浅草・雷門観光完全ガイド!歴史や由来・食べ歩きグルメまで徹底解説!

東京の人気観光スポット・浅草の雷門。浅草・雷門は、大きな大提灯が特徴で、日本のみならず海外の観光客からも人気を集めています。今回は、浅草・雷門観光ガイドとして、浅草・雷門の歴史や由来、そして、食べ歩きやおすすめグルメをご紹介します。

浅草・雷門観光完全ガイド!歴史や由来・食べ歩きグルメまで徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1海外からの観光客でも賑わう浅草「雷門」
  2. 2東京の人気観光スポット浅草「雷門」をご紹介!
  3. 3浅草・雷門とは?
  4. 4浅草・雷門の歴史
  5. 5浅草・雷門の見どころ
  6. 6浅草・雷門周辺のおすすめ食べ歩きグルメ9選
  7. 7浅草・雷門エリアでおすすめのご飯のお店
  8. 8浅草・雷門のアクセス
  9. 9見どころ満載の観光スポット浅草・雷門に行こう!

海外からの観光客でも賑わう浅草「雷門」

とても巨大な提灯があることで有名な浅草「雷門」。浅草寺へと続く参道の入り口ともなっており、たくさんの観光客で賑わっています。近年では、日本の観光客だけでなく、海外からの観光客でも賑わっています。今回は、浅草「雷門」について、歴史や魅力的なポイントを含めてご紹介しましょう。

東京の人気観光スポット浅草「雷門」をご紹介!

東京でも人気の観光スポットとして知られている浅草「雷門」は、浅草「雷門」のシンボルともなっている『大提灯』があり、その周辺には、たくさんの昔ながらの商店やグルメスポットがあります。

また、浅草「雷門」の近くには、人力車が停まっていることがあり、人力車を利用して、浅草周辺を散策することもできます。続いては、浅草「雷門」について歴史、グルメスポットなどを順番にご紹介します。

浅草・雷門とは?

浅草「雷門」は、浅草寺への続く参道の入り口となっています。とても大きな提灯が吊るされているということもあり、日本でも海外でも観光スポットの一つとして紹介されています。浅草「雷門」は、東京でもアクセスしやすい観光スポットでもあるので、とても人気があります。

浅草・雷門の歴史

浅草「雷門」の歴史についてみていきましょう。浅草「雷門」の歴史はかなり古く、現在の位置にあるのは、鎌倉時代からなのですが、実は、平安時代から現在とは違う場所に「雷門」があったとされています。続いては、もう少し浅草「雷門」の歴史をみていくことにしましょう。

雷門と呼ばれる由来

そもそも浅草「雷門」とは、正式名称ではないのです。浅草「雷門」の正式名称は、風神雷神門と呼ばれており、浅草「雷門」の提灯が吊るされている両隣には、雷神と風神の2つの像が左右それぞれに祀られているのです。

確かに、浅草「雷門」を抜けた後には、風雷神門という記載を見つけることができます。浅草「雷門」は、浅草寺において、水害や火災などの災害から守られるようにと祀られたと言われています。

平安時代は今とは違う所にあった

浅草「雷門」は、1000年以上前の平安時代に、建てられたと言われています。しかし、当時の雷門は、現在ある浅草の場所ではなく、駒形にて雷門が建てられたと言われています。

その後、鎌倉時代に、現在の浅草「雷門」がある場所へ移されたとされています。現在の場所へ移すときに、風神と雷神が祀られたとされています。以降現在に至るまで、焼失と再建を繰り返しながらも、浅草のシンボルとして残っています。

雷門を再建したのは「松下幸之助」

焼失と再建を繰り返していた浅草「雷門」ですが、実は、一時期、浅草「雷門」が再建されない時期がありました。幕末にあった駒形町での火災により、焼失した浅草「雷門」は、再建されずにそのままとなっていたのです。

戦争の動乱期を経て、1960年に、当時の松下電器産業(現在のパナソニック)の社長であった故・松下幸之助氏によって寄進されて、再建されたのです。現在の浅草「雷門」は、故・松下幸之助氏によって再建されたもので、50年以上の歴史を持っています。

浅草・雷門の見どころ

浅草「雷門」の見どころとは、どのようなところなのでしょうか。続いては、浅草「雷門」の見どころとして、雷門のシンボルである『大提灯』、大提灯の底に刻まれている『龍の彫刻』、左右に祀られている『風神と雷神』、そして、門の裏にある『金龍と天龍』についてご紹介しましょう。

雷門のシンボル『大提灯』

まずは、雷門のシンボルである『大提灯』です。『大提灯』は、昔からあったのですが、火災によって焼失しています。その後、1960年に故・松下幸之助氏によって寄進されて再建していますが、これまで定期的な掛け替えによって、入れ替わっています。

現在の『大提灯』は、2013年に掛け替えられたもので、高さ3.9m、幅3.3m、重さ700kgとなっており、とても大きな『大提灯』なのです。なお、掛け替えは、10年に一度の周期となっており、その時期に重なると『大提灯』を見ることができません、

大提灯の底に刻まれた『龍の彫刻』

とても巨大な『大提灯』に目がいきがちですが、実は『大提灯』の底には『龍の彫刻』が刻まれているのです。『大提灯』の底に刻まれている『龍の彫刻』は、昔から火事の多いエリアとして有名であった浅草エリアに火事から救ってくれる龍神を刻んで、人々を救ってくれるという意味合いも込めていました。

雷門の由来となった『風神と雷神』

『大提灯』が吊るされている浅草「雷門」の左右には、『風神と雷神』が祀られています。左には、雷神、右には風神となっています。現在の風神と雷神は、明治時代に補刻された像となっています。

また、『風神と雷神』は、1960年に故・松下幸之助氏による浅草「雷門」を再建するときに合わせて、常盤堂雷おこし本舗であった社長・穂刈恒一氏の好意によって、補修・補色されています。

門の裏側にも注目『金龍と天龍』

『大提灯』が吊るされている浅草「雷門」の門の裏側には、『金龍と天龍』が祀られています。『金龍と天龍』は、松下グループ有志によって寄進された像で、風神・雷神と対称となるように意図的に奉安されているのです。

なお、『金龍と天龍』は、天龍が男性の姿で、高さ2.93m、そして重さ250kgとなっています。一方で、金龍が女性の姿で、高さ2.74m、そして重さ200kgとなっているのです。

浅草・雷門周辺のおすすめ食べ歩きグルメ9選

歴史ある浅草・雷門の周辺には、たくさんのお店が立ち並んでおり、食べ歩きをしながら、浅草・雷門、そして浅草寺の歴史・観光スポットを巡ることができます。続いては、浅草・雷門周辺にあるおすすめ食べ歩きグルメとして、9つのお店をご紹介していきましょう。

ふわふわ生地の人気どら焼き『亀十』

最初にご紹介する浅草・雷門周辺のおすすめ食べ歩きグルメは、『亀十』のどら焼きです。『亀十』のどら焼きは、食べ歩きにも便利なお菓子で、ふわふわ生地でとても人気があります。

『亀十』のどら焼きは、繊細な皮にサンドされている小豆餡がとても濃厚で美味しいと口コミでも人気のお店なのです。また、どら焼きだけでなく、かりんとうも美味しいと人気があり、お土産として購入する人もたくさんいらっしゃいます。

『亀十』のどら焼きは、一つ360円となります。味は、あんこと白いんげんがあり、どちらも美味しいと人気があります。浅草駅にも近いので、気軽に立ち寄ることができ、どら焼き片手に浅草エリアを満喫することができるでしょう。

住所 東京都台東区雷門2丁目18-11
電話番号 03-3841-2210

浅草の定番お土産『常盤堂 雷おこし本舗』

最初にご紹介する浅草・雷門周辺のおすすめ食べ歩きグルメは、『常盤堂 雷おこし本舗』です。『常盤堂 雷おこし本舗』は、先にご紹介した風神と雷神の補修・補色をしてくださった会社なのです。

『常盤堂 雷おこし本舗』は、浅草の定番のお土産として有名な雷おこしのお店で、多彩な雷おこしを販売しています。『常盤堂 雷おこし本舗』の雷おこしは、一口サイズの個包装も販売されており、とても人気があります。

『常盤堂 雷おこし本舗』は、浅草・雷門のすぐ近くということもあり、浅草寺に参る前、浅草から帰る前にも立ち寄ることができます。ぜひ、浅草・雷門エリアの食べ歩き用に、雷おこしを購入してみてはいかがでしょうか。

住所 東京都台東区浅草1丁目3-2
電話番号 03-3841-5656

人形焼きの大人気店『本家 梅林堂』

リーズナブルな価格で、食べ歩きグルメにも利用しやすい人形焼で有名なのが、『本家 梅林堂』です。『本家 梅林堂』は、浅草寺までの途中にある人形焼のお店で、リーズナブルな価格で購入することができるお店でもあります。

『本家 梅林堂』の人形焼は、五重の塔と雷門となっています。全て個包装ということもあり、手が汚れず食べやすいと人気の食べ歩きグルメでもあります。『本家 梅林堂』の人形焼の味は、シンプルなこしあんとつぶあんとなっています。

『本家 梅林堂』の人形焼は、お土産にも利用することができると人気があります。日持ちもするので、食べ歩きのグルメだけでなく、東京のお土産として『本家 梅林堂』の人形焼を購入してみてはいかがでしょうか。

住所 東京都台東区浅草1-18-1
電話番号 03-3843-4311

浅草の新名物メンチカツ『浅草メンチ』

次にご紹介する浅草・雷門周辺のおすすめ食べ歩きグルメは、『浅草メンチ』です。『浅草メンチ』は、浅草の新名物としても言われているメンチカツのお店で、外はサクサク、中は熱々のメンチカツを食べることができると人気があります。

『浅草メンチ』は、ソースではなく、からしをつけることで味わいがさらにますと言われています。食べ歩きもできるように、紙で包んだメンチカツを片手に食べ歩きをすることもできます。

『浅草メンチ』のメンチカツは、1つ250円となっています。繁忙期には、行列ができるほど人気の『浅草メンチ』ですが、回転が早いので、あまり長い時間待つことは稀です。浅草の新しいグルメであるメンチカツをぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

住所 東京都台東区浅草2丁目3-3
電話番号 03-6231-6629

外はカリッと中ふわふわなメロンパン『花月堂 雷門店』

続いて、ご紹介する浅草・雷門周辺のおすすめ食べ歩きグルメは、『花月堂 雷門店』です。『花月堂 雷門店』は、昭和20年からある歴史あるお店で、外がカリッとして、中がふわふわなメロンパンを食べることができると浅草でも人気があります。

『花月堂 雷門店』は、音楽を聴きながら、ソフトクリームやパフェといった甘味を食べることができますが、最も人気なのが、1日3000個売り上げるというメディアでも取り上げられたジャンボメロンパンなのです。

『花月堂 雷門店』のジャンボメロンパンは、独自の製法で作られたメロンパンで、他のメロンパンよりも大きくて、外はカリッと、中はもちもちという他では食べることができないメロンパンなのです。食べ歩きもしやすいので、おすすめの商品です。

住所 東京都台東区浅草2-7-13
電話番号 03-3847-5251

Thumb浅草「花月堂」のメロンパンが大人気!おすすめメニューの値段や場所を調査!
東京の浅草エリアで美味しいメロンパンが食べられるということで人気となっている、「花月堂」のお...

『東京浅草 豊福』の黒毛和牛カレーパンが絶品

次にご紹介する浅草・雷門周辺のおすすめ食べ歩きグルメは、『東京浅草 豊福』です。『東京浅草 豊福』は、フレンチレストラン出身のオーナーが添加物を使用しないで、オリジナルスパイスと独自の方法で作るカレーパンが人気があります。

『東京浅草 豊福』のカレーパンは、黒毛和牛のカレーパンで、中のカレーが美味しいと口コミでも人気があります。また、牛肉は、8時間以上煮込んでいると言われてり、とても柔らかいので、食べやすいと人気があります。

『東京浅草 豊福』のカレーパンは、揚げたてを提供してもらうことができます。1個280円となっています。個数も限定となっており、浅草・雷門エリアへ訪れたならば、ぜひ食べておきたいおすすめのグルメでしょう。

住所 東京都台東区浅草2丁目3-4
電話番号 03-3843-6556

できたてモチモチのきびだんご『浅草きびだんご あづま』

『浅草きびだんご あづま』も浅草・雷門エリアにて、食べ歩きにおすすめのグルメとなっています。『浅草きびだんご あづま』は、出来立てのもちもちのきびだんごを食べることができると言われており、とても人気があります。

『浅草きびだんご あづま』は常に行列が絶えないお店としても浅草・雷門エリアで評判があります。『浅草きびだんご あづま』では、たっぷりかかったきな粉が特徴で、とても美味しいと人気があります。

『浅草きびだんご あづま』の値段は、5本で360円となります。一緒に、春から秋にかけては、冷やし抹茶を、そして、冬の時期は、甘酒を販売しています。食べ歩きはできませんが、美味しいきびだんごと飲み物を一緒に食べながら休憩するのにおすすめです。

住所 東京都台東区浅草1丁目18-1
電話番号 03-3843-0190

夏にぴったりなアイス最中『浅草ちょうちんもなか』

次にご紹介する浅草・雷門周辺のおすすめ食べ歩きグルメは、『浅草ちょうちんもなか』です。『浅草ちょうちんもなか』は、アイスモナカを販売しているお店で、夏の暑い時期にはたくさんの人が買い求める人気の商品です。

『浅草ちょうちんもなか』には、バニラや抹茶、あずきといった定番の味からきな粉、チョコチップ、ココナッツなどのバラエティに富んだ味を提供しています。持ち歩きしやすいということもあり、食べ歩きグルメとして人気があります。

『浅草ちょうちんもなか』のアイスモナカは、1個330円となります。また、アイスモナカ以外にもかき氷やフルーツお酢ジュースなども販売しています。浅草エリアの観光スポットを巡っている途中に立ち寄っておきたいおすすめのスポットの一つでもあります。

住所 東京都台東区浅草2丁目3-1
電話番号 03-3842-5060

おイモ専門店の人気大学芋『おいもやさん 興伸』

続いてご紹介する浅草・雷門周辺のおすすめ食べ歩きグルメは、『おいもやさん 興伸』です。『おいもやさん 興伸』は、お芋を使ったスイーツを購入することができるお店として、浅草エリアで人気を集めているお店の一つなのです。

『おいもやさん 興伸』では、お芋を使ったソフトクリームやスイートポテト、大学芋などを販売しています。食べ歩きグルメとしても食べることができますが、お土産として購入される人もたくさんいらっしゃいます。

『おいもやさん 興伸』のおすすめ食べ歩きグルメは、大学芋です。『おいもやさん 興伸』の大学芋は、しっとりとしたやわらかな「みやび」と風味豊かな「小町」の2つがあります。どちらも美味しいと評判なので、ぜひチェックしてみてください。

住所 東京都台東区浅草1丁目32-1
電話番号 03-5827-3040

浅草・雷門エリアでおすすめのご飯のお店

歴史ある浅草・雷門エリアは、昔からのレストランが今なお、たくさん残っています。今回は、浅草・雷門エリアでおすすめのご飯のお店として、歴史あるすき焼き店の『今半本店』と浅草名物となっている『浅草 牛かつ』のおすすめのお店をご紹介していきましょう。

歴史あるすき焼き店『今半本店』

最初にご紹介する浅草・雷門エリアでおすすめのご飯のお店は、歴史あるすき焼き店として有名な『今半本店』です。『今半本店』は、100年以上の歴史を持つ、すき焼き店で、浅草エリアでもとても人気のすき焼き店なのです。

『今半本店』では、ランチメニューなども充実しています。ランチには、平日限定のすき焼き定食、そして、和風ステーキ定食、そして、ランチでいつでも食べられるヒレステーキ定食などがあります。

また、『今半本店』では、個室でも食べることができます。個室は、上すき焼きと特選牛のロースすき焼きを提供されています。ゆっくりとご飯を食べたい人には『今半本店』の個室がおすすめでしょう。

住所 東京都台東区浅草1丁目19-7
電話番号 03-3841-1411

浅草名物とも言われる『浅草 牛かつ』

次にご紹介する浅草・雷門エリアでおすすめのご飯のお店は、浅草名物とも言われる『浅草 牛かつ』です。『浅草 牛かつ』は、柔らかくてサクサクと口コミでも人気のお店で、いつも行列ができると言われています。

『浅草 牛かつ』は、半生で運ばれてきた牛カツをご自身で焼き石の上で焼いて食べるというスタイルです。お好みで調整することができるので、観光で浅草を訪れている幅広い世代から人気を集めています。

『浅草 牛かつ』の牛カツはサイズも選ぶことができます。値段も高くなく、リーズナブルと好評で、日本だけでなく、海外の人も並んででも食べたいと人気がある浅草を代表するグルメとなっています。

住所 東京都台東区雷門2丁目17-10 上村ビルB1F
電話番号 03-3842-1800

Thumb浅草の人気ステーキ店7選!安いランチやディナーにピッタリの店は?
東京・浅草は、知る人ぞ知るステーキが美味しい街です。安いランチやディナーにピッタリな人気店や...

浅草・雷門のアクセス

観光スポットとして人気の浅草・雷門エリアですが、アクセスはどのような方法があるのでしょうか。浅草・雷門へのアクセスは、電車あるいは車でのアクセスとなります。電車だと地下鉄、私鉄が通っており、とても便利と言われています。それでは、それぞれのアクセス方法についてみていきましょう。

電車でのアクセス

最初にご紹介する浅草・雷門へのアクセスは、電車でのアクセスです。電車でのアクセスは、東京メトロ、都営地下鉄、つくばエクスプレス、そして、東武スカイツリーラインが浅草エリアに乗り入れています。

東京駅や新宿、渋谷方面からのアクセスは、東京メトロ、都営地下鉄が便利でしょう。東京メトロ、都営地下鉄共に、浅草駅があります。銀座線を利用して、東京駅から20分くらい、渋谷駅から35分くらいとなります。新宿駅は大江戸線で、30分となります。

東京・秋葉原と筑波市を結ぶつくばエクスプレスの沿線沿いに滞在している人は、つくばエクスプレスが便利でしょう。筑波から浅草までの所要時間は、乗り換えなしで、45分となります。

また、浅草と群馬県伊勢崎市を結ぶ東武スカイツリーラインの沿線沿いに滞在している人もいらっしゃるでしょう。伊勢崎駅から浅草・雷門エリアの最寄駅である浅草駅までは、所要時間が2時間ほどとなります。

車でのアクセス

浅草・雷門エリアまで車で訪れる人もいらっしゃるでしょう。車で人気の観光スポットである浅草・雷門エリアへは、事前に駐車場の場所を確認してからアクセスすることをおすすめします。

浅草・雷門エリアは、車を停める場所があまり多くなく、また、一方通行など車の交通を制限されるエリアもたくさんあります。なので、車にて浅草・雷門エリアへアクセスするときは、事前に駐車場を確認してから訪れることをおすすめします。

見どころ満載の観光スポット浅草・雷門に行こう!

歴史ある東京の人気観光スポットである浅草・雷門エリア。日本人だけでなく、たくさんの外国人も訪れている観光スポットとなっています。歴史がたっぷり詰まった見どころも満載のスポットでもたくさんあるので、美味しいグルメを片手に観光スポット浅草・雷門を散策してみるのもいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
daiking

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ