白馬鑓温泉小屋は北アルプスで人気の天然温泉!登山ルート・行き方を紹介!

白馬鑓温泉小屋は長野にある隠れた温泉スポットです。こちらは白馬鑓温泉小屋という山小屋にある露天風呂で、なんと標高2100mのところで天然温泉を楽しむことができます。今回は日本一標高の高いところにあるこの天然温泉の魅力を見ていきます。

白馬鑓温泉小屋は北アルプスで人気の天然温泉!登山ルート・行き方を紹介!のイメージ

目次

  1. 1 長野県の白馬鑓温泉小屋とはどんなところ?
  2. 2 白馬鑓温泉小屋への行き方・ルートと区間
  3. 3白馬鑓温泉小屋までの行き方は難しい?
  4. 4猿倉までの行き方は?
  5. 5 白馬鑓温泉小屋の温泉施設紹介
  6. 6 白馬鑓温泉小屋の設備・サービス紹介
  7. 7 白馬鑓温泉小屋にはテント場が併設
  8. 8白馬鑓温泉小屋で温泉に日帰りで入ることができる?
  9. 9 白馬鑓温泉小屋は冬でも利用可能?
  10. 10白馬鑓温泉小屋の基本情報
  11. 11白馬鑓温泉小屋の予約方法は?
  12. 12白馬鑓温泉小屋で携帯電話は使える?
  13. 13白馬鑓温泉小屋に登山する時の注意点は?
  14. 14 白馬鑓温泉小屋を満喫しよう!
  15. 15 白馬鑓温泉小屋で絶景を眺めながら温泉に浸かろう

長野県の白馬鑓温泉小屋とはどんなところ?

長野には白馬鑓温泉小屋という温泉小屋があります。日本一標高の高いところにある温泉として知られており、山小屋に併設されている露天風呂から美しい絶景を見渡すことができます。長野の北アルプスを眺めることができる美しい露天風呂ですが、テント場も完備されています。今回は長野の白馬鑓温泉小屋について見ていきます。

白馬鑓ヶ岳の中腹にある標高2100メートルの温泉宿泊施設

白馬鑓温泉小屋は標高2100mの所にある北アルプスの温泉施設です。山小屋には温泉施設があるところがあるのですが、白馬鑓温泉小屋にも隠れた穴場の温泉があることでも有名です。北アルプスの山小屋の中でも、白馬鑓温泉小屋は非常に有名です。白馬村にある白馬鑓温泉小屋は標高2903mの山の2100m地点にあります。

2100mも高い所に温泉施設がありますので、日本百名山に選ばれている北アルプスで美しい絶景を眺めることができるのです。長野の美しい山の絶景を楽しみながら温泉に入ることができるので白馬鑓温泉小屋は非常に人気のある穴場のスポットになっています。

白馬鑓温泉小屋は登山でしか行けない秘湯として全国的に有名

長野の白馬鑓温泉小屋はもちろん登山ではないと行くことができないようになっています。夏のシーズンなどは登山客がたくさんいるスポットですが、猿倉から大雪渓を通って白馬鑓温泉小屋までいきます。しっかりとした登山靴と登山グッズを用意していかないと登ることができないので、白馬鑓温泉小屋は女性や初心者には少し大変です。

白馬鑓温泉小屋は標高が日本一高いところにある天然湧出量の天然温泉に入ることができることでも有名です。日本で一番高い所にある温泉として知られているのです。ですので、当然登山をしないと登ることができないようになっています。

白馬鑓温泉小屋への行き方・ルートと区間

白馬鑓温泉小屋の行き方を見ていきましょう。行き方は簡単です。途中までは車でアクセスすることができますので、駐車場を利用して登山をすることができるようになっています。バス停もありますのでバスで途中まで行く行き方もあります。白馬鑓温泉小屋の行き方やルートを詳しく見ていきましょう。

JR大糸線白馬駅~「猿倉」バス停

白馬鑓温泉小屋までは猿倉から出発します。こちらからブナの林を抜けて白馬鑓温泉小屋を目指すルートです。猿倉のバス停がありますので、そちらからバスを降りて出発する感じになります。猿倉は白馬駅から猿倉までバスでアクセスすることができるようになっていますので、予めダイヤを調べておくといいでしょう。

白馬駅は新宿から特急が出ていますので、電車で行くこともできるようになっています。東京駅からは長野新幹線で長野駅に行ってそちらから高速バスが出ていますので高速バスを利用して白馬駅まで行くことができます。

関西方面から来る場合でも松本駅で大糸線に乗り換えて白馬駅までアクセスすることができるようになっています。バスも通っているので非常に便利です。まずは白馬駅までアクセスするのがおすすめです。

猿倉~小日向山~白馬鑓温泉小屋

白馬鑓温泉小屋の登山口の猿倉から水芭蕉平まで緩やかな登り坂を登りながら歩いていくことができるようになっています。猿倉の駐車場に着いたら水芭蕉平まで目指しましょう。水芭蕉平に着いたら次は中山沢に進んでいきます。中山沢までは岩場の道などもありますので足場が悪いところもありますが、順調にルートを進んでいくことができます。

こちらのルートを進んでいくと今度は大日向コルというルートを進んでいきます。こちらのルートからは急に斜面がきつくなりますので、標高を大きく稼ぐことができるようになっています。こちらのルートもなかなか大変な道です。

このルートを進んでいくと見晴らしも良くなってきて景色も美しくなってきます。次はサンジロに向かって進みます。先ほどのルートから30分ほどでアクセスできます。ここからあとは白馬鑓温泉小屋に向かって進むだけです。

白馬鑓温泉小屋までの行き方は難しい?

白馬鑓温泉小屋までの行き方は以上ですが、猿倉からはなかなか大変な道のりを進んでいきます。猿倉の駐車場から、登山道は岩場になっているところが多いので、しっかりとした靴が必要です。白馬鑓温泉小屋へのルートは簡単ですが、登山道だけを通って行くようにしましょう。ルートを外れると道に迷ってしまう可能性があります。

白馬鑓温泉小屋までは落石などもありますので、十分注意しておく必要があります。岩場の道を進んでいくと非常に困難な道が広がっていますので、ぜひとも落石などに注意しておくといいでしょう。白馬鑓温泉小屋までは岩場のルートを進みます。

白馬鑓温泉小屋の途中で沢を渡らなければいけないルートなどもありますので、そうしたところも大変です。立ち入り禁止エリアなどもありますので、ルートを間違えずに注意して行った方がいいでしょう。行き方は単純ですがなかなかの道のりです。

猿倉までの行き方は?

白馬鑓温泉小屋への関西や関東から猿倉までの行き方も見ていきます。猿倉に行くには、白馬駅まで行く必要があります。関西からでも関東からでも白馬駅に行くことになります。白馬駅までは新宿から特急あずさが出ていたり、快速ムーンライト信州号が出ています。新幹線などに乗ってのんびりと信州まで行く行き方も良いでしょう。

他にも東京駅から長野駅の新幹線に乗って長野駅から高速バスを利用するのもいいです。高速バスで白馬駅までアクセスすることができるようによっています。行き方は自由です。名古屋や関西から白馬鑓温泉小屋に行く場合は特急を利用するといいでしょう。

このように白馬鑓温泉小屋へは関東でも関西からでも行くことができます。行き方も簡単ですので、新幹線などを使って行く行き方がおすすめです。白馬鑓温泉小屋は日帰りでも場所によっては行くことができます。日帰り温泉を楽しむのもいいでしょう。

白馬鑓温泉小屋の温泉施設紹介

今度は長野の白馬鑓温泉小屋の温泉施設を紹介していきます。露天風呂と足湯などがありますので、絶景を見渡しながら温泉に入ることができます。世界一標高の高いところにある白馬鑓温泉小屋で美しい自然を満喫するのがおすすめです。白馬鑓温泉小屋の泉質なども一緒に見ていきましょう。

泉質

含重炭酸土類硫黄泉という泉質です。硫黄泉ですので、卵の腐った匂いが特徴的な用の温泉です。硫黄泉は箱根などが有名ですが、日本に多くあります。アトピーなど肌の病気に効果があるとされていて、とても人気のある泉質です。白馬鑓温泉小屋は含重炭酸土類硫黄泉という泉質になっています。

混浴露天風呂

山小屋にある温泉ですので基本的には混浴になっています。露天風呂と内湯と足湯があります。男性の登山客が多いのでほとんど男湯のような感じで入る様ですが、女性の肩を持ちも入ることができます。女性の方は水着を持っておくといいでしょう。夜の20時からは女性専用の時間帯がありますので、そちらを狙って行くのもいいです。

夏の星座にしか利用することができない山小屋ですが、夏のシーズンになると混浴の露天風呂はとても混雑しますので、空いている時間を狙ってお風呂に入るのがいいでしょう。天気が悪い時には美しい絶景を見れないこともあります。

美しい絶景は山の天気によって左右されますので、曇っている時は雲に覆われていて美しい絶景が露天風呂から見れない可能性もあります。とはいっても標高2100mの日本一の高さにあるところにある露天風呂は是非とも入ってみたいところです。

女性専用風呂

女性専用の時間帯は夜の20時から21時までになっており、女性はこの間女性だけで入ることができるようになっています。それ以外の時間は逆に男性も入る混浴のお風呂になっています。混浴の時間でないと入ることができないならば、水着などを持っておくといいでしょう。観光シーズンなどは混雑にも注意が必要です。

女性専用の時間帯が1時間だけありますので、こちらでゆっくり女だけでお風呂に入るのも良いでしょう。基本的に山小屋には女性のお客さんもいらっしゃいますが、男性のお客さんも非常に多いので、その他の時間帯は男性もいます。

足湯などもありますので、そちらだけを利用してみるのもいいでしょう。夜まで待つ必要がありますが、美しい星空を見上げながら、ゆっくりと女性専用のお風呂の時間帯を楽しんでみてはいかがでしょうか。

足湯

白馬鑓温泉小屋には足湯がありますので、そちらにも入ることができるようになっています。温泉に入らずとも足湯だけ入って帰るのもいいでしょう。夏のシーズンなどは登山客が多いので混雑している可能性もありますので、白馬鑓温泉小屋の足湯だけを利用するというのも一つの方法です。

白馬鑓温泉小屋の設備・サービス紹介

今度は白馬鑓温泉小屋の施設やサービスなどを見ていきましょう。喫茶店があったり、ショップがあったりしますので、山小屋としては非常に充実しています。お食事もしっかりと出ますのでしっかりと登山をする前にエネルギーを蓄えることができるようになっています。携帯電話の充電施設があったりと非常に施設が充実しています。

部屋の特徴と料金

客室は一体どんな感じになっているのでしょうか。山小屋の客室は基本的にはドミトリータイプになっていますので、お隣に人がいるという状態になっています。しかしお食事などがついてくるので山小屋として非常に充実しています。素泊まりの料金は6800円で利用することができます。一泊夕食付は8900円です。

一泊で朝食付きは8200円で利用することができるようになっています。一泊二食付きのプランは1万円で利用することができます。山小屋に行ったら是非ともお食事をしっかりとりたいところですので、お食事をするのがおすすめです。

小学生の料金は一泊二食付きで7000円になっています。素泊まりの場合は4500円です。他にも用事の料金は一泊二食付きで2000円で利用することができるようになっています。素泊まりの場合は無料で利用することができるのでお得です。

食事

お食事もしっかり取ることができるのがいいところです。白馬鑓温泉小屋では白馬鑓温泉小屋では山小屋とは思えないほどしっかりしたお食事をいただくことができます。お肉や野菜などご飯と味噌汁と一緒に小鉢料理もセットになってきます。山小屋でこれだけで美味しいお食事をとることができるので是非ともおすすめです。

お食事はその日によって変わるので何が出てくるか楽しみです。コロッケなどの揚げ物をいただくことができたり、ハヤシライスをいただくことができたりします。朝食もお魚と一緒にご飯とお味噌汁とワンプレートでいただくことができます。

喫茶

喫茶の時間帯があり10時から14時まではカフェを楽しむことができるようになっています。喫茶の時間帯は決まっていますが、ピラフやうどんなどの簡単な軽食をいただくことができるようになっています。コーヒーなどもリーズナブルに飲むことができるのでお茶をしに行くのも良いでしょう。

白馬鑓温泉小屋にはテント場が併設

白馬鑓温泉小屋にはテント場が併設されてるのでテント場でテント泊をするのもいいでしょう。山小屋が管理しているテント場ですのでテントスペースには限りがあります。客室での看取りタイプの宿泊をするのではなく、自分の持ってきたテントに泊まりたいという人もたくさんいらっしゃいます。テント場は一人1000円で利用することができます。

テント場の詳細

白馬鑓温泉小屋でお食事を利用することもできるようになっています。テント場でテント泊で夕食を利用する場合は3100円で利用することができるので、とてもリーズナブルです。朝食を利用する場合は2400円で利用することができるようになっています。山小屋に併設されているテント場ですので、安全にテント場でテント泊をすることができます。

山小屋は混雑している時もあるので、小屋が混雑している時はテント場でテント泊するのもいいでしょう。テント場もそれほど大きなスペースはありませんが、絶景を楽しむことができるおすすめのスポットですので、テント場でテント泊するのもいいでしょう。

テント場を利用しても温泉に無料で入ることができるので、温泉か絶景を見渡すことができます。ぜひとも無料で温泉に入ることができるので温泉に入ってみてはいかがでしょうか。ちなみにテント場も小屋も利用しなくても日帰りの温泉も入ることができます。

Thumb長野のキャンプ場ランキング!おすすめのコテージや星空がキレイな穴場も!
豊かな自然に囲まれた長野県はキャンプにぴったりな県ですが、実は長野県は日本一多くのキャンプ場...

白馬鑓温泉小屋で温泉に日帰りで入ることができる?

白馬鑓温泉小屋では日帰りでも温泉に入ることができるようになっています。テント場や小屋を利用しなくても温泉だけ300円で入ることができるので、日帰りの温泉を楽しんでみてはいかがでしょうか。白馬鑓温泉小屋は日帰りの温泉を女性でも男性でも利用できます。白馬鑓温泉小屋の日帰り温泉もおすすめです。

テント場からや山小屋から絶景を楽しむことができますが、露天風呂からの景色はとっても人気があります。ぜひとも白馬鑓温泉小屋の露天風呂から絶景を楽しんで見てはいかがでしょうか。登山の行き方は比較的簡単なので、日帰り温泉を楽むのがおすすめです。

白馬鑓温泉小屋は冬でも利用可能?

白馬鑓温泉小屋の山小屋の利用が冬でも利用することができるのでしょうか。全国の山小屋では冬の間は山に閉じることができないので利用することができないところもあります。長野は雪山になりますので冬の期間を入れることができないところが多いです。こちらの山小屋は冬でも利用することができるのでしょうか。

白馬鑓温泉小屋は夏季のみの季節営業

白馬鑓温泉小屋は基本的には7月から9月の間までになっています。営業期間はその時期になると公式ウェブサイトでお知らせが入りますのでチェックしておくといいでしょう。雪解けの状況などによってその年によって営業時間が変わります。白馬鑓温泉小屋は大体7月の後半から9月の後半までが営業時間になっていますので利用可能です。

白馬鑓温泉小屋の基本情報

基本的な情報を改めて見ていきましょう。白馬鑓温泉小屋は長野の北アルプスにある山です。営業期間は7月から9月までの夏のシーズンになっています。山小屋に宿泊するだけでなくテントでも宿泊することができます。子供でも女性でも宿泊することができるようになっていますので家族で登山しに来るのも良いでしょう。

山小屋には露天風呂がありますので、そちらで温泉に入ることができます。女性専用の時間帯は20時から21時までの1時間になっています。テントの場所は15張りほどのスペースがありますので、混雑することを予想してあらかじめ予約しておきましょう。

山小屋時代の標高は2100mで収容人数は150人になっています。150人も利用することができるのですがあらかじめ予約しておくのが無難です。山村の料金は一泊二食付きから素泊まりまで料金が分かれています。

白馬鑓温泉小屋の予約方法は?

長野の白馬鑓温泉小屋の予約方法は一体どのようになっているんでしょうか。基本的には電話予約とインターネットに公式サイトでカレンダーがありますので、そちらで予約することができるようになっています。公式サイトで宿泊することができるシーズンになると営業期間が掲載されますのでチェックしておくといいでしょう。

勿論予約がなくても利用することができます。登山の途中で急に宿泊しなければいけなくなったという時のために避難所として利用することができるためです。逆にシーズンはとても混雑するのに上限を超えて宿泊できるようにしているという場合もあります。

予め宿泊できなかった時が大変ですので、登山する時は予約をしておくのがいいでしょう。夕食付きにするのか素泊まりにするのかテント泊にするのか、先に決めてから料金を確認して予約するのがおすすめです。

白馬鑓温泉小屋で携帯電話は使える?

標高2100mの所にあるので、電波が通じなそうな感じがしますが、実はドコモの携帯とソフトバンクの携帯は繋がるようになっています。かろうじて電波が通るようになっていますので、なんと携帯電話使うことができるようになっています。家族に連絡する時などはこちらの山小屋に到着してから連絡してみてはいかがでしょうか。

また、携帯電話の充電も行うことができるようになっています。携帯電話の充電は100円で利用することができますの、ポータブルのバッテリーをなくしてしまったり、持っていなかった場合はこちらで充電するといいでしょう。

しかし混雑しているときは一人20分までの制限になってしまいます。他にも充電したい人がいらっしゃいますので、充電時間に限りがありますので注意が必要です。長時間利用することができるポータブルのバッテリーがあるので用意しておくといいでしょう。

白馬鑓温泉小屋に登山する時の注意点は?

白馬鑓温泉小屋に登山しに行く時の注意点は一体どんなところでしょうか。今度は注意点も見ていきましょう。もちろん山に登山しに行くことになりますので登山靴などの登山グッズをしっかりと用意しておくのがいいでしょう。夕食を予約していてもお食事などを自分で鞄の中に入れておくのも大事です。

テント泊をする場合は自分のテントをしっかりと忘れないように持って行きましょう。テント泊でもう食事をとることができますが、何かあった時のためにお食事も自分で用意しておくといいでしょう。コッヘルなどがあると便利です。

携帯電話のモバイルバッテリーなども用意しておくといいでしょう。山小屋で混雑しているときは十分に充電することができません。小腹が空いた時に食べることができるものや飲み物などもしっかりと用意しておくのがおすすめです。

白馬鑓温泉小屋を満喫しよう!

白馬鑓温泉小屋は女性でも登山することができるようになっています。温泉愛好家の中では非常に穴場のスポットに行っていて人気があります。一緒に一度はこの山小屋で温泉に入ってみたいと思う人も多いのではないでしょうか。長野の白馬鑓温泉小屋では温泉を満喫している人もたくさんいらっしゃいます。

天気が悪い時は露天風呂から見晴らしが悪い場合もあります。晴れていれば美しい絶景を見渡すことができるのですが、あいにく山の天気はその日によって変わりますので天気が悪い日に当たってしまう可能性もあるでしょう。

しかし標高2100メートルの高さで入るお風呂は一生に一度の経験でしょう。是非ともトロトロの井温泉に入って心と体をゆっくり癒してみてはいかがでしょうか。夜には星空を見ることができて朝にはご来光を見ることができます。

白馬鑓温泉小屋で絶景を眺めながら温泉に浸かろう

いかがでしたか?長野の白馬鑓温泉小屋には美しい絶景を眺めることができる温泉がありました。女性の間でももちろん温泉に入ることができますので登山を楽しみに行ってみてはいかがでしょうか。子供料金などもありますので家族で登山を楽しみに行くのも良いでしょう。シーズンになったら早めに予約するのがおすすめです。

関連記事

Original
この記事のライター
tabito

新着一覧

最近公開されたまとめ