ペンギン食堂の「石垣島ラー油」は大人気商品!おすすめの食べ方とは?

一大ブームとなった「食べるラー油」の火付け役となった、沖縄・石垣島のペンギン食堂特製の「石垣島ラー油」。現在でも石垣島のお土産として大人気です。そんなペンギン食堂の石垣島ラー油について調べてみました。お店おすすめの美味しい食べ方もご紹介します。

ペンギン食堂の「石垣島ラー油」は大人気商品!おすすめの食べ方とは?のイメージ

目次

  1. 1石垣島の人気お土産「ペンギン食堂の石垣島ラー油」
  2. 2ペンギン食堂のある石垣島とは?
  3. 3石垣島ラー油を製造・販売するペンギン食堂
  4. 4ペンギン食堂の石垣島ラー油には石垣島の恵みがいっぱい
  5. 5ペンギン食堂の石垣島ラー油のそのほかの材料
  6. 6ペンギン食堂の石垣島ラー油の基本の食べ方と注意事項
  7. 7ペンギン食堂おすすめの石垣島ラー油の食べ方
  8. 8石垣島ラー油のおすすめの食べ方2:石ラーもやし
  9. 9石垣島ラー油のおすすめの食べ方3:豚三枚肉とトマトのお汁
  10. 10石垣島ラー油のおすすめの食べ方4:石ラー豆乳素麺
  11. 11ペンギン食堂の石垣島ラー油の価格とそのほかのおすすめ商品
  12. 12ペンギン食堂の石垣島ラー油はどこで買える?
  13. 13ペンギン食堂の石垣島ラー油はネットでも購入可能!
  14. 14ペンギン食堂の石垣島ラー油を食べてみよう

石垣島の人気お土産「ペンギン食堂の石垣島ラー油」

数年前に大ブームとなった、食べるラー油。そのはしりとなったのは沖縄・石垣島の人気食堂「ペンギン食堂」が販売する「石垣島ラー油」です。その人気は衰えず、現在でも石垣島の大人気お土産の地位をキープしています。旨味たっぷりの美味しいラー油を製造・販売するペンギン食堂と、人気商品・石垣島ラー油についてまとめてみました。

ペンギン食堂のある石垣島とは?

石垣島ラー油で知られるペンギン食堂は、沖縄の石垣島で営業をしています。石垣島は沖縄の八重山列島の島。沖縄県内の島のなかでは、沖縄本島、西表島に次ぐ面積を誇る島です。本島よりも温暖な石垣島は沖縄の人気観光地。通年、多くの観光客が訪れます。

Thumb石垣島の観光スポットおすすめランキング!定番名所から冬に人気の場所まで!
沖縄県の石垣島でおすすめの観光スポットの情報をご紹介していきます。石垣島は海の綺麗な観光名所...

石垣島ラー油を製造・販売するペンギン食堂

今や石垣島を代表するお土産となった石垣島ラー油ですが、その製造・販売を行っているのが島の人気食堂「ペンギン食堂」です。店名はオーナーの名字から名付けられました。

ご夫婦で営むペンギン食堂の正式な屋号は「辺銀食堂」。中国の西安出身のオーナーが日本に帰化した際につけた名字で、日本で唯一とのこと。辺銀の由来は動物のペンギンで、オーナーの奥様がペンギン好きであったことからこの名字をつけたのだそうです。

石垣島ラー油の販売を開始してから数ヶ月後にスタートした食堂経営。辺銀家で食べている家庭の味を提供するペンギン食堂では、出来る限り旬のものや地元の食材を使い、家族など身近な人たちに食べてもらいたい健康的で優しい料理を提供しています。

ペンギン食堂の営業時間は昼11時30分から14時まで、夜は19時からの予約制となります。お休みは日曜ですが、夜は月曜もお休みです。そのほか臨時休業もあるようです。

住所 沖縄県石垣市大川199-1
電話番号 0980-88-7803

ペンギン食堂の石垣島ラー油には石垣島の恵みがいっぱい

ペンギン食堂の石垣島ラー油は、「食はぬちぐすい」をコンセプトに誕生したラー油です。ぬちぐすい(命薬)とは、薬局などで販売されている薬のたぐいではなく、愛情や美味しい食事など、心が暖かくなって癒されるようなことを指す現地の言葉です。

石垣島ラー油には石垣島ならではの自然の恵みが詰まっています。主な材料として挙げられるのはまず「島とうがらし」。びっくりするほど小さい唐辛子ですが、辛いもの王国のタイの唐辛子にも負けない強烈な辛さを持っています。また独特の甘みもあるそうです。

石垣島ラー油にパンチを与えてくれるのは「ピパーチ」。島に自生するピパーチの別名は「島こしょう」。八重山の食文化を語る時にかかせない独特な香辛料です。そして使われる塩は、もちろん石垣の海から作る「石垣の塩」。まろやかな味わいが特徴です。

ペンギン食堂の石垣島ラー油のそのほかの材料

ペンギン食堂の石垣島ラー油には島とうがらしのほかに、香りの良いキムチ用の唐辛子もブレンドしています。ターメリック(ウコン)やニンニクも欠かせない材料です。

辛さのなかから覗く甘みは沖縄のサトウキビから作る黒糖から。痺れる辛さは本場中国から仕入れる山椒です。そのほか黒豆から作る味噌やゴマ、厳選された植物油も使われています。そして忘れてはならない大切な材料が、作り手の女性たちが込める愛情です。

ペンギン食堂の石垣島ラー油の基本の食べ方と注意事項

通称「石ラー」の石垣島ラー油の基本の食べ方は、そのまま普通に調味料として使用する方法です。ギョーザや鍋物などのタレとして大活躍しますし、また具材たっぷりなので、味が淡白な冷やっこの上に乗せても。おかずが足りない日のご飯の上にもおすすめです。

石垣島ラー油にはペンギン食堂こだわりの材料がたっぷり含まれています。食べる前には全体をしっかりとかき混ぜて、ラー油と具材を一緒に摂取出来るようにしましょう。

ビンに入った石垣島ラー油は、中身を注ぐ際に液だれしやすくなっています。なので石垣島ラー油を手に入れたら、口の広いビンや容器に移し替えて使うのがおすすめです。

ペンギン食堂おすすめの石垣島ラー油の食べ方

ペンギン食堂ではサイト上で石垣島ラー油のおすすめの食べ方を伝えています。石垣島ラー油を使った4種類の簡単な食べ方ですが、食堂のおすすめならではの美味しさです。2つは準備に少し時間がかかりますが、ほか2つは誰でも出来るとても簡単なレシピです。

石垣島ラー油のおすすめの食べ方1:石ラー納豆

「石ラー納豆」は、納豆を使った簡単で美味しいレシピ。納豆についているタレは使わずに、石垣島ラー油と塩を納豆に混ぜ、炊きたての玄米ご飯の上に乗せて出来上がりです。

塩と石垣島ラー油の組み合わせのほか、塩の代わりに醤油や魚醤などでも美味しいとのこと。またご飯は玄米ご飯のほか、そのほかの穀物ご飯や白米でも大丈夫だそうです。

石垣島ラー油のおすすめの食べ方2:石ラーもやし

もやしを湯通し程度の短時間で茹で、ザルにあげておきます。石垣島ラー油の油部分と具材をよく混ぜてもやしの上に適量加え、もやし全体に石垣島ラー油が行き渡るように混ぜます。最後に塩を適当量加えて味を整えたら、石ラーもやしの出来上がりです。

最後の塩の代わりにマヨネーズで味を整えるのも美味しいそうです。また好みによりますが、酸味を加えてみるのもおすすめ。沖縄らしいシークァーサーやレモンやライムなどの果物の果汁や、もしなければ好みのお酢を加えても美味しく出来上がるそうです。

石垣島ラー油のおすすめの食べ方3:豚三枚肉とトマトのお汁

このレシピは2人用で、豚三枚肉(150g)・オクラ(4、5本)・完熟トマト(1個)が必要です。オクラは硬めに茹でておき、完熟トマトはダイス型にカットして準備しておきます。豚三枚肉は細切りにカット。そして好みの油で豚肉だけを炒めます。

油が出てきたら濃い目の鰹ダシ(600ml)とお酒(大さじ1)を加えて沸騰したら弱火に。そこに塩(適量)と魚醤(小さじ1)を加えて、薄味に味付けします。オクラとトマトを加え、汁が煮立つ前に火を止め、器に持ったら石垣島ラー油を小さじ1ほど垂らします。

石垣島ラー油のおすすめの食べ方4:石ラー豆乳素麺

素麺のそばつゆは最後まで飲みきれる濃さにするために、素麺の量に対しての規定の量よりも少なめに器に入れます。そこにオーガニック豆乳を注ぎ、よく混ぜておきます。

茹でた素麺を氷水で冷やし、よく水気を取ったら器のなかに入れます。上から石垣島ラー油の赤い油だけを回しかけ、ダイスカットしたトマトや大葉やパクチーなどの薬味を乗せて出来上がりです。ペンギン家では昆布といりこのそばつゆを使っているそうです。

ペンギン食堂の石垣島ラー油の価格とそのほかのおすすめ商品

ペンギン食堂で製造・販売している石垣島ラー油の価格は1本888円です。容量は100ml、小さなペットボトルに入っています。賞味期限は未開封で1年となっています。またペンギン食堂では、そのほかにもお土産に最適なおすすめの調味料を販売しています。

石垣島ラー油の激辛タイプは同じく100mlの容量で940円。通常タイプよりも数倍の辛さがあるので、刺激に弱い方は要注意です。もう1つのおすすめ調味料は、にんにく油。炒め物などに加えれば料理の味に深みが生まれます。価格は100mlで888円です。

ペンギン食堂の石垣島ラー油はどこで買える?

石垣島の大人気お土産である石垣島ラー油は、直販店である「石垣ペンギン」で購入出来ます。ペンギン食堂のすぐそばにある石垣ペンギンは、石垣島ラー油のほか、オリジナル商品などを扱うショップです。営業時間は11時から19時まで、休みは日曜と不定休です。

石垣島ラー油は当日販売も行っていますが販売本数が日によって異なるので、事前予約をおすすめしています。電話をして、名前・連絡先電話番号・来店日・希望本数を伝えるだけです。なお石垣島ラー油の激辛タイプとにんにく油は予約を受けていません。

Thumb石垣島お土産人気ランキング!女子向けおしゃれな雑貨やスーパーのおすすめ品も!
石垣島には人気のお土産がたくさんあります。女子の間で話題になっている幻のラー油や、お土産とし...

ペンギン食堂の石垣島ラー油はネットでも購入可能!

石垣島のお土産として大人気の石垣島ラー油ですが、実は全国の高級スーパーなどの小売店でも販売されています。しかしそれも限られた店舗だけ。小売店から離れた地域の方たちは、インターネット通販でこの石垣島ラー油を手に入れることが出来ます。

ただしインターネット通販の場合は商品が手元に届くまで時間がかかります。現在は注文から3か月ほどかかっているようです。準備が出来た際には発送前に連絡が入ります。

価格やサイズは店舗で販売されているものと同じですが、12本購入ごとにラー油が1本サービスとなっています。また石垣島ラー油のロゴ入りの紙袋も販売されています。

ペンギン食堂の石垣島ラー油を食べてみよう

沖縄の人気観光地である石垣島のおすすめのお土産「石垣島ラー油」。販売が開始されてからもうすぐ20年となりますが、今でも生産が追いつかないほどの大人気商品です。辛さのなかに旨味と甘みを感じる、独特の風味を楽しめる石垣島ラー油。石垣島に行った時のお土産や小売店・ネット通販などで手に入れて、じっくり味わってみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
savannah

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ