「瀬底ビーチ」は沖縄の絶景スポット!シュノーケルなどマリンスポーツも人気!

沖縄には瀬底ビーチという隠れた人気のビーチがあります。瀬底ビーチはシュノーケルやマリンスポーツの盛んなビーチで、家族やカップルで海水浴も楽しめます。今回はこの沖縄の人気の瀬底ビーチの魅力について見ていきます。アクセス方法も確認していきましょう。

「瀬底ビーチ」は沖縄の絶景スポット!シュノーケルなどマリンスポーツも人気!のイメージ

目次

  1. 1 沖縄の「瀬底ビーチ」ってどんなスポット?
  2. 2 「瀬底ビーチ」の魅力
  3. 3 「瀬底ビーチ」でおすすめの人気マリンスポーツ
  4. 4 「瀬底ビーチ」でマリンスポーツを扱っているショップも確認
  5. 5 「瀬底ビーチ」の基本情報・アクセス情報
  6. 6瀬底ビーチをカップルで行こう!
  7. 7 「瀬底ビーチ」の海は息をのむほどの美しさ

沖縄の「瀬底ビーチ」ってどんなスポット?

沖縄には穴場のビーチスポットがいくつもありますが、こちらは那覇から車でアクセスすることができる穴場のビーチスポットです。約8kmほどしかない小さな離島ですが、沖縄ではこの瀬底ビーチが非常に人気になっています。瀬底ビーチにアクセスして海水浴を楽しんだりシュノーケルを楽しんだりマリンスポーツを楽しむことができるのです。

西に海をのぞむ瀬底島の人気リゾートビーチ

沖縄の西側に位置して8kmほどしかない小さな島ですが、かなり広々とした砂浜に西側に美しい海を望むことができる人気のリゾートビーチになっています。沖縄本島のビーチではなかなか味わうことができない人の少ないビーチです。サラサラのパウダーのような砂浜はとても綺麗で美しく、海の透明度も素晴らしいです。

沖縄にはシュノーケリングを楽しむことができるビーチがいくつかありますが、瀬底ビーチもシュノーケルを楽しむことができます。シュノーケル以外にも夕日を見ることができる人気のスポットであったり、マリンスポーツも楽しむことができます。

海の家が近くにありますので、そちらでゴーヤチャンプルをランチでいただくことができたりもします。沖縄本島にありますので、車で陸続きでアクセスすることができるのもいいところです。那覇空港からはだいたい1時間40分ほどです。

那覇市から車で行けるリゾートスポットして観光客に大人気

さらに那覇市内から車でアクセスすることができるようになっています。車でのアクセスが非常に簡単ですので、レンタカーを借りて沖縄のドライブでついでにアクセスすることができるのがいいところです。沖縄本島の中にありますのでフェリーなどを使って離島に行かなくても素晴らしい海を満喫することができるのでおすすめです。

「瀬底ビーチ」の魅力

その魅力は何と言ってもエメラルドグリーンの美しい海と一緒に真っ白のサラサラの砂浜で泳ぐことができるということです。美しい砂浜で思いっきり海水浴を楽しむことができて、砂浜にパラソルを広げてゆっくりと日向ぼっこを楽しむことができるのがいいところです。遠浅なので小さな子供とでもおすすめです。

ちゃんとした海水浴場になっていますので監視員の人がいたり、周りに観光客もたくさんいらっしゃいますので安心してビーチで海水浴を楽しむことができるようになっています。沖縄には人の少ないビーチもありますが、ここは人の気がたくさんあって安心です。

人がたくさんいても美しい砂浜とビーチが広がっており、シーズンになるとたくさんのパラソルが広げられているのが印象的です。沖縄本島でとても人気のある観光スポットとして知られているので活気があって美しいビーチなのでおすすめです。

美しく伸びる砂浜

なんといっても広々とした砂浜が印象的です。日本国内のビーチではこれほど広い砂浜を見たことがないのではないでしょうか。海水浴場となると砂浜が広くても人気の場所だと人がたくさんいてなかなか入れないものです。しかしこちらは砂浜がとても広々としており、意外と穴場のビーチですので人も少なくスペースがあるのがいいところです。

瀬底ビーチは近くに橋がありますので、そちらをあたって本島から行くことができるようになっています。本島から橋でつながっている場所で離島ではありますが、フェリーなどを使う必要がないのがおすすめの理由です。

砂浜の向こう側には美しい橋が広がっているので、景色を見るのも最適です。美しい砂浜にはヒトデを見ることができたり、海の生物や魚を見ることができます。子供と一緒に浅瀬で遊ぶのもいいでしょう。

透明度の高い海

非常に透明度が高いので海の生物を見ることができます。珊瑚の美しい砂浜を見て波打ち際でデートを楽しむのも良いでしょう。沖から200mほど遠浅の海が続いていますので、遠浅の海岸で浅瀬で遊ぶなんていうこともできてしまいます。広々とした浅瀬で美しい透明度抜群の海を楽しむことができるのでおすすめです。

夕日の絶景

沖縄の海はサンセットを楽しむことができる人気の観光地があります。沖縄のサンセットビーチなどは夕日を見に行くのにも最適とされています。こちらの瀬底ビーチでも美しい夕日を見ることができることでも有名です。夕日を眺めることができる人気の観光スポットになっているので、海に入らなくても夕日を見に行くだけでもいいでしょう。

ビーチの営業時間は9時から夕方の17時までになっており、夏の期間は7月から9月までは9時から夕方の17時半までになっています。この時間帯は海水浴客のために監視員などもいらっしゃいますので、海水浴をするならこの時間帯がおすすめです。

しかしそれ以外の時間帯は美しいサンセットを見ることができますので、是非ともサンセットを見に訪れてみてはいかがでしょうか。車のドライブデートのついでに橋を渡って夕日を見に行くなんていうのも素敵です。

「瀬底ビーチ」でおすすめの人気マリンスポーツ

観光で人気の瀬底ビーチは美しい人気の海でマリンスポーツを楽しむことができるようになっています。シュノーケリングのポイントとしても知られていますので、シュノーケリングで泳ぎに行くのも良いでしょう。200mほど続いている遠浅の海ですので、シュノーケリングをするのにも最適です。瀬底ビーチはマリンスポーツにおすすめなのです。

シュノーケル

なんといっても瀬底ビーチはシュノーケルが最適です。天然の海で思いっきり美しい透明のビーチでシュノーケリングを楽しむなんて贅沢です。周辺には浮き輪で遊んでいたりシュノーケルを使って浅瀬で楽しんでいる家族連れの人もたくさんいらっしゃいます。砂浜が白く海が透明ですのでシュノーケルに最適なのです。

シュノーケリングと言うと沖の方まで行かないといけないと思いきや、沖まで行かなくても遊泳エリアが柵で区切られていますので、こちらの中でシュノーケリングをすればクラゲの心配もありませんので小さな子供でも安心です。

水中ゴーグルなどを使って潜らなくても水の中を見てみるだけでもいいでしょう。シュノーケルの道具だけを持っていれば子供と一緒に気軽に浅瀬でシュノーケルを楽しむことができるので人気のあるスポットになっています。

パラセーリング

他にも沖縄で人気のあるパラセーリングなどもすることができるようになっています。マリン受付カウンターがありますので、マリンスポーツなどはそちらで受付をすることができるようになっています。パラセーリングをする場合はそちらで受付を済ませてスタッフの方に案内してもらうといいでしょう。

バナナボート

沖縄の人気アクティビティと言ったらやはりバナナボートです。バナナボートはスタッフの方がボートでバナナ型の浮き輪を引っ張ってくれる遊びです。資格がなくても誰でも楽しむことができる気軽なアクティビティとして人気があります。女性の方でも気軽に利用することができるアクティビティーですので人気があります。

ビッグマーブル

あまり聞いたことがないようなアクティビティかもしれませんが、こちらも沖縄で人気のあるアクティビティの一つです。バナナボートとは違ってソファータイプの浮き輪に乗って遊ぶことができるアクティビティです。こちらもボートで引っ張ってもらって落ちないようにバランスをとっていくというアクティビティです。

「瀬底ビーチ」でマリンスポーツを扱っているショップも確認

瀬底ビーチではマリンスポーツで使うことができるグッズのレンタルしていますので、自分で持って行かなくても現地でレンタルすることができるようになっています。海水浴で利用する場合はパラソルや椅子などを3000円でレンタルすることができる。他にもパラソルだけなら1500円で、椅子だけなら1000円で利用することができます。

シュノーケルセットは1000円で利用することができ、フィンは500円でレンタルすることができるようになります。大きな浮き輪も500円でレンタルすることができるようになっています。瀬底ビーチのマリンショップでレンタルするのもいいでしょう。

瀬底ビーチ・ビーチカウンター

瀬底ビーチ・ビーチカウンターというのがあるので、そちらでマリンスポーツの受付を行ったり、マリンスポーツに使うレンタル用品などをレンタルするのもいいでしょう。シュノーケルなども持っていなくてもこちらでレンタルすることができるようになっています。非常に使いやすいのでお得です。

瀬底ビーチマリンクラブ

瀬底ビーチマリンクラブではマリンスポーツを楽しむことができるクラブです。初めての人でもスタッフと一緒にジェットスキーを楽しんだり、バナナボートを楽しんだりすることができるようになっています。パラセーリングなどの受付が行われていますので、瀬底ビーチでマリンスポーツを楽しむならこちらのクラブに行くのがおすすめです。

オーシャンスタイル

こちらもマリンスポーツを受け付けしている人気のクラブです。シュノーケリングのツアーなども行われていますので、親子でシュノーケリングツアーに参加するのもいいでしょう。パラセーリングなども行われています。シニア料金が割引にされていたりと、大人から子供まで楽しむことができるクラブです。

他にもバナナボートで楽しんだり、ビッグマーブルを楽しんだりすることができるようになっています。料金もとてもリーズナブルですので日帰りのマリンスポーツ観光にもおすすめです。瀬底ビーチで人気のマリンスポーツクラブです。

Thumb瀬底島のおすすめ観光スポット大特集!美しいビーチやおしゃれなカフェなど!
瀬底島は本当から気軽に行ける離島として人気の観光スポットです。瀬底島には美しいビーチがあり、...

「瀬底ビーチ」の基本情報・アクセス情報

今度は瀬底ビーチのアクセス情報などを見ていきましょう。基本情報とアクセス情報を見ていき、瀬底ビーチは他にもどんな施設が充実しているのか確認しておきましょう。レンタル用品があったり、マリンスポーツの受付があったり、更衣室があったり洗い場などがありますので海水浴に非常に適しています。

基本情報

瀬底ビーチにはシャワールームがありますので、温水シャワーを500円に利用することができます。レンタルタオルもありますので手ぶらで遊びに行くことができます。更衣室も完備されていて、有料でコインロッカーを200円で利用することができます。足を洗う場所などもありますのでこちらは無料で使うことができます。

他にもお魚の餌を100円で購入することができたり、水中で使うことができるインスタントカメラが2000円で販売されていたり、忘れてしまった時のためのビーチサンダルなどを販売されています。

タコライスなどの沖縄の人気名物グルメを楽しむことができる場合店などもあります。カレーライスをいただくことができたり、たこ焼きを食べることができたり、ゴーヤチャンプルを注文することができるお店がありますので、海の家も充実しています。

バスでのアクセス方法

那覇空港から気軽にアクセスすることができるようになっています。バスがありますのでバスを使ってアクセスするのがおすすめです。名護バスターミナルからバスが800円で出ていますのでおよそ50分ほどでアクセスすることができます。那覇空港から行く場合は那覇バスターミナルからバスが出ていますのでそちらもおすすめです。

那覇バスターミナルから1時間ほどかけて2100円でバスを利用することができます。あるいは那覇空港から高速バスを利用して名護バスターミナルまで行くのも良いでしょう。バスだけを使ってアクセスすることもできるのです。

車でのアクセス方法と駐車場

那覇空港からレンタカーでアクセスすることもできるようになっています。沖縄本島から車でアクセスすることができるようになっていますので、レンタカーなどを借りたり、車でドライブがてらアクセスしてみてはいかがでしょうか。車でアクセスする場合は沖縄自動車道路を通って行きます。

沖縄自動車道のは各観光地に行くために使う自動車道路で、瀬底ビーチまでは沖縄自動車道路の豊見城・名嘉地ICから国道58号線と449号線を通って瀬底橋を渡り、1時間40分ほどでアクセスすることができるようになっています。

Thumb沖縄の海で海水浴!おすすめのきれいなビーチや穴場などを紹介!
日本の中でもきれいな海の景色を楽しめる「沖縄県」。国内でリゾート気分を味わえ、海の時期には海...

瀬底ビーチをカップルで行こう!

瀬底ビーチは沖縄で人気のシュノーケリングやマリンスポーツを楽しむことができる人気の観光地でしたが、カップルでアクセスするには最適なスポットです。カップルで海水浴に行くならば是非とも那覇空港から沖縄自動車道路を通って車でドライブがてらデートを楽しんでみてはいかがでしょうか。瀬底橋が素晴らしいのでドライブに最適です。

瀬底ビーチの他にもシュノーケルをすることができる人気のビーチである恋人ビーチに、瀬底ビーチに、アンチ浜などがあります。瀬底ビーチはその中でも透明度抜群の人気のビーチですので観光客もたくさんいて賑わっています。

Thumb沖縄・インスタ映えスポット10選!おしゃれな写真の撮り方は?
せっかく沖縄を訪れたなら、インスタ映えするような写真を撮りたいところ。もちろん沖縄には、イン...

「瀬底ビーチ」の海は息をのむほどの美しさ

いかがでしたか?沖縄の人気観光地の瀬底ビーチにはシュノーケルを楽しむことができたりマリンスポーツを楽しむことができる人気の観光スポットでした。遠浅のビーチなので、海で泳げない人でも安心して入ることができます。子供と一緒にビーチで遊ぶなら是非とも瀬底ビーチに車でアクセスしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
tabito

新着一覧

最近公開されたまとめ