蝶ヶ岳の登山ルートや難易度は?登山口へのアクセスやテントを張れる場所も紹介!

長野県の北アルプスに属す「蝶ヶ岳」は、他の北アルプスの山々に比べ起伏が少なくなだらかな為、多くの登山者が訪れます。ここでは、そんな「蝶ヶ岳」の登山ルートや難易度、テントを張れる山小屋情報やアクセス方法など、「蝶ヶ岳」の登山に必要な情報を詳しく紹介していきます。

蝶ヶ岳の登山ルートや難易度は?登山口へのアクセスやテントを張れる場所も紹介!のイメージ

目次

  1. 1登山ルートや山小屋情報などを紹介!長野県の蝶ヶ岳へ登山に行こう
  2. 2長野県の蝶ヶ岳について
  3. 3長野県の蝶ヶ岳の登山ルートと難易度1:登山ルートについて
  4. 4長野県の蝶ヶ岳の登山ルートと難易度2:難易度について
  5. 5長野県の蝶ヶ岳の登山ルートと難易度3:三股登山ルート
  6. 6長野県の蝶ヶ岳の三股登山口へのアクセス方法
  7. 7長野県の蝶ヶ岳の登山ルートと難易度4:上高地・長塀山ルート
  8. 8長野県の蝶ヶ岳の登山ルートと難易度5:上高地・横尾ルート
  9. 9長野県の蝶ヶ岳の上高地バスターミナルへのアクセス方法
  10. 10長野県の蝶ヶ岳の登山ルートと難易度6:蝶ヶ岳・常念岳の縦走ルート
  11. 11長野県の蝶ヶ岳の見どころ1:ゴジラの木
  12. 12長野県の蝶ヶ岳の見どころ2:妖精の池
  13. 13長野県の蝶ヶ岳の見どころ3:ライチョウ
  14. 14長野県の蝶ヶ岳付近の山小屋1:徳澤園
  15. 15長野県の蝶ヶ岳の徳澤園へのアクセス方法
  16. 16長野県の蝶ヶ岳付近の山小屋2:横尾山荘
  17. 17長野県の蝶ヶ岳の横尾山荘へのアクセス方法
  18. 18長野県の蝶ヶ岳付近の山小屋3:蝶ヶ岳ヒュッテ
  19. 19長野県の蝶ヶ岳付近の山小屋4:常念小屋
  20. 20長野県の蝶ヶ岳の山頂で絶景を堪能してみませんか?

登山ルートや山小屋情報などを紹介!長野県の蝶ヶ岳へ登山に行こう

長野県の松本市と安曇野市に連なる北アルプスに属す標高2677mの「蝶ヶ岳」は、他の北アルプスの山に比べて起伏が少なくなだらかで難易度もそんなに高く無い為、多くの登山者に親しまれています。ここでは、「蝶ヶ岳」の登山ルートやテント泊ができる山小屋等、登山に必要な情報を詳しく紹介していくので「蝶ヶ岳」へ登山に行きましょう!

Thumb長野の山はどこがおすすめ?山登り初心者におすすめの登山コースまとめ!
「日本の屋根」と称される長野県。日本で4番目に広い面積を誇る都道府県で、飛騨山脈、木曽山脈、...

長野県の蝶ヶ岳について

長野県の松本市と安曇野市に連なる俗に北アルプスと呼ばれる飛騨山脈は、その山の全体が長野県に属しています。北アルプスの南部に属し、日本百名山の1つでもある「常念岳(じょうねんだけ)」の南方には、標高2677mの「蝶ヶ岳」と呼ばれる山があります。

「中部山岳国立公園」内に聳え立つ「蝶ヶ岳」は、他の北アルプスの山に比べ起伏が少なく、なだらかな山となっており、難易度もそんなに高く無いので多くの登山者に親しまれています。「蝶ヶ岳」の名前の由来は、5月下旬から6月上旬にかけて山に現れる白い羽根を広げた蝶々のような雪の模様からきていると言われています。

森林限界である「蝶ヶ岳」の山頂付近には、沢山のハイマツが生えており、高山帯で生息していると言われるライチョウを見る事ができます。また、「蝶ヶ岳」の山頂付近には山小屋の「蝶ヶ岳ヒュッテ」もあり、奥穂高から槍ヶ岳、そして八ヶ岳連峰など息を吞むような山脈の絶景を眺める事ができます。

「蝶ヶ岳」の山頂からの日の出や日の入りを一目見ようと、多くの登山者の方が「蝶ヶ岳ヒュッテ」に一泊します。また、「蝶ヶ岳」では見どころである「妖精ノ池」などの湖沼、美しい高山植物や高山蝶などを見る事もできておすすめです。

Thumb長野・松本観光の名所ランキングTOP29!グルメスポットや日帰りコースも!
国宝「松本城」で有名な、古い歴史を感じることのできる城下町、長野県松本市。どこか懐かしさのあ...

長野県の蝶ヶ岳の登山ルートと難易度1:登山ルートについて

北アルプスの山の中でもなだらかで難易度もそんなに高くない「蝶ヶ岳」は、登山ルートによっては日帰り登山も可能な山です。しかし、「蝶ヶ岳」の山頂にある「蝶ヶ岳ヒュッテ」に1泊して奥穂高から槍ヶ岳、そして八ヶ岳連峰に沈む太陽を眺めたり、次の日の朝に早起きして日の出を眺めるのがおすすめとなっています。

難易度は高くないと言われる「蝶ヶ岳」ですが、登山の途中から急な雪道となり滑って歩き辛いという声をよく聞きます。「蝶ヶ岳」の登山ルートにはテント泊もできる山小屋が幾つかあるので、初心者の方や体力に自信の無い方、時間に余裕のある方は無理をせずに1泊2日か、2泊3日などにして自分のペースにあった登山をする事が大事です。

難易度は高くないと言われる「蝶ヶ岳」ですが、特に樹林帯付近は夏でも雪があったりします。このように、「蝶ヶ岳」の山頂は夏でも気温が低い事が多いです。登山の際には防寒用の衣類を持参する等して服装には気を付けるようにして下さい。「蝶ヶ岳」では一定間隔でピンクのマーキングが木々に付いているので、迷わないように目印にして下さい。

「蝶ヶ岳」には、オオサクラソウ・クルマユリ・キヌガサソウ・シナノキンバイ・チングルマなどの高山植物、ミヤマモンキチョウ・ベニヒカゲなどの美しい高山蝶、そしてライチョウなどの珍しい生物が生息しているので、探しながら山を登るのもおすすめです。

長野県の蝶ヶ岳の登山ルートと難易度2:難易度について

「蝶ヶ岳」の登山ルートの難易度は技術度Bとなっており、登山ルートによっては崖や雪渓を登り下りしないとならない要注意な場所があります。「蝶ヶ岳」の登山の難易度は高く無いと言われていますが、足場の悪い場所や雪道を登り下りしたりするので、難易度が高く無くても細心の注意を払い登山や下山をする必要があります。

難易度はそれほど高く無いと言われる「蝶ヶ岳」には、幾つかの登山ルートがあるので自分の体力やペースにあった登山計画を立て、無理のないように休憩をはさみながら登山や下山をするようにしましょう。

長野県の蝶ヶ岳の登山ルートと難易度3:三股登山ルート

「蝶ヶ岳」の「三股登山ルート」は早朝から登り始めると日帰りも可能なルートとなっていますが、やはり1泊2日の予定で日程を組む登山者が殆どです。この「蝶ヶ岳」の「三股登山ルート」は「三股駐車場」から「蝶ヶ岳」の山頂を目指すルートで、「ゴジラの木」がある事でも有名です。「三股登山ルート」の所要時間は約5時間です。

「蝶ヶ岳」の「三股登山ルート」の所要時間は、「三股駐車場」から「三股登山口」までが約20分、「三股登山口」から「まめうち平」までが約2時間、「まめうち平」から「蝶ヶ岳」の頂上までが約2時間40分となります。

「三股登山口」には、登山をする人は必ず出さないとならない登山届を提出する管理小屋があります。この「三股登山口」には、トイレも設置されているので寄って行かれる事をおすすめします。その後「蝶ヶ岳」の方面へ進んでいくと吊橋があるので、そのまま進んで樹林帯の中を登って行きます。

樹林帯を抜けてハイマツ帯に出ると視界が開け、北アルプスの山々の絶景を見る事ができます。ここまで来ると「蝶ヶ岳」の山頂は直ぐ目の前です。多くの登山者は「蝶ヶ岳」の山頂のすぐ近くにある山小屋の「蝶ヶ岳ヒュッテ」で1泊するようです。

長野県の蝶ヶ岳の三股登山口へのアクセス方法

「三股登山口」へのアクセス方法は、長野自動車道の安曇野ICを下り白馬・大町方面へ車を走らせます。その後、県道495号線に入り国道147号線との交差点をそのまま進み、県道25号線を大町・穂高方面へ右折します。その後、あづみの公園方面へ左折するとY字路となるので「蝶ヶ岳登山口」方面へ右折し、そのまま進むと「三股駐車場」です。

安曇野ICから「三股駐車場」までは約45分です。ただし、2018年3月に「三股駐車場」の700m手前で路肩崩落が起こった為、烏川林道は車両全面通行止となっています。現在は、車両全面通行止の手前の「森の広場駐車場」を臨時駐車場として利用しています。「森の広場駐車場」から「三股登山口」へは徒歩でのアクセスとなります。

長野県の蝶ヶ岳の登山ルートと難易度4:上高地・長塀山ルート

「上高地・長塀山(ながかべやま)ルート」は、「上高地バスターミナル」から「長塀山」を経由し「蝶ヶ岳」の山頂を目指す所要時間約6時間40分の登山ルートです。「上高地バスターミナル」から河童橋を左手に見ながら、綺麗に整備された景色の良い歩き易い道を進んでいきます。「明神分岐」を通り過ぎると登山者や観光客がぐんと減ります。

「上高地・長塀山ルート」上の「長塀山」の山頂は木々が生い茂っており、展望ポイントにはなっていません。そのまま登って行くと樹林帯からハイマツ帯に変わる場所があり、その付近に見どころの1つ「妖精ノ池」があります。その「妖精ノ池」から「蝶ヶ岳」の山頂までは約15分で、北アルプスの山々や山小屋「蝶ヶ岳ヒュッテ」が見えてきます。

「上高地・長塀山ルート」の所要時間は、「上高地バスターミナル」から「明神分岐」までが約1時間、「明神分岐」から「徳沢」までが約1時間、「徳沢」から「長塀山」までが約3時間40分、「長塀山」から「妖精ノ池」までが約45分、「妖精ノ池」から「蝶ヶ岳」の山頂までが約15分です。

殆どの登山者は、山小屋「徳澤園」か、山小屋「蝶ヶ岳ヒュッテ」に宿泊する1泊2日の予定を組んでいます。

Thumb長野の紅葉名所ランキングTOP7!絶景スポットや温泉の見頃を詳しく紹介!
長野県は有名な紅葉名所がある県です。ここでは数ある長野の紅葉名所な中でもおすすめの7つをラン...

長野県の蝶ヶ岳の登山ルートと難易度5:上高地・横尾ルート

「上高地・横尾ルート」は、「上高地バスターミナル」から「横尾」を経由し「蝶ヶ岳」の山頂を目指す所要時間約7時間40分の登山ルートです。「上高地・横尾ルート」は、風呂のある山小屋「徳澤園」か「横尾山荘」、または「蝶ヶ岳」の山頂付近にある山小屋「蝶ヶ岳ヒュッテ」に宿泊する、1泊2日の登山予定を立てる登山者が多いです。

「上高地・横尾ルート」の所要時間は、「上高地バスターミナル」から「明神分岐」までが約1時間、「明神分岐」から「徳沢」までが約1時間、「徳沢」から「横尾」までが約1時間半、「横尾」から「槍見台」までが約1時間、「槍見台」から「蝶ヶ岳」の山頂までが約3時間10分です。

「上高地・横尾ルート」は「横尾」から稜線に出るまで、視界の利かない急な坂道の樹林帯の中をひたすら登って行きます。急な坂道に加え同じような景色が続くルートは、精神的にも体力的にもキツイという声を聞きます。登山ルート上には距離を示した表札があり、ベンチもあちこちに置いてあるので、無理をせず休憩をとりながら登山しましょう。

「上高地バスターミナル」には、綺麗に管理されている水洗トイレがあります。「明神分岐」や「徳沢」でもトイレ休憩ができますが、登山前に寄っておく事をおすすめします。「上高地・横尾ルート」には、急な斜面で岩や石などの足場の悪い場所が多いので、気を付けて登山や下山をして下さい。

Thumb長野の絶景スポット17選!人気のドライブコース・カフェ・温泉・登山ルートも!
周りを山に囲まれた長野県には大自然が堪能できる絶景スポットがたくさんあります。そこでは登山や...

長野県の蝶ヶ岳の上高地バスターミナルへのアクセス方法

「上高地バスターミナル」へのアクセス方法は、車によるアクセス、バスによるアクセス、電車によるアクセスなどがありますが、車で「上高地バスターミナル」へアクセスする予定の方は自然保護の為、マイカー規制をしているので上高地へは車で入る事ができません。自動二輪を含む自家用車は、釜トンネルから通行禁止です。

沢渡駐車場か、平湯駐車場でバスかタクシーに乗り換えて「上高地バスターミナル」までアクセスして下さい。「上高地バスターミナル」の営業時間は6時から18時まで、営業期間は4月中旬から11月中旬までとなっており、シーズン中は無休です。

Thumb長野・上高地観光を徹底ガイド!ハイキングやキャンプなど旅行の楽しみ方を紹介!
上高地は長野県でも有数の観光スポットとして大勢の人達が訪れます。長野の高地にあるにもかかわら...

長野県の蝶ヶ岳の登山ルートと難易度6:蝶ヶ岳・常念岳の縦走ルート

上記であげた「三股登山ルート」を使用して「三股登山口」から「蝶ヶ岳」の山頂まで登山します。そこから「常念岳」まで縦走し、その後「三股登山口」まで戻ってくる1泊2日の「蝶ヶ岳・常念岳の縦走ルート」もあります。

「蝶ヶ岳・常念岳の縦走ルート」では、「蝶ヶ岳」の山小屋「蝶ヶ岳ヒュッテ」か、「常念岳」と「横通岳」の鞍部に建つ山小屋「常念小屋」に1泊する登山客が多いようです。

「蝶ヶ岳・常念岳の縦走ルート」の「蝶ヶ岳」から「蝶槍」までは、槍ヶ岳や穂高連峰の眺めが素晴らしく殆ど平坦な歩き易い稜線上の登山ルートとなっています。しかし、「蝶槍」からは急な下りがあり、「常念岳」の山頂までもう一度急斜面を約400mほど登らないとならなく、この区間が結構キツイと言われています。

「蝶ヶ岳」から「横尾分岐」までが約30分、「横尾分岐」から「蝶ヶ岳三角点」までが約15分、「蝶ヶ岳三角点」から「常念岳」までが約3時間、「常念岳」から「前常念岳」までが約40分、「前常念岳」から「標準点櫓跡」までが約1時間、「標準点櫓跡」から「三股登山口」までが約2時間、「三股登山口」から「三股駐車場」までが約20分です。

長野県の蝶ヶ岳の見どころ1:ゴジラの木

「三股登山口」から1時間ほど歩くと「ゴジラの木」として有名な恐竜の頭のような形をした木が目に入ります。この見どころとなっている「ゴジラの木」には口のような穴が開いていて、そこに登山者などが入れるのか石が詰めてあり、まるで歯が生えているように見えます。この「ゴジラの木」を見たい方は「三股登山ルート」から登山して下さい。

長野県の蝶ヶ岳の見どころ2:妖精の池

「蝶ヶ岳」の山頂の直下、標高2615mの場所にある「妖精の池(ようせいのいけ)」は、木々に囲まれた神秘的な雰囲気の小さな池です。そんな「妖精の池」には、沢山のサンショウウオが生息しています。また、「妖精の池」はお花畑に囲まれており、チングルマやハクサンチドリ、ハクサンフウロなどの高山植物の花々を楽しむ事ができます。

長野県の蝶ヶ岳の見どころ3:ライチョウ

長野県の県鳥である「ライチョウ」は、漢字で「雷鳥」と書き、夏の間は高山帯に生息し、気温が激しく低下する冬になると亜高山帯まで移動するキジ科のライチョウ属の鳥です。氷河期の生き残りと言われている「ライチョウ」は、冬になると白い羽に変わる種類と、1年を通して茶色く色の変わらない種類がいます。

絶滅が心配されている「ライチョウ」は、高山のハイマツ林にのみ生息しており特別天然記念物に指定されています。「ライチョウ」を「雷鳥」と書くようになったのは、晴天には天敵の猛禽に見つからないようにハイマツの中に隠れている「ライチョウ」が、猛禽が飛べない荒天の時にのみ草地へ出てきて人の目に触れたからだと言われています。

長野県の蝶ヶ岳付近の山小屋1:徳澤園

山小屋「徳澤園」にはお風呂があり、部屋も和室と洋室と選べ、相部屋以外にも個室もあってゆっくりくつろぐ事ができます。また、登山者や観光客に人気の「徳澤園」は、作家の井上靖氏の「氷壁」に登場する事でも有名です。山小屋「徳澤園」では、目の前に広がる山脈を眺めながら大自然の中、テント泊をする事もできます。

山小屋「徳澤園」には、1人1泊2食付き12000円のリーズナブルで人気の相部屋があります。相部屋には1人ボックスと2人ボックスの2種類がありますが、他のグループの方と2人ボックスになる事は無いので安心です。また、山小屋「徳澤園」の相部屋は、男女同室となっている部屋が全部で3室あり、耳栓を無料で貰う事ができます。

山小屋「徳澤園」には、1室2名・1人1泊2食付き16500円か17500円の和室、1室3名以上・1人1泊2食付き5500円の和室という全部で14室の和室の個室もあります。山小屋でもプライバシーを重視したい方、ゆっくりくつろぎたい方におすすめです。山小屋「徳澤園」の部屋からは、前穂高岳やキャンプ場が見えます。

山小屋「徳澤園」には当園で一番人気の、1室2名・1人1泊2食付き21000円の洋室Aタイプもあります。山小屋「徳澤園」の洋室Aタイプの室内は、赤がベースとなっているイタリア製のソファーが置かれた部屋と、青がベースとなっているステンドグラスとウィリアムモリスの生地のインテリアが使用されてる2種類の部屋があります。

この山小屋「徳澤園」の洋室Aタイプは、2室のみとなっています。また、山小屋「徳澤園」には、1室2名・1人1泊2食付き29000円という、山小屋の部屋の中でも最上級の洋室Bタイプもあります。この洋室Bタイプは1室のみとなります。

山小屋「徳澤園」ではテント泊をする事もできます。テント泊の料金は、大人700円 小学生までの小人500円、3歳以下は無料です。基本的にテント泊も部屋も事前に予約を入れて置く事をおすすめしますが、テント泊でテントを持ち込む方は予約は不要です。テントや毛布のレンタル可能、キャンプファイヤーの直火は禁止となっています。

テント泊の場合は、ゴミは全て持ち帰りとなります。また、山小屋「徳澤園」には水場や公衆トイレが設置されていますが、外来風呂施設はありません。しかし、隣接する徳沢ロッジに外来入浴施設があり、800円でお風呂に入る事ができます。徳沢ロッジの外来入浴施設の営業時間は、15時から19時半までとなっています。

山小屋「徳澤園」の予約受付時間は、月曜日から金曜日までが9時から19時まで、土曜日が9時から14時までとなります。また、朝早く出発される方は、朝食の代わりに弁当を注文する事もできます。因みに、山菜ちまき弁当は1000円です。山小屋「徳澤園」のお風呂は、宿泊客のみ14時から20時まで利用する事ができます。

住所 長野県松本市上高地4468
電話番号 0263-95-2508

長野県の蝶ヶ岳の徳澤園へのアクセス方法

「徳澤園」へのアクセス方法は先ず、「上高地バスターミナル」までアクセスします。車でアクセスする予定の方は、上高地へは車で入る事ができません。沢渡・平湯駐車場でバスかタクシーに乗り換えて「上高地バスターミナル」までアクセスして下さい。

「上高地バスターミナル」から「徳澤園」へのアクセス方法は、6.7kmの道のりを徒歩によるアクセスとなります。「上高地バスターミナル」から「徳澤園」までの所要時間は約2時間となりますが、美しい大自然の中を、色々な花や植物などを楽しみながらアクセスする事ができるのでおすすめです。

長野県の蝶ヶ岳付近の山小屋2:横尾山荘

お風呂がある山小屋「横尾山荘」には、2段ベッドの相部屋が23室、和室が6室、広間が1室あります。槍ヶ岳や穂高、蝶ヶ岳などの登山時に宿泊施設としてよく使用される「横尾山荘」の開設期間は、4月27日から11月初旬までとなっています。浴場「悠湯館」は宿泊客専用の風呂となっており、毎日16時頃から20時頃まで入る事ができます。

浴場「悠湯館」では環境保護の為、石鹸・シャンプー類などは使用する事が出来ません。ご注意下さい。また、山小屋「横尾山荘」では横尾大橋の左右に広がる「横尾キャンプ場」にて、テント泊をする事もできます。「横尾キャンプ場」の水場もトイレも綺麗で、利用料金はテント幕営料に含まれています。

山小屋「横尾山荘」では、ビールやワイン等の酒類、菓子類、横尾山荘オリジナルの手拭いやバッヂなどを販売している「売店」や、10時頃から14時頃の昼食時にオープンしている「外来食堂」もあり、ラーメンやカレーライスなどの軽食を味わう事ができます。

山小屋「横尾山荘」の料金は1室8名の2段ベッドの相部屋で、1人1泊2食付き(朝食又はお弁当)の料金が大人10000円、小学生以下8000円です。1人1泊2食にお弁当が付く料金は大人11000円、小学生以下9000円です。1人1泊夕食付きの料金は大人9000円、小学生以下7000円です。1人1泊素泊まりの料金は大人7000円、小学生以下5000円です。

山小屋「横尾山荘」でテント泊の方は、1泊1人テント幕営料が大人700円、小学生500円です。山小屋「横尾山荘」にて宿泊予定の方は、事前に予約を入れておく事をおすすめします。山小屋「横尾山荘」の予約受付時間は7時から20時までとなっています。

住所 長野県松本市安曇上高地
電話番号 0263-95-2421

長野県の蝶ヶ岳の横尾山荘へのアクセス方法

「横尾山荘」へのアクセス方法は先ず、「上高地バスターミナル」までアクセスします。車でアクセスする予定の方は、上高地へは車で入る事ができません。沢渡・平湯駐車場でバスかタクシーに乗り換えて「上高地バスターミナル」までアクセスして下さい。「上高地バスターミナル」から「横尾山荘」へのアクセスは、徒歩にて約3時間半です。

長野県の蝶ヶ岳付近の山小屋3:蝶ヶ岳ヒュッテ

「蝶ヶ岳」の山頂から徒歩で約3分の所にある山小屋「蝶ヶ岳ヒュッテ」は、人気登山ルートとなっている常念山脈の蝶ヶ岳稜線上に建っています。山小屋「蝶ヶ岳ヒュッテ」は「蝶ヶ岳」の山頂に近いので、山脈に沈む夕日や朝焼けを見たり、撮影したりする大勢の登山者が宿泊します。また、「蝶ヶ岳ヒュッテ」ではテント泊をする事もできます。

1958年に中村義親氏によって建てられた山小屋「蝶ヶ岳ヒュッテ」の周囲には、「蝶ヶ池」・「カモシカの池」・「妖精の池」、そして美しい花畑が広がっており、東側には安曇野、西側には槍・穂高連峰の絶景を楽しむ事ができます。

山小屋「蝶ヶ岳ヒュッテ」の宿泊料金は、大人1人1泊2食付き9500円、4歳から小学生以下1人1泊2食付き7000円、大人1人1泊1食付き8000円、4歳から小学生以下1人1泊1食付き6000円、大人1人素泊まり6500円、4歳から小学生以下1人素泊まり5000円となっています。

また、山小屋「蝶ヶ岳ヒュッテ」には個室もありますが、予約の際に宿泊料金と別にキープ料として15000円が掛かります。山小屋「蝶ヶ岳ヒュッテ」に宿泊予定の方は、事前に予約を入れておいて下さい。山小屋「蝶ヶ岳ヒュッテ」では、1人1000円にてテント泊をする事もできます。

山小屋「蝶ヶ岳ヒュッテ」では、ラーメン・うどん・カレーを始めとした食事、飲料水・お湯・お茶・コーヒー・紅茶・ココアなどの飲み物も取り扱っています。ランチは11時から14時までとなっています。

住所 長野県安曇野市堀金烏川
電話番号 0263-58-2210

長野県の蝶ヶ岳付近の山小屋4:常念小屋

常念乗越(のっこし)と呼ばれる標高2450mにある常念岳と横通岳の鞍部に建つ山小屋「常念小屋」は、大正8年に開業した歴史のある山小屋です。槍ヶ岳や穂高連峰、燕岳などの日本アルプスの山々を眺める事ができる山小屋「常念小屋」の営業期間は、積雪の状況により変わりますが4月29日から11月3日までとなっています。

山小屋「常念小屋」は、シーズン中は直接山小屋にて電話による予約を受け付けています。山小屋「常念小屋」の予約受付時間は7時から19時まで、テント泊の方は予約の必要はありません。山小屋「常念小屋」には個室はありません。山小屋「常念小屋」に宿泊される方は、トイレ・水・お茶・お湯は無料となっており、売店も設置されています。

「常念小屋」の宿泊料金は、1泊2食付き9800円、1泊夕食付き8800円、素泊まり6800円です。キャンプ泊の方は1人幕営料1000円で、トイレチップも含まれています。

山小屋「常念小屋」は、他の山小屋よりも食事が美味しい事でも有名です。山小屋「常念小屋」の夕飯はハンバーグやとんかつ等のボリュームのあるメインに、野菜サラダなどが付きます。山小屋「常念小屋」の朝食は、卵焼きに焼き魚か岩魚の甘露煮など和食中心のメニューとなっています。また、ごはんとみそ汁はお替わりできるのも嬉しいです。

山小屋「常念小屋」ではランチも提供しており、宿泊者のみで無く、登山者の方なら誰でも食事休憩として利用できるようになっています。山小屋「常念小屋」のランチメニューには、カレーライスや牛丼、うどんや蕎麦などがあります。また、おでんやカップラーメンなどもあって温まります。お弁当は15名以上の団体客のみ対象となります。

住所 長野県安曇野市穂高常念乗越
電話番号 090-1430-3328

長野県の蝶ヶ岳の山頂で絶景を堪能してみませんか?

長野県の松本市と安曇野市に連なる北アルプスに属す標高2677mの「蝶ヶ岳」について詳しく紹介してきましたがいかがでしたか?「蝶ヶ岳」には幾つかの登山ルート、そしてテント泊もできる幾つかの山小屋がある事が分かりました。あなたも「蝶ヶ岳」へ登山して、山頂から奥穂高や槍ヶ岳、そして八ヶ岳連峰などの絶景を堪能してみませんか?

関連記事

Noimage
この記事のライター
ビジネスキー紀子

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ