トミーズの「あん食パン」は神戸名物!おすすめの食べ方も紹介!

神戸の老舗パン屋『トミーズ』の「あん食パン」。小さい頃から食べていたという人もたくさんいらっしゃる『トミーズ』の「あん食パン」の情報として、おすすめの食べ方、購入場所から『トミーズ』の「あん食パン」以外のおすすめのパンまでご紹介します。

トミーズの「あん食パン」は神戸名物!おすすめの食べ方も紹介!のイメージ

目次

  1. 1神戸で有名な『トミーズ』のあん食パン
  2. 2『トミーズ』とはどんなお店?
  3. 3トミーズ名物「あん食パン」!
  4. 4トミーズの「あん食パン」おすすめの食べ方は?
  5. 5トミーズの「あん食パン」の種類は
  6. 6トミーズの「あん食パン」以外のメニューでおすすめは?
  7. 7トミーズの「あん食パン」はどこで買える?
  8. 8あん食パンを購入するときに知っておきたいこと
  9. 9トミーズの「あん食パン」は神戸土産におすすめ

神戸で有名な『トミーズ』のあん食パン

神戸で、『あん食パンってご存知ですか?』と尋ねると誰しも『トミーズ』と答えるほど、有名な『トミーズ』のあん食パン。パンの激戦区である神戸で、創業40年以上を誇る『トミーズ』は、神戸の有名なパン屋の一つです。今回は、『トミーズ』のあん食パンの情報をまとめてご紹介しましょう。

Thumb神戸のパン屋めぐり人気ランキングTOP21!イートインもおすすめ!
関西のおしゃれ地区神戸にはパン屋の名店がたくさん揃うエリアとして大注目なスポットです。パン屋...
Thumb元町のパン屋おすすめ11選!神戸のおしゃれエリアの美味しい店を紹介!
神戸・元町には、新進気鋭のパン屋からカフェのようなイートインを併設したパン屋、そして、老舗パ...

『トミーズ』とはどんなお店?

『あん食パン』が名刺がわりと言っても過言ではない、『トミーズ』なのですが、どのようなお店かご存知でしょうか。『トミーズ』は、神戸の老舗のパン屋で、『あん食パン』だけでなく、食パンやロールケーキ、そして、バスケット、ロールパンなども販売しています。

神戸で人気の老舗店!

『トミーズ』は、神戸で人気の老舗店なのです。1977年に神戸で創業して以来、40年以上神戸の地元の人に愛されているパン屋です。あん食パンを中心に、食パンやバスケットなど、日常のあらゆるシーンで食べることができ、お土産として購入する人もたくさんいらっしゃいます。

神戸に4店舗

『トミーズ』は、神戸を中心に4店舗あります。「三宮店」と「三宮東店」は、神戸の中心である三宮の近くにあります。『トミーズ』の本店は、東灘区の「魚崎本店」に構えており、隣の灘区に「六甲道店」があります。多くの人が利用するのが、三宮にある2店舗となります。

トミーズ名物「あん食パン」!

神戸の老舗パン屋である『トミーズ』を代表するメロンパンでも、あんぱんでも、カレーパンでも、クロワッサンでもありません。『トミーズ』を代表するパンは、「あん食パン」なのです。「あん食パン」と聞くとどのようなパンなのかわからない人もいらっしゃるでしょう。

長い間愛されてきた逸品

『トミーズ』の「あん食パン」は、かなりの長い年月、愛され続けてきた『トミーズ』の逸品なのです。神戸市内で「あん食パン」について聞くと、たくさんの人が子供の頃から食べていると答えるでしょう。

「あん食パン」は、『トミーズ』が日本人好みのお味に仕上げており、小さい子供からお年寄りまで幅広い世代の人から人気を集めています。「あん食パン」で育ったという人もたくさんいらっしゃる神戸では定番のパンなのです。

あんこがずっしり!幸せな気分になれるパン

「あん食パン」は、あんぱんみたいに、食パンにあんこがサンドされているものだろうかと考える人もいらっしゃるでしょう。「あん食パン」は、あんぱんとは違い、あんこがずっしりと練りこまれている食パンなのです。

「あん食パン」は、北海道で採れた粒あんを生クリームが入っているふんわりとしたクリーミーな味わいのパンの生地に混ぜ合わせた新感覚の食パンです。食べると幸せな気分になれると評判のパンで、幅広い世代に愛されています。

トミーズの「あん食パン」おすすめの食べ方は?

あんこがたっぷりと練りこまれている食パンということは、そのまま食べることができるのではないかと考える人もたくさんいらっしゃるでしょう。もちろん、『トミーズ』の「あん食パン」は、そのままでも食べることができます。

しかし、長い年月の間、たくさんの神戸の人が食べてきており、美味しい食べ方というものも考えられてきました。続いては、『トミーズ』の「あん食パン」のおすすめの食べ方として、3つのおすすめの食べ方をご紹介しましょう。

トーストで焼き上げよう!

まず最初にご紹介する『トミーズ』の「あん食パン」のおすすめの食べ方は、トーストで焼き上げることです。トーストで焼き上げると練りこまれたあんこが美味しくなくなるのではと心配される方もいらっしゃるでしょう。

実は、「あん食パン」は、180度以上にしたトースターで焼き上げると美味しいと言われています。というのも、「あん食パン」の外側はカリッとするのですが、中はモチっとする食感を楽しむことができるからです。

たっぷりとあんこが練りこまれているのですが、その時に、生クリームも使っているので、甘い優しい味となるのです。あんこの味もしっかりと残っているので、ぜひトーストして食べてみることをおすすめします。

「あん食パン」にたっぷりのバターを

次にご紹介する『トミーズ』の「あん食パン」のおすすめの食べ方は、たっぷりのバターを塗って食べることです。たっぷりのバターを塗って食べる食べ方ですが、そのまま、「あん食パン」にバターを塗って食べるということではありません。

最初にご紹介したおすすめの食べ方のトーストした「あん食パン」にバターをたっぷり塗って食べるということです。喫茶店でも提供されるような、トーストにあんこを乗せて食べるのと同じような味わいとなります。

また、バター以外にもジャムをジャムを塗って食べるのもおすすめです。「あん食パン」持っている元々の甘さに甘さを加える形になるのですが、甘党の人にはおすすめの食べ方でもあります。

スティック状にしても◎

「あん食パン」をスティック状にして食べるのもおすすめの食べ方の一つです。というのも、あんこが食パンに練りこまれているので、どの部分を食べても美味しく食べることができるからです。

また、1枚を食べると子供がお腹いっぱいになってしまうこともあるので、おやつとして出しにくいと考える親御さんもいらっしゃいます。スティック状にすることで、子供がお腹いっぱいになるのを防ぐことができるとも言われています。

また、大人も1枚は食べれないけれど、少し食べたいという人もいらしゃるでしょう。その時に、スティック状にしておくと気軽につまむことができるので、おすすめの食べ方として人気があります。

トミーズの「あん食パン」の種類は

『トミーズ』の「あん食パン」は、あんこだけしかないのではと思っている人もいらっしゃるでしょう。「あん食パン」の一番人気は、もちろん、あんこです。しかし、『トミーズ』の「あん食パン」は、時代と共に、新しい味も出てきているのです。

続いては、『トミーズ』が販売している「あん食パン」の中で、あんこ味以外の「あん食パン」として、大人に人気の「抹茶あん食」とくるみがたっぷり入った「くるみあん食」の2つの「あん食パン」についてご紹介していきましょう。

抹茶あん食

「抹茶あん食」は、抹茶の生地と食パンの生地に、北海道で採れた「あん食パン」でも使われている粒あんと京都の丹波で採れた黒豆を混ぜ合わせています。「抹茶あん食」は、甘すぎないけれど、苦くもないという大人の贅沢な味わいとなっています。

「抹茶あん食」は、子供よりも大人を中心に人気があり、小さい頃から「あん食パン」を食べてきて大人になって、「抹茶あん食」を食べているという人もたくさんいらっしゃいます。

『トミーズ』の各店舗はもちろん、オンラインでも購入することができる「抹茶あん食」は、子供よりも、特に、大人がちょっと小腹が空いたときに食べるのにおすすめの「あん食パン」です。

くるみあん色

オリジナルの「あん食パン」、そして、大人に人気の「抹茶あん食」だけでなく、「くるみあん食」もあります。「くるみあん食」は、食パンの生地にたっぷりと含まれた粒あんに、砕いたくるみが入っているあん食なります。

通常のあん食パンよりも甘さが控えめとなっているので、甘いのが苦手な人も食べることができると評判の「くるみあん食」です。「あん食パン」は甘いので、ちょっと甘さ控えめのあん食が食べたいときにおすすめです。

トミーズの「あん食パン」以外のメニューでおすすめは?

神戸の老舗のパン屋である『トミーズ』は、「あん食パン」で有名です。しかし、パン屋ということなら、「あん食パン」以外にもおすすめのパンはあるのではと思う人もいらっしゃるでしょう。

今回、『トミーズ』のおすすめメニューとして、揚げパンとカスタードの組み合わせの「クリームフライ」、お餅のような「もちもちスティック」、明太子とレンコンが良いと人気の「れんこん明太」、そして、濃厚ミルクの「ハイミルク」の4つをご紹介します。

「クリームフライ」

最初にご紹介する『トミーズ』で販売している「あん食パン」以外のおすすめメニューは、「クリームフライ」です。「クリームフライ」は、揚げパンとコクのあるカスタードが絶妙と人気のメニューとなっています。

「クリームフライ」は、揚げパンの中にカスタードクリームが入っており、昔懐かしい味がすると中高年の人たちに人気があります。値段も高くないので、ぜひチェックしておきたいおすすめのメニューです。

「もちもちスティック」

続いてご紹介する『トミーズ』で販売している「あん食パン」以外のおすすめメニューは、「もちもちスティック」です。「もちもちスティック」は、お餅のようなもちもちとした食感が人気で、幅広い世代に愛されているメニューです。

「もちもちスティック」の味の決め手は、ゴマと言われています。というのも、ゴマの風味がしっかりと効いており、さっぱりとした味わいとなっているからです。気づくと食べ過ぎてしまうと評判なので、食べるときは注意しましょう。

「れんこん明太」

「れんこん明太」も『トミーズ』で販売している「あん食パン」以外のおすすめメニューの一つです。「れんこん明太」は、明太子とマヨネーズに、レンコンが入っているパンで、レンコンの食感がたまらないと人気のパンとなっています。

他のパン屋でもよく見かけるであろう「明太フランス」と違い、バスケットのような硬いパンではなく、柔らかい中にある、シャキッとした食感を楽しむことができるからです。食べておきたいおすすめのパンなので、『トミーズ』を訪れたらチェックしましょう。

「ハイミルク」

最後にご紹介する『トミーズ』で販売している「あん食パン」以外のおすすめメニューは、「ハイミルク」です。「ハイミルク」は、あん食と同じような食パンタイプなのですが、中にあんこは含んでいません。

「ハイミルク」には、北海道で作られたミルクバターがたっぷりと含まれているミルクシートと濃厚な生クリームを生地に練りこんでじっくりと焼き上げています。普通の食パンよりも甘いと評判で、特に子供から人気があります。

いつもとは違った食パンを食べたいというときに購入する人がたくさんいらっしゃる「ハイミルク」。餡子の甘さではなく、素材の甘さを感じることができるので、ぜひチェックしておきたいおすすめのパンです。

トミーズの「あん食パン」はどこで買える?

『トミーズ』の「あん食パン」を食べてみたいと思う人もたくさんいらっしゃるでしょう。『トミーズ』の「あん食パン」は、店舗での購入、兵庫県内の銀ビルストアー、そして、オンラインという3つの購入方法があります。では、「あん食パン」の購入方法を見ていきましょう。

店舗で購入

『トミーズ』は、神戸市内に4つの店舗を構えています。本店は、東灘区の魚崎に構えており、他にも、神戸の中心である三ノ宮に2店舗、そして、灘区の六甲道にも店舗を構えています。お土産として購入するならば、三ノ宮の店舗が朝から夜まで営業しているので、おすすめでしょう。

銀ビルストアーで

兵庫県の東エリア・姫路などに展開しているスーパーの銀ビルストアーでも「あん食パン」を購入することができます。銀ビルストアーでは、毎週金曜日のみ「あん食パン」を販売しています。味は、通常のあん食のみとなっています。三ノ宮方面へ行けないという姫路エリアに住んでいる人は、ぜひチェックしておきましょう。

通販は公式WEBストアー&楽天で

『トミーズ』の「あん食パン」は、オンラインでも購入することができます。オンラインでは、『トミーズ』の公式ホームページ内にあるオンラインストア、そして、楽天でも取り扱っています。

「あん食パン」の値段は、店舗でもオンラインでも同じ料金となります。ただし、オンラインでは、配送料金が必要となります。安いオンラインショップだと216円からとなっているので、ぜひチェックしてみることをおすすめします。

あん食パンを購入するときに知っておきたいこと

初めて、「あん食パン」を購入するときに気になるのが、『賞味期限』と『送られてくるあん食パンの状態』でしょう。続いては、「あん食パン」を購入するときに気になるこの二つのことについて、情報をまとめてご紹介しましょう。

まずは、「あん食パン」の『賞味期限』です。「あん食パン」の『賞味期限』は、製造日を含めて4日となります。また、『賞味期限』内にスライスして、冷凍保存をすると1ヶ月は美味しく食べることができます。

また、『送られてくるあん食パンの状態』ですが、1片ごとに袋に包装されて送られてきます。「あん食パン」のスライスして送るというサービスは行なっていないので、ご自身でスライス作業はするようにしましょう。

トミーズの「あん食パン」は神戸土産におすすめ

パンの激戦区として知られる神戸の老舗パン屋である『トミーズ』の「あん食パン」。昔から愛されている味で、幅広い世代に人気があります。お土産として「あん食パン」を購入する人もたくさんいらっしゃいます。今度の週末にでも、ご家族へのお土産に購入されてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
daiking

新着一覧

最近公開されたまとめ