甲子園球場のアクセス方法まとめ!車・電車・バスの最寄り駅や所要時間を調査!

兵庫県の東にある甲子園球場。高校野球のために建てられており、今では、高校野球やプロ野球、そしてコンサートも開催されています。今回は、甲子園球場へのアクセス方法まとめとして、各地から甲子園球場へのアクセス情報をご紹介します。

甲子園球場のアクセス方法まとめ!車・電車・バスの最寄り駅や所要時間を調査!のイメージ

目次

  1. 1知らない人はいない!甲子園球場
  2. 2甲子園球場へのアクセス方法
  3. 3関西エリアから甲子園球場へのアクセス
  4. 4大阪・梅田から甲子園球場へのアクセス
  5. 5大阪・難波から甲子園球場へのアクセス
  6. 6神戸・三ノ宮から甲子園球場へのアクセス
  7. 7京都から甲子園球場へのアクセス
  8. 8奈良から甲子園球場へのアクセス
  9. 9和歌山から甲子園球場へのアクセス
  10. 10全国からの甲子園球場へのアクセス
  11. 11東京から甲子園球場へのアクセス
  12. 12名古屋から甲子園球場へのアクセス
  13. 13福岡から甲子園球場へのアクセス
  14. 14北海道から甲子園球場へのアクセス
  15. 15甲子園へ行ってみよう!

知らない人はいない!甲子園球場

90年以上前、高校野球を開催する目的で建てられた兵庫県にある甲子園球場は、春と夏に開催される高校野球選手権大会、プロ野球球団の阪神タイガースの本拠地として利用されています。また、人気アーティストのコンサートなども開催されており、たくさんのケースで利用されています。今回は、誰もが知っている兵庫県にある甲子園球場へのアクセスについてご紹介していきましょう。

甲子園球場へのアクセス方法

兵庫県の東側にある甲子園球場へのアクセス方法としては、公共交通機関や車を利用してのアクセスとなります。また、公共交通機関は、電車、バス、飛行機などがあり、甲子園球場には、阪神電車の最寄駅である『甲子園駅』があります。続いては、それぞれのアクセス方法についてご紹介していきましょう。

甲子園球場へのアクセス方法1:公共交通機関

最初にご紹介する甲子園球場へのアクセス方法は、公共交通機関です。阪神電車の『甲子園駅』とJR線の『甲子園口駅』が最寄駅となっています。しかし、甲子園球場へ最も近いのは、阪神電車の『甲子園駅』で、歩いて5分くらいとなっています。

また、遠方から訪れる方は、高速バスや新幹線、飛行機を利用することになります。高速バスだと、兵庫県の中心である『三ノ宮』あるいは『大阪駅バスターミナル』、そして、新幹線で利用する駅は、『新神戸駅』か『新大阪駅』となります。

飛行機のときは、兵庫県にある『神戸空港』、大阪北部にある『伊丹空港』、そしてたくさんのLCCが飛んでいる『関西国際空港』となります。『伊丹空港』のみ直通バスがありますが、他の空港を利用するときは、『三ノ宮駅』あるいは『大阪駅』を経由してのアクセスとなります。

甲子園球場へのアクセス方法2:車

甲子園球場へのアクセス方法として車も利用できます。車でのアクセスは、高速道路を利用するときは、西宮インターあるいは武庫川インターが近く便利でしょう。また、甲子園球場の近くには、たくさんのコインパーキングがあるので、駐車する場所に困ることはないでしょう。

関西エリアから甲子園球場へのアクセス

兵庫県にある甲子園球場まで、具体的にどのようにアクセスするのか気になる方もいらっしゃるでしょう。続いては、関西エリアから兵庫県の東にある甲子園球場までのアクセスとして、大阪・梅田からのアクセス、大阪・難波からのアクセス、神戸・三ノ宮からのアクセス、京都、奈良、そして、和歌山から甲子園球場までのアクセスについてご紹介していきましょう。

大阪・梅田から甲子園球場へのアクセス

大阪・梅田から甲子園球場へのアクセスは、公共交通機関と車があります。大阪・梅田からのアクセスのときは、阪神電車が最もおすすめのアクセス方法となります。というのも、乗り換えなしで、『甲子園駅』まで行くことができるからです。

阪神電車『梅田駅』から『甲子園駅』までの所要時間は15分くらいとなっています。甲子園で野球などが開催されるときは、臨時列車などが設定されるので、とても便利なアクセス方法となります。

『梅田駅』から『甲子園駅』までの料金は、大人270円、子供140円となります。『梅田駅』にて往復でチケットを購入することができるので、そちらを購入しておくと、甲子園からの帰りに便利なので、おすすめです。

車でのアクセスは、阪神高速神戸線を利用して、25分、国道を利用して、30分くらいとなっています。途中で立ち寄る場所があるなどという方は、車を利用すると便利にアクセスできるでしょう。

大阪・難波から甲子園球場へのアクセス

大阪・難波から甲子園球場へのアクセスも、公共交通機関と車になります。難波エリアには、近鉄電車と阪神電車が相互で乗り入れしているので、阪神電車を利用してのアクセスがおすすめとなります。

阪神電車でのアクセスは、阪神なんば線を利用します。阪神なんば線は、途中で、乗り換えが必要となることもあるのですが、35分という時間でアクセスできることから人気のアクセス方法の一つとなっています。

『難波駅』から『甲子園駅』までの料金は、大人360円、子供180円です。往復でチケットを購入しておくと、帰りの『甲子園駅』での混雑に巻き込まれず、スムーズに帰ることができるでしょう。

車での甲子園球場までのアクセスは、阪神高速を利用するか、国道を利用するかの2択となります。高速を利用するときの所要時間は、20分弱、国道だと所要時間は、35分くらいとなります。兵庫県の東にあるということで、節約したい人は、国道の利用をおすすめします。

神戸・三ノ宮から甲子園球場へのアクセス

兵庫県の中心である神戸・三ノ宮から甲子園球場へのアクセスは、公共交通機関と車となります。阪神電車の本線が走っており、阪神電車を利用すると朝の時間帯といった一部の時間帯を除いては、乗り換えなしでアクセスできるので、おすすめです。

神戸・三ノ宮から甲子園球場までの阪神電車の所要時間は、20分ほど、料金は大人片道270円、子供片道140円となります。週末は、全ての電車が停車しますが、平日は停車しない電車もあるので、気をつけましょう。

車でのアクセスは、高速道路を利用、あるいは国道を利用してのアクセスとなります。高速は、いくつかルートがありますが、阪神高速道路が便利です、所要時間は、高速を利用すると20分もかかりません。国道を利用すると30分ほどで到着します。

京都から甲子園球場へのアクセス

人気の観光スポットである京都から甲子園球場へのアクセスを見ていきましょう。アクセス方法としては、公共交通機関と車となります。公共交通機関は、JR線のみの利用、あるいはJR線と阪神電車の利用があります。

JR線のみの利用は、『甲子園口駅』を利用する方法です。『甲子園口駅』から甲子園球場までは徒歩かバスでのアクセスとなります。『京都駅』からの時間は最短で50分ほど、料金は片道大人920円、子供460円となります。

JR線と阪神電車でのアクセスは、『大阪駅』までJR線で行き、阪神電車に乗り換えてアクセスする方法です。『京都駅』からの時間は、1時間ほどで、料金は大人片道830円、子供420円となります。お得に、そして、駅からもすぐなので、おすすめです。

車でのアクセスは、高速道路を利用してのアクセスとなります。高速道路を利用してのアクセスは、50分ほど、国道を利用してのアクセスは、1時間30分ほどです。何人かで甲子園へ訪れる時には、おすすめのアクセス方法と言えるでしょう。

奈良から甲子園球場へのアクセス

奈良から甲子園球場へのアクセス方法は、公共交通機関と車となります。奈良からのアクセスは、個人で甲子園球場へ訪れるときは公共交通機関、仲間や友人と訪れるときは、車がおすすめでしょう。

公共交通機関でのアクセスは、近鉄電車と阪神電車を利用するアクセスとJR線と阪神電車を利用するアクセスの二つとなります。近鉄電車と阪神電車の利用は、近鉄奈良駅から阪神電車へ直通する電車で、1時間30分ほど、料金は、大人片道920円です。

JR線と阪神電車の利用は、『西九条駅』あるいは『大阪駅』まで行き、その後、阪神電車へ乗り換えるアクセス方法で、時間は、1時間20分ほどとなります。料金は、『西九条駅』経由で、大人950円、『大阪駅』経由で1,070円となります。

車での甲子園球場へのアクセスは、阪奈道路経由か阪神高速経由で異なります。共に、1時間30分ほどで甲子園球場へ到着します。お得に行きたい人は、阪奈道路経由がおすすめと言えるでしょう。

和歌山から甲子園球場へのアクセス

和歌山から甲子園球場へのアクセスは、JR線と阪神電車の組み合わせと車でのアクセスとなります。甲子園球場までおすすめの方法としては、お酒を飲む方は、電車、仲間や家族で行くときは、車がおすすめと言えるでしょう。

では、具体的にアクセスについてみていきましょう。JR線と阪神電車の組み合わせは、『大阪駅』か『西九条駅』を利用します。時間は、どちらのアクセスも2時間ほど、料金は、『大阪駅』経由が1,510円、『西九条』経由が1,320円となります。

車でのアクセスは、高速道路を利用するルートと国道を利用するルートがあります。高速道路を利用するときは、1時間20分ほど、国道を利用するときは、2時間ほどかかります。また、道路状況によっては、さらに時間がかかることもあります。

全国からの甲子園球場へのアクセス

プロ野球阪神タイガースの応援や高校野球大会の観戦で全国から兵庫県にある甲子園へ訪れる方がたくさんいらっしゃいます。続いては、全国各地からの兵庫県にある甲子園球場へのアクセスとして、利用者が多い、東京、名古屋、福岡、北海道からのアクセスについてご紹介していきましょう。

東京から甲子園球場へのアクセス

最初にご紹介するのは、東京からのアクセスです。東京からのアクセスは、高速バス、新幹線、飛行機といった公共交通機関でのアクセス、そして車でのアクセスがあります。今回は、最も多くの方が利用する公共交通機関でのアクセスのみをご紹介しましょう。

高速バスでの兵庫にある甲子園球場へのアクセスは、大阪駅行き、あるいは、神戸・三ノ宮行きのバスを利用します。高速バスは、昼夜関係なくたくさん走っており、料金は、3,000円くらいからあります。時間は、7時間から8時間くらいかかります。

新幹線でのアクセスは、『新大阪駅』あるいは『新神戸駅』を利用してのアクセスとなります。新幹線の往復割引を利用したい方は、片道600kmを超える『新神戸駅』までの利用をおすすめします。時間は、3時間から3時間30分ほどかかるでしょう。

飛行機でのアクセスは、『羽田空港』から『伊丹空港』あるいは『神戸空港』の利用がおすすめです。『伊丹空港』からは、直通バスがあるため、乗り換えなしでアクセスできます。また、『神戸空港』も三ノ宮までアクセスしやすいので、おすすめです。

名古屋から甲子園球場へのアクセス

名古屋から甲子園球場へのアクセスは、公共交通機関と車の2つとなります。公共交通機関は、新幹線、JR線のみ、近鉄電車と阪神電車の3つとなります。今回は、利用者が多い、車と新幹線、そして、近鉄電車でのアクセスを見ていきましょう。

まず最初にご紹介するのは、車でのアクセスです。名古屋から車でのアクセスは、高速道路を利用してのアクセスとなります。高速道路を利用すると、名古屋市内から甲子園球場までは、2時間30分で行くことができます。

次に、新幹線でのアクセスです。新幹線でのアクセスは、『新大阪駅』あるいは『新神戸駅』の利用となります。往復割引は効かないので、注意しましょう。甲子園球場までの時間は、1時間30分から2時間となります。料金は、『新大阪駅』経由がお得となります。

最後にご紹介するアクセス方法は、近鉄電車です。近鉄電車を利用して、近鉄特急に乗り、『鶴橋駅』まで行き、その後、阪神電車へ直通する電車へ乗り換えてのアクセスです。時間は、3時間ほどかかりますが、お得にアクセスできると人気があります。

Thumb近鉄特急アーバンライナーの料金や予約方法は?おすすめの座席も調査!
大阪と名古屋を結ぶ近鉄特急アーバンライナーは、人気の移動方法の一つです。そんな、近鉄特急アー...
Thumb「近鉄週末フリーパス」で全線乗り放題?料金や買い方まで紹介!
近鉄週末フリーパスを利用すれば、近鉄電車が乗り放題になります。近鉄電車の沿線には、観光客に人...

福岡から甲子園球場へのアクセス

福岡から甲子園球場へのアクセスは、飛行機、新幹線、高速バスといった公共交通機関と車でのアクセスとなります。今回は、福岡からのアクセスで人気がある飛行機と新幹線の公共交通機関でのアクセスをご紹介します。

飛行機でのアクセスは、『福岡空港』から出発して、『伊丹空港』『関西国際空港』を利用してのアクセスです。『福岡空港』からは、LCCを含むたくさんのフライトがあり、お得にアクセスすることができます。時間は、2時間30分から4時間を見ておきましょう。

新幹線での甲子園球場へのアクセスは、『新神戸駅』あるいは『新大阪駅』を利用してのアクセスとなります。『博多駅』と『新神戸駅』『新大阪駅』の間にはたくさんの格安切符が販売されており、時間がかかるものの、7,200円から利用できます。

北海道から甲子園球場へのアクセス

北海道から甲子園球場へのアクセスは、車でもアクセスできますが、ほとんどの方は、飛行機を利用されます。『伊丹空港』『関西国際空港』と北海道内にある空港はフライトがあります。最近では、LCCも増えてきており、お得に移動できるようになっています。

『新千歳空港』から甲子園球場へのアクセスでおすすめなのが、『伊丹空港』を利用することでしょう。フライト数も多く、『伊丹空港』からは甲子園球場への直通バスも運行されています。

『新千歳空港』から『伊丹空港』を経由して、甲子園球場へ行くのにかかる時間は、4時間くらいを見ておくと良いでしょう。また、道内の空港は、『伊丹空港』とのフライトが多いので、他のエリアからもアクセスしやすいので、おすすめです。

Thumb大阪から北海道までの飛行機料金や時間はどれくらい?航空会社ごとに比較!
たくさんの人が訪れる北海道は、どの季節に訪れても見どころ満載となっています。各地から飛行機で...

甲子園へ行ってみよう!

兵庫県にある甲子園球場は、高校野球の大会のために造られた球場で、今では、高校野球をはじめ、プロ野球やコンサートなどが開催されている球場となっています。大阪や神戸からもアクセスしやすい球場となっているので、ぜひ高校野球やプロ野球の観戦に訪れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
daiking

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ