北海道のおすすめ動物園特集!危険すぎるサファリも話題で大人気!

近年北海道の観光スポットとして人気があるのが動物園です。北海道の動物園では広い敷地でのびのびと暮らす動物の様子を見ることができます。また、あのシロクマがいる動物園やサファリツアーや動物とのふれあいができる動物園などおすすめの動物園に関してご紹介します。

北海道のおすすめ動物園特集!危険すぎるサファリも話題で大人気!のイメージ

目次

  1. 1北海道は動物園がおすすめ
  2. 2北海道一番人気の動物園:旭川市旭山動物園
  3. 3北海道初の動物園:札幌市円山動物園
  4. 4観覧車のある動物園:おびひろ動物園
  5. 5北海道最大面積:釧路市動物園
  6. 6北海道の話題の動物園:ノースサファリサッポロ
  7. 7北海道でヒグマを見るなら:のぼりべつクマ牧場
  8. 8北海道の自然とヒグマが観察できる:サホロリゾート・ベアマウンテン
  9. 9小動物とふれあう:稚内市動物ふれあいランド
  10. 10北海道の動物園に行こう!

北海道は動物園がおすすめ

25005620 931049983726542 359577174576988160 n
mifko55

北海道といえば日本有数の観光地であり、グルメが豊富なところですが、北海道の観光スポットとして近年人気なのが動物園です。北海道の動物園は敷地が広く、多くの動物がのびのびと暮らしています。こちらではあのシロクマがいる動物園から動物とのふれあいができる動物園、サファリツアーまでおすすめの動物園をご紹介します。

北海道一番人気の動物園:旭川市旭山動物園

24327831 976065079213972 2326741808974921728 n
picture_k46

北海道の旭川市にある旭山動物園は1967年開園の動物園です。開園当初から旭川市の人口増加に伴い入園数はどんどん増えていきました。しかしながら1983年をピークとしてどんどん入場者数が減少していったため1997年から動物園内に次々と新施設を作りました。するとそのすべてが話題になり現在で年間150万人が訪れる全国でも5本の指に入る有名な動物園になりました。

24331590 744581909065880 1014370966354001920 n
ask_ypi_128

旭山動物園の一番の改革は動物園の展示方法に「行動展示」を積極的に導入したことです。行動展示とはその動物の生態やそれに伴う能力を、自然に誘発させて観賞者に見せるように工夫した展示で、例えば敷地内の一帯を大きな網で囲んで、展示動物(鳥)が自由に飛び回り生活できるようなスペースや、シロクマ(ホッキョクグマ)が水の中をダイナミックに泳ぐ様子が観察できます。

シロクマが水中を泳いでいる様子や水に飛び込むようすなどをバックに写真をとったり、画像を撮ったりできるので、子供や親御さんたちにも面白い展示方法です。このようにシロクマだけでなく多くの動物の持つ特技、特徴を間近で観察できるで多くの動物園が旭山動物園の展示方法を参考にしています。

北海道初の動物園:札幌市円山動物園

25010961 891068197735482 6718390463780356096 n
ryuseihata

円山動物園は戦後まもなく、人々が戦後からの復興に必至だった1950年に北海道で初めて開園した動物園です。始めは大型の鳥類が何羽か飼育されているだけでしたが、札幌という立地の良さもあり北海道有数の人気動物園になっています。敷地内には182種類1000点近くの生き物がおり、広さは224,780平方mで上野動物園の約1.5倍です。

また円山動物園が有名なのは飼育下での自然繁殖が難しいとされるシロクマの繁殖に何度も成功しているからです。円山動物園のシロクマのデナリ(オス)とララ(メス)の間には11年にわたり6回の出産で8匹もの子グマが生まれ、一番年下の子グマは2014年の12月に生まれました。この赤ちゃんシロクマたちは北海道内の様々な動物園で活躍中です。

14310794 1658324394480978 215905086 n
taopopoon

またこの動物園のもう一つのおすすめはレッサーパンダです。園内を歩いていると頭上のに橋が渡されているので何だろうと思って見ていると、一本の木からレッサーパンダが現れ、器用に釣り橋を渡り隣の木に移っていきます。そんな自然の姿を観察できる展示方法も人気の秘密です。

観覧車のある動物園:おびひろ動物園

おびひろ動物園は1963年、北海道の中では札幌市の円山動物園の次にできた動物園です。73種400点の生き物が飼育されています。広さは75000平方メートルですので、こじんまりとした動物園ながら、動物園のほかにメリーゴーランドや観覧車などのアトラクションも設置されているのでデートやご家族連れに大変人気のある動物園です。

21434007 1427128987356350 6798419611608940544 n
miwas5

おびひろ動物園のおすすめは毎日行われているスポットガイドです。スポットガイドとは担当の飼育員が、その動物の特徴や生態を説明して、どんな餌を食べるのかや、餌を食べている様子なども見せてくれます。スポットガイドはその日により時間や動物が違いますので、インターネットで調べたり、当日正面前広場・南門の掲示板を確認しましょう。

18252882 1885552381715033 1966480244244217856 n
masahitossk

また、北海道の動物園を訪れるときに注意したいのは冬季の開園スケジュールです。ただでさえ北海道の寒さは厳しく、動物によっては冬季は公開中止の動物もいます。冬季に限り営業時間が短くなる動物園もありますし、こちらのおびひろ動物園は本日から、冬季は土日と祝日のみの開園になりますので、遠方よりお越しの際はお気を付けください。

北海道最大面積:釧路市動物園

23099061 122723028424807 6390988577139851264 n
mofu_pan

1975年に開園されたこちらの釧路市動物園は総敷地面積470000平方メートルもあり、北海道で最大の広さがある人気の動物園です。またこちらの動物園は商業施設としての機能だけではなく、動物の保護研究機関としても活動している動物園になります。飼育動物は60種類450点です。

こちらの釧路市動物園で有名なのがシマフクロウの飼育です。20世紀のはじめまでは北海道全域に生息していましたが、森林伐採などによる自然環境の悪化により現在では北海道の一部でしか見られない貴重な生態系になってしまいました。そんなシマフクロウを世界で初めて飼育下で繁殖させ、国内唯一のシマフクロウの保護センターになりました。

19534126 487147114950325 3456502148387307520 n
shokokamo

また、広い敷地と、北海道という土地ならではのサービスとして、積雪期は園内に歩くスキーコースとそり山が開設され、用具貸し出しも行われるので、お子様連れでちょっとしたレジャーも楽しむことができます。スタンプラリーなどのイベントも随時行っていますので、ホームページで確認するのがおすすめです。

北海道の話題の動物園:ノースサファリサッポロ

ノースサファリ札幌は電車で札幌駅から45分で行ける動物園とレジャーが一体化した新しいタイプの動物園で2005年に北海道初のサファリパークとしてオープンしました。園内はノースサファリにデンジャラスゾーン、やデンジャラスの森という何やら危険な雰囲気を感じるネーミングのエリアがあります。

23348264 545757999149632 6728628763870887936 n
a_rino30

ノースサファリの特徴は動物とのふれあいができる体験型の動物園であることです。動物と人との間に柵や隔たりのないところも多く、ニホンザルに餌をやったり、キツネを抱っこしたりと可愛い動物たちふれあいだけでなく、ライオンなどの危険な動物に直接餌をやったり、肉球を触ったりすることもできます。

21827777 717833571739102 6440780145887281152 n
maomao3chan

デンジャラスエリアの中には危険な動物もおり、めったにふれあいができないようなワニや巨大な蛇を抱っこしたり、猛獣に餌をあげたりもできます。そしてさらにデンジャラスの森はさらに危険なエリアになっており、死ぬ可能性があるような危険毒を持つ生き物や強靭な顎を持つワニなどがおり、その危険なエリアへの入場には誓約書が必要です。

21984902 658574844337582 3071314904163024896 n
tk__sy__

さらに体験型がテーマのこちらの動物園ではそれらの危険な生き物たちともぎりぎりの距離感を楽しむための工夫がされており、危険な生き物がいる池などに細い橋が渡してあり、そこを渡るようにして生き物を観察するような展示方法になっているなど、小さいお子様には少し難しいかもしれませんが、スリルを求める大人には人気の動物園です。

北海道でヒグマを見るなら:のぼりべつクマ牧場

17332979 1126291774165865 743569382805864448 n
mikmik0107

のぼりべつクマ牧場は登別温泉にあるクマ専門の牧場です。飼育しするのはエゾヒグマ、ヒグマ、ツキノワグマ、エゾリス、エゾタヌキなどを放養しています。また、周辺が支笏洞爺国立公園であるため、野生鳥獣も多く見ることができます。

21827153 1982670765348423 9110120818775425024 n
yiduo888

登別温泉街からロープウェイで7分ほどの標高550メートルのところにクマが飼育されている場所があり、たくさんのエゾヒグマたちをまるで猿山にいるサルのように迫力満点に観察できることができ、餌付けもできます。さらに人がオリの中に入ったようなガラス張りの展示ではヒグマをガラス張りの向こうにとても間近で見ることができます。

北海道の自然とヒグマが観察できる:サホロリゾート・ベアマウンテン

2重のフェンスで囲まれた150000平米の広大な敷地のサホロリゾートベアマウンテンでは北海道の自然に生きるヒグマの姿を観察することができます。しかしながらヒグマはとても危険な動物ですので園内のヒグマには電子タグが付けられ、位置情報を確認しており、安全管理にはぬかりがありません。また冬季期間はお休みですのでご注意ください。

22220771 305315709947491 8620432519113736192 n
forestbook_a

敷地内の「ベアポイント」では人工池や洞窟があり、4センチの強化ガラスの向こうにクマの姿を観察できます。「ベアウォッチングバスコース」は1.2キロメートルのサファリコースです。鉄格子のバスの向こうには大きなヒグマがのそのそと歩いているのを観察できます。また園内の5メートルの高さにある「遊歩道」からはヒグマが見えます。

 

小動物とふれあう:稚内市動物ふれあいランド

稚内空港から車で1分という便利なアクセスの稚内市動物ふれあいランドでは小さなお子様も大好きなウサギやモルモットなどの小動物やアヒル、山羊などとふれあいができる癒し系の動物園です。また、敷地内には約6000平方メートルのドッグランがあり、映画などで活躍したスター犬もこちらで暮らしています。

北海道の動物園に行こう!

20838205 526572071067895 7442505092139319296 n
ikura_hkd

北海道の動物園は展示に試行を凝らしたものや、大自然の中で動物に会いに行くタイプのものなど、様々なタイプの動物園がありますが、どちらも動物たちが生き生きと暮らしているのが特徴です。また、保護センターを兼ねる動物園の取り組みなどを見ると、少しでも自然保護に協力できることはないだろうかと考えさせられます。北海道に行く際には是非動物園に行ってみましょう。

Thumb北海道の観光スポット特集!絶対に外せない人気の定番から穴場まで一挙紹介!
北海道は日本の最北端のあり、世界の有名都市であるシカゴ、モントリオール、ロンドンなどと同緯度...
Thumb夏の北海道観光におすすめのスポットはココ!カップルやファミリー旅行に!
北海道の夏は、暑すぎず寒すぎずといった心地良い気候が魅力です。国内屈指の観光地といったことも...

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
akkey

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ