「かに吉」は鳥取のミシュラン獲得店!松葉蟹料理が絶品でおすすめ!

鳥取県沖で獲れる松葉蟹は、ご当地グルメの冬の王者。引き締まった透明感のある身が特徴の松葉蟹を最高の状態で提供してくれるのが、鳥取市内のミシュラン2つ星の名店「かに吉」です。今回は、かに吉のおすすめメニューや人気の秘密を含めて詳しくご紹介致します!

「かに吉」は鳥取のミシュラン獲得店!松葉蟹料理が絶品でおすすめ!のイメージ

目次

  1. 1鳥取のかに吉で松葉蟹三昧!
  2. 2鳥取にある「かに吉」とはどんなお店?
  3. 3「かに吉」の松葉蟹へのこだわり
  4. 4「かに吉」で蟹料理が味わえるのは冬季のみ
  5. 5「かに吉」でおすすめの松葉蟹のコースメニュー
  6. 6単品でオーダー可能な蟹料理も人気
  7. 7「かに吉」の店舗情報・アクセス情報
  8. 8かに吉周辺のおすすめホテル
  9. 9「かに吉」で極上の松葉蟹をじっくり堪能しよう

鳥取のかに吉で松葉蟹三昧!

鳥取県の冬の風物詩と言えば、日本海で獲れる「松葉蟹」。甘くて身が締まった冬の松葉蟹は、お刺身にしても焼いて食べても、蟹すきにしても美味しくいただけます。

高級食材として人気の松葉蟹ですが、どうせ食べるなら、やはり最高級のお店でいただきたいものです。そこでおすすめしたいのが、鳥取でミシュランガイドにも選ばれた人気店「かに吉」。

今回は、鳥取のミシュランレストラン「かに吉」で食べたいおすすめの松葉蟹メニューや、かに吉の松葉蟹へのこだわりなど、気になる情報満載でお届けします。

鳥取にある「かに吉」とはどんなお店?

鳥取駅から徒歩6分ほどの距離にある「かに吉」は、鳥取の名産品である松葉蟹をいただける人気店。アクセスのよい立地にあり、観光客だけでなく地元の方が特別な日に行きたいと思うおしゃれなかに料理店です。

かに吉は、鳥取で47年の歴史を誇る老舗かに料理店で、オーナーシェフとお母様が直接漁港に買い付けに行った新鮮な松葉蟹だけを提供しています。

居酒屋風のカジュアルな外観とは裏腹に、店内は、高級感あふれるカウンター席を完備した大人のデートにもぴったり。喫煙席もあるので、愛煙家の方も安心です。

ミシュランガイド認定の本格的な蟹料理の専門店

かに料理専門店として、現在「かに吉」を取り仕切るのは、二代目のシェフ山田達也さん。仲買人の資格も持っており、独自のルートで仕入れた旬の松葉蟹を、もっとも美味しくいただける方法で調理して提供しています。

「かに吉」は、その高い技術力とホスピタリティが評価され、かに料理専門店としてミシュラン2つ星に輝いた実力の持ち主。以来、ミシュランガイド掲載店として、全国からかにファンが訪れる人気店となっています。

Thumb鳥取港海鮮産物市場かろいちのおすすめグルメを紹介!海鮮丼など新鮮で美味しい!
鳥取の玄関口であるコナン空港のほど近くにある鳥取港の海鮮産物市場「かろいち」は、獲れたての新...

「かに吉」の松葉蟹へのこだわり

鳥取県でミシュラン2つ星に輝いた松葉蟹の名店「かに吉」。ミシュラン獲得の理由は、やはり鮮度抜群の素材を取り扱っているということが、大きく貢献しているようです。

かに吉のシェフ山田さんは、ご自身が仲買人の資格を持っており、鳥取県に店を構えているものの、兵庫の浜坂漁協から、独自のルートでわざわざ松葉蟹を買い付けるほどのこだわりです。

浜坂漁協は、兵庫県の北西に位置する小さな漁港で、美方郡新温泉のすぐ近くにあります。西側は鳥取県と隣接しているため、仕入れの距離も比較的短く、鮮度の高い松葉蟹を仕入れることが可能となっています。

取り扱っている松葉蟹はすべて天然もの

松葉蟹と呼ばれるのは、ズワイガニの中でも、鳥取県から兵庫県までの日本海側で獲れるものだけ、活きたまま冷凍されていないことが松葉蟹と呼ばれる条件にもなっています。

ミシュランガイドにも掲載された「かに吉」の松葉蟹は、すべて天然ものを使用しているのが特徴です。松葉蟹は、深海で暮らしているため、生かしたまま保存するにも色々と技術が必要です。

浜坂漁港では、この松葉蟹を海水で活かして取引しており、「かに吉」にも、取れたての蟹をそのまま仕入れることが可能となっています。

美味しい松葉蟹の条件

松葉蟹は、ズワイガニの一種で、オスだけを「松葉蟹」と呼びます。メスは、「親蟹」と呼ばれ、オスよりも一回り体が小さくなっており、鳥取県から兵庫県までの日本海側で水揚げされています。

脱皮したての蟹は、甲羅が柔らかく、脱皮にエネルギーを消費してしまっているため、美味しくありません。美味しい松葉蟹は、甲羅が固く、お腹の部分の甲羅が少し黄色がかっているのが特徴です。

また、蟹の甲羅には、カニビルと呼ばれる黒いつぶつぶが多く付着しており、この数が多いものほど、身が締まって美味しいと言われています。かに吉では、シェフの確かな目利きで選ばれた最高級の蟹を仕入れているようです。

Thumbかにっこ館は鳥取で人気の料金無料の水族館!アクセス方法や営業時間は?
鳥取にある「かにっこ館」は、多くの人たちが訪れる人気の水族館です。今回は、鳥取で人気の料金無...

「かに吉」で蟹料理が味わえるのは冬季のみ

ミシュランガイドもお墨付きの人気レストラン「かに吉」ですが、絶品の松葉蟹メニューをいただけるのは、冬季のみとなっています。

松葉蟹のオスは、身がぎっしりつまっていて、濃厚な甘味が特徴ですが、漁が行われるのは、11月初旬から3月下旬までの5ヶ月間のみ。それ以外の季節は、禁漁期間となっているため、仕入れの関係で、提供できなくなっています。

そのため、11月の松葉蟹解禁に合わせて来店される方が多く、ミシュランガイド掲載店となってからは、特に予約がとり辛くなっているようです。

冬季メニューの提供期間

ミシュラン2つ星の人気店「かに吉」で松葉蟹メニューが味わえるのは、11月から3月までの冬季のみ。また、メニューの価格もカニの水揚げ量によって変動しますので、その点も注意ヶ必要です。

おすすめは、漁期に入ってから少し時間が経った12月から1月頃。松葉蟹漁の出始めの時期は、やはり値段もそれなりに高くなっていますので、漁が安定している時期を狙うのがおすすめです。

かに吉の夏季メニューは何がおすすめ?

かに吉で、松葉蟹を味わえるのは、冬の間のみとなりますが、夏には、蟹料理以外の美味しいメニューが揃っています。

夏のメニューが提供されるのは4月から10月の半年間で、日本海で獲れた美味しいアワビや牡蠣、そしてカレイの一夜干しなど、とにかく絶品の魚料理をたっぷり味わえます。

また、日本海で獲れる「モサ海老」は、鮮度が短く鳥取でしか食べられない隠れた名産品です。ミシュランスターにも輝いたシェフの腕で、手早く調理された新鮮なモサ海老も、プリプリで美味。

サザエのお造りや白いかのお造りなど、どれも鮮度抜群で美味しいものばかり。お肉メニューも充実していて、但馬牛のステーキや豚肉と鶏だんごの味噌ちゃんこなど、ボリューム満点メニューも揃っています。

「かに吉」の締めのごはんメニューは、大将の「特製カレー」。学生相撲出身の恰幅のよい大将が、こだわり抜いて作った魚介のだしを合わせて作った自慢のカレーライスは、一度食べたらやみつきと評判です。

「かに吉」でおすすめの松葉蟹のコースメニュー

ここからは、冬季限定となっている鳥取のミシュラン人気店「かに吉」のおすすめコースメニューをご紹介致します。

松葉蟹は、活きたまま直送されていますので、調理せず生で食べられるというのが、他のズワイガニと違った特徴です。

また、鮮度がよいため、味噌も濃厚な甘味があり、臭みがすくなく、焼きガニにして食べるとさらに香ばしさが増して美味しくなります。かに吉には、松葉蟹の良さを最大限生かした3つのコースメニューが揃っています。

カニすきコース(20,000円)

最初にご紹介するかに吉のおすすめメニューは「かにすきコース」。お値段は、20000円となっています。松葉蟹は、身がぎっしりつまっていて、火を通すと、さらに甘味が増します。

かにすきコースでは、魚介や昆布と合わせただしに、鮮度抜群のかにをさっと湯通ししながら半生に調理した松葉蟹をいただきます。火の通し加減は、すべて大将が見極めてくれるそうです。

焼きガニコース(35,000円)

二つ目にご紹介する「かに吉」のおすすめメニューは「焼きガニコース」。焼いた松葉蟹は、甲羅の香りが香ばしく、身もホロリと口の中で解けます。

焼いた蟹の身から出てくる甘いジュースを味わうのが、焼きガニコースの醍醐味です。かに本来の美味しさがダイレクトに伝わるもっともおすすめの調理法の一つです。

コースのお値段は35000円で、まさにミシュラン価格ではありますが、一度食べてみる価値はありそうです!

カニ刺しコース(35,000円)

最後にご紹介するかに吉のおすすめコースメニューは、かに刺しコース。活きた松葉蟹でしか提供できないお刺身のコースは、松葉蟹の産地である鳥取でしか味わえない至福の一品。

かに特有のほんのりとした粘り気と、上品で繊細な味わいが楽しめるのが、かに刺しコースの魅力です。お値段は、焼きガニコース同様35000円となっています。

かに刺しコースは、水揚げの状況に応じて、提供できない日もあるようですので、事前予約は必須です。

単品でオーダー可能な蟹料理も人気

鳥取のミシュラン2つ星レストラン「かに吉」では、コースメニュー以外にも単品メニューも提供しています。

魂炊(たますい)と名づけられたカニを使った雑炊は、おすすめメニューの一つで、かにの甘味がとけ出した風味豊かなスープと、トロトロに溶けた卵とお米の味わいが絶品です。

揚げ物がお好きな方には、名物「蟹フライ」がおすすめ。まず、他の地域では味わえない、鳥取ならではのメニューとなっています。

ゆでガニの姿盛り(時価)

鳥取のかに吉で、特別な日にぜひオーダーしていただきたいおすすめメニューが「ゆで蟹の姿盛り」です。大将のお母様が調理されるというゆで蟹は、塩加減、ゆであげるタイミングが絶妙なのだそう。

ポン酢や合わせ酢などは一切つけず、松葉蟹のそのままの美味しさをダイレクトに味わえる豪快な一品です。カニのお値段は時下ですので、できれば流通量の多い12月下旬から2月上旬頃がおすすめです。

「かに吉」の店舗情報・アクセス情報

続いては、鳥取のミシュラン2つ星レストラン「かに吉」の基本情報をお伝えします。かに吉は、完全予約制のレストランとなっています。

芸能人やスポーツ選手なども通う人気店で、店内には、坂口憲二さんの写真なども飾られているようです。

「かに吉」は、ミシュランガイドで知られる山本益広さんも絶賛していますが、アンジャッシュの渡部さんなども食べ歩きで来店されたことがある人気店となっています。

店舗情報

鳥取のミシュランレストラン「かに吉」の営業時間は、17:00から22:00までとなっています。松葉蟹のシーズンは、事前予約で14:00からコース料理のみ対応していただけるようです。

座席は、大将と話しながら座れる人気のカウンター席から、二人だけのお忍びデートなら個室の和室も雰囲気があっておすすめ。この他、10人まで収容可能なテーブルタイプの個室もあります。

店内は、創業47年の歴史を感じさせる高級感あふれるインテリアで、シンプルな中にも洗練された雰囲気です。鳥取で松葉蟹を出すレストランの中では、他の追随を許さない格の高さが伺える店舗です。

電車でのアクセス方法

なお、かに吉は定休日がなく、不定休となっていますので、来店の際には、必ず電話で確認してから出かけるようにしましょう。予約は3日以上前からしか受け付けていないので、その点もご注意ください。

続いて、かに吉へのアクセス方法です。JRをご利用の場合は、鳥取駅にて下車、徒歩5分ほどとなっています。

かに吉があるのは、末広温泉町というエリアで、鳥取駅から北西に位置しています。同じ区画の真向かいにローソンがありますので、こちらが目印です。

バスでのアクセス方法

バスで「かに吉」までアクセスする場合は、「鳥取市コミュニティ」バス停が最寄りとなります。

バスで行くと周回しますので、鳥取駅からは、歩いて行く方が近くておすすめです。タクシーの場合は所要時間が3分ほどです。

車でのアクセス方法と駐車場

車でアクセスする場合は、鳥取駅から3分ほどです。かに吉には専用駐車場がありませんので、付近のコインパーキングを利用することになります。

かに吉からもっとも近いのは、末広エステートパーキングで、徒歩1分ほど。収容台数は22台で24時間営業しています。その次に近いコインパーキングは、シティパーク永楽温泉町で、こちらも徒歩2分以内です。

かに吉には、美味しい日本酒が揃っていますので、お酒を飲みたい方は、運転ではなくタクシーか徒歩でアクセスすることをおすすめ致します。

かに吉周辺のおすすめホテル

鳥取市のミシュラン2つ星レストラン「かに吉」は、関東からわざわざ飛行機や電車を乗り継いで食べにいくという方もいるほどの名店です。

そこでお泊まりで、鳥取のかに吉までおでかけされる方のために、鳥取駅周辺のおすすめホテルをいくつかご紹介しておきたいと思います。

一つ目におすすめするのは、「ホテルニューオータニ鳥取」。1泊1万5000円前後からお部屋があり、サービスとホスピタリティは間違いないニューオータ二グループのホテルです。

鳥取駅から徒歩1分と駅からすぐですので、こちらに荷物をチェックインしてから、カニを食べにいきましょう。ビジネスにも観光にも非常に便利な立地です。

もう一軒のおすすめホテルは、「ホテルモナーク鳥取」。1泊12000円前後から宿泊できるホテルで、フローリングに低めのベッドと配置した和モダンなお部屋が素敵なホテルです。駅から徒歩3分となっています。

「かに吉」で極上の松葉蟹をじっくり堪能しよう

鳥取のミシュラン2つ星レストラン「かに吉」をご紹介致しました。かに吉のおすすめは何といっても豊富な種類のあるコースメニュー。

松葉蟹の美味しさを存分に知り尽くした大将とお母様が経営されるアットホームなお店は、鳥取ではトップランナーと言われる蟹の名店です。

お値段もびっくりするようなミシュラン価格ですが、一度食べてみれば、その味の違いに驚くという方がほとんど。一生の思い出になるような美味しい松葉蟹を、ぜひご賞味ください。

関連記事

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ