「ガサエビ」は日本海でしか獲れない幻の海老!おすすめの美味しい食べ方を紹介!

ガサエビは日本海でしか獲れない幻のエビと言われているご当地グルメとして人気があります。今回はガサエビのおすすめの食べ方からおいしい食べ方などを詳しく見ていきましょう。北陸の名物グルメのガサエビは一体どんな味なのでしょうか。

「ガサエビ」は日本海でしか獲れない幻の海老!おすすめの美味しい食べ方を紹介!のイメージ

目次

  1. 1北陸に行ったら日本海のグルメ「ガサエビ」を食べよう!
  2. 2ガサエビとは?
  3. 3ガサエビは県外不出?
  4. 4ガサエビは高級食材に?
  5. 5ガサエビの美味しい食べ方
  6. 6ガサエビの食べ方1:唐揚げ
  7. 7ガサエビの食べ方2:刺身
  8. 8ガサエビの食べ方3:味噌汁
  9. 9ガサエビの食べ方4:寿司
  10. 10ガサエビの食べ方5:焼きえび
  11. 11ガサエビの食べ方6:茹でる
  12. 12ガサエビの食べ方7:エビフライ
  13. 13ガサエビのおすすめの食べ方は?
  14. 14ガサエビのおすすめの食べ方はおつまみに?
  15. 15ガサエビは通販でも購入することができる!
  16. 16ガサエビを北陸に食べに行こう!

北陸に行ったら日本海のグルメ「ガサエビ」を食べよう!

見た目が茶色く、味の鮮度も落ちやすいことから、県外不出のグルメとしてあまり北陸以外に出回らなかった日本海の名物グルメがガサエビです。地元の漁師さんや地元の人では有名なエビですが、東京にはあまり出回っていないので購入することもできません。今回はそんな甘エビよりも甘くて美味しいと言われる幻のエビについて見ていきます。

ガサエビとは?

ガサエビとは一体どんなエビなのでしょうか。ガサエビは富山県や石川県などで取れる北陸の有名なエビです。北陸ではガスエビと言われています。北陸と言ったらのどぐろなどが石川県で人気になっているのは有名です。しかしガサエビも見た目が茶色くて甘エビなどと比べて美しくないのですが味が評判です。

石川県の有名な観光スポットである金沢では、地元の居酒屋さんでガサエビを使ったお刺身などの海鮮料理をいただくことができるようになっています。ガサエビは地元の名物料理として知られており、いろんな食べ方があることでも有名です。

お刺身にすると身がプリプリとしていて甘くて美味しいと評判が高いです。甘エビよりも甘さがあって美味しいのではないかと言われるほどです。唐揚げに天ぷらに、いろんな調理方法もあり、地元の人に人気があるのです。

ガサエビは県外不出?

ガサエビは東京にはあまり出回っていませんので、東京で見たことがある人は少ないのではないでしょうか。ガサエビは日本海でとれるエビですが、地元の人しかなかなか知らないご当地グルメとして知られています。ガサエビは県外不出なのです。石川県や富山県などの北陸のグルメで、ガサエビは北陸では居酒屋などでも食べることができます。

北陸といえばのどぐろが有名ですが。石川県の居酒屋さんではのどぐろのお寿司などの贅沢ていただくことができたりします。しかしのどぐろと同じくらい北陸ではガサエビが人気になっています。ガスエビは今では高級食材になっています。

ガサエビは高級食材に?

ガサエビは甘エビよりも殻の色が茶色く、見た目がそれほどよろしくないということで、昔は地元の人しか知らないグルメでした。鮮度が落ちやすいことでも有名で、ガサエビはすぐに鮮度が落ちてしまうので、あまり県外に出てこなかったのでした。しかしガサエビは最近話題になり、高級食材になろうともしています。

北陸ではガサエビを食べることができるお寿司屋さんや海鮮料理屋さんや居酒屋さんなどができています。ガサエビが食べれるお店は増えてきているのです。ガサエビは今まさに県外の観光客にも人気になりつつあり、高級食材になろうとしています。

ガサエビの美味しい食べ方

日本海のガサエビは甘エビに似ているので、プリプリの甘エビのようにお刺身にしたりお寿司にしたりしていただく美味しい食べ方があります。海鮮料理屋さんなどに行くと軍艦巻きにしてぷりぷりの新鮮なガサエビをお寿司でいただくことができたりします。美味しい食べ方はお刺身にして、できれば生きているうちに食べるのが良いとされています。

新鮮な海老は生きているまま、とってすぐに調理をしていただくと、鮮度が落ちずにおいしいままでいただくことができるのでおすすめの調理方法になっています。漁師さんなどはとれたてのガサエビを調理していただきます。

ガサエビは鮮度が落ちると色が変わってきますので、ガサエビの身の色が変わらないうちに調理をしなければいけません。ガサエビは殻がむきにくいのですが、さっと調理していただくととても美味しいと評判が高いのです。

ガサエビの食べ方1:唐揚げ

甘エビよりも濃厚にいただくことができさらには甘みを感じることができるのでとても人気があるガサエビですが、そのままお刺身にして醤油を垂らしていただきたいところです。しかし大量に購入するならば一気に唐揚げにしていただくのも良いでしょう。さっと塩を振っていただけば甘みもあってビールのつまみに最適です。

ガサエビの唐揚げは非常に人気のある調理方法の一つで、片栗粉をつけてさっと揚げるだけでいただくことができるので、美味しいととても人気があります。ガサエビの殻は茶色でそれほど綺麗なものではありませんが、油であげるととても綺麗です。

唐揚げは誰でも好きなグルメ!楽しく食べることができるのがいいところです。エビですのでディップしていただくことができるソースを自分で手作りするのもいいでしょう。マヨネーズやタルタルソースなど、唐揚げのディップソースを作るのもおすすめです。

ガサエビの食べ方2:刺身

金沢の飲食店などに行き海鮮料理を注文してガサエビのお刺身をいただくととても美味しいので評判が高いです。お刺身は身がプリプリとしていて醤油と一緒にいただくには最適です。ちなみに殻を破ると緑の卵が入っていることもあります。通販や市場で購入して帰ると自分で調理しますので、美味しいと評判の高い卵も食べることができます。

からしやわさびなどをつけて醤油でさっといただくと、プリプリとしていてお刺身が美味しいと人気です。ガサエビのオーソドックスな食べ方ですので、是非とも市場などで購入して帰ったら卵も一緒にお刺身にして頂くと良いでしょう。

鮮度が落ちやすいので、お刺身にしていただくときは是非とも日本海に近い北陸に行って居酒屋さんなどでいただくと良いでしょう。通販でも購入することができますが、寿司屋さんや海鮮料理屋さんで新鮮なお刺身をいただくのが良いでしょう。

ガサエビの食べ方3:味噌汁

ガサエビはお味噌汁にしていただくとお出汁が効いていてとても美味しいので評判が高いです。殻がありますが、刺身にするととってしまいます。しかし殻まで綺麗に食べたいなら、お味噌汁に入れるとダシを取ることができますのでおすすめです。朝食などにさっと用意できるように下処理して冷蔵庫に入れておくといいでしょう。

簡単に作ることができるお味噌汁は、ガサエビの調理方法として非常におすすめです。簡単に作ることができますので、子供と一緒に朝食の用意をしてみるのもいいでしょうか。ガサエビの出汁でいつもの味噌汁と違った味を楽しむことができるでしょう。

ガサエビは日本海に近い富山県や石川県などで食べることができる日本海のグルメですが、鮮度が落ちやすいためになかなか都内に回ってきません。通販や市場で購入することができますので、買ってきたら冷凍保存して鮮度の低下を防ぐのがおすすめです。

ガサエビの食べ方4:寿司

食べ方は非常にたくさんありますが、お店に行くとお寿司でいただくことができたりします。ガサエビの産地である金沢周辺の居酒屋さんなどに行くと海鮮料理としてガサエビをいただくことができるところがあります。とてもリーズナブルに高級食材のガサエビのお寿司をいただくことができますので観光におすすめです。

プリプリとしていて食感がいいことから、お寿司にしていただくのもとても人気があります。是非ともお食事でいただいてみてはいかがでしょうか。回転寿司屋さんなどにもガサエビと一緒に名物ののどぐろなどもあるので、おすすめです。

石川県の金沢では日本海に近いためにガサエビを頂くことができる海鮮料理屋さんがたくさんあります。日本海でとれたガサエビを食べることができる居酒屋さんやお寿司屋さんで是非とも美味しいお寿司を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ガサエビの食べ方5:焼きえび

もちろんバーベキューなどでさっと焼いていただくのも良いでしょう。殻のまま網などで焼いてしまえばそのままグリルでいただくことができます。車海老などは殻がついたまま塩を振っていただいたりしますが、ガサエビも殻のままさっと焼いていただくことができるのでとても人気があります。

塩焼きにしたり、焼いたものに醤油をたらしていただくのもいいでしょう。グリルでさっと焼き色をつけてお好みの調味料でいただくのがいいでしょう。それほど大きいサイズのものではありませんが、シンプルにフライパンなどで炒めるのも良いでしょう。

おすすめの食べ方は岩塩など、美味しい塩を使っていただくことです。美味しいお塩を使っていただければさらにガサエビの甘さを感じることができるでしょう。ガサエビの甘さを引き出せる岩塩を探してみるといいかもしれません。

ガサエビの食べ方6:茹でる

エビですので茹でていただく食べ方も人気があります。茹で海老にしていただくのが良いでしょう。エビを茹でていただく場合は、背わたを取って下処理をしてから茹でていきます。片栗粉をまぶして5分ぐらい置いておき、洗い流してからお湯で茹でていきます。

とても簡単な調理法ですので、すぐに実践することができます。ガサエビは通販でも購入することができますので是非とも通販で購入してから海老の下処理をしっかりとして調理してみてはいかがでしょうか。

茹でていただくときは是非ともディップソースを自分で作って頂いてみてはいかがでしょうか。ディップソースをオリジナルで作るのがおすすめです。アボカドやマヨネーズや、明太子などの2種類のソースを作ってつけていただくのもいいでしょう。

ガサエビの食べ方7:エビフライ

もちろんエビですのでエビフライにしていただくのも良いでしょう。子供のお弁当のおかずなどにすることができますので、ガサエビを使ったエビフライを作ってみてはいかがでしょうか。下処理を丁寧にしてから保存しておき、朝に作るのもいいでしょう。エビフライにすれば家族誰でも楽しむことができるのがいいところです。

簡単に作ることができて大量に購入してきても、一気に調理することができるのがいいところです。エビフライなら1日ぐらいなら置いておくことができますので、夕食に作ったものを次の日のお弁当に使用するのもいいでしょう。

何と言っても子供が大好きなのは唐揚げやエビフライです。高級食材になりつつあるガサエビをエビフライにしていただいてしまうのはもったいない感じがしますが、鮮度が落ちやすく、通販でしか購入できない場合はエビフライにするのもおすすめです。

ガサエビのおすすめの食べ方は?

いろんな食べ方を見て行きましたが子供と一緒に食べるなら唐揚げやエビフライにして食べるのがいいでしょう。唐揚げにすれば大人でも子供でも誰でも食べることが出来でし、通販で購入してお刺身にするのが怖いというなら、ぜひとも油で揚げて唐揚げやエビフライにするのがいいでしょう。鮮度に合わせた食べ方をするのがおすすめです。

日本海の近くに観光に行くなら是非とも取れたばかりのガサエビのお刺身やお寿司にしていただくのがいいでしょう。ガサエビの一番美味しい頂き方はやはりお刺身お寿司ではないでしょうか。ぷりぷりの身を楽しむことができます。

ガサエビは大きいサイズのものが多いので、身のぷりぷり感を感じることができるでしょう。もちろん市場で購入してきたものを自分で調理していただくこともできます。緑の卵がついていることもあり、卵も一緒にいただくことができます。

ガサエビのおすすめの食べ方はおつまみに?

ガサエビのおすすめの美味しい食べ方は油を使って揚げてしまうことです。大きいサイズのものがお刺身にしていただくのがおすすめで、小さいサイズのものは天ぷらや唐揚げにするのがいいでしょう。サイズにあった美味しい食べ方をするのがいいでしょう。ガサエビは小ぶりのものもあるので、そちらはおつまみにするといいです。

見た目が茶色いガサエビですが、殻まで美味しいので、ぜひとも綺麗に下処理して殻ごといただいて見てはいかがでしょうか。ガサエビは殻ごと食べることができるので、殻をそのまま油で揚げて唐揚げなどにするのがおすすめです。

ガサエビは通販でも購入することができる!

ガサエビは通販でも気軽に購入することができます。ぜひとも通販で購入してみてはいかがでしょうか。北陸の水産会社などでは日本海で取れた美味しいガサエビを通販で購入することができます。甘エビよりも甘いことで有名なガサエビは自分で殻をとってお刺身にしたり唐揚げにしたり、天ぷらにしていただくことができるようになっています。

ガサエビは通販で購入すると味の鮮度が落ちるので美味しくないのではないかと思われますが、とれたものを船の上で急速冷凍しているので、船の上で食べるのと同じ味を楽しむことができる水産会社もあります。通販でも美味しいガサエビを買えるでしょう。

お値段はパッケージで販売されており、一度に起きるを購入するので3000円や5000円ぐらいから帰るものが多いです。冷凍保存されていますので冷凍庫の中に入れておき、お弁当のおかずなどを作ったりして使うのがいいでしょう。

Thumb「ガスエビ」は北陸の絶品グルメ!旬の時期やおすすめの食べ方は?
北陸には名物の絶品グルメとして知られているガスエビというエビの種類があります。こちらは甘エビ...

ガサエビを北陸に食べに行こう!

いかがでしたか?日本海のグルメであるガサエビは北陸では有名でしたが、全国的にはまだまだ有名ではありません。ガサエビはかつては甘エビよりも価値のないものとみなされていましたが、今では非常に高級食材になりつつあります。ぜひともが整備の値段が高くならないうちに今のうちに観光で食べてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
tabito

新着一覧

最近公開されたまとめ