西湖自由キャンプ場の楽しみ方!料金・近場の温泉や食事スポットを調査!

人気のソロキャンプやバイクでのキャンプなど色々な用途で利用できるキャンプ場として人気の「西湖自由キャンプ場」は、富士五湖の西湖の湖畔にある静かなキャンプ場です。当日、予約無しでも宿泊可能という「西湖自由キャンプ場」の詳しい情報や周辺の情報について紹介します。

西湖自由キャンプ場の楽しみ方!料金・近場の温泉や食事スポットを調査!のイメージ

目次

  1. 1山梨県の西湖自由キャンプ場でキャンプを楽しもう!
  2. 2富士山と富士五湖について
  3. 3富士五湖の西湖について
  4. 4山梨県の西湖自由キャンプ場について
  5. 5山梨県の西湖自由キャンプ場の受付・売店
  6. 6山梨県の西湖自由キャンプ場のトイレと炊事棟
  7. 7山梨県の西湖自由キャンプ場での禁止事項
  8. 8山梨県の西湖自由キャンプ場のキャンプ禁止エリア
  9. 9山梨県の西湖自由キャンプ場での注意点
  10. 10山梨県の西湖自由キャンプ場でキャンプツーリングを楽しむ
  11. 11山梨県の西湖自由キャンプ場でソロキャンプを楽しむ
  12. 12山梨県の西湖自由キャンプ場に隣接する日帰り温泉いずみの湯
  13. 13山梨県の西湖自由キャンプ場周辺のショッピングエリア
  14. 14山梨県の西湖自由キャンプ場周辺の食事スポット1:マロウ
  15. 15山梨県の西湖自由キャンプ場周辺の食事スポット2:洋食屋さん・HANASHINOBU
  16. 16山梨県の西湖自由キャンプ場周辺の食事スポット3:彩呼亭
  17. 17山梨県の西湖自由キャンプ場周辺の食事スポット4:Ma Maison West Lake Store
  18. 18山梨県の西湖自由キャンプ場周辺の食事スポット5:Sugeez・西湖店
  19. 19山梨県の西湖自由キャンプ場の基本情報
  20. 20山梨県の西湖自由キャンプ場の利用料金・宿泊キャンプ料金
  21. 21富士山の麓の西湖自由キャンプ場でキャンプしてみませんか?

山梨県の西湖自由キャンプ場でキャンプを楽しもう!

十二ヶ岳と富士山に挟まれた「西湖」は、富士五湖の湖の中でも大自然を肌で感じられる静かな湖として人気です。そんな静かな「西湖」の湖畔にある「西湖自由キャンプ場」は、ソロキャンプやバイクでのキャンプなど色々な用途で利用できるキャンプ場として人気です。そんな魅力的な「西湖自由キャンプ場」で、キャンプを楽しみましょう!

富士山と富士五湖について

日本の象徴である霊峰の富士山は、静岡県と山梨県にまたがる巨大な活火山です。そして、その富士山の麓には、2011年に国の名勝に指定され、2013年には「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の一部として世界文化遺産に登録された「富士五湖(ふじごこ)」と呼ばれる5つの湖があります。

「富士五湖」は山梨県側の富士山の麓にあり、面積の大きい順に「山中湖(やまなかこ)」「河口湖(かわぐちこ)」「本栖湖(もとすこ)」「西湖(さいこ)」「精進湖(しょうじこ)」となっています。各、湖の名前は、富士急の創設者である堀内良平氏によって命名されたと言われています。

富士箱根伊豆国立公園に指定されている「富士五湖」は、5つの湖とも富士山の噴火によりできた物で、自然に流出する河川に繋がっているのは面積が一番大きな「山中湖」だけで、他の4つの湖は自然流出する河川に繋がっていない為、水位調整などは人工放水路により調節されており、発電用としても使用されています。

「本栖湖」「西湖」「精進湖」は、かつて「剗の海(せのうみ)」と呼ばれる1つの湖だったと言われています。雨天候で湖の水位が上昇すると3つの湖の水位が一定して連動するので、この3つの湖の水脈は地下で繋がっていて共有していると考えられています。

Thumb西湖の観光ポイントまとめ!釣りや周辺の遊び向けスポットもまとめて紹介!
富士山のふもとにある富士五湖。山梨を代表する観光名所ですがその中でとりわけ自然が豊かに残され...

富士五湖の西湖について

山梨県南都留郡富士河口湖町に位置する「西湖」は、連なる山々と青木ヶ原樹海に囲まれたとても静かな湖です。また、朝方の霧が立ち込める中で映える「西湖」の淡い藍色の水質には、言葉にできない神秘的な魅力があります。また「西湖」は、「田沢湖」で70年前に絶滅したと考えられていたクニマスが発見された湖としても有名です。

「西湖」は富士山の火山活動によってできた「富士五湖」の1つであり、面積は2.10 km2、5つの湖の中では4番目の大きさですが、最大水深は71.7mで5つの湖の中で2番目の深さを誇ります。また、「西湖」をはじめとする「富士五湖」は、山梨県指定天然記念物に指定されているフジマリモが生息する群落地としても有名です。

「富士五湖」の真ん中辺りにある「西湖」は、南側に有名な青木ヶ原樹海が広がり、湖岸には多くの民宿が並ぶ「西湖民宿村」や「根場(ねんば)民宿村」があります。また、昭和41年の台風26号の集中豪雨により壊滅してしまった日本一美しい茅葺き屋根の大集落を復元して2006年にオープンした観光施設「西湖いやしの里根場」もあります。

「西湖ネイチャーセンター(クニマス展示館・西湖コウモリ穴)」や、国の天然記念物に指定されている洞穴の「富岳風穴」などの体験施設もあります。

他の「富士五湖」の湖に比べると静かで観光業が遅れ気味の「西湖」周辺には、沢山のキャンプ場があり、幾つかの民宿村やキャンプ場では小・中学校のスポーツや音楽のサークルの合宿、そして林間学校などにも利用されたりしています。ここでは、「西湖」周辺のキャンプ場の中でも人気の高い「西湖自由キャンプ場」について見ていきます。

Thumb富士五湖周辺の観光スポットまとめ!おすすめのモデルコースあり!
山梨県南部の富士五湖は富士山の一部として世界遺産に登録されており、国内有数の観光地です。大自...

山梨県の西湖自由キャンプ場について

「西湖自由キャンプ場」は子連れ家族や友人同士、そして今人気のソロキャンプやバイクでのキャンプなど色々な用途で来られるキャンパーに人気のオートキャンプ場です。「西湖自由キャンプ場」ではハイキング、川遊び、カヌー、カヤック、釣りなどが楽しめますが、何と言っても西湖の湖畔の直ぐ近くにテントを張れる事が一番の人気の秘密です。

西湖の北岸の砂浜にある「西湖自由キャンプ場」は、予約無しでも当日宿泊可能で便利なキャンプ場として有名で、「西湖キャンプ・ビレッジ・ノーム」と「日帰り温泉いずみの湯」が隣接しています。「西湖自由キャンプ場」からは富士山の先っぽしか見えませんが、他の「富士五湖の湖」と比べて静かなのでゆっくり落ち着いて寛ぐ事ができます。

「西湖自由キャンプ場」にはホームページはありませんが、インターネットの口コミを見てみると、西湖を一望でき湖畔の傍にテントを張れるので解放感が凄い!という口コミや、近くに温泉があるのでとても便利という口コミ、西湖はモーターボートが禁止なのでカヤックやカヌー、SUPをするのに最適という口コミなどがあり人気なのが分かります。

Thumb西湖のキャンプ場はどこがおすすめ?コテージや民宿など人気宿泊施設を紹介!
山梨の西湖は、富士山の麓の河口湖町にある富士五湖の一つで、観光地化があまりされずに自然がたく...

山梨県の西湖自由キャンプ場の受付・売店

「西湖自由キャンプ場」には受付のスペースに売店が入っている管理棟があります。受付・売店の営業時間は8時から19時までとなっています。受付・売店が入っている管理棟は、キャンプ場の出入口の直ぐ近くにあります。

「西湖自由キャンプ場」にはホームページが無いので口コミの情報を調べてみると、店内にはキャンプに必要なペグやランタンのマントル、炭や薪、そしてガス(CB缶/OD缶)などの消耗品や調理器具、食べ物や飲み物、缶ビールや氷などが販売されています。口コミの情報によると、調理器具などのレンタルもあって便利だとの事です。

山梨県の西湖自由キャンプ場のトイレと炊事棟

「西湖自由キャンプ場」の受付・売店が入っている管理棟の直ぐ隣には、トイレと炊事棟が設置されています。口コミの情報によると炊事棟は綺麗に掃除されており、気持ち良く利用できるそうです。また、別の口コミの情報によると炊事棟の蛇口は10個あるので、多少混んでいても安心です。ただし、他の方の口コミによるとお湯は出ないそうです。

また、他の方の口コミによると「西湖自由キャンプ場」の炊事棟はお湯が出ないそうですが、蛇口から出る水は冷たくてとても美味しいとの事です。因みに「西湖自由キャンプ場」では、炊事棟とトイレは一か所のみとなります。

「西湖自由キャンプ場」のトイレは口コミの情報によると洋式で、温かい便座が嬉しいウォームレットです。ウオシュレットは付いていないそうですが、キャンプ場のトイレだという事を考えると嬉しい限りです。また、別の方の口コミによると、トイレも綺麗に掃除されており気持ち良く使用する事ができるそうです。

山梨県の西湖自由キャンプ場での禁止事項

「西湖自由キャンプ場」では皆が気持ち良くキャンプ場を使用できるように幾つかの禁止事項があります。「西湖自由キャンプ場」の禁止事項をしっかり守りキャンピングを楽しみましょう。ここでは、「西湖自由キャンプ場」の禁止事項を紹介していきます。

先ず最初に、焚き火をする時は焚き火台などを使用し、直火での焚き火はしないようにして下さい。また、テントサイト外での薪拾いは禁止されており、発電機やカラオケ機の使用も禁止されています。手持ち花火をする事はできますが、音の出る花火は禁止されています。手持ち花火で楽しんだ後は、必ず後片付けをするようにして下さい。

「西湖自由キャンプ場」では、ボール遊び・バドミントン・フリスビー・ドローンを含むラジコン、そしてテントサイト内を自転車で乗り回るのも禁止されているので注意が必要です。また、21時から7時までの間は、車のエンジン始動やアイドリング・キャンプ場内の移動・キャンプ場への出入りは禁止されています。

自分で持ち込んだボートやカヌーに乗って魚釣りをする事は禁止されています。魚釣りを楽しみたい人は、釣宿のボートを借りる必要があるので気を付けて下さい。また、魚釣りをする場合は、釣券を購入する必要があるので注意が必要です。以上、他のキャンパーの方の迷惑にならないように気を付けてキャンプを楽しみましょう。

山梨県の西湖自由キャンプ場のキャンプ禁止エリア

「西湖自由キャンプ場・キャンプサイト」のご案内ボードに、キャンプ可能エリアとキャンプ禁止エリアについての説明が詳しくマップにて説明されています。「西湖自由キャンプ場・キャンプサイト」のご案内ボードを見ると隣接する「日帰り温泉いずみの湯」と「西湖キャンプ・ビレッジ・ノーム」との位置関係を把握する事ができます。

「西湖自由キャンプ場」の炊事棟の真横のエリアには巨大な2本のポプラツリーが立っていますが、その巨大な2本のポプラツリーの後ろのエリア、そして西湖の湖面の近くのロープで区切ってあるエリア、丸美貸しボートのエリアは、キャンプ禁止エリアとなっているので規則を守りテントを張らないようにして下さい。

山梨県の西湖自由キャンプ場での注意点

「西湖自由キャンプ場」の管理棟には、「西湖自由キャンプ場・キャンプサイト」のご案内ボードや「利用規則」について張り出してあるボードに、色々な情報が貼ってあるので必ず目を通すようにして下さい。そこでは、テントやタープの設営推奨レイアウトなどの情報も出ているので参考にして下さい。

「西湖自由キャンプ場」では、湖から約5m程の所にロープが張ってあります。テントを張る場合は、そのロープより陸側にテントを張るように決められているので気を付けて下さい。キャンピングをすると必ずでるゴミは各自で持ち帰りとなるのでご留意下さい。焚火で使用した灰を捨てる場所は設置されているので決められた場所に捨てましょう。

「西湖自由キャンプ場」の炊事場やトイレは綺麗に使用し、使用後は必ず掃除するようにしてお互い気持ち良く使用できるようにしましょう。

湖は海とは違い浮かびません。急にある地点から深くなり水も急に冷たくなります。この水温の急激な変化により筋肉が硬直してしまうそうです。実際に小さいお子様が湖で亡くなる水難事故も起きています。危険なのでお子様が湖畔で水遊びする場合は、必ず保護者の方が同伴して下さい。因みに、西湖は全面遊泳禁止となっています。

山梨県の西湖自由キャンプ場でキャンプツーリングを楽しむ

バイクに乗ってツーリングに出かける人は多いと思いますが、最近はバイクに乗ってキャンプに行くキャンプツーリングが人気になってきています。周りにバイクでキャンプに行くキャンプツーリングが好きな人がいない場合は、バイクでソロキャンプを楽しむ事もでき、基本的なキャンプ用具と時間さえあればいつでも出かけられるので魅力的です。

また、バイクに乗ってキャンプ場までの道のりの景色を楽しみ、バイクをとめて好きな場所にテントを張り、大自然の中で美味しい料理を楽しみ、ゆっくり時間がたつのを忘れてくつろぐキャンプツーリングにハマってしまう人が増えているそうです。そして、バイクを受け入れているキャンプ場も多く、「西湖自由キャンプ場」もその内の1つです。

バイクでキャンプに行く方が、ホテルに泊まったり、車でキャンプに行くよりも安い値段で泊まる事ができます。「西湖自由キャンプ場」では、多くの人がバイクでキャンプツーリングを楽しんでいるのを見かけます。

山梨県の西湖自由キャンプ場でソロキャンプを楽しむ

今、巷では1人でキャンプをするソロキャンプが人気です。ソロキャンプを愛する人達が集うサイトの口コミを覗いてみると、ソロキャンプは自分の好きなように自由気ままに時間が過ごせて良い。ソロキャンプは好きな時間に食事を作り、食べれるのが良い。ソロキャンプは他の人に気兼ねなく自分の好きな料理が作れて良い。など見受けられます。

また、ソロキャンプを好んでするのは男性だけではありません。女性にもソロキャンプをする人が多く、ブログにソロキャンプの写真を載せていたり、YouTubeにソロキャンプの動画をアップしている人が沢山います。ソロキャンプは色々な年齢層の人にも人気で、YouTubeにソロキャンプの様子の動画をアップしている人が沢山います。

「西湖自由キャンプ場」は、そんなソロキャンプを愛する人達に人気のキャンプ場となっているので、ここでは「西湖自由キャンプ場」のソロキャンプ情報を紹介します。

「西湖自由キャンプ場」のソロキャンプ宿泊料金は、1人車1台の通常料金は1000円ですが、ゴールデンウイークやお盆等の連休のシーズンは1人車1台の料金は2000円となります。また、5月1日から10月末までの土曜日も、1人車1台の通常料金が1000円の所、1人車1台の料金は2000円となります。

また、バイクで「西湖自由キャンプ場」へお越しの方のソロキャンプ宿泊料金は、ゴールデンウイークやお盆等の連休のシーズンは、1人バイク1台の通常料金が1000円の所、1人バイク1台の料金は1500円となります。また、5月1日から10月末までの土曜日も、1人バイク1台の通常料金が1000円の所、1人バイク1台の料金は1500円となります。

山梨県の西湖自由キャンプ場に隣接する日帰り温泉いずみの湯

「西湖自由キャンプ場」にはシャワーや温泉などの入浴施設はありませんが、「西湖自由キャンプ場」と隣接している施設が「日帰り温泉いずみの湯」となっておりとても便利です。ここでは、「西湖自由キャンプ場」から歩いて約2,3分で温泉に入れる「日帰り温泉いずみの湯」について紹介していきます。

地下1500mの生きたお湯を楽しむ事ができる「日帰り温泉いずみの湯」は、西湖で唯一の天然温泉であり、巨大な内風呂、西湖からの風を感じる事ができる露天風呂、ジャグジー、季節の湯、打たせ湯、サウナ、水風呂など豊富な種類の温泉を楽しむ事ができます。

「日帰り温泉いずみの湯」のおすすめの1つは「大浴場・黒潮風呂」です。「大浴場・黒潮風呂」は化学工場で精製される塩化ナトリウムを使用した温泉では無く、カリウム、カルシウム、マグネシウム等の有機成分が沢山含まれている海の成分と同様のミネラル塩自然海塩を使用した温泉で、精神の安定に効果があると言われています。

「日帰り温泉いずみの湯」のもう1つのおすすめは「大露天風呂・西湖竜宮の湯」です。「富岳剗の海(せのうみ)温泉」という源泉名は、富士山の長い歴史と秘めたパワー、西湖を始めとした富士五湖や深く生い茂る樹海など、これらの大自然を作り上げた悠々なる時に想いを馳せ付けられました。

また、温泉をタップリ楽しんだ後は、郷土料理のほうとうや吉田のうどん等の豊富なメニューを取り揃えているお食事処で美味しい食事を堪能したり、広々とした休憩スペースで寛ぐ事もできます。「日帰り温泉いずみの湯」では、郷土料理ほうとうや銘菓・名品、オリジナルグッズなどを取り揃えたお土産コーナーもあるので是非ご利用下さい。

「日帰り温泉いずみの湯」の入館料は、中学生以上の大人の料金が900円、小学生の料金が500円、幼児の料金が400円です。「日帰り温泉いずみの湯」の営業時間は、2019年2月までは10時から21時までとなっており、最終受け付けは20時半です。2019年3月からは11時から20時までとなっており、最終受け付けは19時半です。

ゴールデンウイーク、9月と10月の土曜日、休前日の営業は11時から22時までとなっており、最終受け付けは21時半です。7月下旬から8月下旬の夏期期間は11時から23時までとなっており、最終受け付けは22時半です。レストランの営業時間は11時半から19時まで、お土産コーナーの営業時間は温泉の営業時間と同じです。

「日帰り温泉いずみの湯」の休館日は、12月から3月までが火曜日と水曜日、4月から11月までが水曜日となっています。因みに、ゴールデンウイークと夏期期間は休み無く営業しています。

ある方の口コミでは「日帰り温泉いずみの湯」は「西湖自由キャンプ場」から歩いて2、3分の場所にあるのでとても便利という声、またある方の口コミではレストランもあるので食事もできビールなどアルコールも飲めて幸せという声、また子供から大人まで気持ち良い温泉につかってみんな大喜びという口コミの声もあります。

また、ある方の口コミ情報によると「日帰り温泉いずみの湯」の前にはアイスクリームの自動販売機があるそうなので、温泉でサッパリした後に美味しいアイスクリームを食べるのもおすすめです。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町西湖987
電話番号 0555-82-2641

山梨県の西湖自由キャンプ場周辺のショッピングエリア

「西湖自由キャンプ場」の周辺には歩いて行ける距離にショッピングエリアが無いので、途中何か所かあるショッピングエリアで買い出ししてから行かれる事をおすすめします。ここでは「西湖自由キャンプ場」の周辺にあるショッピングエリアについて紹介します。

「西湖自由キャンプ場」から車で約10分という一番近い距離にあるのは、日用品や食料品が手に入る「マックスバリュー富士河口湖店」です。「マックスバリュー富士河口湖店」は、早朝から深夜まで営業しているので急に何か必要な時に便利です。

また、「西湖自由キャンプ場」から車で約13分の距離には、必要な物はほぼ何でも揃う「フォレストモール富士河口湖」があります。「フォレストモール富士河口湖」はスーパーやホームセンター、100円ショップやドラッグストアなど複数の店舗が入っているモールで日用品、食料品、衣類、スポーツ用品、医薬品などを入手できます。

「西湖自由キャンプ場」から車で約16分の距離には、「セブンイレブン・山梨鳴沢店」があります。河口湖ICから近い「セブンイレブン・山梨鳴沢店」が「西湖自由キャンプ場」から一番近いコンビニとなります。

「西湖自由キャンプ場」から車で約18分の距離には、採れたての新鮮な野菜や果物を取り扱う「山物市場」があります。「山物市場」で購入した採れたての新鮮な野菜を使って「西湖自由キャンプ場」でBBQをするのがおすすめです。

山梨県の西湖自由キャンプ場周辺の食事スポット1:マロウ

「西湖自由キャンプ場」の湖畔沿いの道を一本入った場所に佇む隠れ家的な店「マロウ」は、白い外観のお洒落なカフェです。オープンテラスもある「マロウ」のおすすめ料理は3日間じっくりと煮込んで作られるカレーで、ビーフ、チキン、野菜の3種類から選べます。色々なスパイス入りのカレーを食べた後は、甘くて美味しいケーキがおすすめです。

「マロウ」の営業時間は11時半から19時までで、4月から11月頃まで営業しています。「マロウ」の定休日は月曜日から木曜日までですが、日曜日は営業しています。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町西湖3072
電話番号 0555-82-2847

山梨県の西湖自由キャンプ場周辺の食事スポット2:洋食屋さん・HANASHINOBU

「西湖自由キャンプ場」の入り口と接している「洋食屋さん・HANASHINOBU」はオムハヤシやオムカレーの旗がトレードマークのお店で、犬連れのお客様には嬉しい犬と一緒に食事ができるログハウス風のレストランです。「洋食屋さん・HANASHINOBU」には外にテラス席がありますが、店内でも犬と一緒に食事をする事ができます。

ただ、犬が水遊びなどをして濡れている場合や、吠え癖や噛み癖がある場合はテラス席を使用するようにして下さい。「洋食屋さん・HANASHINOBU」のおすすめ商品には、とても美味しいオムハヤシ、オムカレー、ロールキャベツなどがあり、サラダやヨーグルトも付いてきます。

「洋食屋さん・HANASHINOBU」の営業時間は11時にオープン、売れ切れ次第閉店となります。定休日は不定休ですが、日曜日は営業しています。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町西湖1004
電話番号 0555-82-2730

山梨県の西湖自由キャンプ場周辺の食事スポット3:彩呼亭

サッパリと美味しい日本蕎麦を味わえる「彩呼亭」は、店内から西湖を眺めながら食事ができる日本食屋です。「彩呼亭」の店内は広く、奥は座席となっています。「彩呼亭」のメニューはセットメニューとなっており、冷奴や漬物などの小皿が付いてきます。蕎麦はざる、おろし、とろろ、鴨、ヤマメの塩焼き付きなどから選ぶ事ができます。

お蕎麦が美味しい「彩呼亭」ですが、セットとして付いてくる豆腐は大豆の甘さが口の中で広がりとても美味しいと人気です。「彩呼亭」の営業時間は11時からオープン、蕎麦が売れ切れ次第閉店です。「彩呼亭」の定休日は不定休で、日曜日は営業しています。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町西湖761-3
電話番号 0555-82-3144

山梨県の西湖自由キャンプ場周辺の食事スポット4:Ma Maison West Lake Store

フランス語で「私の家」という意味の「マ・メゾン」という店名の「Ma Maison West Lake Store」は、アンティーク調の家具やインテリアがとてもお洒落な西湖の畔にあるレストランです。シェフは地元の新鮮な野菜や港直送の魚介類、選ばれた肉を使用したフランス料理を得意としていますが、イタリア料理やスペイン料理も味わう事ができます。

「Ma Maison West Lake Store」では、何種類かのハンバーグ、ピザ、スパゲティ、ラザニア、ドリア、パエリア、そしてお子様プレートなどを味わう事ができます。

「Ma Maison West Lake Store」の営業時間は、ランチが11時半から14時まで、ディナーが17時から21時までとなります。「Ma Maison West Lake Store」の定休日は年中無休で、日曜日も営業しています。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2330
電話番号 0555-82-2034

山梨県の西湖自由キャンプ場周辺の食事スポット5:Sugeez・西湖店

本場アメリカの雰囲気と味にこだわった「Sugeez・西湖店」は、ビールとカクテル、そしてメインのハンバーガーが自慢のレストランです。カリッとトーストされたバンズにアメリカサイズのボリューミーな具材が惜しげもなく挟まったハンバーガーはジューシーで病みつきになります。チーズフライなどのサイドメニューも豊富です。

「Sugeez・西湖店」ではチーズバーガー、ベーコンチーズバーガー、アボカドチーズバーガー、ベーコンエッグバーガー、チリチーズバーガーなど色々な種類のバーガーを楽しむ事ができます。

「Sugeez・西湖店」の定休日は月曜日です。「Sugeez・西湖店」にはFREE WIFIが完備されており、テラス席にて犬と食事をする事もできます。「Sugeez・西湖店」では、テイクアウトも受け付けています。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町西湖西8-10
電話番号 0555-28-5322

山梨県の西湖自由キャンプ場の基本情報

「西湖自由キャンプ場」の営業シーズンは毎年3月1日から12月中旬までとなっています。「西湖自由キャンプ場」の営業時間は8時から18時までとなっており、営業シーズン中は定休日はありません。「西湖自由キャンプ場」ではチェックインは8時から、チェックアウトは11時までとなっています。

「西湖自由キャンプ場」では宿泊無しのデイキャンプ(日帰り)の場合、チェックインは8時から、チェックアウトは5時までとなっています。ただし、連休や夏期期間などの繁忙期にはデイキャンプは受け付けていないのでご注意下さい。

「西湖自由キャンプ場」では、21時から7時までは静粛時間なので静かに過ごすようにしましょう。予約無しでも「西湖自由キャンプ場」を利用する事はできますが、念の為、予約を入れておきたい場合は電話による予約を受け付けています。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町西湖1003-2 
電話番号 0555-82-2857

山梨県の西湖自由キャンプ場の利用料金・宿泊キャンプ料金

「西湖自由キャンプ場」の利用料金・宿泊キャンプ料金は、大人の料金が1人1泊1000円、小学生までの子供の料金が1人1泊800円、2歳までの料金は無料となります。また、ゴールデンウイークやお盆などの連休の時のハイシーズンは大人の料金が1人1泊1500円、小学生までの子供の料金が1人1泊1000円、2歳までの料金は無料となります。

宿泊者の方のデイキャンプ(日帰り)の追加料金は大人の料金が1人500円、小学生までの子供の料金が1人400円となります。デイキャンプ(日帰り)のチェックアウトは17時までとなっています。宿泊客の方で11時までにチェックアウトしない方は、デイキャンプ(日帰り)の追加料金が掛かってきますので注意が必要です。

宿泊無しのデイキャンプ(日帰り)の料金は、大人の料金が1人700円、小学生までの子供の料金が1人500円です。「西湖自由キャンプ場」の料金は口コミを見てみても、西湖周辺の他のキャンプ場と比較して安いと人気の理由の1つとなっています。

富士山の麓の西湖自由キャンプ場でキャンプしてみませんか?

西湖の湖畔にある静かなキャンプ場「西湖自由キャンプ場」について紹介してきましたがいかがでしたか?「西湖自由キャンプ場」は家族でも、友人同士でも、ソロキャンプでも楽しめるキャンプ場で、その周辺には沢山の観光スポットやレストランもある事が分かりました。富士山の麓の「西湖自由キャンプ場」で大自然の中、キャンプしてみませんか?

関連記事

Noimage
この記事のライター
ビジネスキー紀子

新着一覧

最近公開されたまとめ