勝沼でワインを味わえるワイナリーを厳選ランキング!観光客にもおすすめ!

山梨県勝沼は、日本最大のワインの産地です。勝沼ぶどう号駅周辺には、勝沼ワインのワイナリーが多くあります。日本産のおいしいワインをいただけるワイナリーや、レストラン併設のワイナリーもあります。そんな勝沼のワイナリーを厳選しランキングでご紹介します。

勝沼でワインを味わえるワイナリーを厳選ランキング!観光客にもおすすめ!のイメージ

目次

  1. 1山梨の勝沼はワインの名産地!ワイナリー巡りがおすすめ!
  2. 2勝沼ワインのワイナリーランキングTOP10をご紹介!
  3. 3勝沼ワインのワイナリーランキング:「第10位・盛田甲州ワイナリー」
  4. 4勝沼ワインのワイナリーランキング:「第9位・マルサン葡萄酒」
  5. 5勝沼ワインのワイナリーランキング:「第8位・原茂ワイン」
  6. 6勝沼ワインのワイナリーランキング:「第7位・くらむぼんワイン」
  7. 7勝沼ワインのワイナリーランキング:「第6位・勝沼醸造」
  8. 8勝沼ワインのワイナリーランキング:「第5位・ロリアンワイン白百合醸造」
  9. 9勝沼ワインのワイナリーランキング:「第4位・グレイスワイン」
  10. 10勝沼ワインのワイナリーランキング:「第3位・マンズワイン」
  11. 11勝沼ワインのワイナリーランキング:「第2位・ルミエールワイナリー」
  12. 12勝沼ワインのワイナリーランキング:「第1位・シャトー・メルシャン」
  13. 13ワイナリー巡り・移動手段は?
  14. 14山梨の勝沼でワイナリー巡りをしよう!

山梨の勝沼はワインの名産地!ワイナリー巡りがおすすめ!

日本最大のワインの産地と言われる山梨県甲州市勝沼町。勝沼には、広大なブドウ畑があり、ワイナリーが点在しています。試飲ができるワイナリーや、国の登録有形文化財があるワイナリー、またレストラン併設のワイナリーもあります。そんな勝沼のワイナリーをランキング形式で見てきましょう!

勝沼はどんなところ?

山梨県甲州市の勝沼は、広大な自然があり、山梨名産のぶどう畑が広がっています。ワイン用の甲州種を起源とするぶどう畑もあり、ワイナリーが多く存在する勝沼です。国内唯一の甲州種の栽培最適地として選ばれた勝沼は、自然が多く、きめ細やかで芳醇なぶどうを育てる環境があります。

勝沼の「勝沼ぶどう郷駅」に降りると、美しい田舎風景に心から癒されます。特に桜が咲く季節はうっとりするほど美しい駅となります。近くには、アクセスしやすい「甲州駅」や温泉が有名な「石和温泉」もあります。東京からアクセスしやすい勝沼で、観光に人気のエリアです。

ワイナリーではワインの試飲もできる

山梨の勝沼にあるワイナリーでは、ぜひ試飲がおすすめです。有料の試飲ができるワイナリーも多くありますが、無料試飲ができるワイナリーもあります。それぞれのワイナリーが持つ雰囲気が違い、特徴もありますので、ぜひワイナリー巡りで楽しい観光時間を過ごしましょう。

レストラン付きのワイナリーならワインと食事が楽しめる

山梨の勝沼にあるワイナリーの中には、レストランが併設されているワイナリーもあります。山梨の食材を、ワインと共に味わってほしいと、地元の食材を使ったおいしい料理を提供してくれています。勝沼の空気で育ったワインと勝沼の食材でできた料理、相性抜群でおすすめです。

Thumb勝沼のぶどう狩り名所ランキング!ベストシーズンや人気の食べ放題も紹介!
全国一のフルーツ県として知られる、山梨県。中でも「勝沼町」のぶどうは有名で、ぶどうの時期にな...

勝沼ワインのワイナリーランキングTOP10をご紹介!

ワインの国山梨勝沼。およそ80のワイナリーが集まっています。甲州では、多くの農家がレインカットという雨除けをぶどうの上に設置して、病気を防いでいます。その様子を楽しめるのも甲州ならではです。そんな山梨県甲州市勝沼のワイナリーをランキング形式で見ていきましょう。

勝沼ワインのワイナリーランキング:「第10位・盛田甲州ワイナリー」

勝沼ワインのワイナリー「盛田甲州ワイナリー」は、勝沼の中で1、2の規模を誇るワイナリーです。広い敷地にワイナリーとレストランが併設しています。このワイナリーの始まりは、愛知県です。

1881年(明治14年)愛知県で創業したこのワイナリー。11代目がワイン造りに目を付けたと言います。しかし、ワイン造りの夢は果たせなかったと言います。14代目就任後、ワイン造りに再度挑戦することを決意し、現在に至ります。

盛田甲州ワイナリー【基本情報】

勝沼ワインのワイナリー「盛田甲州ワイナリー」は、無料のワイナリー見学を実施しています。予約は不要で、10名以上の場合のみ予約が必要です。樽セラーや製造ラインを見学できます。

無料の試飲も行われています。全く分からないワインを買うのではなく、試飲してからおいしいワインを買うことができるので安心です。

住所 山梨県甲州市勝沼町勝沼2842
電話番号 0553-44-2003
営業時間 10時から16時
定休日 年末年始・指定日年2回

勝沼ワインのワイナリーランキング:「第9位・マルサン葡萄酒」

勝沼ワインのワイナリー「マルサン葡萄酒」。もとは生食用のぶどう農家で、江戸時代からあります。その中でワインも造られていた、勝沼の中でも小さな伝統的なワイナリーです。

小さなワイナリーで、家族経営なので、そう多くのワインは造られていませんし、保管も2万本くらいです。しかし、ほどよく地下セラーで管理熟成され、ここでしか買えないワインがあります。

マルサン葡萄酒【基本情報】

勝沼ワインのワイナリー「マルサン葡萄酒」は、ワインセラーやぶどう畑を見学できます。無料となっていますが、予約が必要です。生食用ぶどう畑もあり、ぶどうの季節は、ぶどう狩りとワイナリーとを楽しむことができる珍しいワイナリーです。世に出回っていないワインをお土産に買って帰るのはおすすめです。

住所 山梨県甲州市勝沼町勝沼3111-1
電話番号 0553-44-0160
営業時間 8時半から17時
定休日 不定休

勝沼ワインのワイナリーランキング:「第8位・原茂ワイン」

勝沼ワインのワイナリー「原茂ワイン」。ぶどうの季節には、大きなぶどうの木2本が覆っているぶどう棚の下でランチやワインをいただくことができる素敵なワイナリーです。1924年(大正13年)創業のワイナリーです。

築140年以上の古民家をショップとして利用し、創業当時から守られている製法でワインが造られています。ぶどうの選別から瓶詰めまで同じ人が担当するという徹底ぶりです。ワインショップは、営業時間内ならいつでも無料試飲をすることができます。

原茂ワイン【基本情報】

勝沼ワインのワイナリー「原茂ワイン」では、ワイナリー見学もできます。見学が行われていない日もありますので、必ず予約が必要です。自然の美しさはぶどうの季節が一番ですが、時期ではない時期も試飲ができますのでおすすめです。

このワイナリーでは、レストランならぬカフェが併設されています。カフェの営業は4月上旬から11月末までと期間限定となりますが、ワインに合うおいしい軽食をいただくことができます。

住所 山梨県甲州市勝沼町勝沼3181
電話番号 0553-44-0121
営業時間 試飲9時から17時・ショップ11時から17時
定休日 無休・ショップ月曜日

勝沼ワインのワイナリーランキング:「第7位・くらむぼんワイン」

勝沼ワインのワイナリー「くらむぼんワイン」。創業1913年(大正2年)創業のワイナリーです。この「くらむぼん」という名前は、宮沢賢治の童話「やまなし」から由来しています。

ワイナリーから徒歩1分ほどのところにぶどう畑があります。このワイナリーも雑草の絨毯で、元気にぶどうが栽培されています。ワインセラーやワインサロンがあり、ワインに関する資料室も自由に見学できます。

くらむぼんワイン【基本情報】

勝沼ワインのワイナリー「くらむぼんワイナリー」では、ワイナリー見学が行われています。一般観光客向けツアーは、一人500円で畑、樽貯蔵庫、ワインセラーの見学、そして試飲できます。

見学は、必ず予約が必要です。10時からと14時からの1日2回行われています。仕込みなどの季節は、見学できない場合があります。特に1月と2月は指定日のみ実施しています。

料金が一人500円となっていますが、ワインや果汁の購入で返金というシステムです。ワインを買うなら実質試飲が無料となります。ぜひ試飲してからお土産に買って帰るのはおすすめです。

住所 山梨県甲州市勝沼町下岩崎835
電話番号 0553-44-0111
営業時間 9時から12時・13時から16時半
定休日 無休

Thumb山梨のおすすめワイン厳選ランキング!工場見学や試飲で名産品を飲み比べよう!
山梨の名産品といえば「ぶどう」ですが、そんなぶどうから作られる「山梨ワイン」も名産品として注...

勝沼ワインのワイナリーランキング:「第6位・勝沼醸造」

勝沼ワインのワイナリー「勝沼醸造」。1937年(昭和12年)に創業し、ワインを造っています。土地やぶどうの栽培方法など、甘みが強く味の濃いぶどうになるためにこだわりをもってワイン造りをしているワイナリーです。

甲州種のぶどうは、実が大きく水分が多いので、水っぽい果汁になりがちですが、勝沼醸造では、ゆっくりと時間をかけて搾汁することで、甲州種ならではの良さを最大限に引き出し、甲州種ならではのワインができ上がります。

勝沼醸造【基本情報】

勝沼ワインのワイナリー「勝沼醸造」にはレストランも併設されています。レストランテ「風」です。このレストランでは、ランチやディナーがいただけます。高級レストランで、勝沼のワインと勝沼の料理を楽しむことができるレストランで、おすすめです。

レストランテ「風」のイチオシは、ディナーで提供されるローストビーフです。素敵な空間で、ワインと絶品ローストビーフを堪能するのはおすすめです。

ワイナリー見学もあります。ツアーは2種類です。料金3000円のコースは、およそ2時間の所要時間で見学します。開催日のみ10時半からと13時半からと2回行われています。試飲タイムもあり、色や香りなどワインのことについて学びます。

料金1500円のコースは、試飲のみです。当日でも参加人数によって、試飲のみなら参加できます。しかし、予約優先なので、できるだけ予約がおすすめです。

住所 山梨県甲州市勝沼町下岩崎371
電話番号 0553-44-0069
営業時間 10時から16時
定休日 無休

勝沼ワインのワイナリーランキング:「第5位・ロリアンワイン白百合醸造」

勝沼ワインのワイナリー「ロリアンワイン白百合醸造」。1938年(昭和13年)に創業し、現在はワインとグラッパ(蒸留酒)が造られています。

白を基調とした素敵なワイナリーは、色々な体験ができるようになっています。例えば、前日までに予約が必要ですが、料金1850円(税抜き)で生ワインのボトル詰め、オリジナルラベル作りができます。

ロリアンワイン白百合醸造【基本情報】

勝沼ワインのワイナリー「ロリアンワイン白百合醸造」では、無料ワイン見学が実施されています。平日のみ10時からと14時からの2回行われていて、予約なしでも見学できます。ロリアンワインができるまでを案内してもらえます。

スペシャルワイン見学は、前日までに要予約です。ぶどう畑の散策、ワイン工場の見学とグラスで数種類の試飲ができます。平日のベーシックコースは1300円、作り手コースは2000円、オーナーズコースは3000円となります。違いはワイナリーに尋ねましょう。

住所 山梨県甲州市勝沼町等々力878-2
電話番号 0553-44-3131
営業時間 9時から16時半
定休日 不定休

勝沼ワインのワイナリーランキング:「第4位・グレイスワイン」

勝沼ワインのワイナリー「グレイスワイン」。1923年(大正12年)に創業したワイナリーです。2002年には、日照時間が日本一で標高700メートルの明野町に畑を開園し、ぶどうを栽培しています。到着してまず目を引くのは、ツタで覆われた石造りの建物です。

ぶどう作りにこだわり、ファーストクラスラウンジで飲まれるワインとして採用されています。色々なところで高い評価を得ているワインです。

グレイスワイン【基本情報】

勝沼ワインのワイナリー「グレイスワイン」では、指定日にテイスティングセミナーが行われています。予約必須で、10時半からおよそ60分、甲州種を含む6種類のワインのテイスティングセミナーです。料金は3000円(税込み)です。

厳選ワインテイスティングセミナーもあります。10時半からおよそ90分、グレイスワインが栽培しているぶどうを使用した厳選ワインのテイスティングセミナーです。料金は5000円(税込み)です。

住所 山梨県甲州市勝沼町等々力173
電話番号 0553-44-1230
営業時間 9時から16時半
定休日 年末年始

勝沼ワインのワイナリーランキング:「第3位・マンズワイン」

勝沼ワインのワイナリー、ランキング第3位に突入です。第3位は「マンズワイン」です。この会社は、醤油メーカー「キッコーマン」系列のワイナリーで、1962年(昭和37年)に始まったワイナリーです。

ぶどう作りの取り組みもしっかりし、高品質のワインが造られています。レインカット栽培法は、このマンズワインが開発し、「マンズ・レインカット栽培法」と言われています。そして、勝沼のワイナリーで広がっていったとされています。

マンズワイン【基本情報】

勝沼ワインのワイナリー「マンズワイン」では、ワイナリー見学ができます。無料の見学で、スタッフに案内してもらえる見学方法と自由に見学できる方法とあります。

ワインを納得して購入してほしいと無料の試飲もあります。ソラリスシリーズは、有料の試飲となりますが、こだわりのワインなので、有料でもソラリスシリーズの試飲はおすすめです。

住所 山梨県甲州市勝沼町山400
電話番号 0553-44-2285
営業時間 9時から11時半・13時から15時半(ショップ17時まで)
定休日 年末年始・指定日

勝沼ワインのワイナリーランキング:「第2位・ルミエールワイナリー」

勝沼ワインのワイナリー、ランキング第2位は「ルミエールワイナリー」です。1885年(明治18年)に創設したワイナリーです。1901年(明治34年)に作られた地下発酵槽は、現在登録有形文化財として管理されています。

ルミエールワイナリーに到着すると、目の前にぶどう畑が広がります。そしてそのぶどう畑で気になるのが、雑草です。

勝沼のワイナリーの多くは、意図的に雑草をそのままにし、肥料を与えず、自然そのままの土壌で栽培しています。ぶどうの木が一生懸命生きようとする力がワインのおいしさに繋がるというわけです。

このワイナリーでは、登録有形文化財の地下発酵槽で作られるワインがあり、「石蔵和飲(いしぐらわいん)」として限定販売されていて、人気です。

ルミエールワイナリー【基本情報】

勝沼ワインのワイナリー「ルミエールワイナリー」は、ワイナリー見学ができます。3日前の15時までに予約が必要な料金1000円の1時間コース、前日の15時までに予約が必要な料金500円の30分コースです。

12月から8月は11時45分からと14時からの1日2回、9月からから11月は、通常に加え16時からも見学が行われていて、1日3回となります。

「ルミエールワイナリー」には、レストランが併設されています。レストランでは、山梨の食材を使った料理で、山梨のワインと相性は抜群です。ぜひレストランでランチやディナーはおすすめです。

住所 山梨県笛吹市一宮町南野呂624
電話番号 0553-47-0207
営業時間 9時半から17時半
定休日 年末年始

勝沼ワインのワイナリーランキング:「第1位・シャトー・メルシャン」

勝沼ワインのワイナリー、ランキング第1位は「シャトー・メルシャン」です。1877年(明治10年)、メルシャンの源流「大日本山梨葡萄酒会社」を創業し、ここから日本産ワインの歴史が始まりました。このワイナリーの魅力は、綺麗な敷地内、広い芝生の上でワインを楽しめることです。

このワイナリーには、レストランではなくカフェがあります。カウンターでワインを購入し、庭やイートインスペースで自由にワインを飲むことができます。

シャトー・メルシャンのぶどう産地は、秋田、長野、福島、そして山梨です。このワイナリーには、日本最古の木造ワイン醸造所もあり、ワイン資料館として公開されています。自由に見学可能です。

シャトー・メルシャン【基本情報】

勝沼ワインのワイナリー「シャトー・メルシャン」では、試飲のみだけできますが、ワイナリー見学もおすすめです。ワイナリースタッフが案内してくれるツアーで、ワインの試飲も入っています。

ワイナリー見学は2種類あります。料金1000円で、平日は10時半から、土日祝日は13時からと行われ、試飲は3種のコース。また料金3000円のコースは、土日祝日14時から行われ、試飲は6種となります。

住所 山梨県甲州市勝沼町下岩崎1425-1
電話場号 0553-44-1011
営業時間 9時半から16時半
定休日 不定休

Thumb山梨のワイナリーでおすすめは?見学やランチが楽しめる人気スポットを厳選!
山梨の名産物といえば「山梨ワイン」。日本を代表するワインの名産地である山梨で、ワイナリー巡り...

ワイナリー巡り・移動手段は?

ワイナリー巡り。多くのワイナリーでは、試飲を実施しています。観光でワインを試飲したいなら、自動車での移動は避けたいところです。しかし、ワイナリーの場所を考えると、自動車ならスムーズにワイナリー巡りを楽しむことができます。どのような移動手段があるのか見てみましょう。

レンタカーでワイナリー巡り!

ワインが飲めない人が一人でもいるなら、自動車でのアクセスがスムーズです。場所を選ばず色々なワイナリーを巡ることができます。

山梨県へ飛行機でアクセスするなら、まずは「東京国際空港(羽田空港)」へとアクセスします。そして東京物レールで「浜松町駅」まで行き、JR山手線で「新宿駅」へと向かいます。新宿駅から、JR特急スーパーあずさなどを使用し、「甲府駅」へと向かいましょう。

「甲府駅」で、レンタカーを借りることができます。勝沼の最寄り駅は「勝沼ぶどう郷駅」ですが、駅周辺にレンタカー屋がありませんので、甲府駅がおすすめです。

市民バスを使ってワイナリー巡り!

「塩山駅」からは、ワインコースの「勝沼地域市民バス」が出ています。距離は関係なく1回300円で、ワイナリーへと訪れることができます。ワイナリーのそばに着く場合もありますが、バス停から徒歩20分かかるワイナリーもあります。良く調べてからバスを利用するのはおすすめです。

徒歩でワイナリー巡り!

全員がワインの試飲をしたいと思うなら、まずは、中央本線の「勝沼ぶどう郷駅」にアクセスしましょう。歩きに自信があるなら、いくつかのワイナリーは、徒歩で行くことができます。

例えば、駅から「原茂ワイン」は、1.7キロメートル徒歩30分ほどで到着します。原茂ワインから「マルサン葡萄酒」までは、550メートル徒歩7分で行くことができます。

マルサン葡萄酒から「シャトー・メルシャン ビジターセンター」までは、850メートル徒歩15分ほどです。更にはシャトー・メルシャン ビジターセンターから「くらむぼんワイン」までは、650メートル徒歩10分ほどです。その4つのワイナリーなら徒歩でもワイナリー巡りができます。

ワインタクシーでワイナリー巡り!

「石和温泉駅」までアクセスし、ワインタクシーを使う方法もあります。前日までなら「富士の国やまなし観光ネット」で予約できますし、当日なら、石和温泉駅横にある「石和温泉観光協会駅前案内所」で申し込むことができます。

ワインタクシーは、土日祝日のみ運行で時間も指定されていますが、ここでは紹介できなかったワイナリーも入ったコースを観光でき、おすすめです。

東京の新宿から高速バスを使ってワイナリー巡り!

東京観光で山梨のワイナリー巡りを予定するなら、高速バスがおすすめです。新宿駅から直接高速バスに乗って一気に勝沼まで行くことができます。

運行会社は、京王バス、富士急、山梨交通の3社による共同運行です。詳しく運行時間などを知りたい場合、電話で問い合わせましょう。

山梨の勝沼でワイナリー巡りをしよう!

ぶどうの郷、山梨の勝沼には、ワイナリーがたくさんあります。試飲ができるワイナリーもあれば、レストラン併設のワイナリーもあります。そんなワイナリー巡りは山梨観光におすすめです。また東京観光でもおすすめです。他の周辺の県へ訪れた時も、山梨のワイナリー巡りはおすすめです。

関連記事

Original
この記事のライター
しい