雪彦山登山は初心者でも大丈夫?岩場道と一般ルートを徹底比較!

兵庫県姫路市にある「雪彦山」は、修験者たちが修行を積んだ日本三大彦山の一つ。岩場が多い登山ルートは、初心者にも人気のロッククライミングスポットで、一般的な登山よりは、アドベンチャーを楽しめると評判です。今回は、姫路市の雪彦山のおすすめ情報をまとめます。

雪彦山登山は初心者でも大丈夫?岩場道と一般ルートを徹底比較!のイメージ

目次

  1. 1雪彦山は岩場か一般ルートを選べる人気の登山スポット!
  2. 2兵庫県姫路市ってどんなところ?
  3. 3姫路市の雪彦山ってどんな山?
  4. 4姫路市の雪彦山は初心者でも登れるの?
  5. 5雪彦山登山におすすめのシーズンはいつ?
  6. 6雪彦山へのアクセス
  7. 7雪彦山の登山ルート1:出雲岩から山頂まで
  8. 8雪彦山の登山ルート2:山頂からの岩場ルート
  9. 9雪彦山の登山ルート3:天狗岩から地蔵岳ルート
  10. 10雪彦山登山におすすめの服装と装備
  11. 11雪彦山周辺の観光スポット1:雪彦温泉
  12. 12雪彦山周辺の観光スポット2:鹿の壷
  13. 13雪彦山周辺の観光スポット3:塩田温泉
  14. 14雪彦山周辺の観光スポット4:弥勒寺
  15. 15雪彦山周辺の観光スポット5:姫路城
  16. 16姫路の雪彦山を登ってみよう!

雪彦山は岩場か一般ルートを選べる人気の登山スポット!

兵庫県姫路市北部に位置する「雪彦山」(せっぴこざん)。古くは修験者たちが修行の場として登っていたこの山は、険しい岩場のルートと、森林に覆われた一般ルートの2つの登山ルートがある人気の登山スポット。

「大天井岳」、「不行岳」、「三峰岳」、「地蔵岳」等の岩峰からなる雪彦山は、もっとも標高が高い地点でも915mと低く、一般ルートを選べば初心者でも日帰りで登れる山です。

今回は、雪彦山の各登山ルートの特徴をご紹介すると共に、登山初心者におすすめの服装や装備、そして姫路市の周辺観光スポットも合わせて、情報満載でお届け致します!

兵庫県姫路市ってどんなところ?

雪彦山についてご紹介する前に、まずは、雪彦山のある兵庫県姫路市について少しご紹介してみます。

姫路市は、兵庫県の南西部に位置しており、周囲には、加古川市、高砂市など5市4町と隣接する兵庫県第二の規模を誇る地方都市です。

人口約53万人ほどの中核都市で、兵庫県の中では、姫路城があることで知られており、世界中から観光客が訪れる有名な観光地となっています。

姫路市は、JR神戸線を利用すれば、神戸市から電車で約40分の距離にあり、関西近県からは、日帰りでも観光を楽しめる位置にあるため、今回ご紹介する雪彦山も含めて気軽な週末旅に出かける人も多い地域です。

主な見どころとなっている世界遺産「姫路城」の周辺には、美しい庭園「好古園」や「姫路市美術館」そして、姫路文学館など様々な施設が集まっています。

この他の観光スポットとしては、姫路駅の南西に広がる手柄山エリアがあり、周辺には、水族館や遊園地など、子連れでおでかけしたり、デートにもおすすめのスポットが点在しています。

姫路市のご当地グルメと言えば、兵庫を代表する明石焼きなどが有名ですが、他にも、B級グルメとして知られる「鶏卵まんじゅう」や「ちゃんぽん焼き」など隠れた名物があります。

また、海に面しているため、穴子料理も絶品で、播磨灘でとれる新鮮な穴子を使った穴子丼も姫路のご当地グルメの一つです。

また、兵庫県姫路地方は、昔から醤油の製造が盛んな地域であったことから、醤油ベースの姫路ラーメンも大変美味しいと評判です。姫路城以外だけでなく、グルメもたっぷり楽しめるのが魅力です。

Thumb姫路城見どころ紹介!世界遺産の天守閣からの眺めや夜のライトアップもおすすめ!
世界遺産の姫路城、日本のみならず世界的に有名なお城です。見どころも多く、たくさんの見学ツアー...

姫路市の雪彦山ってどんな山?

姫路市の北に位置する雪彦山\は、「洞ヶ岳」や「鉾立山」などいくつかの山々の総称であるとされる切と、標高915メートルの三辻山を「雪彦山」する説があります。

一般的な登山案内には、「大天井岳」、「不行岳」、「三峰岳」、「地蔵岳」等、岩山から攻勢されているようです。

火山岩からできた荒々しい岩場が続く登山道が特徴で、南側の裾野には、夢前川とその支流も流れる自然豊かな地域です。雪彦山の一体は、兵庫県の自然公園にも指定されています。

Thumb姫路のお土産おすすめランキングTOP17!お菓子や雑貨など人気の名品を紹介!
兵庫の姫路は、多くの観光客が訪れている人気の高い観光地となっております。そんな姫路は多くの人...

姫路市の雪彦山は初心者でも登れるの?

かつては、修験者たちが行を行う場として使われてきた霊峰「雪彦山」。標高は811メートルとやや低めで、日帰り登山でも十分楽しめる山です。

雪彦山は、岩場の多いルートと、森林の多いルートの2つの登山道があり、初心者におすすめなのは、一般ルートの方です。岩場ルートは、鎖場などの危険箇所もあるため、初心者が登る場合は、少し注意が必要です。

雪彦山は、高低差はそれほどなく、1000メートル以下の低山ですので、初心者や子連れ登山者でも問題なく登れる山と言えそうです。

雪彦山登山におすすめのシーズンはいつ?

雪彦山登山におすすめのシーズンは、5月のゴールデンウィーク頃の初夏のシーズンと、秋の紅葉シーズン。

岩場が多く、南側斜面には水場と渓谷もある雪彦山は、特に紅葉シーズンが美しく、清々しい空気の中で気持ちよく登山を楽しめます。

低山ですので、真夏(7月から8月)は、山頂付近の岩場は遮るものもなく、非常に暑くなります。登山初心者は、水を多く持っていくようにし、熱中症にはくれぐれもご注意ください。

雪彦山へのアクセス

雪彦山へのアクセス方法は、マイカーの他、本数は少ないですが、公共交通機関の路線バスを利用してアクセスする2つの方法があります。

登山口は、雪彦山キャンプ場のある南山麓で、ここに駐車場とバス停が併設されています。こちらの登山口から登るルートは「出雲岩ルート」です。

公共交通機関でアクセスする場合は、JR姫路駅の北口にあるバスターミナルの「17番のりば」から、「山ノ内方面行き」のバスにご乗車ください。

雪彦山登山口の最寄りバス停は終点「山ノ内」です。運賃は大人片道750円、所要時間は約1時間ほどとなっています。

雪彦山方面へ行くバスは、始発が7:40発となっています。登山口には、8:40までには到着しますので、日帰り登山の場合は、始発バスを狙うのがおすすめです。

雪彦山登山口から姫路駅方面に戻るバスは、14:00台、16:00台、17:00台に各1便ずつありますが、土日祝日は運行されない便もありますので、登山前にしっかり確認しておくことをおすすめします。

雪彦山の登山ルート1:出雲岩から山頂まで

雪彦山は、いくつかの峰からなる複合連山で、一般的に山頂と言われている場所は、正しくは「大天井岳」(標高858メートル)です。

雪彦山自然公園の登山口から、途中、出雲岩を経由して、展望岩、せり岩などいくつもの岩場を越えながらすすむルートとなっています。

山頂までの全ルートの所要時間は、一般登山道を利用下場合が約5時間、岩場ルートで登山した場合は4時間半ほどかかります。

雪彦山の登山ルート2:山頂からの岩場ルート

大天井岳の山頂からは、一般ルートと岩場ルートにそれぞれ別れて登山します。天狗岩への分岐点があり、岩場ルートへ行かない場合は、ここから鉾立山(標高960メートル)を目指します。

岩場ルートを選ぶと、天狗岩の方面から地蔵岳を目指すことになります。初心者登山者は、一般ルートから直接鉾立山へ進むルートの方がおすすめです。

コースタイムは、登山口から大天井岳山頂までが約2時間、そこから岩場ルートを経由して地蔵岳までが1時間、鉾立山までは、さらに2時間ほどかかります。

雪彦山の登山ルート3:天狗岩から地蔵岳ルート

岩場ルートを選んだ場合は、天狗岩や地蔵岳を登山することになります。危険、危ないと書かれた看板がいくつも立っており、ロッククライミングの技術を使って登らなければならない垂直の岸壁が続きます。

地蔵岳方面は、登山道が非常に滑りやすく、手足を使って登る岩場が多いため、滑落事故も多数発生しているようです。

初心者の方には、あまりおすすめできませんので、できるだけ一般ルートを選んで登るようにしてください。

雪彦山登山におすすめの服装と装備

続いては、雪彦山登山におすすめの装備や服装をご紹介致します。雪彦山登山におすすめの服装は、初夏または秋の紅葉シーズンなら、薄手の長袖に長ズボンといった服装がよいでしょう。

標高は低めですが、手足を動かして登ることが多いので、ポールやステッキは登山の妨げになります。岩場ルートを登山される予定の方は、鎖をつかめるようグリップのある手袋を装備しておきましょう。

山頂ではお弁当を食べますので、水分と合わせて20リットル以下のザックを持っておけば十分です。初心者でも、できればミドルカットぐらいの歩きやすい登山靴を装備しておく方がよいでしょう。

雪彦山周辺の観光スポット1:雪彦温泉

ここからは、雪彦山登山と合わせて楽しみたい、周辺の観光スポットや見どころをご紹介していきます。

登山後の一般的な楽しみと言えばやはり温泉ではないでしょうか?雪彦山の周辺には、2つの温泉が沸いています。1軒目は、雪彦山から車で1時間10分ほどの距離にある「秘湯 雪彦温泉」。

100%源泉かけ流しのお湯が楽しめる天然温泉で、アルカリ単純泉のお湯は、登山の筋肉痛にもよく効くそうです。入浴料は大人一名800円。食事が楽しめるレストランも併設しています。

雪彦山周辺の観光スポット2:鹿の壷

続いてご紹介する雪彦山周辺のおすすめスポットは、景勝地として知られる「鹿の壷」。雪彦山から車で約40分ほどの距離にある落差70メートルの滝で、滝壺の形が「鹿」に似ていることから、その名がつきました。

雪彦山西麓にあるこちらの観光スポットは、やすとみグリーンステーション鹿の壷と呼ばれており、周辺には、ハイキングコースも設置されています。

鹿の壷の上には、NHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」のオープニングのロケ地となった沢もあり、ファンの間では密かな人気スポットにもなっているようです。

レクレーションパークとして、週末には家族連れが訪れる人気のおでかけスポットです。9つもの甌穴群があり、県の名勝にも指定されていて、秋は紅葉の名所としても知られています。

また、併設されているお食事処では、麦とろ定食(700円)や白雪ぜんざい(500円)なども提供されていますので、観光のついでに、ちょっとした食事を楽しむことも可能です。

コテージやキャンプ場もあります。定員4名、7名、10名と宿泊人数によって使い分けられる一戸建てのコテージは、全部で15棟立っており、料金は、大きさに応じて1泊12000円から28000円ほどとなっています。

キャンプ場は大小合わせて13区画と、駐車場横のフリースペースの2サイト展開しており、小サイトは一晩3000円から利用可能です。デイキャンプの場合は、料金は1800円からとなります。

この他、日帰りキャンプを楽しみたい方におすすめのバーベキューサイトもあり、コンロなどもレンタルしてもらえます。登山だけでなくアウトドアが好きな方におすすめの観光スポットです。

鹿の壷がある安富町の周辺には、林田川流域で、夏はホタルを観察することもできますので、夏に雪彦山方面へおでかけの場合は、ぜひ、こちらにもお立ち寄りください。

雪彦山周辺の観光スポット3:塩田温泉

続いてご紹介する雪彦山周辺のおすすめ観光スポットは「塩田温泉」。夢前川の上流域に位置するこちらの温泉郷は、古くから薬湯として地域の人々に親しまれてきました。

雪彦山からは、南に1時間ほど降ったところに位置しており、姫路市内に戻る途中にある温泉地です。元は、塩田の奥座敷とも言われた観光名所で、春の桜、秋の紅葉も見事です。

「塩田温泉」は、姫路で300年以上の歴史を誇る名湯で、夏は鮎、冬はボタン鍋などを楽しむ観光客で賑わいます。

雪彦山周辺の観光スポット4:弥勒寺

続いてご紹介する雪彦山周辺の観光スポットは、兵庫県姫路市夢前町にある「弥勒寺」。先ほどご紹介したから車でで15分ほどの距離にある天台宗の寺院です。

国の重要文化財に指定されている本堂とご本尊の木造弥勒仏、両脇侍像のほか、境内には、日本一の大きさを誇る布袋さまが鎮座されています。

書写山円教寺の奥の院とも言われたパワースポットでもある「弥勒寺」。JR姫路駅から神姫バスでのアクセスも可能です。

雪彦山周辺の観光スポット5:姫路城

最後にご紹介する雪彦山周辺の観光スポットは、世界遺産「姫路城」。言わずと知れた兵庫県を代表する人気の観光スポットです。

国宝や国の重要文化財でもあった姫路城は、芸術的な価値と17世紀初頭の日本の城郭建築としての歴史的な価値が認められ、1993年、奈良・法隆寺と共に日本初おの世界遺産に認定されました。

第二次世界対戦時には、城の壁を黒くして敵襲から目立たないようにし、戦火からその美しい姿を守りました。今日現存する日本木造建築の中では、もっとも美しく、天守や櫓、門、土塀などの保存状態が非常によいことでも知られています。

別名「白鷺城」の名で愛されている姫路城には、大天守へ直行する観光ルートのほか、千姫ゆかりの西の丸・化粧櫓などをめぐるルートなどもあります。

また怪談で有名な「お菊井戸」を回るルートなどもあり、ゆっくりと時間をかけて観光したい見どころが満載です。五層からなる大天守は、間違いなくインスタ映えする撮影スポット

姫路城の入城料は、大人 (満18歳以上) が 1000円、小人 (小学生から高校生) が300円となっています。姫路城・好古園共通券共通券も販売されており、こちらは、大人1040円、小人360円となっています。

姫路の雪彦山を登ってみよう!

兵庫県姫路市の雪彦山をご紹介致しました。関西の人にとっては、かなり知名度の高い雪彦山ですが、他の地域から来られる方には、まだまだ知られていない名峰です。

初心者向けの一般ルート、上級者向けの岩場ルートと選べる登山ルートがあるのも雪彦山登山の魅力です。アドベンチャー要素満載の岩場ルートは、危険箇所もありますので、十分注意して登りましょう。

雪彦山登山の帰りには、塩田温泉や雪彦温泉で、登山の疲れも癒せます。もちろん、世界遺産姫路城もありますので、できれば姫路市内に一泊して、のんびりと観光も合わせてお楽しみください

関連記事

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ