笹一酒造は山梨の人気酒造!おすすめワインや見学の見どころをリサーチ!

山梨県にある「笹一酒造」は日本酒はもちろん、ワインや焼酎なども製造している老舗の酒造です。そんな「笹一酒造」について、工場の見学や日本酒・ワインの購入などのおすすめの見どころとともに営業時間などもご紹介していきますので、参考にしてください。

笹一酒造は山梨の人気酒造!おすすめワインや見学の見どころをリサーチ!のイメージ

目次

  1. 1山梨の老舗酒蔵・笹一酒造を詳しくご紹介!
  2. 2笹一酒造の歴史と名前の由来
  3. 3笹一酒造のおすすめ日本酒
  4. 4ワインもおすすめ!見学後は試飲ができる「酒遊館」へ
  5. 5笹一酒造の銘酒が堪能できる「割烹 笹一」もおすすめ!
  6. 6笹一酒造のイベントは毎年3月と11月!
  7. 7笹一酒造の営業時間とアクセス
  8. 8笹一酒造でお気に入りのお酒を見つけよう!

山梨の老舗酒蔵・笹一酒造を詳しくご紹介!

山梨県にある老舗酒造「笹一酒造」は、日本酒やワイン、焼酎などを製造しています。笹一酒造では工場の見学ができたり、併設する「酒遊館」では日本酒やワインなどの試飲や購入が楽しめるなど、見どころがたくさんそろっています。笹一酒造でおすすめの見どころや営業時間などをご紹介します。

Thumb大月の観光名所を完全ガイド!おすすめグルメや穴場スポットも一挙紹介!
山梨県大月市は自然に囲まれた場所となっており、美しい景色が見られる多くの観光スポットがありま...

笹一酒造の歴史と名前の由来

「笹一酒造」は、1661年に「花田屋」として創業したのち、1919年(大正8年)に「笹一酒造」に改名した老舗の酒造です。1990年(平成2年)には大量生産の方式を用いましたが、品質の低下などがあったため2013年度を最後に方式をあらため、量よりも質を向上したお酒造りをおこなっています。

また、笹一酒造では日本酒だけではなく、ワインやリキュール、焼酎なども製造しています。製造の様子を工場見学をしたり、併設されている「酒遊館」で日本酒やワインなどの試飲をする事もできます。

笹一酒造の名前の由来

「笹一酒造」は、酒を意味する「笹」と、日本一の「一」が名前の由来となっています。また、笹一酒造は大正8年に創業した事から、縁起の良い数字の「8」にちなんで、笹一の文字の周りに八咫の鏡を縁取ったものとなっています。笹一酒造のマークは製品のラベルや蓋に描かれているので、確認してみてください。

笹一酒造のおすすめ日本酒

笹一酒造の日本酒「笹一」は、富士を起点とし、御前水と呼ばれる自家井戸の水と、地元で栽培されたお酒造りに適したお米の山田錦・夢山水を使って手作りをしています。

洗米・蒸米といった最初の工程から、麹作り・酒母作りなどにもこだわり、老舗酒造ならではの伝統や文化を活かした酒造りをおこなっています。そんな笹一酒造のおすすめの日本酒をご紹介します。

材料と工程にこだわった日本酒「笹一」

「特撰 純米大吟醸 笹一」は35パーセントまで精米した山田錦を使い、低温長期発酵した日本酒で、上質な香りと旨み、余韻を楽しむ事ができます。「純米大吟醸 笹一」は、48パーセントまで精米した夢山水を使って低温長期発酵した日本酒で、米の旨味や柑橘系の香りと酸味が楽しめます。

「純米吟醸 笹一」は精米歩合が55パーセントで、米の甘みや吟醸香りが楽しめます。「純米 笹一」は精米歩合が60パーセントで、滑らかな口当たりと澄んだ香りが楽しめます。

「山廃純米 笹一」は精米歩合60パーセントの米を山廃仕込みで酒母を造り、9号系酵母で低温発酵した日本酒で、自然な旨みや香りが楽しめます。「純米 笹一 夢山水」は精米歩合60パーセントの地元産の夢山水を使った日本酒で、夢山水ならではの上品な香りや旨みが楽しめます。

特約店のみ買える新酒「旦」

笹一酒造の新ブランド「旦」(DAN)は上質な素材を使うのはもちろん、製造方法にもこだわって造りあげた日本酒で、特約店のみ限定で販売をおこなっています。伝統的な製法をもちいたり、高品質を保つために最新式の機械を取り入れたりして、伝統技術と最新技術のそれぞれの良いところを活用しながら造られた日本酒となっています。

工場見学もおすすめ!

笹一酒造では、工場見学をする事もできます。午前10時から午後4時30分まで30分ごとに開催されていて「酒遊館」で受付をすれば無料で見学に参加する事ができます。工場見学では、精米所などの見学やお酒を造る工程などの説明を聞く事ができます。

笹一酒造の工場見学は旅行会社のツアーにもなっているので、多くのお客さんが見学に訪れる場合もあります。ゆったりと見学を楽しみたい場合には事前に問い合わせをしてみてください。

ワインもおすすめ!見学後は試飲ができる「酒遊館」へ

「酒遊館」は笹一酒造の敷地内にある施設で、笹一酒造で造られたお酒の販売や試飲をおこなっています。笹一酒造の工場を見学してお酒造りについて学んだあとにおすすめの施設です。

酒遊館で販売しているお酒は、日本酒はもちろん、ワイン、焼酎、うめ酒などさまざまな種類のお酒がそろっています。試飲もできるので、気になるお酒があったら試飲してみて、お気に入りをさがしてみるのもおすすめです。

お酒以外にも山梨ならではのお土産もそろっているので、お土産の購入もできます。さらに、日本酒を美味しくいただきたい時におすすめの猪口や徳利、和食器などの骨董品も販売しているので、あわせて楽しめます。

また、「酒遊館」には食事処もあります。「本日の酒」という、笹一酒造のお酒を楽しめるメニューもあるので、試飲だけでは足りないという人はぜひ立ち寄ってみてください。また、「蔵元謹製 甘酒」や「蔵元特製 吟醸ソフトクリーム」もあるので、休憩をしたい時にもおすすめです。

そのほかにも、「かけ、山菜、とろろ、きつね、天ぷら」といったそば・うどんや、「ラーメン、つけ麺、カレーライス」などの食事メニューもそろっています。注文した品をカウンターで受け取るセルフのスタイルで、気軽に利用しやすい雰囲気となっています。

バスツアーもおすすめ!

笹一酒造は日本酒やワインなどさまざまなお酒を試飲してから購入したり、食事処でのお酒が楽しめる、お酒が好きな人に人気のスポットです。駐車場もあるので車でもアクセスしやすいのですが、自分が運転手の場合はせっかくの試飲が楽しめません。

せっかく訪問したなら、お酒を飲んで堪能したいという人には、「バスツアー」がおすすめです。バスツアーでは、笹一酒造の工場見学と酒遊館でのお酒の試飲や購入、食事が楽しめます。また、周辺の酒造会社をあわせてめぐるツアーなどもあり、お酒を心ゆくまで堪能する事ができます。

笹一酒造をめぐるバスツアーは、各社からさまざまなプランが出ているので、好みにあわせて選んでみてください。

住所 山梨県大月市笹子町吉久保26
電話番号 0554-25-2008

オンラインストアもおすすめ!

酒遊館で販売しているお酒は、オンラインストアでも購入する事ができます。笹一酒造まで遠くて行けない場合や、笹一酒造で購入して気に入ったお酒を再度、購入したい場合におすすめです。オンラインストアには、日本酒・ワイン・焼酎・うめ酒などさまざまな商品がそろっています。

オンラインストアの商品は、笹一酒造のホームページや電話、FAXで注文する事ができます。気軽に利用できますがトラブル防止のためにも、商品の価格以外にも、送料や支払方法、返品方法などをしっかりと確認してから注文をしましょう。

Thumb山梨のおすすめワイン厳選ランキング!工場見学や試飲で名産品を飲み比べよう!
山梨の名産品といえば「ぶどう」ですが、そんなぶどうから作られる「山梨ワイン」も名産品として注...

笹一酒造の銘酒が堪能できる「割烹 笹一」もおすすめ!

山梨県富士吉田市にある「割烹 笹一」は、食事との相性を重視して作られた笹一酒造の日本酒をゆったりといただきたい際におすすめのお店です。日本酒のほかにもワインや焼酎などもそろっていて、美味しいお料理とともに楽しめます。「割烹 笹一」について、お料理メニューや飲み物メニュー、営業時間などについてご紹介します。

「割烹 笹一」の歴史

「割烹 笹一」は、笹一酒造の食堂として1934年(昭和9年)に「笹一食堂」を出店したのがはじまりです。1957年(昭和32年)に笹一酒造から独立したのち、1991年(平成3年)に現在の店名となる「割烹 笹一」に改称しました。2008年(平成20年)に現在の場所に移転し、今に至ります。

おすすめの料理メニュー

「割烹 笹一」の料理は、旬の食材を使って丁寧に作られたメニューがそろっています。「会席コース」は3種類、「しゃぶしゃぶコース」は2種類のメニューがあります。「会席コース・山ぼうし」は、先付・前菜・お造り・煮物・焼物・酢の物・吉田のうどん又はお蕎麦・甘味が付いて3650円(税別)です。

「会席コース・花いかだ」は、先付・前菜・お椀・お造り・煮物・焼物・酢の物・吉田のうどん又はお蕎麦又は御飯・甘物で5000円(税別)です。「会席コース・富士桜」は先ほどの花いかだのコース内容に強肴が付いて7000円(税別)となっています。

「和豚しゃぶしゃぶコース」は、前菜・特選和豚・野菜一式・うどん又は御飯・甘味で3500円(税別)です。「特選和牛しゃぶしゃぶコース」は、前菜・特選和牛・野菜一式・うどん又は御飯・甘味で4500円(税別)となっています。

おすすめの飲み物メニュー

飲み物メニューは、笹一酒造で造られたものがたくさんそろっています。中でも笹一の日本酒は料理にあうように造られているので、好みにあわせて選んで美味しい料理とともにお楽しみください。

日本酒は、笹一の「甲州仕込み、本醸造辛口、生冷酒、生原酒」のほかに、笹一の新ブランド・旦の「純米酒、山廃純米、山廃純米吟醸、純米大吟醸」がそろっています。焼酎は、笹一の「麦焼酎 影武者、芋焼酎 木火土金水」があり、水割り・お湯割り・ロック・緑茶割り・烏龍茶割りで楽しめます。

笹一の「甲州にごり梅酒」はストレート・ロック・ソーダ割りがそろっています。ワインは笹一の「赤 熊之原シラー&メルロー、白 甲州シュールリー」などがそろっています。このほかにもビールやノンアルコール、ソフトドリンクもそろっています。

営業時間・定休日とアクセス方法

「割烹 笹一」の営業時間は午後5時からとなっています。ランチは事前の予約のみ受け付けているので、お店に確認してみてください。

定休日は水曜日ですが、祝日の場合は営業したり、営業時間が変更になる場合があります。また、前日までに予約が入っていない場合には臨時休業となる事もあるので、お店を利用したい場合は事前に予約をしておくのがおすすめです。

「割烹 笹一」の最寄り駅は富士急行「富士急ハイランド駅」で、駅からは徒歩6分ほどの場所にあります。バスの場合は、富士吉田市バス タウンスニーカーの熊穴・新倉循環「剣丸尾」バス停から徒歩3分ほど、「地蔵堂前」または「警察署前」からは徒歩5分ほどとなっています。

住所 山梨県富士吉田市新西原3-16-1
電話番号 0555-20-0331

Thumb山梨のワイナリーでおすすめは?見学やランチが楽しめる人気スポットを厳選!
山梨の名産物といえば「山梨ワイン」。日本を代表するワインの名産地である山梨で、ワイナリー巡り...

笹一酒造のイベントは毎年3月と11月!

笹一酒造では、毎年3月に「ささいちの日」が、毎年11月には「笹一酒造新酒フェア」のイベントが開催されています。どちらのイベントも試飲をする場合は有料となりますが、入場は無料となっているので気軽に参加できるイベントとなっています。イベントが開催される詳しい日時はホームページに掲載されるので、訪問前に確認してみてください。

3月開催「ささいちの日」

「ささいちの日」は、語呂合わせで「ささいち」となる3月31日にあわせて開催されるイベントです。期間は3月31日を含む1週間ほどで、時間は午前9時30分から午後5時30分(最終日は午後4時)までとなっています。初蔵出しの限定酒の販売や有料で限定酒の試飲、2000円ごとの購入で抽選会に参加といったイベントをおこなっています。

11月開催「笹一酒造新酒フェア」

「笹一酒造新酒フェア」は、11月中旬ころに開催されるイベントです。11月の第2土曜日・日曜日には「新酒まつり」が開催され、利き酒コンテストやお買い物抽選会、大道芸などのイベントがおこなわれます。

新酒まつりの開催時間は、第2土曜日は午前9時から午後4時30分まで(受付終了は午後4時)で、第2日曜日は午前9時から午後4時まで(受付終了は午後3時30分)となっています。

11月の第3土曜日・日曜日には「笹子宿骨董市」が開催されます。開催時間の設定はないので、営業時間内に訪問してみてください。どちらのイベントも入場は無料です。

笹一酒造の営業時間とアクセス

笹一酒造の営業時間は午前8時30分から午後5時30分までとなっています。工場見学は午前10時から午後4時30分までで、工場の休業日は土曜日・日曜日・祝日です。酒遊館の営業時間は午前9時から午後5時30分までとなっています。

笹一酒造へのアクセスは、JR中央線「笹子駅」から徒歩5分ほどです。車の場合は、中央自動車道「大月インターチェンジ」から15分ほど、「勝沼インターチェンジ」からは17分ほどとなっています。駐車場は普通車10台分、大型バス10台分です。

最寄りのインターからも比較的近く、駐車場もあるので車でもアクセスしやすいのですが、試飲を楽しみたい場合にはお酒を飲まない運転手と同行するなどして、飲酒運転をしないようにお気を付けください。

住所 山梨県大月市笹子町吉久保26

笹一酒造でお気に入りのお酒を見つけよう!

山梨県にある「笹一酒造」についておすすめの見どころや営業時間などをご紹介してきましたが、魅力は伝わりましたか?笹一酒造では日本酒やワインなどを試飲してから購入する事ができるので、試飲をしてお気に入りの味があったらぜひ購入してみてください。

今回ご紹介した「笹一酒造」や「酒遊館」、「割烹 笹一」の営業時間など情報については今後、変更になる場合もあるのでお気を付けください。

関連記事

Original
この記事のライター
mayuge

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ