三嶺の登山は初心者には難しい?難易度やおすすめのコースを詳しく紹介!

三嶺は四国の徳島県と高知県の2県をまたいでそびえる四国でも一番美しい山として知られます。登山者も多く、特に徳島からのコースでは紅葉舌姿はすごく人気があります。その三嶺山の登山コースについて難易度や、初心者向けのコースなどご紹介します。

三嶺の登山は初心者には難しい?難易度やおすすめのコースを詳しく紹介!のイメージ

目次

  1. 1四国一美しい名山「三嶺」をご紹介!
  2. 2三嶺の魅力
  3. 3三嶺は登山初心者でも登れるのか?
  4. 4【徳島側】三嶺のおすすめ登山コース
  5. 5【高知側】三嶺のおすすめ登山コース
  6. 6三嶺の山小屋情報
  7. 7三嶺のアクセス
  8. 8三嶺山登山での注意点
  9. 9三嶺周辺の温泉スポット
  10. 10三嶺の四国一美しい景色を見に行こう!

四国一美しい名山「三嶺」をご紹介!

三嶺山は、その美しさから四国で一番綺麗な山として知られていて、日本の二百名山にもなっています。百名山のひとつとして知られる剣山からも登山コースがあり、稜線はすごく綺麗で、そしてその景色はたいへん素晴らしいことでも知られています。その四国でも一番美しいとされる三嶺山をご紹介します。

高地と徳島にまたがる三嶺

四国にある三峰山は高知県と徳島県をまたぐようにあり、日帰りの登山コースもあれば、剣山からの稜線を楽しむこともできる1泊の登山コースもあり、それぞれ登山者から人気です。

とくに三嶺山は色々な登山コースがあるため、何度も三嶺山の登山をしてる方は、色々な登山コースを楽しんでいて、どの登山コースを行くかを考えるのも楽しい山だと言われています。

そして、三嶺山は1年を通して色々な絶景を見ることができ、山頂付近にある山小屋などで、宿泊をすれば美しい日の出や夕焼けも見ることが出来るので、登山上級者からもすごく人気のある山です。

三嶺の魅力

三嶺山は比較的、その魅力を一番感じることが出来るとされる登山コースは徳島側からの登山コースと言われています。比較的初心者でも登山出来るコースがあります。

その三嶺山の魅力は剣山から続く稜線の美しさや、そこから見る絶景、そして秋の紅葉の時期は、紅葉の赤さがものすごくて、紅葉の時期の三嶺山は別格です。そして日の出や夕日の美しさもすごく評判が良く多くの登山者が訪れます。

ほかにも山頂近くにある天空の池とも呼ばれる見残池も、山頂からの景色よりも、実は人気があり、山頂に行かずに、この池を見て下山する登山者もいるほどです。登山中の景色も青空と一面の緑のコントラストなどは本当に美しく、多くの登山者を魅了しています。

天空の池『見残池』

三嶺山には見残池と言う池があり、登山者の間では天空の池と呼ばれている、三嶺山おすすめのスポットがあります。見残池の周りはぐるっと回れるように道もあり、山頂からの景色よりも人気があります。

池のすぐ近くには山小屋もあるので避難することもできます。そして池の東の方に行くと、東側が断崖になっていて周りの地形が見えないというのもあって、池が空中に浮いているように見えたり、見方によっては池に空が写り込んで大きな穴が開いてるように見えたりします。

そのため天空の池と呼ばれたり、空に飛ぶ池と呼ばれたり、登山者からは三嶺山では一番の人気のスポットとなっています。

赤く染まった『コメツツジ群落』の紅葉

三嶺山を登山するなら、徳島県側からが良いと言われるのは、天然記念物でもあるコメツツジが三嶺山の稜線には生息していて、徳島県側の登山コースからくると、一面コメツツジに覆われた景色を見れるからで、紅葉の時は特におすすめです。

特に紅葉の時期は大変素晴らしく、コメツツジは10月の中から下旬辺りから紅葉しだし、11月の上旬ころまで紅葉の景色が見れるのですが、その紅葉の紅さは、イメージする紅葉とは別格の紅さで、紅葉というよりも火のような赤さです。春や夏は美しい新緑の稜線が紅葉の時期は息を飲むほどに真っ赤に覆われ見応えがあります。

このコメツツジだけでなく、三嶺山周辺も紅葉に色づき美しいのですが、稜線のこの紅葉の美しさと、すごく紅い紅葉に覆われる三嶺山は、登山しないと見れない絶景で、三峰山の秋の登山では紅葉の景色を目的に誰もが訪れます。

三嶺は登山初心者でも登れるのか?

たくさんの魅力をもつ三嶺山は四国でも一番の美しさを言われる山です。登山をしてる方であれば当然、登っていたいという気持ちはあります。登山を始めたばかりという初心者の方でも、四国に住んでいるかたなら登ってみたいという気持ちはあるはずです。

基本的に三嶺山の登山はコースを見る限りですが、初心者ではちょっと大変な部分がありますが、初心者でもしっかり注意して登山すれば大丈夫な比較的初心者用の日帰りできる登山コースがあります。

他の登山コースはテントを担いで1泊するコースなどあり、初心者ではちょっと大変な部分もあり、単独で登山するというのははじめのうちは初心者の方はやめたほうが良いです。何度か登山してる方や中級、上級者と初めは登山するのが良いかと思います。

【徳島側】三嶺のおすすめ登山コース

いくつか三峰山の登山コースはあるのですが、その中でも比較的メジャーな代表的な登山コースがあり、徳島県側からの登山コースと高知県側の剣山を経由する、一番知られたコースをご紹介します。

徳島県側からのコースは初心者の登山することが可能な比較的ラクなコースで、日帰りのコースになります。そして一番知られている登山コースはリフトを使うと40分くらいで剣山の山頂まで行けてしまうコースです。

①.名頃駐車場~三嶺往復コース

名頃駐車場から三嶺山山頂まで行き、再び名頃駐車場までまで戻ってくるコースで三嶺登山コースでは難易度の低い比較的初心者向けのコースです。このコースは4キロちょっとのコースで平均的に6時間くらいを目安にすると良いです。

登山コースとしても一番山頂まで行きやすいので、難易度の高いコースが多い三嶺登山コースでは日帰りで、難易度も低いので手軽に登れるコースとなっています。

コース的には名頃駐車場を出発しタケモミの丘を通って三嶺山頂ですので、片道3時間かからないくらいで山頂まで行けます。

難易度:初心者(健脚者)・中級者向け

三嶺山の中でも山頂までのアクセスがラクなので難易度も低いとされてるコースで、登山口からは初めは樹林帯を進みますが、比較的すぐに樹林帯は終わり、稜線まで出ないと開けない景色も、かなり手前から開け景色を眺めながら登ることが出来ます。

途中から結構急斜面の登りになりますが、稜線のとこまででれたら、山頂までは稜線のアップダウンがちょっとありますが、すぐに山頂まで行くことが出来ます。稜線からの景色を見ながら進めばすぐにつくことが出来ます。

稜線を進んで行くと右側に山小屋が見えてきますので、山小屋が見えたら、すぐです。山小屋を目印にしても良いと思います。下山は、登ってきた道を戻るだけですが、分岐点など間違えないように注意して下山してください。

②.見ノ越駐車場~剣山~三嶺~名頃駐車場コース

見ノ越駐車場から大剣神社を通り、剣山山頂を経由して三嶺山頂に行き、そして名頃駐車場へ下山するコースは難易度的に初心者の方むけではなく上級者向けとなります。コース的にも12時間くらいかかるコースで1泊するコースで、難易度は上級者となります。

登山道自体は整備されているため歩きやすいので難易度も低く感じるのですが、距離もありますし、1泊2日のコースとなっているので、テントを担ぎ、食料や水などもありますし、装備品も結構あるので、難易度は上級者向けと言われるコースです。

難易度が上級者向けとされるこのコースは見ノ越駐車場から大劔神社を通り剣山へ行き、丸石避難小屋を通過して高ノ瀬、そして白髪避難小屋でテントを張り、翌日にカヤカゲを通って三嶺山頂、そしてタケモミの丘を通って名頃駐車場というコースになっています。

難易度:中級者・上級者向け

難易度が上級者向けのコースで、登山口から2時間くらい進むと大剣神社につきます。ここではすぐ近くに名水百選にも選ばれている御神水と言う水がわいているので、ここの水を汲んで行く登山者も多くいます。そしてこの神社からは30分も歩けば山頂につくので、そこからは美しい稜線とその景色を眺めながら進むことになります。

稜線をずっと進んでいけば白髪避難小屋に行くことができ、三嶺山も見えますし、無理せずここでテントを張るのをおすすめします。避難小屋は無料ですので、テントを張らずに小屋の中で宿泊しても大丈夫ですが、何もないのでテントを張る方が結構多いそうです。

小屋の南側には水場もあるので、そこで水の補給ができます。翌日に小屋を出発し、白髪山にある分岐点を進んでカヤハゲを通過し三嶺山山頂へ向かいます。三嶺山山頂まで来たら、名頃駐車場までは、タケモミの丘を通り、名頃駐車場まで進めば良いだけです。

【高知側】三嶺のおすすめ登山コース

三嶺山の登山コースは高知県側からのコースもあります。難易度はちょっと高めのため初心者の方では結構大変かと思います。登山コースとしての難易度は一般的には中級者から上級者のコースとして知られているコースです。

高知県側からのコースも徳島県側からのコース同様に一般的によく知られている日帰りコースと難易度の高い1泊2日のコースをご紹介します。

①.峰越林道駐車場~白髪山~三嶺往復コース

峰越林道駐車場から白髪山を経由しカヤハゲそして三嶺山と進んで、来た道を戻るコースは日帰りコースで一見難易度も低く初心者でも行けそうな感じですが、距離が約9キロとちょっと長い距離のコースなので、難易度的には中級者向けとなっています。

スタート地点が登山コースの中では一番標高の高い場所からのスタートとなるので、終始景色を眺めながら歩けるコースとなっているので、楽しみながら登山できるコースです。

コース的には峰越林道駐車場から白髪山を経由しカヤハゲを通り三嶺山山頂へ行き、下山は来た道を戻るコースですので、所要時間はだいたい6時間くらいを目安にすると良いです。

難易度:中級者向け

このコースは距離があるため、中級者コースとなっていますが、初級者の方でも、全くはじめての登山というわけではなく、初級者でも、それなりに登山経験があれば、単独ではなく経験者とともに登山すれば大丈夫なコースです。

しかし、距離があるので、登りは良いですが、下山時は体力のことも考え、無理しないで登山を楽しむと良いです。スタート地点からはだいたい3時間ちょっとで三嶺山山頂につくことができ、下山時は少し時間が短縮されますので、休憩も入れて6時間ちょっとといったコースになります。

②.光石駐車場~さおりが原~三嶺~お亀岩~光石コース

光石駐車場からの登山コースは、三嶺山の登山コースの中でも本格的な登山コースと言われ、難易度も完全に上級者向けのコースとなっています。

距離も約15キロあり、所要時間はだいたい9時間、1泊2日のコースです。光石駐車場をスタートして、さおりが原を通り、カヤハゲを進んで三嶺山山頂へ向かいます。そこからお亀岩を通り、ハイヒュッテを経由し光石駐車場へ戻るコースです。

光石駐車場から三嶺山山頂まではだいたい4時間半かかります。そして三嶺山山頂から約1時間半位でお亀岩、そこから約1時間半かけてハイヒュッテへ行き、40分くらいで光石駐車場へ戻ってくるコースです。

難易度:上級者向け

このコースはまず体力が十分ないと厳しいコースで、三嶺山山頂のの山小屋を利用して1泊するかテントを張って1泊するのがおすすめのコースです。

スタート時はちょっと下り気味ですが、橋があるので、それを渡るとさおりが原へ向けて斜面を進んでいきます。さおりが原から三嶺山へ行く途中に分岐点があるので、この分岐点を間違えないように注意し進んでください。山頂についたら山小屋かその付近でテントを張り翌朝出発です。

渡河点の注意点

上級者コースである、この光石駐車場から行く登山コースは、渡河点がある意味最後の難関で、ここからハイヒュッテまでのコースは結構大変なコースとなっています。特に前日雨が降っていたり、登山中に雨が結構降ったりした場合は通れない場合もあるので、このコースに挑戦する時は事前に天気予報をしっかりとチェックしておく必要があります。

そして、この渡河点からハイヒュッテまでもコースが結構荒れているコースですので、焦らずに時間に余裕を持った状態でこの地点に来るようにしてください。

山頂の小屋から大体100メートル位降りていくと水場があるので、ここで水分補給をすると良いです。ここからの下りの道もかなり険しい下りとなるので注意しながら下り、しばらく行くと渡河点があります。天気が良いとラクですが、雨天だったりすると渡れないこともあるので注意し、ハイヒュッテまで行ければ、駐車場はすぐなので安心です。

三嶺の山小屋情報

三嶺山登山では、詳しく書いている方は全部で6つの山小屋の場所を上げてる方もいるのですが、老朽化のため使えない山小屋もあります。現在は4つの山小屋が一般的には使われてるようです。

ハイヒュッテと呼ばれる山小屋は常床山小屋が老朽化のために建てられた小屋でカンカケコースとフスベヨリコースの分岐の位置に立っている小屋です。そしてお亀岩避難小屋は剣山から白髪山の分岐に行く途中にある小屋でロケーションも良いので、比較的使う登山者が多い小屋です。

そして丸石避難小屋があります。剣山から三嶺山に向かうときの縦走路にある小屋で、丸石から近くて、1キロくらい西に行った場所にある小屋です。悪天候だったり、休憩や宿泊といった時に覚えておくと良いです。

山小屋は無人で無料

三嶺山登山で、設置されている山小屋はすべて無人で無料で使うことが出来ます。どの小屋も基本的に、何もなく、小屋の中にベッドなどありますが、横になれるといっただけですので設備は全くありません。

なので、もし小屋を利用する計画で登山するなら、灯りなどもありませんので、ある程度の装備品なども考えて計画をたてると良いです。そして、どの小屋も綺麗に使われていますので、使用した場合は、後片付けを忘れずに、綺麗な状態にして小屋を出るようにしてください。

三嶺のアクセス

三嶺山登山口までのアクセス方法ですが、基本的に車でのアクセスになります。一応バスで行けるところもあるのですが、便数があまりにも少ないので、車で行くのをおすすめします。

そして、もしJRで行く場合は駅近くでレンタカーなどで行くのがおすすめです。そして、日帰りコースなら、コース的に登山コースを往復する形になるので良いですが、出発地点と下山時の到着地点が違う場合、車2台で行くなら良いですが、1台で行く場合バスなどで移動しないといけないので、事前に時間もチェックしておくと良いです。

名頃駐車場(三嶺林道入口駐車場)のアクセス

名頃駐車場へのアクセス方法ですが、車の場合は、徳島自動車道の美馬インターチェンジでおりて、そこから約51キロです。三嶺林道があり、入口のところに駐車場があります。この駐車場は整備もしっかりされているのでトイレなどもある駐車場です。

この駐車場はバスでも一応来ることができます。バスでアクセスする場合ですが、JR徳島線の阿波池田駅で降りて、そこから四国交通バスに乗り、久保で降りて三好市営バスに乗り換えて名頃まで行くと良いです。しかしバスの本数が四国交通バスは1日4本で、三好市営バスが1日に2本なので、アクセス的には車で行くのをおすすめします。

見ノ越駐車場のアクセス

見ノ越駐車場へのアクセスですが、車であれば徳島自動車道の美馬インターチェンジで降りれば大体40キロちょっとでアクセスすることができ、駐車場も200台位駐車出来る大きな駐車場になっています。

そして、バスでのアクセスですが、JR徳島線の穴吹駅からだと見ノ越に行く直通のバスがあるのでラクです。他にもありますが、乗り換えがあったり、期間限定のバスだったりしますので、こちらもバスで行くというよりは車で直接アクセスするのがおすすめです。

峰越林道駐車場のアクセス

峰越林道駐車場へのアクセスですが、高知自動車道の南国インターチェンジで降りたら、県道32号線へ向かいます。県道32号線から県道49号線を進み、そして県道217号線へ進み、県道の終わりから西熊林道に入り、峯岸林道に入って進んでいくと峰越林道駐車場があります。

林道を進んでいくと途中に看板があって、そこから見える山々の案内と道が書かれていますので、そこで現在地や道を確認することができます。

光石駐車場のアクセス

光石駐車場へのアクセスですが、こちらも基本的に車でアクセスするのがおすすめで、バスなど交通機関を使ってアクセスするには時間もかかり登山どころではなくなるので車で直接行くのが良いです。

光石駐車場へのアクセスは高知自動車道の南区にインターチェンジで降りて光石駐車場へ向かえば良いです。時間的には1時間半くらいでつくことができます。

三嶺山登山での注意点

三嶺山の登山では、全く登山をしたことのない方が行く場所ではないので、登山経験者が行くので、登山の装備などは大丈夫かと思いますが、登山口に行くまでの途中の道が通行止めになっている時があるので、三嶺山へ登山に行くときは予め、登山口までのルートが通行止めになっていないかというのもしっかりチェックして行くようにしてください。

上級者の方などは大丈夫かと思いますが、比較的、初級者に近い方は、登山口に向かったけど、途中で通行止めで登山出来なかったということもあるので、登山口に向かうまでの道の確認も忘れないでください。

そして、三嶺山を登山する時、避難小屋などがしっかりと記載されている地図を持って行くのを忘れないでください。意外と地図を持たずに登山する方も多いようですので、万が一に備えて、地図をしっかりと持っていくようにしてください。

三嶺周辺の温泉スポット

三嶺山だからというわけでなく、登山のあとはその疲れを癒やすためにもゆっくりと温泉に浸かって、登山の疲れを癒やしてから帰宅するという方も多くいます。

徳島側と高知県側にはそれぞれ登山のあとに、その疲れを癒やすのにおすすめの温泉もありますので、登山後はゆっくりと疲れを癒やすため温泉もおすすめです。

【徳島側】いやしの温泉郷

徳島県側では、いやしの温泉郷という温泉宿があります。秘湯の温泉としても知られていて、ジャグジーがついた寝湯もある大浴場があります。もちろん露天風呂もあり、四季それぞれの綺麗な自然を眺め、小鳥のさえずりなどを聞きながらのんびりと疲れを癒やすことができます。

こちらの施設は宿泊のみで日帰り入浴はできないため、ご利用の際はウェブサイトより予約するかたちになります。住所は徳島県三好市東祖谷菅生28番地で電話番号が0883-88-2975になります。

【高知側】べふ峡温泉

高知県側でのおすすめの温泉はべふ峡温泉で、こちらの温泉は日帰り入浴も可能です。大人は620円で小人は310円となっています。バスタオルやフェイスタオルなども有料ですがありますので、手ぶらで行っても大丈夫です。

大浴場では大きな窓があり、その窓からはすぐ目の前を流れている物部川の流れや、周りの山々を眺めながら入浴でき、開放感を感じながら、ゆっくりと疲れを癒やすことが出来ます。こちらの住所は高知県香美市物部町別府4528で、電話番号は0887-58-4181になっています。

三嶺の四国一美しい景色を見に行こう!

四国で一番綺麗で美しい山と知られる三嶺山は登山コースとしてはちょっと難易度の高いコースが多いですが、その分、稜線からの長めや季節によって変わる魅力あるその景色は一度は見ておいて損はないと言っていいほどの絶景を楽しむことが出来ます。剣山からも行ける四国一といわれる三嶺山からの景色を是非見に行ってみましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
Barista Sho

新着一覧

最近公開されたまとめ