鳥栖ベストアメニティスタジアムを徹底解剖!駐車場やおすすめグルメは?

佐賀県鳥栖市にある「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」は、サッカーファンに人気のスタジアムとして有名です。今回は、鳥栖の「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」を徹底解剖ということで、駐車場やグルメの情報をご紹介します。

鳥栖ベストアメニティスタジアムを徹底解剖!駐車場やおすすめグルメは?のイメージ

目次

  1. 1鳥栖「ベストアメニティスタジアム」とは?
  2. 2サッカー通もおすすめ・鳥栖「ベストアメニティスタジアム」
  3. 3ベストアメニティスタジアムがホームの「サガン鳥栖」とは?
  4. 4鳥栖・ベストアメニティスタジアムの魅力
  5. 5鳥栖・ベストアメニティスタジアムの詳しいアクセス
  6. 6鳥栖・ベストアメニティスタジアムのおすすめグルメ
  7. 7鳥栖駅の中央軒のかしわうどんも要チェック!
  8. 8現在は「駅前不動産スタジアム」に名称変更
  9. 9ベストアメニティスタジアムでサッカーの醍醐味を味わおう

鳥栖「ベストアメニティスタジアム」とは?

佐賀県鳥栖市を拠点とするプロサッカーチームの『サガン鳥栖』のホームグラウンドとしても有名な鳥栖にある「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」。海外からも有名な選手がやってきて盛り上がりを見せているサガン鳥栖です。

サガン鳥栖の本拠地である「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」は、サッカーファンの間では人気のスタジアムなのです。今回は、「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」を徹底解剖してご紹介します。

Thumb鳥栖の観光スポット11選!外せない名所から穴場などデートにもおすすめ!
佐賀県鳥栖市は、福岡のベッドタウンやビジネスの要所として有名ですが、実は観光スポットもたくさ...

サッカー通もおすすめ・鳥栖「ベストアメニティスタジアム」

「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」は、福岡のベッドタウンとしても知られている佐賀県鳥栖にあるスタジアムです。JR鳥栖駅の横に聳え立つスタジアムで、日本でも数少ない駅とほぼ直結しているスタジアムとして有名です。

スタジアムのメインスタンドとバックスタンドは2階と3階で、全ての座席が個別席となります。少し離れているように感じますが、スタンドとフィールドの距離はとても近いので、とても迫力があると言われています。

「ベストアメニティスタジアム」の収容人数は、約25,000人です。50,000人以上を収容する埼玉スタジアムや日産スタジアムよりも小さな規模ですが、他のサッカースタジアムに負けない一体感を生み出すと言われています。

ベストアメニティスタジアムがホームの「サガン鳥栖」とは?

「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」を本拠地としているのが、日本のプロサッカーチームの一つである『サガン鳥栖』です。『サガン鳥栖』は、1997年に創設されたチームで、歴史として、20年ほどのチームになります。

創設当初は、JFL(現・J2)の所属で、クラブが解散、低迷をしていました。しかし、徐々に力をつけてきて、2011年にJ1に昇格、そして、J2からJ1へ昇格してから、J2への降格経験がない唯一のクラブとして知られています。

現在では、日本代表に選ばれる選手や海外から有名な選手を獲得したりと、人気のサッカーチームへと成長しています。また、佐賀県内でユースチームを作ったり、筑後エリアでもサッカーのユースチームを支援しています。

鳥栖・ベストアメニティスタジアムの魅力

鳥栖にある「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」へはたくさんのサポーターが全国から足を運んでいると言われています。というのも、スタジアムには、臨場感、アクセス、観戦する環境、そして、一体感の4つの魅力があると言われているからです。それぞれについてみていくことにしましょう。

サッカー専用スタジアムならではの臨場感

最初の「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」が持っている魅力は、臨場感です。他のサッカースタジアムは、サッカーだけでなく、陸上やコンサートを開催することができるスタジアムとなっているところもたくさんあります。

しかし、サガン鳥栖がホームとしている「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」は、陸上用のフィールドやトラックなどはなく、純粋なサッカー専用のスタジアムとなっているのです。

サッカー専用スタジアムということで、スタンドの客席とフィールドの距離が近く、臨場感がとてもあります。間近でサッカーを見ることができると評判で、一度訪れるとまた訪れたいと思わせるスタジアムなのです。

JR鳥栖駅前というアクセスの良さ

続いての「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」の魅力は、アクセスの良さです。「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」は、JR鳥栖駅とほぼ直結しており、歩いて、すぐという近さなのです。

JR鳥栖駅から歩いてすぐということも人気なのですが、九州の玄関口と言われる博多駅から鳥栖駅までのアクセスもさらに魅力を引き立てています。また、新幹線の駅も隣の新鳥栖駅にあり、JRですぐアクセスすることができます。

福岡だけでなく、新幹線が通っている鹿児島や熊本からもアクセスしやすいと人気です。また、スタジアム近くに駐車場を完備しており、大分や長崎から車でもアクセスしやすいと言われています。

屋根付き席で雨の心配なし

「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」はスタンドも魅力と言われています。「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」のスタンドは、2階と3階に位置しており、ほとんどの座席が屋根付きとなっているのです。

スタジアムで、屋根がついていないのは、バックスタンド2階席の両端のみとなっています。バックスタンド2階席の両端は、雨が降ったとき濡れてしまいますが、他の座席は、全て雨が降ったとしても屋根があるので、濡れる心配はありません。

他チームも嫉妬するホームの一体感

最後にご紹介するのは、サガン鳥栖のホームの一体感です。サガン鳥栖の本拠地である「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」は、サッカー専用スタジアムということで、フィールドとの距離が近いと言われています。

このフィールドと近いということで、サガン鳥栖のホームゲームのときは、一体感が生まれると言われています。後ろの席だと一体感を感じることができないと言われますが、スタンドの傾斜がかなり急なので、後ろでもフィールドを近く感じるでしょう。

このスタジアムの構造がさらに一体感を生み出しており、他のチームのサポーターも嫉妬するほどの一体感を生み出すと言われています。ぜひ、現地・「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」で体験してみたい魅力といっても良いでしょう。

鳥栖・ベストアメニティスタジアムの詳しいアクセス

アクセスが良いと評判のサガン鳥栖のホーム「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」のアクセスについて詳しくみていくことにしましょう。スタジアムへのアクセス方法は、電車と車が主なアクセス手段です。では、それぞれのアクセス手段と駐車場情報をまとめてご紹介しましょう。

電車の場合

最初にご紹介するのは、電車でのアクセスです。電車でのアクセスは、JR鳥栖駅を目的地と設定します。JR鳥栖駅は、JR鹿児島本線、長崎本線、そして、隣の新鳥栖駅には、九州新幹線が通っています。それでは、佐賀駅、博多駅、熊本駅からのアクセスについてみていきましょう。

佐賀駅からのアクセス

佐賀駅から「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」への電車でのアクセスは、特急電車、普通電車ともに利用することができます。また、サガン鳥栖の試合の日には、臨時電車も運行されるときがあります。

佐賀駅から鳥栖駅へは、特急電車で15分くらい、普通電車で25分から30分くらいとなっています。料金は片道460円です。特急電車を利用するときには、自由席だと300円が追加で必要となります。

博多駅からのアクセス

博多駅から「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」への電車でのアクセスは、特急電車、普通電車、全て利用することができます。なお、九州新幹線を利用するのは、新鳥栖駅を経由することになるので、JR線が便利です。

博多駅から鳥栖駅までは、特急電車で20分くらい、快速電車で30分くらいとなります。料金は、片道560円で、特急電車を利用するときには、特急券が必要となります。お得に行きたい人の多くが快速電車を利用しています。

熊本駅からのアクセス

熊本駅から「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」への電車でのアクセスは、新幹線、JR線の両方を利用できます。JR線は本数が少ないので、新幹線でのアクセスが最もおすすめとなっています。

新幹線でのアクセスの流れは、新鳥栖駅まで九州新幹線で行き、新鳥栖駅からJR線で鳥栖駅へ向かいます。最速で40分ほどでいくことができ、料金は、片道3,550円となります。料金はかかりますが、便数が多いので、熊本からのおすすめのルートとなります。

車の場合

車で「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」へ訪れることもあるでしょう。車でスタジアムへ訪れるには、九州自動車道あるいは国道3号線を利用してのアクセスとなります。

九州自動車道を利用してのアクセスは、鳥栖インターを降りて、10分ほどで到着します。長崎あるいは大分からスタジアムへ訪れる人は、九州自動車道が便利なので、こちらを利用すると便利でしょう。

国道3号線を利用して訪れる人は、鳥栖商工団地を目指して進むと良いでしょう。「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」の近くには、商工団地があるからです。商工団地を抜けると、スタジアムは目の前です。

駐車場情報

車で訪れる人が気になるのが、駐車場でしょう。「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」の近くにある駐車場は、関係者駐車場、年間パス保有者用の駐車場、一般用駐車場と分けられています。

「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」の近くで一般の人が利用できる駐車場は、スタジアムの第四駐車場と第五駐車場、そして、鳥栖ガス横駐車場となります。ただし、駐車場は、500台くらいしかありません。

鳥栖駅前にも立体駐車場やコインパーキングがあります。しかし、サガン鳥栖の試合の日は、とても混雑すると言われており、車を停めることができても、帰りに渋滞に捕まってしまうことも多々あります。

サガン鳥栖は、公共交通機関の利用あるいはパークアンドライドを推奨しています。というのも、鳥栖駅の隣の新鳥栖駅と久留米駅には、合計1000台の車を駐車できる駐車場があるからです。

Thumb鳥栖の温泉7選!日帰りから宿泊までおすすめの施設を紹介!
交通の要所としても有名な佐賀県鳥栖市。鳥栖市を中心とする鳥栖エリアには、温泉スポットがたくさ...

鳥栖・ベストアメニティスタジアムのおすすめグルメ

佐賀県鳥栖にある「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」には、おすすめグルメがあります。今回は、おすすめグルメとして、ホットドッグ「イブスキ」、台湾唐揚げ「ダージーパイ」、マスカットの和菓子が話題の「だんご庵 季彩」の3つのおすすめグルメをご紹介します。

ボリューム満点ホットドッグ「イブスキ」

最初にご紹介する「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」のおすすめグルメは、ボリュームタップリのホットドッグを提供している「イブスキ」です。佐賀市のハム&ソーセージ工房 イブスキが販売しています。

「イブスキ」の人気グルメは、ボリューム満点のホットドッグですが、ホットドッグだけでなく。ソーセージの盛り合わせである『カリーヴルスト』、ソーセージが2つ挟まった『W-ホットドッグ』も人気があり、ぜひチェックしておきたいおすすめグルメです。

コスパ抜群の台湾唐揚げ「ダージーパイ」

次にご紹介するおすすめのスタジアムグルメは、台湾の唐揚げを食べることができる「ダージーパイ」です。台湾風の骨なしのフライドチキンで、大きくて食べ応えがあると言われる人気のスタジアムグルメです。

「ダージーパイ」のフライドチキンは、400円という値段の安さもあり、人気のスタジアムグルメとして選ばれています。食べているとビールが恋しくなると評判のフライドチキンをぜひ食べてみることをおすすめします。

マスコット和菓子が話題「だんご庵 季彩」

最後にご紹介するおすすめのスタジアムグルメは、マスカット和菓子の「だんご庵 季彩」です。「だんご庵 季彩」は、地元佐賀の食材を惜しみなく使った和菓子を提供しています。特に人気なのが、マスカットの和菓子で、売り切れてしまうこともあります。

「だんご庵 季彩」では、サガン鳥栖のマスコットであるウィントスを真似した和菓子などを販売しています。また、対戦相手とのコラボ和菓子なども作っており、ぜひチェックしておきたいおすすめのスタジアムグルメです。

鳥栖駅の中央軒のかしわうどんも要チェック!

「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」へのアクセスで利用する鳥栖駅には、中央軒というかしわうどんが美味しいと評判の立ち食いうどんのお店・中央軒があります。

ホームにある立ち食いうどんで、試合前、試合後に食べるサポーターがたくさんいらっしゃいます。また、スタジアムでも販売されることもあるので、ぜひチェックしておきたいおすすめのグルメです。

現在は「駅前不動産スタジアム」に名称変更

「ベストアメニティスタジアム」は、2019年から名前が変わり、「駅前不動産スタジアム」と呼ばれるようになりました。ベアスタという愛称で親しまれていましたが、今後は、「駅前不動産スタジアム」から新しい愛称が出てくるでしょう。どのような愛称となるかみなさんワクワクしています。

ベストアメニティスタジアムでサッカーの醍醐味を味わおう

佐賀県鳥栖市にある「ベストアメニティスタジアム(現・駅前不動産スタジアム)」は、サッカーファンから人気のスタジアムで、たくさんの人が訪れています。スタンドとの距離が近いので、臨場感、一体感を味わうことができると評判で、世界レベルでも有名なスタジアムです。ぜひ、スタジアムの臨場感を味わってみてはいかがでしょうか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
daiking

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ