定山渓の足湯情報まとめ!無料で楽しめるおすすめの穴場スポットも紹介!

北海道にある定山渓は豊富な種類の足湯を楽しめることが魅力のスポットです。そのほかにも手湯なども楽しめるのでおすすめです。今回は北海道にある定山渓なる無料で楽しめる場所だけでなく穴場の足湯スポットをまとめて紹介していきます。

定山渓の足湯情報まとめ!無料で楽しめるおすすめの穴場スポットも紹介!のイメージ

目次

  1. 1北海道を代表する温泉スポット「定山渓」の足湯
  2. 2定山渓の無料で楽しめる足湯スポット
  3. 3有料だけど人気の高い「心の里 定山」の足湯
  4. 4足湯だけじゃない!おすすめの「手湯」スポット
  5. 5定山渓までのアクセス方法
  6. 6定山渓までバスでアクセスする方法
  7. 7定山渓はこんな人におすすめ!
  8. 8定山渓の足湯を楽しもう!

北海道を代表する温泉スポット「定山渓」の足湯

北海道と言えば日本にある都市のなかでも、グルメから観光まで色んな楽しみ方ができる人気スポットのひとつです。そのなかでも特に人気が高い場所のひとつとして有名なのが、定山渓です。こちらは足湯や手湯といった気軽に利用できる無料スポットなどをはじめたくさんの温泉があることで有名です。今回は、そんな定山渓の魅力を紹介します。

定山渓温泉について

定山渓温泉は、北海道にある人気が高い温泉地のひとつです。足湯や手湯といった色んな種類の温泉があることから、気軽に現地の温泉を楽しむことができるのが人気の理由のひとつです。また、場所によってはカフェなども併設されていることから、温泉だけでなく食事も一緒に楽しめるスポットであることが特徴です。

足湯の種類が豊富なスポット

北海道にある温泉地のなかでも定山渓は、なんといっても足湯の種類が豊富であることが特徴として挙げられます。無料で利用できる場所だけでなく、有料で利用できる施設などにおいては8種類もの足湯から好きなところを利用することができます。

そのため、温泉街としてぶらぶら歩きながら色んな温泉を楽しむことができる点がおすすめのスポットとなっています。温泉好きの間では有名なスポットのひとつでもあります。

しっかり準備して「足湯」を楽しもう!

北海道にある定山渓は無料や有料関係なく色んな足湯が多い人気のスポットです。もし利用するのであれば、あらかじめタオルを準備しておきましょう。スポット内によってはタオルを販売していることもありますが、用意されていないところが多いので、濡れた足を拭けるようにあらかじめ準備しておきましょう。

また足湯は、素足で利用するのがルールとなっています。そういったことから、ストッキングなどその場で着脱しにくいものは身に着けないようにしてください。できるだけ素足になりやすく、濡れにくい服装にしましょう。

定山渓の無料で楽しめる足湯スポット

北海道の定山渓は、先に触れたように魅力的な足湯スポットが豊富であることがおすすめです。そのなかには無料で利用できるところもあるので、その場でふらりと立ち寄ることができます。そのなかでも特におすすめの無料で利用できる足湯スポットを紹介していきます。

国道沿いにある足湯スポット「足のふれあい太郎の湯」

定山渓の無料で楽しめる足湯スポットの1つ目として紹介するのが、「足のふれあい太郎の湯」です。こちらは定山渓にある温泉街の入口からすぐにあるスポットなので、現地に馴染みがない人も立ち寄りやすい点がおすすめです。また、15人以上が楽しめるゆったりとした広さを持っているので、大人数でも利用できます。

雨天でも利用しやすい

足のふれあい太郎の湯が人気が高い理由のひとつとして、足湯には天井があることから雨天でも濡れることなく利用することができます。見た目もモダンでお洒落なので、ゆったりと足湯を楽しみたい人におすすめです。

また、こちらの足湯スポットでは200円でタオルが販売しているので、観光途中にふらりと足湯に浸かりたい人にもおすすめです。

温泉卵も楽しめる大きめの足湯スポット「定山源泉公園」

定山渓の無料で楽しめる足湯スポットの2つ目として紹介するのが、「定山源泉公園」です。定山源泉公園は定山渓温泉街の中心部周辺にある足湯スポットとなっています。実は定山渓温泉を誕生させた修験僧の生誕を記念してつくられたスポットとなっており、観光地としてもおすすめです。

エリア内には無料で利用できる足湯以外にも手湯など温泉の種類が充実しているので、観光しながら温泉を利用できる点が魅力です。

温泉卵をつくろう!

定山源泉公園は無料で足湯や手湯を利用できる以外にも、「おんたまの湯」というスポットでは温泉卵をつくることができます。80度以上もあると言われている源泉でつくった温泉卵はその場で美味しく食べることもできるので、子供連れも楽しく利用できるスポットとなっています。

小石の刺激で健康な体に!「足つぼの湯」

定山渓の無料で楽しめる足湯スポットの3つ目として紹介するのが、「足つぼの湯」です。こちらはその名前のとおり、湯船の底には突起のある小石が配置されていることが特徴で、温泉につかるとその小石が足つぼを刺激してくれます。そういったことから、健康にも良いと人気が高いスポットです。

また、定山渓内には幾つか温泉がありますがそのなかでも温度が高いことが特徴として挙げられます。近くには温度を調整するための冷水が出るホースが配置されているので、熱いのが得意じゃない人も利用できるのでおすすめです。

定山渓内において最古の温泉スポット!

足つぼの湯は、温泉の熱と小石によって健康的な効果を期待できる温泉であるだけでなく、定山渓内にある温泉のなかでも最も古い歴史を持っている温泉とも言われています。そういったことから、現地の歴史を感じたい人にもおすすめです。

入浴場所には天井が設置されているので、天候に左右されることなくゆったりと足湯を利用できる点もおすすめの無料スポットです。

有料だけど人気の高い「心の里 定山」の足湯

北海道にある定山渓には無料で利用できる温泉以外にも有料の「心の里定山」は特に人気が高いスポットとなっています。なんといってもちゃんとした温泉施設となっているので、温泉を楽しむだけでなく自然のなかで併設されているカフェなどでまったりと食事をすることもできます。

もちろん魅力はカフェだけでなく、なんといっても心の里定山には8種類からなる足湯がありことが人気で、温度の違いをはじめ色んな足湯を楽しむことができます。また、場所によっては天井がついている場所もあるので、天候に関係なく利用できるのもおすすめです。

茶菓子&飲み物も楽しめるのでカフェとしても最適!

心の里定山は温泉以外にも人気が高いのが、併設されているカフェです。こちらのカフェでは手作りクッキーやパウンドケーキをはじめとしたお菓子から、コーヒーや紅茶、ハーブティーといった豊富な種類のドリンクを楽しむことができます。

基本的にカフェで利用できるメニューは利用料金に含まれているので、スムーズに飲食を楽しめるのも人気です。

施設内にはライブラリーも!

心の里定山には、カフェ以外にも自然専門書の図書館があることから本好きにもおすすめしたい場所となってます。蔵書は800冊以上と温泉施設でありながら種類が豊富なので、カフェで楽しむだけでなく、本を読みながらゆったりと時間を過ごす場所としてもおすすめです。

またそのほかにもオイルマッサージなどのサービスを提供しているので、色んな楽しみ方ができる施設としても人気が高い場所となっています。

「心の里 定山」の詳細情報

心の里定山の営業時間は朝の10時から夜の18時となっているため、早めに利用するとゆったりと時間を過ごせるのでおすすめです。利用料金は、大人が1500円となっています。この料金には、先に紹介したカフェで利用できるお菓子やドリンクの料金込みとなっています。

基本的に小学生以下の利用はできませんので、注意してください。また、エリア内を散策するだけならば無料で入場することができます。基本的にカフェも含めて年中無休で営業しているので、いつでも利用できるのも魅力です。

アクセス方法は?

心の里定山に行くには、車とバスでアクセスする方法があります。車でアクセスする場合は、札幌中心部から国道230号経由で進んでいくと到着です。移動時間は約1時間程度となっています。バスでアクセスする場合は、じょうてつバスを利用して最寄りのバス停である「定山渓湯の町」で下車して2分ほど歩いていくと到着です。

足湯だけじゃない!おすすめの「手湯」スポット

北海道の定山渓には魅力的な足湯以外にも、手湯が利用できるスポットも豊富にあることが有名です。足湯とは違ってさらに気軽に利用することができるだけでなく場所によってが願掛けをすることができる場所もあります。そういったことから、観光目的の利用もおすすめです。

願い事も叶うかも?「かっぱ家族の願掛け手湯」

定山渓内にあるおすすめの手湯スポットの1つ目として紹介するのが、「かっぱ家族の願掛け手湯」です。こちらは昔から定山渓内にあるスポットのひとつですが、2016年に新たにリニューアルされています。その名前のとおり、かっぱの家族の像が建てられている見た目も可愛らしいスポットとなっています。

願掛けでご利益を得よう!

かっぱ家族の願掛け手湯は、その名前のとおり願掛けすることでご利益を得ることができるパワースポットとなっています。そのやり方としてはかっぱの頭部にある皿にお湯を注ぐと、口から出てくる仕掛けになっていますので、そのお湯で手を清めてください。

そのあと、二見公園にあるかっぱ大王がある方角に身体を向けて「オン・カッパヤ・ウンケン・ソワカ」という呪文を三回唱えて、願掛けを行います。そうすることで、願い事が叶うと言われているので、利用する際はぜひ願掛けを行ってみて下さい。

意外と穴場?「翠山亭」の「法泉の湯」

定山渓内にあるおすすめの手湯スポットの2つ目として紹介するのが、「翠山亭」の「法泉の湯」です。こちらは宿泊施設である翠山亭の前にあるスポットとなっており、温泉街から少し離れていることから知る人ぞ知るスポットとなっています。

そういったことから、エリア内にある手湯を全制覇したい人やあまり混んでいない場所で手湯を利用したい人におすすめです。

翠山亭内には同名の貸切風呂も!

翠山亭は宿泊施設であることから、本館の七階にも「法泉乃湯」という名前の温泉があります。こちらは手湯ではなく、貸切の露天風呂となっておりゆったりと温泉を楽しみたい人におすすめです。手湯を利用するだけでなく、観光目的の宿泊利用にも最適なスポットです。

定山渓までのアクセス方法

北海道にある定山渓へアクセスする場合は、車とバスの二種類があります。バスは空港からの直行便が出ているのでそちらを利用することで現地へ到着することができます。直行なので、現地に馴染みがない人も迷うことなく到着できるのでおすすめです。

車でアクセスする場合は、道央自動車道と国道230号線を利用するルートと、札幌駅から国道230号線を利用するルートがあります。移動時間は前者が約1時間30分で、後者が約40分程度となっています。

定山渓の駐車場情報

定山渓は基本的にエリア内にある温泉スポットに駐車場が完備されています。そういったことから、車でのアクセスも可能です。利用する場所にもよりますが、基本的に無料で利用できるスポットは駐車場の利用料金も発生しません。

ただそういったことから、駐車場を利用する人が多いので、足を運ぶなら早めの時間帯に行くと良いでしょう。

定山渓までバスでアクセスする方法

人気スポットである定山渓は、現地まで行ける直行便を利用することができます。そのバスは主に新千歳空港から出ている直行便バスと、札幌駅から発着している定山渓温泉直行便『かっぱライナー号』があります。どちらも旅行などにおいて利用する機会の多い交通機関となっており、利用しやすい点がおすすめです。

ローカルバスでもアクセスできる

定山渓は直行便以外にもローカルバスを利用してアクセスすることが可能です。R札幌駅南口バスターミナルからは12番乗り場から発着しているじょうてつバス「定山渓温泉」が利用できます。また、別ルートとして地下鉄南北線真駒内駅より4番のりばから発着しているじょうてつバス「定山渓温泉」もアクセスすることができます。

ただどちらも1時間に2本から3本程度しか巡回していないので、利用する場合は時間には注意してください。また、現地に馴染みがないので不安な人は先に紹介した直行便バスの利用がおすすめです。

定山渓はこんな人におすすめ!

北海道にある定山渓は、観光ととして魅力的なスポットのひとつです。特に足湯をはじめとした温泉を利用できることが魅力となっています。周辺には温泉地として栄えるために尽力した人物の生誕を祝ってつくられた公園などもあるので、歴史的な観光地を楽しむのもおすすめです。

温泉好きにおすすめ!

先に紹介したとおり、北海道にある定山渓では足湯の種類が豊富なことが特徴のスポットです。エリア内には無料で楽しめる場所も多いので、気軽に利用することができます。広々とした場所でゆったり楽しんでも良いですし、熱めのところで足つぼで健康的な効果を期待することができます。

そのほかにも手湯を利用できる場所もあるので、温泉好きならばぜひ足を運んで欲しい魅力的なスポットとなっています。

ゆったりと時間を過ごしたい人に

北海道にある定山渓の温泉は無料で利用できる場所が多いですが、有料で利用できる場所はカフェなども併設されていることから充実した設備で温泉を楽しむことができます。美味しいお菓子やドリンク以外にも、マッサージなども提供しているので、そういったことからゆったりと時間を過ごしたい人に最適なスポットです。

定山渓の足湯を楽しもう!

今回は北海道にある定山渓の足湯について紹介しました。無料から有料まで色んな種類の温泉が楽しめるのが魅力です。またそのほかにも、手湯などもあるので気軽に温泉を楽しみたい人におすすめです。北海道に来たならぜひ定山渓の足湯で身体を温めて癒されてみて下さい。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
amada

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ