大歩危・小歩危は徳島で人気の秘境!観光遊覧船やラフティングなど楽しみ方紹介!

徳島を代表する観光名所、大歩危・小歩危。美しい自然で人気の秘境です。どの季節も観光客でにぎわっていますが特に夏場はラフティングなどイベントもいろいろ。今回は大歩危・小歩危の観光遊覧船やラフティング、観光バスや列車など楽しめるポイントをご紹介していきます!

大歩危・小歩危は徳島で人気の秘境!観光遊覧船やラフティングなど楽しみ方紹介!のイメージ

目次

  1. 1徳島のおすすめ観光名所・大歩危・小歩危に行こう!
  2. 2大歩危・小歩危とは?
  3. 3大歩危・小歩危の楽しみ方を紹介!
  4. 4大歩危・小歩危のおすすめ観光スポットを紹介!
  5. 5大歩危・小歩危の基本情報
  6. 6大歩危・小歩危へのアクセス
  7. 7大歩危・小歩危の自然を満喫しよう!

徳島のおすすめ観光名所・大歩危・小歩危に行こう!

徳島県にある観光名所、大歩危・小歩危をご存知ですか?断崖絶壁でV字型に切り込みの入った秘境の渓谷が緩やかにカーブしながら続く徳島を代表するおすすめスポットです。大歩危・小歩危の人の手の入っていない自然を観に毎年大勢の観光客が訪れます。

徳島の大歩危・小歩危はラフティングやカヌー、観覧船など大自然に寄り添いながら楽しむことが出来るものがたくさんあります。景色は一年中楽しめますし夏場はそのようなスポーツを楽しむ人たちでとりわけ賑わいを見せます。

今回は徳島の人気の秘境、大歩危・小歩危のおすすめポイント、観光遊覧船やラフティングなどを楽しむ方法観光列車や観光バスの魅力、料金、アクセス方法などの基本情報をお伝えしていきます。

大歩危・小歩危とは?

大歩危(おおぼけ)とは徳島県の吉野川中流域にある渓谷のことをいいます。徳島県三好市山城町西宇地区の吉野川西岸から高知県の長岡郡大豊町大久保地区あたりまでをいいます。またその対岸の徳島県三好市西祖谷山村あたりも含めます。

渓谷自体を呼ぶときは大歩危峡(おおぼけきょう)といいます。徳島を代表する観光名所で夏は多くの観光客が訪れます。ラフティングやカヤックの愛好者でにぎわいを見せます。また大歩危峡遊覧船も大変人気があります。100年を超える歴史を持つ遊覧船です。

数キロメートル下流に行くと小歩危(こぼけ)と呼ばれている渓谷もあり、合わせて大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)として親しまれています。剣山国定公園の一部であり国の天然記念物・名勝に指定されています。

大歩危・小歩危の名前の由来は?

ちょっとかわった名前の「大歩危・小歩危」ですが、本来「ほき」や「ほけ」は渓流にある断崖をさして使われる言葉で、崩壊(ホケ)と表します。まさにここ大歩危・小歩危の奇岩や怪石でできた土地を表すにふさわしい言葉です。

「おおぼけ」という名前に次第に感じがあてがわれていきます。文化12年(1815年)には「大嶂」、明治6年(1873年)には地租改正の折りに「大歩怪」となっています。のちに地租改正の際に「こぼけ」の感じに「小歩危」が使われるようになったため合わせて「大歩危」になりました。

それ以外にも「大股で歩くと足を滑らせそうで危ないから大歩危」、さらに「小股で歩いてもやはり危ないから小歩危」と呼ばれるようになったという説もあります。

徳島で人気の秘境観光地「大歩危・小歩危」

絶景の多い徳島県の中でもとりわけ秘境観光地として人気のある「大歩危・小歩危」。この地域全体の地質は三波川帯に属しており、8千万年前からできてきた変成岩類です。断崖絶壁ともいえる人の入っていくことが出来ないほどの角度でそびえたつ壁。V字に切り込まれたかのようなその絶壁の間を吉野川がうねうねと流れます。

Thumb徳島県の人気観光地25選!おすすめグルメや穴場スポットもリサーチ!
徳島県といえば「阿波踊り」で有名な地域ですが、徳島県観光というとあまりピンと来ない方も多いの...

大歩危・小歩危の楽しみ方を紹介!

徳島を代表する観光名所、大歩危・小歩危。夏は新緑の美しい季節を楽しみに、夏はカヤックなど遊びも兼ねて避暑地として、秋は紅葉に色づく大歩危・小歩危の絶景を楽しみに。どの季節も観光客が大勢訪れる観光地ですがその楽しみ方にはどんなものがあるでしょうか。少しご紹介していきます。

大歩危・小歩危の楽しみ方①自然の息遣いが伝わるウォーキング

大歩危・小歩危の渓谷美を美味しい空気を吸いながらたっぷりと楽しみたいという方にはやはり美味しい空気を吸いながら歩いて楽しむウォーキングがおすすめです。大歩危と小歩危の間をのんびりと歩いて景色を楽しむことにしましょう。小歩危駅から始め大歩危駅に向かって国道に沿って歩いてみるのをおすすめします。

大歩危・小歩危の楽しみ方②大歩危峡観光遊覧船に乗ってみよう

大歩危峡にきたら大歩危峡観光遊覧船に乗ってみることをおすすめします。レストラン「大歩危峡まんなか」でチケットなどを購入することが出来ます。このレストランは大歩危峡の上に立つ景色の良いレストラン。ここでの食事もおすすめです。

「大歩危峡まんなか」は徳島県産の旬の食材をふんだんに生かした美味しい料理が人気。祖谷そばなど地元の名産品も楽しめる食堂やおみやげ物屋さん、売店などがはいっているドライブインです。ここでトイレを済ませたら大歩危峡観光遊覧船にのってみましょう。

大歩危峡観光遊覧船はのんびりと吉野川を下りながら川の上から雄大な大歩危峡の自然を満喫できます。V字型にそびえたつ渓谷には専門家も注目する結晶片岩がそそりたちます。ガイドを聞きながら優雅な時間をお過ごしください。

大歩危峡観光遊覧船の料金は?

大歩危峡観光遊覧船の営業時間は午前9時から夕方5時までとなっています。料金は大人が1,080円、小学生以下の子どもは540円。運航所要時間は往復で30分ほど4キロほどの旅になります。遊覧船は1名様より乗船できます。乗船には救命胴衣の着用が義務付けられていますのでご了承ください。

Thumb大歩危峡観光は遊覧船がおすすめ!見どころ・アクセス・料金をチェック!
徳島自慢の観光名所・大歩危峡。人が入っていくにはあまりにも過酷すぎる自然の織りなした絶景。大...

大歩危・小歩危の楽しみ方③ラフティングに挑戦!

日本一の激流と呼ばれる大歩危小歩危は、世界有数の「ラフティング」の名所です。ラフティングは絶景の中をゴムボートで進み、水しぶきを浴びるスリルを体験してみませんか。RAJ認定インストラクターと一緒に、どなたでも気軽に体験することが出来ます。自分の好みに合った会社を選んで申し込んでみましょう。

ラフティングの料金は?

ラフティングは半日コースや時間があまりない方のためのコースなど自分のスタイルで選べるコースをいろいろな会社が出しています。だいたい5,500円から9,000円ほどになります。シーズンなどにもよって異なってきますので詳しく各会社のサイトをご確認ください。夏場は特に高くなってきますが人気があります。

大歩危・小歩危の楽しみ方④観光列車に揺られながら見る絶景

大歩危・小歩危を観光列車に乗って楽しむこともできます。運行区間は多度津駅から大歩危駅。四国山地の真ん中を横断します。1日1往復しかありませんがちょっと贅沢な電車の旅。上り列車は「しあわせの郷紀行」、下り列車は「そらの郷紀行」です。

電車から見ることが出来る景色には秘境の祖谷や歴史的な景観が望めます。徳島県では人々は住んでいる地域よりも高い場所のことを「そら」といいます。文字通り山々やその山間にある集落は高いところ。「そらの郷」とよばれています。ゆえにこの列車は「そらの郷紀行」となりました。

多度津を出発してまず見えてくるのは五岳山(ごがくさん)。そして飯野山(いいのやま)も見えてきます。その後善通寺を過ぎるとこんぴらさんが迎えてくれます。琴平でウェルカムドリンクをいただき出発。事前予約している人限定ですがレストラン神椿のシェフがつくる特製「さぬきこだわり素材の洋風料理」をいただきます。

讃岐山脈を眺めながら越えたら秘境坪尻駅へ。吉野川に沿ってさらにさかのぼって行き、ついに美しい渓谷で人気のおすすめ観光スポット小歩危峡、そして大歩危峡を順に見、大歩危駅に到着です。贅沢な2時間半の旅となります。

列車の料金は?

料金ですが普通運賃として大歩危か多度津の間の運賃が1,280円。大歩危から善通寺、大歩危から琴平が1,090円です。それに加えて特急料金の1,180円とグリーン料金の1,280円が必要になります。乗車は大歩危駅からのみとなりますが下車は多度津、善通寺、琴平から選べます。車内での食事は別途料金が発生します。

大歩危・小歩危の楽しみ方⑤観光バスで効率よく!

観光バスで大歩危・小歩危を楽しむこともできます。阿波池田駅前にあるバスターミナルから観光バスに乗ることが出来ます。バスガイドさんのすらすらと出てくる楽しい観光案内に耳を傾けながら窓の外に広がる美しい景色を楽しみましょう。

可愛らしくどこか懐かしいボンネットバスでの旅。渓谷美を楽しみながら地元徳島の食材を使ったおいしい料理を楽しみます。祖谷のかずら橋、断崖絶壁の小便小僧、妖怪たちが出迎えてくれる道の駅大歩危・妖怪屋敷、平家屋敷などをめぐる旅です。

観光バスの料金は?

この観光バスの料金は大人が7,800円、子どもが7,300円です。これには昼食代と観光料が含まれています。期間は3月の第3土曜日から11月30日まで。冬場は行っておりません。この期間の土曜日、日曜日、祝日のみとなっています。3か月前より予約を受け付けています。

Thumb徳島の祖谷渓は絶景の渓谷!観光の見どころやアクセスなどを徹底リサーチ!
徳島を代表する観光名所祖谷渓(いやだに)をご存知ですか?祖谷渓は他に類を見ない徳島の魅力的な...

大歩危・小歩危のおすすめ観光スポットを紹介!

大歩危峡を散策するだけでなくちょっと近隣も回ってみましょう。大歩危・小歩危を観光する人には欠かせない観光名所がこの辺りにはたくさんあります。前もって計画しておくと見落とさず回ることが出来るでしょう。どこも徳島の小歩危・大歩危峡らしい秘境の地。なかなか見ることが出来ない自然の力と迫力に圧倒されます。

大歩危・小歩危のおすすめ観光スポット①かずら橋

最初にご紹介するのは「祖谷のかずら橋」です。駐車場のすぐ近くに「かずら橋夢舞台」があります。その館内を抜けるとかずら橋へとつながります。平家が架けたと言われている長年ここにかけられているかずら橋。

敵が迫ってきたら渡った後すぐに絶ち落とせるようにとあえてシラクチカズラを編んで作られています。下には祖谷川が。上空14mにかかっているのでスリルがあります。キシキシと歩くたびに揺れる橋。足元ばかり見ずに周りの景色を見てみましょう。その絶景に思わず声を失います。

場所は徳島県三好市西祖谷山村。徳島自動車道の井川池田インターチェンジで下りてください。駐車場は一日510円となっています。広い駐車場なのでシーズン時でも停められないということはあまりありません。駐車場からかずら橋まではすぐ近くです。

Thumb徳島「祖谷のかずら橋」の観光ポイント!アクセスや駐車場もあわせて紹介!
徳島県三好市の山間地にある「祖谷のかずら橋」は、秘境にある吊り橋として知られています。日本の...

大歩危・小歩危のおすすめ観光スポット②琵琶の滝

かずら橋を見たついでに琵琶の滝も見に行ってみましょう。琵琶の滝はかずら橋をまず渡り、それから左手に少し歩いて行った所にあります。高さ約50mのところから落下する勢いの良い琵琶の滝はとっても美しいと人気です。カメラを構える人たちで毎日にぎわっています。かずら橋見学と合わせて行ってみましょう。

大歩危・小歩危のおすすめ観光スポット③道の駅 大歩危

次にご紹介するのは「道の駅・大歩危」です。ここは普通の道の駅ではなく観光客が楽しめるようにいろいろな施設が入っています。特に人気は地元の山城町に昔から伝わる妖怪たち。妖怪屋敷や大歩危峡の成り立ちなどを知ることが出来る博物館があります。

三好市山城町には言い伝えがあり、子泣き爺伝説発祥の地とされています。ゆえに世界妖怪協会によって怪遺産に2008年認定されています。全国2例目となります。この世界妖怪協会の会長さんは水木しげる氏。館内には巨大閻魔大王など妖怪がいっぱい。約70体もの妖怪が展示されています。

また売店では地元地元特産品、妖怪グッズ、大歩危峡の石を使ったアクセサリーなどいろいろ。大歩危峡ならではのお土産物がならびます。

大歩危・小歩危の基本情報

大歩危・小歩危は普段見ている自然の美しさとは比べ物にならないほどの世界。圧倒される自然の力をまじかに楽しむことが出来ます。渓谷で遊んだり景色を眺めたり森林浴を楽しんだり。ハイキングをしたりと大自然を楽しむ方法はいろいろあります。

大歩危・小歩危は寒暖の差が激しいことでも知られているためにここではおそばも有名。良質のそばがとれるためにおそば屋さんがたくさん並んでいます。つなぎを使っていないためにおそばは短めなのが特徴。自然を楽しんだついでにおそばもいただいてみましょう。

大歩危・小歩危へのアクセス

大歩危・小歩危へのアクセス方法です。大歩危駅と小歩危駅へのアクセスは香川から徳島を通って南に向かって高地までを結んでいるJR土讃線場にあります。JR土讃線からの気色は本当に美しいのでまずは電車から見ることが出来る景色を堪能しましょう。

大歩危・小歩危峡あたりは吉野川と国道が平走して走っていますので車からの気色も絶景です。電車でも車でも景色を楽しみながら大歩危駅方面に向かいましょう。大歩危峡を堪能した後祖谷方面へ行きたい場合は車でない人はバスかレンタカーを利用する必要があります。

大歩危・小歩危の自然を満喫しよう!

いかがでしたか?徳島自慢の絶景大人気の観光スポット大歩危・小歩危。ラフティングや遊覧船、観光バスや列車での旅など大歩危・小歩危を楽しむことが出来るスポットがたくさんありました。国道と吉野川が並行して走っているために列車や車からの気色も絶景。

大人も子どもも楽しむことが出来る大歩危・小歩危は自然が作り出す、人が入っていくことのできない秘境。大自然を要する徳島らしい自然スポットです。料金や運航時間などもご紹介してきました。ぜひ次の休み大歩危・小歩危に出かけてみませんか?

祖谷そばなど美味しい名物もこの辺りにはあるのでグルメも楽しみながら有意義な休日を過ごすことが出来るでしょう。紅葉の季節も渓谷の絶壁が真っ赤に染まるその姿にみな圧倒されています。ぜひご家族で足を運んでみることにいたしましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Canna

新着一覧

最近公開されたまとめ