの方が見学できるということです。

山梨のシャトレーゼ白州工場見学11:予約できる期間

予約はいつから可能かというと、2か月前から予約ができます。たとえば8月に工場見学したい場合は7月1日から予約が可能です。

夏季は混みあうようなので、夏休みの予定が決まっている場合などは、早めの予約がおすすめです。

山梨のシャトレーゼ白州工場見学12:予約ウエブサイト

シャトレーゼ白州工場見学を予約する方法は、シャトレーゼ公式HPから予約となります。ウェブサイトを開いて工場見学したい日と時間を予約します。

工場見学の時間は9時から15時の間の時間が1時間ごとに設定されていて予約するようになっています。サイトを見ると「見学可能」が丸印、「残りわずか」が三角印、「満席」がx印になっています。

たとえば、8月1日に工場見学したいなら、8月1日の9時から15時の時間のいずれかをサイトで予約します。

山梨のシャトレーゼ白州工場見学13:混雑する時期

シャトレーゼ白州工場の混雑する時期は、夏休み、ゴールデンウイーク、3月の春休みなどです。土日、休日なども混む場合がありますので、時間には余裕を持って現地へ向かいましょう。

なお、シャトレーゼ白州工場の電話受付時間は9時~17時。工場見学の運営時間は9時~16時(受付最終時間は15時)です。工場営業日に工場見学が行われます。工場営業日はシャトレーゼ白州工場サイトで確認できます。

山梨のシャトレーゼ白州工場見学14:お土産コーナー

シャトレーゼ白州工場の工場見学では、二階の試食コーナーで好きなアイスを試食した後に、一階のお土産コーナーへ行きます。お土産コーナーには、ここでしか手に入らない限定商品もあります。

お土産コーナーの一番人気、おすすめは、白州工場限定「ミルクラスク」だとのことです。新鮮なミルクの風味が楽しめて、工場見学のお土産にすればきっと喜ばれるでしょう。

お土産コーナーのお饅頭

日によって異なるのですが、お土産コーナーにはアウトレット商品もあり、破格の値段でシャトレーゼの製品が手に入る場合もあります。財布にやさしいこういった商品をお土産にできればラッキーです。

お土産コーナーでは、白州名水を使用して作られたお饅頭なども販売されていて人気があります。餡子もしつこくない甘さになっていて口にいれるとスッーととろける感じがあり、誰からも愛される味なのでお土産にも向いています。

山梨のシャトレーゼ白州工場見学15:知っておきたいこと

人気のシャトレーゼ白州工場の工場見学ですが、工場内はバリアフリー対応ではありません。車イスの方が同伴者のサポートを条件として工場内へ入場することが出来ますがタイヤを消毒する必要があるということです。

ベビーカーの持ち込みはできず、これは安全上の理由からだそうです。小さなお子様連れで工場見学に参加する場合は、抱っこひもなどでお子様を抱っこして工場見学しましょう。中学生以下の方だけのみで工場見学に参加できません。

工場見学では機械設備の写真やビデオ撮影はできません。しかし案内パネルの撮影、来場者様のみのスナップ写真などは撮影ができます。

工場内に食品を持ち込んでの飲食はできません。ペット同伴での工場見学もできません。介助犬も不可です。敷地内では禁煙となっています。

山梨のシャトレーゼ白州工場見学16:アクセス

シャトレーゼ白州工場へのアクセスは車がおすすめです。車でのアクセスは中央自動車道の小渕沢ICから出ておよそ15分かかります。また須玉ICからならおよそ25分かかります。

電車でシャトレーゼ白州工場へアクセスするなら、最寄り駅はJR中央本線「小淵沢駅」になります。ここからタクシーでおよそ20分でシャトレーゼ白州工場に到着です。

電車やバスといった公共交通機関を使って工場見学に向かう場合でも、駅やバス停からタクシー、またはレンタカーでシャトレーゼ白州工場へ入ります。工場まで徒歩や自転車での入場はできませんので、公共交通を利用する場合は最寄り駅から車を利用するようにしましょう。

駐車場

シャトレーゼ白州工場の駐車場は約100台となっています。駐車料金は無料です。全長7.1m以上でサイドミラーを含んで最大横幅が2.3m以上の大型バスやキャンピングカーなどは駐車スペースに限りがあるので事前の連絡をしましょう。冬季は、ノーマルタイヤで来場できないときがあります。天気予報なども確認して来場しましょう。

山梨のシャトレーゼ白州工場見学17:詰め放題

シャトレーゼ白州工場見学では、以前はお菓子の詰め放題を行っていました。お菓子詰め放題は人気のイベントでした。しかし現在ではお菓子の詰め放題は行われていません。詰め放題を期待した方にとっては残念ですが注意が必要です。

ウエブサイトを検索すると数年前にシャトレーゼ白州の工場見学の売店で、ゼリーの詰め放題(500円)が行われていたことなどが書かれていました。とても人気があり詰め放題に期待した声も残っています。

なかには詰め放題に参加して満足したといった書き込みや、工場見学の最後にクイズがあり、詰め放題もできてよかったといった書き込みがウエブサイトで確認できます。詰め放題は人気のイベントで詰め放題に期待する声があるようですが、現在この詰め放題は工場見学で行われていません。

ガイド付ツアー

以前はシャトレーゼ白州工場の工場見学でガイド付ツアーが行われていました。しかし現在はガイド付ツアーは行われていません。ガイドさんの説明を聞くと分かりやすいとの声もあったようですが、人気の工場見学でたくさんの人が訪れることもあり現在は自由見学です。詰め放題と同様にこちらも残念です。

シャトレーゼ白州工場見学とおすすめのランチ1:サントリー 白州蒸留所

サントリー 白州蒸溜所(はくしゅうじょうりゅうしょ)は、山梨県白州町にあります。シャトレーゼ白州の工場見学をした後、サントリー白州蒸留所でランチなどいかかでしょうか。

サントリー 白州蒸溜所でも工場見学ができます。工場見学はサントリーのスタッフが製造工程を丁寧に説明してくれる有料の工場見学と、無料の工場見学があります。

無料の工場見学は製造工程の見学はできないのですがウイスキー博物館やレストランなどを楽しむことになります。いずれも事前予約が必要です。詳細はサントリー白州蒸溜所のウェブサイトで確認できます。

住所 山梨県北杜市白州町鳥原2913-1
電話番号 0551-35-2212

レストランホワイトテラス

レストラン ホワイトテラスはサントリー白州蒸溜所内にあるレストランです。山梨の豊かな自然のなかにレストランはあり、落ち着いた雰囲気と、さわやかな空気でリフレッシュできてランチもおすすめです。

レストラン ホワイトテラスのおすすめ料理は「岩魚の桶飯」です。山梨の新鮮な岩魚のうま味がご飯と抜群の相性になっています。

ランチではサントリーのウイスキーなどアルコール飲料も揃っています。ランチで利用する場合、レストランのみの利用でも工場見学の事前予約が必要です。

住所 山梨県北杜市白州町鳥原2913-1サントリー白州蒸溜所内
電話番号 0551-20-4529

シャトレーゼ白州工場見学とおすすめのランチ2:サラダボウルキッチン

レストランサラダボウル キッチンは野菜がメインの美味しいお料理を楽しめるすてきなお店です。アイスの試食に山梨の白州を訪れたらこちらでランチはいかがでしょうか。

レストランサラダボウル キッチンは「べるが」という名前の自然公園のなかにあります。「べるが」は小さなお子様連れでも自然とふれあえる楽しい公園です。サラダボウル キッチンは地元野菜を使ったおしゃれなレストランでランチもおすすめです。

「まるごと白州プレート」は新鮮な野菜を楽しめるランチにぴったりのメニューです。薄味になっていて野菜の旨味がよく引き出されています。森の中でゆったりとした気持ちでランチがいただけるおすすめのお店です。

住所 山梨県北杜市白州町白須8056白州・尾白の森名水公園「べるが」
電話番号 0551-35-3153

シャトレーゼ白州工場見学とおすすめのランチ3:フランク

フランクはソーセージやハムなどで知られる関東食品工業に隣接している直営店で、ランチに美味しいソーセージなどが食べられる人気のお店です。 

店内では白州オリジナルソーセージなどが販売されていて、その横には飲食スペースも用意されています。ロングソーセージや骨付きフランクのほかに、ジャーマンポテトやトロトロのキャベツ、美味しいパンもありランチにおすすめです。

住所 山梨県北杜市白州町白須6807-285
電話番号 0551-35-5086

シャトレーゼ白州工場見学とおすすめのランチ4:パン工房ゼルコバ

パン工房 ゼルコバ(Zelkowa)は東京の立川市から山梨へ移転した、天然酵母の美味しいパンが人気のパン屋さんです。

東京で営業されていたときから既に安心安全な素材を使った美味しいパン屋さんとしてよく知られたパン屋さんです。ランチにヘルシーなパンはいかがでしょうか。お土産にもおすすめです。

ゼルコバのパン販売は10時から売り切れるまでなので早めの来店がおすすめです。天然酵母の人気のパンなのでお土産にも最適です。

住所 山梨県北杜市白州町白須258-1
電話番号 0551-45-8124

Thumb山梨のパン屋おすすめランキングBEST15!人気メニューや営業時間も紹介
山梨は美しい自然に恵まれた場所で、美しい山々や川、湖のある人気の観光スポットです。美味しい果...

シャトレーゼ白州工場見学へ行こう!

山梨のシャトレーゼ白州工場で、分かりやすい展示、美味しいアイス、豊かな自然など魅力たっぷりの工場見学が体験できます。詰め放題などかつて人気のイベントはなくなったものの、美味しいアイスやここならではの人気のお土産も手に入れることができるおすすめのスポットです。ぜひ山梨のシャトレーゼ白州工場で楽しいひとときを。

関連記事

Original
この記事のライター
Hitomi Kato

新着一覧

最近公開されたまとめ